kill-time

About

Name: Naokit

QRコード


スマホ・携帯用表示対応!

Count per Day

  • 374343総閲覧数:
  • 231今日の閲覧数:
  • 175今日の訪問者数:
  • 211昨日の閲覧数:
  • 159昨日の訪問者数:
  • 2011/05/20カウント開始日:

amazonで検索

楽天市場

楽天で探す
楽天市場

楽天ベストセラー

ハードオフ

DSiLL ハードオフで1080円(税込)

今回ハードオフで買ったのは、ジャンク品の任天堂のDSiLL。

大画面に憧れて我が家のDSがまた増加・・・

以前の記事でも書きましたが、我が家には各種DS本体が10台以上あるので、”もうこれ以上本体は買わない”と心に決めていたのですが、大画面の”LL”は未所有だったのでつい買ってしまいました。

開いた所。正面から見た限り画面や本体に目立つキズなどは見当たりません。店頭でチェックした時には電源も問題なく入りました。それにしても、この大画面は見やすくていいですな。

ジャンク理由はRボタン不良

ジャンク理由はコチラ。

メモリカードは自前で用意すればいいとして、L・Rボタンが動作不良のようです。この不具合はハードオフのジャンクDSではよく見かけます。

本体をよく観察した所、Rボタンに目立つ凹み傷があります。Rボタンを押してみると引っかかるような感じで、ボタンの戻りが悪く連射などが出来ない感じです。おそらく前所有者がDSを地面に落とすなどしたのでしょう。その衝撃により筐体に物理的に変形が起こりRボタンの動作に干渉しているようです。

ちなみにLボタンの動作は特に問題ありませんでした。

お決まりの分解作業

原因が分かれば、そこを直せばいいだけなのでとりあえず分解。

ネジを外した後、内部で引っかかっている爪を外せばガワが外せます。

裏面のガワを持ち上げた所。上部に基盤とガワを繋いでいるフラットケーブルがあるので断線しないように気をつけましょう。

フラットケーブルをマイナスドライバー等で外します。上から押しこまれているだけなので隙間からやさしく持ち上げれば簡単に外れます。

ボタン周辺部を整形する

問題のRボタン部分。ネジを外せば細かく分解できます。

外したRボタンの本体のガワと干渉している部分を削りとって形を整えていきます。

同様に本体のガワ部分も変形して干渉している部分を削って滑らかにしていきます。

ある程度削ったら仮組みして押し心地を確認します。かなりスムーズに押せるようになりました。

最後により滑らかに動くよう薄くグリスを塗っておきました。ハイこれで簡単に修理完了しました~。

ゲームも快適に操作可能に

修理後、連射も問題なくできるようになりました。普通に使えます。

しばらくいくつかの所有ゲームで遊んでみました。遊びなれたゲームでも大画面だと だいぶ印象が違いますね。大画面で面白さ3割アップ位に感じます。コレクション機として大事に使って行こうと思います。

 

今回、ハードオフで見つけたのはバンダイの隠れた名機であるワンダースワン。ジャンク品でお値段は324円

以前、電源スイッチ部分不良の”ワンダースワンカラー”を買って直したことがありましたが、今回のワンダースワンは初代のモノクロバージョン。ゲームボーイの生みの親の故 横井軍平 氏が開発に関わっている事もあり、カタログ値では単3電池一本でなんと30時間駆動可能とゲーム機としては非常に燃費の良い機種であります。当時のハードとしてはかなりツボを押さえられられた機種で、スペック的には割としっかりした機種なのですが、その後のバンダイの迷走(短期間に頻繁にモデルチェンジが繰り返された)によりユーザー離れが進み、そのままフェードアウトしてしまった残念な過去を持っています。

液晶が黒ずんだワンダースワン

今回のジャンク理由はおそらくこれ。写真では分かりにくいですが液晶中心部が丸く黒ずんでいます。肉眼で見ると一目で違和感を感じるほどでまぁ普通の人なら購入をためらうでしょう

いわゆる液晶のビネガーシンドロームってヤツですね。液晶の表面にある偏光板が経年劣化により化学変化を起こし変色してしまう現象です。自分もあまり詳しくは無いのですが、以前、自称ハードオフジャンカーのsetsuhiwa 氏から知識として教えてもらったことがあるので名前は知っていました。

(後述しますが、ビネガー(酢)と言うだけあって、この現象が起こると非常に独特な異臭がします)

動作確認をしてみます。今回は横井軍平 氏に敬意を払って”GUNPEY”のゲームを使用。

ゲームは無事起動しました。ゲーム音やボタン部は特に問題なし。しかし、やはり液晶が非常に見づらい。コントラスト調整をしても黒ずんだ部分とそれ以外の部分の濃淡があいまいになりまともにゲームが出来ません。

とりあえず手持ちの偏光板を準備

これは是非直してやらねば!・・・って事で用意したのがネットで購入していた偏光板(10枚セット)。本当は以前紹介したドンキーコングのゲームウォッチの液晶を直すために購入していたのですが、面倒なのでしばらく放置していましたw

この偏光板ですが、知らない方に解説するとある方向の光を遮断する性質を持っておりまして、2枚重ねた時に同方向に重ねた場合は下の絵が透けて見えるのですが、

片方の偏光板の角度を90度回転させると真っ黒になって光を遮断するという性質を持っています。面白いですよね。この光のシャッターのような性質を利用して液晶からの映像を表示したり遮断したりしているんですね。

ワンダースワンを分解

話は戻って、ワンダースワンを早速分解していきます。

分解は比較的簡単なのですが、注意する点としては、基盤部と液晶を繋げているフラットケーブルを外す際にサイドのラッチをちゃんと解除して外すようにしましょう。絶対に無理やり引き抜かないように。

はい。液晶部分を基板から分離できました。

いよいよ液晶の偏光板を交換

前面のカバーを外し、

液晶がケースの裏面から両面テープで張り付けられているので、前面部から縁の方をゆっくり爪の先で押しながら外していきます。

外せました。

後は表面に貼ってある古い偏光フィルムを剥がしていきます。この時に結構な酢酸臭が発生しますので注意

液晶に付着している接着剤を除去

偏光板を液晶から剥がしました。銀色の部分が液晶本体ですね。液晶部に酢酸臭のする接着剤がこびり付いているのでがんばって綺麗に剥がしていきましょう。

本当は無水エタノール等でふき取るのが良いのでしょうが、自分の場合はこれを使いました。消毒用アルコールです。

これぐらい汚かったのを、

ここまで綺麗にしました。テレビを見ながら作業してたのですがベトベトを完全に取るのに小一時間位はかかりました。ここが今回の作業で一番面倒な作業です。

新しい偏光板へ交換

液晶に偏光板を重ねると偏光板の向きによって色が変わります。取り付ける向きを間違えないようにしましょう。

本体を仮組して、液晶の部分に偏光板を重ねてテストしてみます。銀色の液晶部分と偏光板が重なった場所だけちゃんと画像が表示されてますね。


↑動画にするとこんな感じです。

ちゃんと表示されることを確認後、新しい偏光板を向きを間違えないようにカッターで適当なサイズにカットします。

後は逆の手順で組み上げて・・・・

液晶がかなり見やすくなった

完成です。見違えるほど液晶がくっきりと表示されています大成功です!

余った偏光板の切れ端は捨てずに取っておきましょう。デジタル腕時計や小型のゲーム機等の液晶修理に使えます。

次回は、この勢いでゲームウォッチも直してみようかなー。(やるとはいってないw)

  

スーパーファミコン ハードオフで108円で購入

先日、最近(といっても数ヵ月経ちますが)改装してリニューアルしたと聞いていた、家からは少し遠めのハードオフに友人と寄ってみました。

リニューアルされた店舗は綺麗に商品が陳列されており、ジャンクコーナーも青ボックスで細かく仕分けされて非常に見やすくなっていました。久しぶりに来たので、折角だからなにか記念に買おうと、ジャンクコーナーを眺めていた所、発見したのは

黄ばんだ”通電不可”スーファミと出会う

かなり黄ばんだスーファミです。写真ではそうでも無いように見えますが実際には使用感が結構感じられます

値札を見ると通電不可の文字が。そのせいもあってか値段は108円。以前もこのブログネタでジャンクのスーファミのガワを使って簡易パソコンを製作したことはありましたが、ここ最近若干ジャンクの相場が上がっており、程度の悪いものでも324円~540円ぐらいしているのでちょっと安いかなと思い購入。

通電不可はやや気になりますが、多分スイッチ部や電源コネクタ部の接触不良等でしょう。

それに、少々不具合があった方が直す時のワクワク感が得られますし何よりブログのネタになるのであまり気にしませんでした。

端子部はサビも少なく特に気になる所はありません。

動作確認で詐称発覚!?

一応、症状を確認するためソフトを用紙して動作確認。あれ、通電不良の割には赤LEDランプも付いてるし・・・・・

起動も普通にするじゃん!コントローラ操作も全く問題なし。数回電源を入れ直しても安定して起動します。

直そうと思ってワクワクしてたのに意気消沈・・・・なんか違う意味でハードオフに騙された感じです

動くものを、また壊してネタにするわけにはいかないので、ここでネタの方針変更

黄ばんだスーファミをキレイにしよう

今からは、”気になるスーファミの黄ばみをどうにかしよう”にネタを変更しますw

ワイドハイターEXによる漂白ネタは以前にもやったので、今回は力技で塗装をする事に決定。

とりあえず、分解。最近はとりあえずジャンク品は分解しないと気が済まない性分なのでこれで多少欲求が満たされた感じがしますw

あ、一応注意ですがスーファミのネジは特殊なので分解する時には専用のドライバーが必要です。

電子部品をどんどん取り外していきます。

内部の基盤部分を取り外しガワのプラスチック部分のみになりました。

ガワ上部のグレーの部分は裏側のツメを外すと外せます。今回グレーの部分は色褪せも無くアクセント色となるので塗装せず残しておくつもりなので外しました。

前部のスーファミロゴの入っているパーツ部分はマスキングが難しく塗装するとNintendoロゴが消えてしまいそうだったので、ここも今回は塗装をせずにそのままにしておこうと思います。

塗装のための準備

塗装グッズ。塗装スプレーとマスキングテープです。

全部100均で手に入れました。カラーはいろいろ考えたのですが、ゴージャスでインパクトのあるゴールド色にする事に決定しました。

上部のマスキング。マスキングテープが勿体無かったので大まかな部分はコピー用紙で覆ってます。

下部の裏はシール部とゴム足部分をマスキング。保護部分が少ないので楽です。

塗装開始!

部屋にチラシを敷いて換気に注意しながら・・・・

ゴールドスプレーを噴射していきます。一度で塗ろうとせず、薄目に数回に分けて塗り重ねていくと綺麗に仕上がると思います。

半日程乾かして完成。いい感じです。

大体うまく塗れたのですが、側面部に少し液だれが出来てしまいました。まぁそこまで目立たないので別にいいですが。

完全に乾いたら組み上げ

塗装が終わったら組み上げです。基盤をどんどん取り付けていきます。こういう組み上げていく作業は楽しいですね。

組み上げている途中で、前面部のコントローラ接続部の塗り忘れに気付きました。今更、また分解するのも面倒なので、今回はこれもアクセント色としてとりあえずスルーします

ゴージャススーファミ完成!

組み上げ完了しました~。

前述しましたが、Nintendoロゴ部は塗装していませんのでこんな感じ。色が似ているのでそれほど違和感はありません。

 

全体はこんな感じです。写真で伝わるか不安ですが、結構なゴージャス感です!

ただ、近くで見ると綺麗なゴールド色ですが、遠く離れた場所から見ると知らない人にはものすごく黄ばんだスーファミに見えるかもしれませんw

そういえば先日、週刊ジャンプとコラボしたニンテンド―クラシックミニが登場しましたがあの色も確かゴールドですよね。

見慣れた、機器も色が変われば新鮮な感じで愛着も沸いていいですね。今後も大事にしていこうと思います~。

 

カシオ FD-1 ジャンク品 本体108円(税込)ACアダプタ540円(税込)

先日、日課となっているハードオフ巡りで気になるジャンク品を発見。

その商品はカシオのFD-1。ジャンク品で本体価格は108円(税込)

専用ACアダプタは別のジャンク箱を漁って同時に購入しましたが、ちょっとお高い540円(税込)でした。

この機器、なぜかネット上でも資料が少ないのですがどうやらカシオの音楽キーボードに繋げて使うMIDIデータ再生機器のようです。ただ、MIDI音源は内蔵してないようでこれだけでは音は出せません

→この記事の続きを読む

一期一会

先日、出社時間を勘違いしていてかなり早め(数時間前)に職場についてしまったのですが、時間を持て余したので出社前に職場近くのハードオフに行ってみました。

出社前という事もあり、何の期待もせずにふらっと寄って時間を潰していたのですが、そろそろ帰ろうかなとした時にかなりなレアものに遭遇しました。

なんだか分かるでしょうか? 30代後半から40代の人ならピーンと来るかもしれません。

そうです、ゲーム&ウォッチです。ファミコン登場以前の今から40年近く前の1980年代前半の頃、巷でゲームもできる時計という名目で任天堂が世に送り出した大ヒット携帯ゲーム機です。
→この記事の続きを読む

先日のブログで記事にした”あそぶ!ゲーム展 STAGE.2 ”の観覧後、高松周辺のハードオフを巡り買ったものを、ただひたすら紹介。

一軒目

 

XBOX360(HDMI搭載) 1080円

熱暴走による故障率が非常に多い前期型のモデルですが、1080円でしかも20GB HDD付きという事で予備機も兼ねて購入。動作もDVDドライブの回転音にやや違和感のあるものの特に問題なしでした。自分が今まで所有していたものはHDMI非搭載の最初期モデルだったため何気にHDMI搭載は嬉しい。

二軒目

ここでは見切り品のジャンクセール品が安かったので大量に購入しました
→この記事の続きを読む

ここ数年、かなりの頻度でハードオフ等のリサイクルショップに向かい、激安品のジャンクゲーム機ハードを購入して修理したり友達に譲ったり、そのまま押し入れへしまい込んだりしています。しかし、数が増えてくると自分でも何を何台所持しているのか分からなくなってきているので、特にレアなハードを所持しているわけではありませんが改めて押し入れから確認する事にしました。ちなみにほぼ全部自己修理・点検済みで動作品です。

携帯ゲーム機編

普段は押し入れにこのスチール缶に入れて保管しています。
→この記事の続きを読む

先日、近所のハードオフで激安のジャンク品を発見。

なんと税込108円のDELL製のデスクトップパソコンです。
→この記事の続きを読む

先日の休日、いつもの様にハードオフ巡りをしていた所、ソニーの携帯ゲーム機”PS VITA”をジャンクコーナーで発見したので確保。

外観はキレイだが・・・

外観は写真を見てもらえば分かりますが、かなりの美品。目立つ傷等は無し。

液晶のドット欠け等はなく、タッチパネルも問題ありません。型番は後期モデルタイプのPCH-2000。(ファームウェアは現時点で最新の”Ver 3.68″にアップデートされていました。)

初期型とは違い画面は有機ELではなく普通の液晶ですが、初期型に比べ薄型設計のため軽量なのと電源部がMicroUSBに変更されており使い勝手が良くなっています。

→この記事の続きを読む

ネットギア Ready NAS NV ハードオフで1080円で購入

ジャンクのNASを発見

先日、行きつけのハードオフでいつものように物色しているとPCジャンクコーナーでNAS(ナス)を発見。

お値段はなんと1080円!

→この記事の続きを読む

カレンダー

2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031