kill-time

About

Name: Naokit

QRコード


スマホ・携帯用表示対応!

Count per Day

  • 317574総閲覧数:
  • 158昨日の閲覧数:
  • 2011/05/20カウント開始日:

amazon Prime

amazonで検索

楽天市場

楽天で探す
楽天市場

楽天ベストセラー

ジャンク

ワンダースワンカラーFF2同梱版ジャンク品 980円(税込)

先日、食料品の買い物ついでに近所のリユースショップ店に寄った所懐かしいゲーム機を発見。

30~40代のちょっとしたゲーム機好きの人なら知っていると思いますが、かつてバンダイが2000年頃発売していた携帯ゲーム機ワンダースワン(カラー)です。当時の大ヒット商品のゲームボーイカラーやゲームボーイアドバンスには売上数は遠く及びませんが、それでもシリーズ累計で300万台以上売れていたスマッシュヒットしたゲーム機です。

訳ありのジャンク品ですが値段は税込の980円と格安。しかも、箱付きの美品のファイナルファンタジーⅡ(以下FF2)同梱版です。

一応、ジャンク内容を確認すると、

どうやら、電源ボタンの故障の模様。ONには出来るがOFFに出来ないので

電源を切るにはイチイチ電池を取り外さないといけないようです。しかし、この症状なら、その点を除けばゲームは普通に遊べそうな感じですね。

少し調べると、どうやらこの症状はカラー版のワンダースワンの持病の様です。電源ボタンが経年劣化で接触不良になる症状が頻発しているそうです。まぁ、接触不良なら直すのは簡単だろうという事で購入しました。ちなみにワンダースワンは昔買ったことは無いので初めての購入です。

家に帰って中身確認。外箱もとても綺麗な状態で付いていました。

外箱の裏側。FF2のイラストが描かれています。

中に入っていた付属品。説明書やソフトのケース等もかなり綺麗。ほぼ完品だと思います。

付属特典のストラップ。しかし、このデザインは何なんでしょう?何かのキャラクターでもなければFF2のロゴとかの刻印も無いので言われなければ、ただの普通のゴミストラップにしか見えませんね。

では軽く動作確認。

電池アダプターに単3電池一本をセットしてそれを本体裏側に入れるようになってます。たった、一本の電池で駆動するとは驚きですね。しかも、20時間駆動可能との事。

はい。電源ボタンで無事に電源は入りました!

しかし、確かにもう一度電源ボタンを押しても電源が切れません。とりあえずこの件は後で修理しましょう。

その後、しばらく遊んでみましたが、他のボタンは異常なし。不具合は電源ボタンのみのようです。しかし、STN液晶ってこんなに暗かったですかね?今の液晶に慣れているとかなり目が疲れそうです。あと音量がボタン式で”OFF→小→中→大”と3段階しかないのが残念。

———————————————————————————————–

では、分解して電源ボタンを直していきましょう。


まずはネジを外し裏ブタを取ります。

ちなみにネジはヘクスローブの特殊ネジです。このサイズのドライバーは無いのですが小型のマイナスドライバーで代用して回しました。

上部にあるケーブルを外してやれば・・・

簡単に基盤部が取り出せます。この基盤の下部に電源ボタンの接点があります。

電源ボタンの通電ゴム部と基盤の接点部分を、接点復活剤を塗布した綿棒を使って掃除します。

その後、何度か組み上げて電源ボタンの効き具合を試してみましたが幾分マシにはなったものの、かなり強く押さないとボタンが効きません・・・・・

結論から言うと、電源ボタンの通電ゴムがかなり摩耗しているのが原因でした。

接点復活剤でも効果が薄かったので、ゴムボタンを探して部品交換しようかと思いましたが、探してもなかなか見つからないので、

最終的に原始的な方法ですが、アルミホイルを通電ゴムに貼って修理することにしました。見栄えは悪いですが、内部なので見えませんし、電源ボタンもしっかり動作するようになりました。

という事で、現在は無事に使用できています。

今後はワンダースワンのソフトもハードオフでジャンクで見つけたら買って見ようと思います~。

先日、近所のハードオフで激安のジャンク品を発見。

税込108円のDELL製のデスクトップパソコンです。

なんと下部のシールには Intelの Core2Quad のロゴが貼ってあります!

4コアのCPUなので動けば今でも通常の用途なら十分現役で使用出来そうです。

前のオーナーがCPUを換装したり取り外ししてなければいいのですが・・・・

ピンボケして少々見にくいですが、ジャンクの内容を詳しく見てみると

トレイ開閉NG(おそらく内蔵の光学ドライブ)、BIOS起動NG、HDD・メモリ無し

との事。ちなみにCPUについては言及なし。

さすがにBIOS起動NGだと使い物にならないかなぁ”、と幾つか不安材料もありましたが、税込108円なら直せなくても何かしらの部品取りだけでも軽く元は取れるだろうと思い購入。

家に帰って早速、点検&クリーニング。

ぱっと見の外装はとてもキレイ。

ただ細部を見るとあちこちホコリまみれです。タバコの臭いも気になります。

光学ドライブのトレイ部分。ここもホコリだらけだなぁ 思いながらせっせと雑巾でホコリを拭いていると・・・・・・・・ん、これ良く見たらブルーレイドライブじゃん!

ちょっとラッキーでした。トレイ開閉が出来ないとのジャンク内容でしたが、もし無事動けば儲けものです。

この光学ドライブについては後述します。

背面部。写真では分かりずらいですが、あちこちにホコリがまんべんなく付いています。

ここで下部に注目。このPCグラボも付いてたんですよね。これももし動けば大ラッキーです。

続いて内部の清掃。これはある程度清掃した後の写真ですが、それはそれは凄いホコリでした。

更にタバコのヤニのせいなのかホコリがPC内部に絡みついていて結構手間取りました。

ちなみにジャンクの内容通りHDD・メモリは抜かれていました。

 

あと、先ほどの刺さっていたグラボは調べてみると、ATi社の Radeon HD3650でした。型番はATI-102-B38201。

当時のミドルクラス級のグラボですのでこれも動作すれば儲けものです。

さて、清掃も終わったのでいよいよ動作テストをしていきましょう!

何はともあれ、まずはメモリを増設しない事にはテストできないので、メモリスロットに注目。

早速手持ちのDDR3のメモリを押し込んで動作確認をしようとした所、なぜかうまく挿さらない。

そこでハっと気づきました。このマザーボードDDR3メモリじゃ無くてDDR2メモリ専用じゃん!!

そうです、この世代のCPUの時はDDR2からDDR3メモリの移行期でマザーボードによってDDR2メモリを使うものとDDR3メモリを使うものが混在していたのです・・・・・。

自分は当時この世代のCPUを使っていた時DDR3タイプのマザーボードを使っていたため、てっきり手持ちのDDR3メモリで大丈夫だろうと勘違いしていました….. orz

ちょうどDDR2メモリは持っていなかったので、悔しさのあまりもう一度ハードオフに直行

少々、お高い感じもしましたがジャンク品のDDR2メモリ1GBを購入。値段は540円。今回のジャンクパソコンの5倍の値段です。これでこのパソコンが起動しなかったらただのゴミになります。

なんだか若干負けた気がしますが、気を取り直してメモリをセットして電源ON。

 

ところが、電源は入り電源LEDも点灯し、CPUやグラボ、ケースの各ファンも回転するのですが画面が真っ暗のままで何も表示されません。マザーボードからエラー時のビープ音などの反応もありません。

やっぱりジャンク表示通り本当にBIOSが壊れているのかなぁと半分諦めかけた矢先、

試しにグラボを外して内蔵グラフィックに切り替えて再起動したらあっさりとメーカーロゴが表示されました!!

結論から言えばグラボが故障していたようです。ハードオフの店員さんもこのグラボの故障には気付かず、マザーボード上のBIOS不良としてジャンク扱いにしたのでしょうね。

BIOS画面も無事起動。CPUもケースのシール通りの4コアのCore2Quad(Q8200)が搭載されています。

CPUだけでもオークションで数千円の価値はありそうです。

とりあえずBIOS起動で一安心したので次はトレイ開閉不良の光学ドライブを見ていきます。

一旦光学ドライブを取り外し詳しく調べてみたところ、LITEON社のDH-6E2Sというブルーレイのコンボドライブでした。ブルーレイは読み込みのみで書き込み機能はありませんでした。ちょっと残念。

簡易的に電源を接続してイジェクトボタンを押してみると、なるほど確かにガコッ!という音が一瞬してトレイが出てきません。

こういう時は、とりあえず分解。

 

怪しいと思っていたプーリー部分のゴムベルトが経年劣化で緩んでいました。

とりあえず適当に輪ゴムに交換したら無事開閉できるようになりましたw

え?耐久性?そんなものは気にしていませんw

後でテストした所、CD、DVD、ブルーレイディスクいずれも問題なく読み込めました。

トレイ開閉不良もこのパソコンがここまで安いジャンク品扱いになった理由でしょうからこれはこれでラッキーでした。

という事で、無事このパソコンは起動可能な状態にリペアできました。

今後、時間があれば余っているHDDを搭載してFreeNASでも入れてファイルサーバにしたり、安いメモリを増設し、4コアを活かして仮想サーバ化でもしようと思っています。

 

先日の休日、いつもの様にハードオフ巡りをしていた所、ソニーの携帯ゲーム機”PS VITA”をジャンクコーナーで発見したので確保。

外観は写真を見てもらえば分かりますが、かなりの美品。目立つ傷等は無し。

液晶のドット欠け等はなく、タッチパネルも問題ありません。型番は後期モデルタイプのPCH-2000。(ファームウェアは現時点で最新の”Ver 3.68″にアップデートされていました。)

初期型とは違い画面は有機ELではなく普通の液晶ですが、初期型に比べ薄型設計のため軽量なのと電源部がMicroUSBに変更されており使い勝手が良くなっています。

残念ながらソニーからも既に見捨てられ、ややオワコン化したハードですが、値段は税込4320円とジャンク品にしてはやや高め。普段の私Naokitならばジャンク品にここまでの出費はしないのですが、今までPS VITAは所有したことが無かったのでこれも何かの縁だと思って買ってしまいました。とりあえず、今後のために歴代のゲームハードは所有しておきたい性分なので。

肝心のジャンク理由はコントローラーの”右スティックが動きっぱなし”との事。

右スティックを使うゲーム自体はそれほど多くないのですが、気になるので修理を試みてみました。

→この記事の続きを読む

はい。例の如くまたハードオフネタですw

最近はNintendo Switchが爆売れで絶好調の任天堂ですが、任天堂の過去の名機の一つにWiiがあります。

このWiiは名機だけに出玉も多く、どこのハードオフでもズラッと大量に並んでおり現時点ではほぼ投げ売り状態の価格です。

おそらくフルセットの物でも中古ショップで2、3000円もあれば買えるのではないでしょうか。

→この記事の続きを読む

hardoff
ハードオフ
http://www.hardoff.co.jp/

またまた、ハードオフネタ。
つい先日もゲームボーイカラーを直したというネタを紹介したところですが、今回は任天堂の傑作携帯ゲーム機”Nintendo DSi”のジャンク品の話。

IMG_0709

IMG_0711

IMG_0716
値段は324円。偶然にも先日のゲームボーイカラーと同額ですw
オープンすると前オーナーのイナズマイレブン愛を感じられるステッカーが、これでもかとベタベタと貼り付けられてあります。
裏面は中心部に少々深めのキズもありました。おそらく前オーナーが落としたときに付いたのでしょう。タッチペンは無し。まぁ、ジャンク品なのでここはご愛嬌。

IMG_0710

前面シールにタッチパネル入力NGとの表記。これが理由でジャンク品扱いなのでしょう。
まぁ、良くある症状ですね。”これならタッチパネル用修理部品をネットで数百円程度で購入して交換すればおそらく直るかな”と思い購入を決定。
ちなみに私Naokitは初代DS2台とDS Lite3台を所有していますがDSiは初購入です。

実はダウンロード販売ソフトの”DSiウェア”を購入してみたいという思いもあったのでDSiは前からちょっと欲しかったんですよね~。

で、購入後、家にある充電器で充電。電源を入れると

DSi_set_NG

上記のような表示が。
(画像を撮り忘れたので上記画像はネット上での画像を借用しています。)
とりあえず画面の指示通り、下部の”ok”ボタンを押してみますが、全く反応なし。
”あー、なるほど確かに反応しないわ~、やっぱりタッチパネルの交換が必要かなぁ”
と軽く納得しながらも、一応インターネットで症状を検索。

すると、下記のサイト様で
大人のためのNintendo DS & DS Lite & DSi
http://nantendo.web.fc2.com/8.html

『スタート』・『L』・『R』の3つのボタンを同時に押しながら電源を入れて、タッチパネルの設定をし直します
との表記が。それならまぁ、ダメ元で一応やってみるかと試してみると・・・・・




アレ・・・・直った?・・・





・・・タッチパネル反応してる・・・よね?

そうです。これだけで直りましたw

おそらく前オーナーの方がこの症状で壊れたと思い込み、ハードオフに売りに行き、店員もこの方法で直るのを知らずにジャンク品として買い取り、販売したのではなかろうかと思います。

しかし何はともあれラッキーでした。タッチパネル交換を覚悟してのですが、とりあえず念願のDSiゲットです。しかも324円で!!w

毎回言っていますが、これだからジャンク品は面白いですね!!w

その後はシールを剥がすのに専念。シールの質が悪いのか、剥がし後がたくさん残り、キレイに全部剥がすのには1時間ほどかかりました。

IMG_0777

とりあえずキレイになりました~
さぁ、この後はいろいろ弄ってみようっと。

その後、確かDSiってカメラが使えるんだよなぁ。ちょっとカメラテストも兼ねて試してみるか、とカメラアプリを起動。

IMG_0805

すると、いきなり前オーナーと思われる自撮り写真が!w

6年前(2009年)の写真と思われるので、”この子も今ではだいぶ大きくなっているのだろうなぁ”、と感慨深く思いながら画像を全て削除。

DSi等のカメラ付き端末を中古店に売りに行く時はちゃんとデータは削除するようにみなさんも気をつけましょう。
(今回は当初タッチパネル操作出来なかったため、それが前オーナーが消せなかった原因かも知れませんが。)

その後、DSiの設定メニューから”本体の初期化”を実行して晴れて、きれいさっぱりのNaokit専用 DSiに!

念願のDSiが安くゲット出来て嬉しいです~ (pq*´∀゚)ウレスィ~♪

↓ちなみに私Naokitが DSiウェアで今後購入したいソフトはコレです。
プチコンmk2
購入した際はまたレビューします~。

カレンダー

2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930