kill-time

Blog Author: Naokit

QRコード


スマホ・携帯用表示対応!

Count per Day

  • 519675総閲覧数:
  • 337今日の閲覧数:
  • 262今日の訪問者数:
  • 546昨日の閲覧数:
  • 421昨日の訪問者数:
  • 2011/05/20カウント開始日:

amazonで検索

楽天市場

楽天で探す
楽天市場

楽天おすすめ商品

情報

ちょっと特殊な元祖ファミコンのACアダプタ

上の写真はご存じファミコンのACアダプタ。レトロゲーム好きの人なら所有している人も多いと思います。

ハードオフでも比較的手に入れやすく、近年のレトロゲームブームで互換品のACアダプタも普通に売っています。

さて、このACアダプタを詳しく見ていきましょう。

ACアダプタに書かれている仕様表を見ると、

出力: 10V 860mA

プラグ極性:センターマイナス

と記載されています。この10Vという電圧も比較的珍しいのですが(通常のACアダプタは1.5Vの倍数の規格のものが多い)、プラグ極性がセンターマイナスというのも注意したい所。一般的なプラグとプラスマイナスの極性が逆なんですね。

小さい頃にファミコンのACアダプタを無くし、ファミコンしたさに家にある適当なACアダプタを見つけ、プラグがたまたま合うので繋いだらこの極性違いでファミコンを壊してしまったという人も世の中にはいるかも知れません。

こういう若干特殊な仕様は、もしかしたら任天堂がACアダプタを他社製のものを流用させないようにした意図があったのかも知れませんね。(まぁ、普通はそうでしょう。)

ファミコンのACアダプタはトランス式

さて、このファミコンのACアダプタですが変換の方式はトランス式です。(現在主流のACアダプタはスイッチング式が多い)

トランス式は回路がシンプルでノイズが少ないという利点がありますが、やけに大きく重いです幼少期に足に落としたりして悶絶した人も多いでしょう

また、テスターで電圧を測ると、定格は10Vの表記なのに15V近く出ています

ただ、これは壊れているのではなく、トランス式のACアダプタは専用の回路に繋いだ時に定格の電圧が出るように設計されているので、テスター等に無負荷状態で繋ぐとおおむね1.5倍程度の電圧出力になるといわれています。

中学生位の頃に初めてテスターを買ってもらい、何気なくファミコンのACアダプタの電圧を測っていた時にはこういう知識が無くファミコンのACアダプタかテスターが壊れているのかと思って不思議に思っていた事があります。

手軽なACアダプタが欲しい

前述のようにちょっと特殊なファミコンのACアダプタですが、もっと手軽に電源供出来ないか考えましょう。

手軽な電源供給方法と言えば、真っ先に思いつくのはなんといってもUSB給電でしょう。最近はちょっとした雑貨でもUSBで給電できるものが非常に多いですよね。

そういや数年前に出てヒットしたミニファミコン(ニンテンド―クラシックミニファミコン)の電源供給方法もUSBでしたね。

用意するもの

・・・って事でネットでポチりました。

順番に見ていきましょう。

 

1、2.1φDCプラグケーブル

ファミコンのDCプラグ径は直径2.1mmのポピュラーなものなので比較的簡単に手に入ります。自分は10本入りで250円位のものを買いました。

2、昇圧DC/DCコンバータ

入力した電圧(2V-24V)を任意の電圧(5V-28V)へ昇圧するコンバーターです。5個で600円程。これはいろいろと応用できそうな電子パーツですので何個か持っておいて損は無いでしょう。

回路右側の方にマイクロUSBの入力端子があり、簡単にUSBケーブルから5Vの入力が行えます。

3、家に転がっていたマイクロUSBケーブル

先ほどの”昇圧DC/DCコンバータ”に繋ぐマイクロUSBケーブルです。

どこの家でも数本は転がっているのではないでしょうか。

組み立てはとっても簡単

先ほどの”昇圧DC/DCコンバータ”の出力側端子にDCプラグケーブルをハンダで取り付けていきます。

ここで重要な注意が一つ。

前述の通りファミコンはちょっと特殊なセンタープラス仕様なので、ケーブルのプラスとマイナスを逆に繋がないといけません。つまり

昇圧DC/DCコンバータのプラス出力側 → DCプラグケーブルのマイナス側のケーブル(黒色)

昇圧DC/DCコンバータのマイナス出力側 → DCプラグケーブルのプラス側のケーブル(赤色)

という風に繋ぎます。

後は入力側にマイクロUSBケーブルを繋げばとりあえず完成です!

とても簡単ですね。

出力電圧を調整する

回路が出来上がったらテスターで出力電圧を測りながら10V出力になる様に調整して行きましょう。

”昇圧DC/DCコンバータ”の横にあるつまみをマイナスドライバーで左右に回転させながら電圧を調整していきます。

このつまみはかなりの回数回転できますので細かい微調整が可能。

ちなみにここでは詳細な説明は割愛しますが、この手の電圧変換作業は当然ながら電圧を上げれば上げる程、電流量は必然的に元の入力する電流量より減少するので出力電流量不足にならないように入力する電流量には注意しましょう。

(電圧を2倍に昇圧すると、電流量は回路側のロスも含めると入力時の半分以下になります。つまり電流量は昇圧量に反比例します。)

ファミコン実機に繋げてテスト

電圧調整後、ファミコン実機に繋いでテストしてみた所、無事にファミコンが遊べました!

これでとりあえずデカくて重いACアダプタが必要なくなったので何かと便利です。しかもテレビ側にUSB端子があれば、そこから直接電源を取る事も可能で配線もスッキリする可能性がありますね。

USB電源アダプタは一般的な1A出力程度のものでもファミコンは一応起動しましたが、念のため2A出力以上のものを使用した方が安心でしょう。

(ちなみに500mAタイプのものだと電流量不足で起動しませんでした)

もちろんモバイルバッテリーでも、動作は可能ですのでいろいろと応用が利きそうですね。

当時はかなり画期的なおもちゃ?

いつものハードオフのジャンクコーナーでカメラが付いたゲームボーイソフトを発見。

知る人ぞ知る、ゲームボーイ用、”ポケットカメラ” ですね。

まだ、アナログカメラ全盛の時代でデジカメもほとんど普及していない1998年頃に発売されたもので、自分もその存在は知っていましたが使った事はありませんでした。

ジャンクでの値段は税込で110円。一般的な中古相場では1000円前後なのでかなり安かったと思います。

今ではデジカメでは当たり前である、”撮った写真がその場ですぐ確認でき、気に入らなければ何度でも消して撮り直しが出来るカメラ”というのは感動ものだったと思います。アナログカメラは全て一発撮りですからねぇ。

詳しく見てみる

型番はMGB-006。

厚みが結構あります。

ゲームボーイカラーに取り付けるとこんな感じ。

ちなみにカメラ部分は180度回転可能

この時代にアウトカメラだけではなく、自撮りも意識してインカメラ機能を持たせるとは任天堂の先見の明を感じます

電源を入れて遊んでみる

電源を入れると、タイトル画面で被り物の実写マリオさんがファンキーに踊り狂っている映像が

これはおそらく、このカメラの機能の1つであるアニメーション機能のデモンストレーション映像も兼ねているのでしょう。

白黒映像とはいえ、なかなか見応えがあります

メニュー画面はとてもシンプル。

”みる”を選択すると前のユーザーさんと思われる撮影画像がずらりと表示されました。ちなみに画像は30枚ほど保存できるようです。(一応、画像には一部モザイクかけています。)

ゲームを遊んでみる

このカメラのソフトの中にはミニゲームが入っており、カメラで撮影した写真を使用してゲームで遊ぶことが出来るようです。

競争ゲーム

ボタンを連打してタイムや順位を競うゲームです。途中障害物もありジャンプで避ける必要もあります。

なかなか面白いです。

お手玉ゲーム

ボールを落とさないようにお手玉を繰り返していくゲーム。

有名なゲームウォッチの ”BALL” と同じ内容ですね。

DJゲーム?

よく分からないですが、自分でDJになった気分でボタンを押したりして音楽を作っていくゲームのようです。

演奏した内容は保存も出来るようです。

 

プリクラのような機能も

このカメラは特殊な効果を付けて撮影したり、撮った写真を加工したり出来る機能もあるようです。

当時はプリクラ全盛の時代だったと思うので、この機能は当時の子供たちは喜んだのではないでしょうか。

前ユーザーさんの力作もありました

加工されているのでこれはモザイクかけなくても大丈夫でしょうw

とりあえず自分も撮影

カメラですから、やっぱり記念に一枚撮っておきましょう。

・・・・って事で1枚撮ってみました。

うーん、分かりやすいお面の顔なんで白黒でも写真が映えますなw

撮影後は印刷も可能

このカメラで撮影した画像は、同時期に発売された ”ポケットプリンタ” があれば専用の感熱紙に白黒で印刷もできるようです。

たまにハードオフで見かけますが、値段もそこそこするのでさすがに買おうと思ったことは無いですが・・・・

でも、カメラを買うとそういうのもちょっと欲しくなりますね。

安くなったら買おうかなぁ。

格安のゲームボーイポケット

ハードオフで、またネタになりそうなものを発見。

液晶がこれでもかと劣化(ビネガーシンドローム)で黒ずみまくったゲームボーイポケットです。

まぁ、ここまでの黒ズミがある場合、普通の人は誰も買おうとはしないと思います。

→この記事の続きを読む

私、Naokitは10年程前から中華サイトで2ドル位で買った、マルチ充電ケーブルを良く使用しています。

→この記事の続きを読む

いつものハードオフで

先日、ハードオフでジャンクBOXを漁っていた所、

レトロゲーム機に埋もれている小型液晶を発見。

良く見ると、”ONE  PIECE(ワンピース)” のロゴが。

どうやら名作少年漫画のワンピースの10年程前に発売された限定のナビのようです。

→この記事の続きを読む

知っている人は知っているゲーム機

ゲームショップを徘徊中とあるものを発見。クラウド型ゲーム機のG-cluster(ジークラスタ)です。値段は税別180円。もともとは9800円ほどするゲーム機です。

これまでも時々ハードオフ等でも見かけましたが、相場より安めだったので購入。

→この記事の続きを読む

 

ゲーム機史上最も売れたハード

数か月前にWiiの接続環境について記事を書きましたが、今回のテーマはPS2です。

以前のWiiのHDMI接続の記事はコチラ

PS2は言わずと知れたソニーの大ヒットゲーム機で、全世界販売台数はなんと1億5500万台との事。これは歴代のゲーム機ハードの売り上げの中では堂々の1位です。

PS2発売時はまだDVDプレーヤーがかなり高価だったため、DVDプレーヤーとしても使えて割安なPS2は飛ぶように売れた記憶がありますね。

→この記事の続きを読む

怪しいペンカメラ

ハードオフのジャンクコーナーで怪しいペンカメラを見つけました。型番はVS-NC001。ネットで型番を検索しても情報が出て来ず、ちょっと怪しいのですが面白そうなので購入。こういうガジェットって子供の頃、スパイ映画等で憧れてたのもありますしね。値段は税込で1080円。

→この記事の続きを読む

突然iPadが起動しなくなった

我が家で3年位使用しているiPad Pro12.9インチ。(以下、iPad)

持ち運びには重すぎますが、画面がデカいので動画視聴は非常に快適。

ある日、アップデートに失敗したのか、突然起動しなくなりました。

これが噂のリンゴループ?

具体的な症状は、何度電源を入れなおしても上記のようなリンゴマークが繰り返し出るばかりで、一向に起動しない状態。俗に言う、”リンゴループ”状態と思われます。

ちなみにセーフモード起動も出来ません。

おそらくiOS自体が破損している可能性が高いですね。

→この記事の続きを読む

ファミリーベーシック VS ポケコン

今回もファミリーベーシックネタ。

以前、Nintendo DSiのBASICプログラミングアプリであるプチコンを取り上げた際、プチコンのBASICとポケコンのBASICで同等のプログラム走らせ完了までの時間を計りベンチマーク対決をしました。

その時の結果は当然のごとく32bit機であるプチコンの圧勝でしたが、今回はファミリーベーシックとポケコンという8bit機器同士の対決

この対決は前々から少し興味があったので、今回は結果が非常に興味深いです。

→この記事の続きを読む

カレンダー

2020年4月
« 3月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930