ゲームボーイポケットの黒ずみ液晶をまた直してみた

フリマで購入

PayPayフリマでゲームボーイポケットとポケモン金のセットを購入。

ゲームボーイカラーを複数所有している自分としては、特別欲しい訳では無かったのですが、ブログネタを探していたのと1000円引きのクーポンを消費する為にとりあえず購入しました。

液晶は定番の黒ずみあり

液晶画面はこの機種の持病といってもよい、ビネガーシンドロームによる大きな黒ずみがあります。

ずみで画面が非常に見ずらいですが、ゲーム画面は映っているので液晶そのものは無事生きているようです。

また、液晶は酷い有様ですが、本体そのものは全体的にかなりキレイです。

今回はこの液晶を修理していこうと思います。具体的には黒ずんだ偏光板の交換ですが、私のブログを昔から見てくれている人には、この内容の修理は過去に何度も定期的に行っているのでおなじみの修理ですね。

分解して液晶を取り出す

早速分解していきます。

毎度言っていますが、開封には特殊なY字ドライバーが必要です。

 

液晶が黒ずんだワンダースワンの偏光板を交換して直してみた。

格安のジャンク ゲームボーイポケットの黒ずみ液晶を直してみた

↑修理の仕組みや分解の具体的な手順は上記の過去記事等を参考にして頂くとして、

無事液晶が取り出せたので、偏光板を剥がしていきます。ツンと鼻をつくビネガー臭も最近はだいぶ慣れました。

 

約1時間かけてエタノールで液晶のガラス面を磨き、接着剤がキレイに剥がせました。

組み直して完成!・・・アレ?

今回も楽勝!楽勝!と思って早速組み直して動作確認をしていると、

・・・・・アレ?ライン欠けしてる?

(写真を撮り忘れたので上図はイメージです)

どうやら、液晶を磨く際に強く液晶を圧迫しすぎて液晶裏のフレキケーブルの一部を剥がしてしまったか、断線してしまったようです。

しばらく、ハンダごてでフレキケーブルの接着面に熱を加えるなどして再接着による修復を試みましたが症状はどんどんひどくなり、最後には全く映らなくなってしまいました

あーぁ、・・・・やってしまいました。

過去に数々の液晶を修復して成功してきていたので、慣れもあり今回の作業が少々乱暴になっていたのかも知れません。今回は残念ながら失敗です・・・・。

困った時の救世主!ハードオフ!!

・・・・って事で、この記事は本来お蔵入りする予定でした。まぁ、ネットを探せば改良された交換用液晶の互換品があるにはあるのですが、5千円以上するので採算が合わずわざわざ買う気にはなりませんでした。

 (↑ゲームボーイポケット用バックライト付IPS液晶)

と、思っていた所、そこは困った時のハードオフ。この記事がボツになった数か月後、とあるハードオフのオープニングセールに行ってみると、

これ以上無い位の、悲惨な状態のゲームボーイポケットを発見。そのせいか値段は格安の110円でした。液晶部分もカバーは無いですが破損はないようです。普通の人はまず欲しがらないでしょうが、自分にとっては部品取りに絶好な個体だったので、ありがたく購入させていただきました。

早速この悲惨なゲームボーイから液晶を取り出し、先程と同じように根気よく液晶面を磨いていきます。

今回は各部分に負担をかけないように丁寧に作業しました。時間にして約2時間、非常に疲れました。

偏光板も交換して組み立ても慎重に行い、

無事復活しましたー。いつもより時間はかなりかかりましたが、最終的に修理に成功したので苦労も報われました。感無量です。

この記事もボツにならずに済みましたしw

では今回はここまで。

Author: Naokit

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください