kill-time

About

Name: Naokit

QRコード


スマホ・携帯用表示対応!

Count per Day

  • 240605総閲覧数:
  • 214昨日の閲覧数:
  • 2011/05/20カウント開始日:
Amazonで検索
楽天市場で検索
楽天で探す
楽天市場

楽天ベストセラー

情報

1 / 612345...最後 »

あそぶ!ゲーム展 STAGE.1 デジタルゲームの夜明け 入場無料
https://www.e-topia-kagawa.jp/event/gameetp01_index.asp
(香川県高松市 ”情報通信交流館e-とぴあ・かがわ” にて8月16日まで開催中)

先日の休日に友人と高松のゲーム展のイベント会場に行ってきました。
幼少の頃からファミコン、ゲームボーイ、スーファミ、PCエンジン、メガドライブ、セガサターン、プレステ・・・・・・と自分の成長とともに常にゲーム機の進化を身をもって感じてきた世代の人間としては今回のイベントは非常に魅力的。

今回のイベントはゲーム機の黎明期の頃から1980年代初頭の頃までの歴史に残るゲーム機筐体や資料が多数展示されているとの事。
しかも、一部は貴重な実機展示もあり、実際に遊べるとの事。これはすごいですね。

会場は高松のシンボルタワー内の4階、5階。


入口付近のガラス壁の写真。この中が会場です。

入り口からイベント会場の方を撮影。各コーナーがブースで仕切られています。ちなみに会場は動画撮影は禁止ですが、静止画撮影は可との事です。
(とはいっても、あまり写真を公開しすぎてもマナー違反だと思うので今回は印象に残った幾つかの機種の写真のみを公開させて頂きます。)


ショーケースの中に何気なく展示されていたマグナボックス社の”オデッセイ”を発見。世界初の家庭用据え置き型ゲーム機ですよ、コレ。1972年発売。この頃のゲーム機にはまだCPUが搭載されておらず、画面に表示されるのはコントローラで動かせる光の点のみ。当然ゲームの背景等表示されないので、付属の半透明のシールをテレビに貼って、それをゲームの舞台にするというアナログ感満載のゲームです。ネットで動画は見たことはありましたが、実物を見るのは今回が初めてです。
YouTube Preview Image

[Youtube資料動画]
___

お次は、世界初の商業用アーケードゲームである”コンピュータースペース”。1971年。
筐体が芸術的なセクシーなデザインで素晴らしいです。残念ながら実機は土・日以外は通電してないようで電源が入った様子は見られませんでしたが、すぐ横にエミュレータ機がありそれで遊ぶことが出来ます。これも実機を見るのは初めてです。販売台数もそれほど多くなく世界的に非常に貴重な筐体でしょう。当時はまだ十字ボタンやジョイスティック等は存在しておらず、独特のボタン操作によるキャラクターの移動は激ムズです。
YouTube Preview Image

[Youtube資料動画]
___

続いて、”テニス・フォー・ツー”。1958年。これは実機ではなく再現機です。諸説ありますが、歴史上世界初のテレビゲームとされていて、比較的有名なゲームです。
オシロスコープで表示された画面上でボールを打ち合います。これが滑らかに動いてそこそこ遊べます。
自分がこの写真を撮る前に、小学生くらいの子がしばらく遊んでいました。最近の子供は目が肥えていて、昔の貧弱なゲームには見向きもしないんじゃないかと思ってましたが、そうでもないようです。やっぱり、子供はゲーム好きなんですね。
YouTube Preview Image

[Youtube資料動画]
___

お次は、”ポン(PONG)”。1972年。これは有名ですね。2人で左右に配置されているラケットを上下に動かし、ボールを打ち返し合うゲームです。世界各国でヒットし、いろんな亜種のゲームが開発され、長く遊ばれてきたゲームです。”ブロック崩し”のゲームの原点でもあります。


そして、ゲーム史を語る上で絶対に外すことのできない”スペースインベーダー”です。日本で最初のCPUを搭載したアーケードゲームです。
これは説明不要でしょう。1978年頃社会現象にもなったゲームです。このゲームがあまりにもヒットしたため、市場で100円玉が不足し急遽増産されたというのは有名な話です。裏技なども多数発見され、更に人気を博していました。


スペースインベーダー開発時の資料。開発者の西角さんの手書きの資料です。キャラクターデザインやプログラムのフローチャート等、興味がそそられます。

その他、パックマンやドンキーコング、クレイジークライマー、ディグダグ等の比較的最近(といっても、30年以上前ですがw)のゲームも展示されていましたが、今でもメジャーなゲームなので今回は紹介を割愛させて頂きます。

近隣の方は、是非 会場に出向きゲームの歴史に触れてみることをお勧めします。
ゲーム好きの人はもちろん、そうでない方も技術の進歩を感じて頂ければ面白いかと思います。
個人的にはとても満足でした。


会場では資料満載の限定パンフレットが販売されています。(税込1000円)
もちろん私Nokitは購入。一緒に行った友人も購入していました。

他県では、このイベントの”ステージ2”も開催されているようです。
香川県でも開催されることを期待しています~。

VRゴーグル 100円(税別) 100円ショップセリアで購入

先日、近所の100円ショップセリアで面白いものを発見。

スマホ用VRゴーグルです。

昨年あたりにPS4用の周辺機器で”PlayStation VR”が発売され、各メディアで取り上げられてずいぶんと話題になりましたので”VR”という言葉は聞いたことがある方も多いかも知れません。

専用のヘッドマウントディスプレイを取り付けると、目の前に360度の視点で仮想の3D空間が展開され、あたかもそこに自分が存在するかのような臨場感あふれる体験ができるというものです。

今回のモノはスマホ用という事でPS4のような高度なVR体験は出来ないと思いますが、100円という驚愕プライスでしたので喜んで購入してみました。ちなみにネット等でも同様の商品は販売されていると思いますが、今回のような段ボール製のものでも1000円位はすると思われるのでこれは嬉しい。

早速組立ててみます。

まずは裏面に組み立て方法の記載があります。カット等も必要なく、折るだけで完成できるので子供でも簡単に作れそうです。

注意書き。当然ですがアプリは自分で用意する必要があるようです。後でストアで探してみましょう。

中にはレンズ組み込み済みの段ボールが一つ。

広げてみました。翼を広げた何かの愛嬌のあるキャラのようにも見えますw

両方の翼部分を内側に向かって折り曲げて・・・

レンズ部分を起こして組み立てていきます。ここまで一分もあればできます。

最後に上部のスマホをセットして蓋となる部分に付属のマジックテープを貼ります。

完成です!

スマホはこんな感じでセットします。

次にアプリを探しましょう。”VR 、動画”等のキーワードで検索するとすぐ見つかると思います。

↓今回私Naokitが試しにダウンロードしてみたのはこちらのアプリ。

DINO TOWN

http://www.up-frontier.jp/activity/1595/

街に恐竜が現れたシチュエーションの動画の様です。早速見てみましょう。

↓一応、動画(レンズの片目部分を普通に撮影したものです)。

YouTube Preview Image

・・・・・・・・・・

おー、なかなかいいですね。

左右を向いたり上を見上げる動作をするとそれに応じて、画面もリアルタイムに変わっていきますのでなかなか面白いです。

恐竜や風景もちゃんと両目で見れば立体的に見えます。この感覚は実際に両目で覗いて体験しないと分からないでしょうね。

100円でこの体験が出来るのならこれは面白いと思います。おススメです。

 

注:この手のVRアプリは長時間使用していると処理が相当重いのかスマホ端末が結構熱を持つようです。

自分のスマホも10~20分位遊んでいると、かなり熱くなりました。長時間の連続使用は避けた方がいいかもしれません。

先日の休みの事。
特にする事もなかったので昼過ぎに近所のスーパーに買い物でも行こうかと車を走らせていました。そこで、音楽でも聞こうかとナビの音量ボタンを調節していた所、突然ナビの音が消えて無音状態に

ん?・・・と思い。交差点で止まった時に画面を見てみると、画面右に音量0の表示が出たままフリーズ状態。
”まぁ、最近気温も高くなって車内も暑いし、誤作動でもしたのかなぁ?とりあえず買い物済ませてエンジン再始動して再起動すれば直るっしょ。” とか思ってました。・・・・・そう、その時までは。

さて、買い物終わってエンジン再始動。ナビの電源も無事入り再起動はしたのですが・・・・・、相変わらずのフリーズ状態。徐々に不安になりスーパーの駐車場でいろいろとナビを弄ってみると、液晶部のオープンボタン以外は無反応。(”ピッ”という音は出るボタンもある。)

↓故障時の動画
YouTube Preview Image

こりゃ、ダメだという事で一応ネットで調べてみると、出るわ出るわ同一の症状の報告例。
どうやら、この機種のシリーズで頻発している不具合の様です。

↓KENWOODホームページ
http://www.kenwood.com/jp/oshirase/info_mdv-727dt.html

↓検索結果例
https://www.google.co.jp/search?q=kenwood&oq=kenwood&aqs=chrome..69i57j69i60l3.2492j0j7&sourceid=chrome&ie=UTF-8#q=mdv-727dt+%E9%9F%B3%E9%87%8F

情報によると、このシリーズの機種は音量ボタンの耐久性があまり良くないらしく、経年劣化などにより音量ボタンが押しっぱなしの状態になる症状が起こるようです。押しっぱなしの状態になるため、その周辺のボタンも動作不能になるようです。

しかも、自分の場合は幸い数年前にファームウェアを最新版にしていたので、事なきを得ましたが、もしファームウェアが更新されていなかった場合、この症状が発症すると、最悪音量が常にMAX状態になり爆音になる場合もあるようです。(この場合もちろん操作できないので音量は下げられない。Σ(゚◇゚;) ゲッ!)
車のナビが運転中に不意に突然爆音なんかになったら普通はパニック状態になりますよね。下手すると事故にもつながりません。
あー、ファームウェアアップしておいて本当に良かった。ε-(´∇`●)ホッ

該当機種をお使いの方は万が一のために早めにアップデートする事をお勧めします。

原因が分かった後は、取り外し作業です。ポータブルタイプのナビと違い、内蔵タイプのナビは修理に出すためには当然パネルから取り外さなければなりません。
ここが面倒なところですが、業者に頼むと ”取り外し”&”修理後の取り付け” のダブルで料金はかかるので修理代とは別に1万~2万はかかるのではないかと思われます。
それはバカらしいので自分で取り外す事にしました。

うちの車はトヨタのアクアなので内装はこんな感じです。

ネットで全面パネルの外し方を調べてみるとアクアの場合ナビの左下部分から特に工具無しで外せるようです。ここに手を掛けて・・・・

エイヤッ!と引っ張れば簡単に外れました。拍子抜けするほど簡単。

トヨタ車はこの辺のメンテナンス性の良さがいいですね。

パネルの裏にはハザードランプや速度メーターがらみの配線があるので切れないように注意しながら作業の邪魔にならないように避けておきます

ナビは左右2本ずつ合計4本のネジで固定されています。ネジを内部に落とさないように慎重に外します。

外しました。

その後、ナビをゆっくりと引き出すと・・・・、デロンと内蔵の如く配線が出てきました。テレビ用の細いアンテナ線もあるので切れないようにここで細心の注意を払いながら線を抜いていきます。

自信のない方は配線部分の写真などを撮っておいて戻すときに見ながら作業するといいかもしれません。

無事、本体部分が取り外せました。後はこれを最寄りのケンウッドのサービスセンターに送ればOK。

作業自体は20分位で比較的簡単でしたが、安全のためエンジンを切って炎天下の中作業をしたので、エアコンも使えず汗だくになってしまいました。

パネルを戻し、現在はこんな感じ。しかし、ナビが無いと車はとたんに寂しくなりますね。

ナビはもちろん音楽もテレビもバックモニタもBluetoothも使えない・・・・・。明日から寂しさしのぎに車にポケットラジオでも載せておこうかな・・・・

とりあえず、修理が早く直る事を願います。

 

注意: 今回自分の場合は行いませんでしたが、電装系を弄る場合はバッテリーのマイナス端子を外した方が良いと思われます。内部でショート等が起こって車を壊したら大変ですので。

 

電源LED搭載スーパーファミパソコン(完成後写真)
先日のブログで、ジャンクのスーパーファミコン(以下スーファミ)に小型コンピュータ”Raspberry Pi3(以下ラズパイ)”を組み込んでスーパーファミパソコンを作成し楽しんでいたのですが、何か物足りない感じがしていました…..

不満点は3つ。
1.スーファミの電源LED部分が光らない。
2.スーファミの電源スイッチ部分がラズパイと連動していない。
3.リセットスイッチも連動していない。

いずれは全て解決したいのですが、今回は2,3番の問題はとりあえず保留にして、まずは一番簡単な1番の電源LEDの問題を改善していきたいと思います。
やはり、通電する電化製品である以上、電源を入れてLEDの一つも表示がないというのは、正常に通電しているのかどうか分からず、精神安定上よろしくありませんのでこれは外せません。

当初の案ではラズパイのGPIO端子から3.3Vもしくは5Vの電源が取れるのでそこからLEDを繋げようかと画策しておりました。


<上記図 参考URL> http://qiita.com/shishamo_dev/items/9735ce2fcdd26cf46577

配線図によるとGPIO端子01番(3.3V)と06番(Ground)を繋ぎ適当な抵抗を繋げばLEDを点灯させるのは簡単そうです。

しかし、100円ショップダイソーにて、何かいい部品でもないかなとフラ~ッと立ち寄った所、使えそうなモノを発見しました。

USBのLEDライトです。この商品からパーツを抜き出せば、今回の改造計画にバッチリ使えそうです。
しかも、USBから電源も取れるので、当初計画していたGPIO端子から電源を取るより楽です。

水は低きに流れる・・・・とは言いますが、自分のブログ記事は”お手軽に”がモットーですので楽な方を選びますw 何より100円(税別)で安いですしw
一度も使用せずに開封直後いきなりバラしていきますw


構造は非常に簡単です。LED2個とプッシュスイッチ、LED用の抵抗がシンプルに剥き出し状態で入っています。
コスト削減の為でしょうが、余分な線も短くカットせずにそのままの状態なので、何かの拍子でショートとかしないのかちょっと心配ですね。


はい。完全にバラしました。ここでちょっとしたトラブル。USB端子から蛇腹式のパイプをねじって外し取ろうとした時にケーブルが断線してしまったので、USB端子もカッターで切って内部を取り出しました。


余分なプッシュスイッチ・余分なLED 1個を取り除き、断線部分を半田付けして完成。実に簡単ですなw


USB端子部分のプラスチックもホットボンドと絶縁テープで修復。これで十分でしょう。

LED部分が電球色で、このままでは雰囲気が違います。
赤色LEDに取り換えても良かったのですが、面倒だな~と思っていた所、脳内でフランスの貴婦人っぽい人が ”色が違うのなら、赤く塗ればいいじゃない” と囁くので、家にある赤マジックで塗りましたw パッと見それっぽくなりましたw


スーファミの筐体の電源LED部分に先ほどのLEDをホットボンドで接着。
それにしてもこういう作業は本当にホットボンド有能ですな。


接着後、配線。コード長もちょうど良い長さでラズパイの空いているUSB端子に接続できました。
結果的にはUSBから電源を取った事により、当初のGPIO端子は他の用途で使えるようになったためUSB接続にしたのは正解だったと思います。


完成。喜び勇んで電源をONしてみると・・・・・・LEDがアホほど明るいです!w

これは目立つ!!!!・・・・・ってか、目が疲れるwww
もう少し抵抗を大きくして電流量を減らした方がいいのかも知れませんが、手元に部品もありません・・・


暗い所だと・・・・ん?、ちょっとカッコいいかも

・・・・・逆にもっと目立たたせたいかも?!

↓どうせならこれぐらいっ!


(写真はイメージですw)

とりあえず面白いのでしばらくこのままにしておきますw

Crenova® XPE450ポータブル・ミニ・プロジェクタ 1万円台前半~

先日、自分の部屋の白い壁を寝ながら何気なく見ていた時の事。

IMG_2824

↑ こんな壁ですw

”何かこの壁寂しい感じがするな~、今度ポスターでも貼ってみようかなぁ・・・。”
等とボーっと考えていたのですが、

ふと、

”・・・・・・ん?、これだけ一面 白い壁なら、プロジェクタのスクリーンになるかも?ちょうど大画面のディスプレイも欲しかったし、ゲームとかプレイしても面白そう!ついでに、TV録画サーバに撮りだめして全然見てない録画データも、これで少しでも消費できるし!あ、あと、なんかカッコいいし!!、それにそれに、お、お金使わないと日本経済回らないし・・”

と、刹那の間に壁の活用アイデアと物欲と購入の言い訳までセットで思考回路が活性化し、その数時間後には某大手通販サイトでポチってしまいましたw

以下に簡単なスペックを紹介。

・重量 900g
・リアル解像度 800*480
・対応解像度 1920*1080
・明るさ 1000ルーメン
・LEDランプ寿命 約30,000時間
・入力端子 USB/SD/VGA/HDMI/AV
・表示サイズ 34~130インチ
・投影方式 不明(公開されていませんでした)

一昔前はプロジェクタといえば、消費電力が大きい、ランプ寿命が短い(約2,000時間)、その交換用ランプが高い(3万円前後)、冷却ファンの音がうるさい、等と家庭で使うにはデメリットが多いイメージでしたが、最近はLEDランプの採用により これらの弱点がかなり克服されてきているようですね。特にランプの長寿命化は嬉しいですね。

では、早速開梱してみます。
IMG_2813
付属品はこれだけ。マニュアル。レンズキャップ。リモコン。電源ケーブル。コンポジットケーブル。

IMG_2815
本体を前面から見た右側。各種端子があります。5V電源供給用のUSB端子があるのが有難いですね。HDMI端子ももちろんあります。

IMG_2817
本体背面。PC用のRGB端子とリモコンの受光部(?)らしきものがあります。

IMG_2816
本体を前面から見た左側。電源端子と歪み調整レバーとピント調整レバーがあります。
ズームレバーは無いので本体を前後して投影画像サイズを調整する仕様です。

IMG_2818
↑これは以前から持っていたCromeCast。今回この機器の説明は省略しますが。スマホ等の動画・画像等をHDMIで出力できる機器です。

IMG_2820
上記の CromeCast をプロジェクタのHDMI端子に接続します。前述の通り電源供給用のUSB端子もあるので、そのまま繋げられます。
これで、CromeCastを使ってスマホ経由でスマホ内の動画はもちろん、YouTube等の再生がプロジェクタで行えます。
また、応用としてAndroidの場合、ESファイルエクスプローラ等のファイル管理ソフトと組み合わせれば、家庭内のネットワーク上のPCやNAS等に入れてある動画の再生も可能になります。これは便利!

IMG_2823
壁の対面上にあるメタルラックにプロジェクタを設置。我が家の場合、壁から約2m程度離しています。

IMG_2828
とりあえず、テストのためにカーテンを閉めて部屋を暗くします。
しかし、昼の1時前後のため遮光カーテンでもあまり暗くなりません・・・・・。
大丈夫かなぁ・・・

IMG_2825
映りました!とりあえずメニュー画面。部屋が薄明るいのですが十分見えます。
写真ではコントラストがちょっと低く見えるかも知れませんが、実際の映像はもっとはっきり見える印象です。
ただ、ファンの音がそこそこ大きいです。まぁ内部に熱を持つのでしょうからこれぐらいはしょうが無いのかも知れません。
ちなみに、この画像の投影サイズは横幅が162cm程でしたので、72インチ相当の大きさで投影している事になります。この大きさぐらいでも結構迫力があります。もっと部屋が広ければ、更に巨大な投影も出来たのでしょうが・・・・その点はちょっと残念。

IMG_2829
ChromeCastの待機時にランダムに表示される画像。昼間だとこんな感じです。
1000ルーメンクラスの家庭用のプロジェクタでは、ちょっと昼間の薄明かり状態ではやや厳しいかも知れませんね。
よく分からないので、続きは辺りが暗くなってからw








(約3時間半後)
はい、辺りも暗くなってきたので続きです。
IMG_2835
おーっ、やっぱり、当たり前ですが周りが暗いとかなりキレイに見える印象です。コントラストもはっきりしています。色も悪くないです。

IMG_2836
右下部の文字部の拡大です。
とりあえずは読めますかね。プロジェクタの投影解像度の問題もあるでしょうが、専用のスクリーン等に映せば多少マシになるかもしれません。
ただ、DVD等の字幕程度の大きさの文字であれば十分判別できると思われます。

以下にYouTubeの動画を投影してみたものをiPhoneで撮影したのでアップしてみます。

動画元URL
早わかり 香川 《香川県》
https://www.youtube.com/watch?v=atVAhhy5JkM

以上でレビューは終了しますが、今回のこの機種はかなり使える機器でした。
値段の割にはコストパフォーマンスはいいと思います。
また、上記ではあまり触れませんでしたが、かなりコンパクトなので

スマホ + ChromeCast(又はMHLケーブル) + XPE450

という組み合わせで持ち運べばいろいろな場所でプレゼンテーションもお手軽に出来ると思います。家族旅行等の動画を観賞するときも重宝しそうです。
おすすめです~。

logo-title-ptcm2
DSiウェア プチコンmk2 800DSiポイント(800円) 
↓公式URL(購入はDSi上のニンテンドーDSiショップで行えます)
http://smileboom.com/special/ptcm2/

先日、格安のジャンク品で購入し見事に復活を遂げたDSiに”DSiウェア”を入れてみます。
今回買ったDSiウェアは知る人ぞ知る”プチコンmk2”です。

(*現在プチコンはDSi・3DSで動作する ”プチコンmk2” と更に進化した3DS専用の新ソフト ”プチコン3号” があります。今回はDSiのためあえて旧作のDSi版のプチコンmk2を取り扱います。)

このソフトはDSi上でパソコン等でおなじみの初心者向けプログラミング言語、”Basic”を動かすことが出来ます。(もちろんDSi用に仕様がいくつか変更されていますが。)

Basicは30代以上で昔からパソコンを触った事のある人には一度は聞いたことがあるであろう有名なプログラミング言語です。まぁ今でも有名ですが。

かつて8ビットパソコンの全盛期から16ビットパソコンが登場した頃までは殆どのパソコンでBasicは標準で内蔵され広く使われていました。
今とは違いソフトは買うというよりも、自分で作るという考え方の時代だったため、当時のパソコン(というかマイコン)少年は当時のPC雑誌のプログラムコード片手に自分で打ち込んで勉強していたものです。
(私、Naokitの世代はそれより若干後の世代ですが。)

その後、他のプログラム言語が進化してくるにつれ、Basicは初心者向けというイメージが強くかつ動作も比較的遅かったため、開発向けというよりホビー向け言語になった感があります。
しかし、”書いてすぐ実行”できるというお手軽な開発環境、今でも愛好者はかなり多いようです。

また、遅いと言ってもDSiは32ビットのCPUを搭載しているため、当時の8ビットCPUのパソコンのBasic環境とは別次元の処理速度を持っています。
そのため頑張れば、ファミコンクラスのゲームならかなり快適に作れるようです。
加えてこのプチコンではDSならではの制御命令(タッチペン操作、合成音声、スプライト制御 等々)も使えるようになっており多彩なプログラムが組めるようになっています。
また、作成したプログラムはQRコードに変換して公開することも出来るとの事。(プチコンmk2のみ)

と、能書きはここまでにして早速ダウンロード購入してみました。

IMG_0811

早速起動すると

IMG_0813
下部のタッチパネル部がソフトウェアキーボードになっているのでこれを使って編集画面でコードを書いていきます。

IMG_0826
とりあえず、適当にコードを書いて実行画面に切り替え実行してみます。
(手元にあった古いiPodでの撮影のため画像がピンボケしまくりですがご了承ください)

うーん。楽しい!w
大したことは何もしてないのですがw
このように”Talkコマンド”で簡単に合成音声の発音もできるので、これだけでも結構遊べます。

適当に触っているうちに昔Basicで遊んでいた記憶が徐々に懐かしさと共に蘇ってきて、気がつくと軽く数時間もいろいろ弄ってしまいました。

次回はこのプチコンで私Naokitが作った簡単なゲームを公開して行きたいと思います。

hardoff
ハードオフ
http://www.hardoff.co.jp/

またまた、ハードオフネタ。
つい先日もゲームボーイカラーを直したというネタを紹介したところですが、今回は任天堂の傑作携帯ゲーム機”Nintendo DSi”のジャンク品の話。

IMG_0709

IMG_0711

IMG_0716
値段は324円。偶然にも先日のゲームボーイカラーと同額ですw
オープンすると前オーナーのイナズマイレブン愛を感じられるステッカーが、これでもかとベタベタと貼り付けられてあります。
裏面は中心部に少々深めのキズもありました。おそらく前オーナーが落としたときに付いたのでしょう。タッチペンは無し。まぁ、ジャンク品なのでここはご愛嬌。

IMG_0710

前面シールにタッチパネル入力NGとの表記。これが理由でジャンク品扱いなのでしょう。
まぁ、良くある症状ですね。”これならタッチパネル用修理部品をネットで数百円程度で購入して交換すればおそらく直るかな”と思い購入を決定。
ちなみに私Naokitは初代DS2台とDS Lite3台を所有していますがDSiは初購入です。

実はダウンロード販売ソフトの”DSiウェア”を購入してみたいという思いもあったのでDSiは前からちょっと欲しかったんですよね~。

で、購入後、家にある充電器で充電。電源を入れると

DSi_set_NG

上記のような表示が。
(画像を撮り忘れたので上記画像はネット上での画像を借用しています。)
とりあえず画面の指示通り、下部の”ok”ボタンを押してみますが、全く反応なし。
”あー、なるほど確かに反応しないわ~、やっぱりタッチパネルの交換が必要かなぁ”
と軽く納得しながらも、一応インターネットで症状を検索。

すると、下記のサイト様で
大人のためのNintendo DS & DS Lite & DSi
http://nantendo.web.fc2.com/8.html

『スタート』・『L』・『R』の3つのボタンを同時に押しながら電源を入れて、タッチパネルの設定をし直します
との表記が。それならまぁ、ダメ元で一応やってみるかと試してみると・・・・・




アレ・・・・直った?・・・





・・・タッチパネル反応してる・・・よね?

そうです。これだけで直りましたw

おそらく前オーナーの方がこの症状で壊れたと思い込み、ハードオフに売りに行き、店員もこの方法で直るのを知らずにジャンク品として買い取り、販売したのではなかろうかと思います。

しかし何はともあれラッキーでした。タッチパネル交換を覚悟してのですが、とりあえず念願のDSiゲットです。しかも324円で!!w

毎回言っていますが、これだからジャンク品は面白いですね!!w

その後はシールを剥がすのに専念。シールの質が悪いのか、剥がし後がたくさん残り、キレイに全部剥がすのには1時間ほどかかりました。

IMG_0777

とりあえずキレイになりました~
さぁ、この後はいろいろ弄ってみようっと。

その後、確かDSiってカメラが使えるんだよなぁ。ちょっとカメラテストも兼ねて試してみるか、とカメラアプリを起動。

IMG_0805

すると、いきなり前オーナーと思われる自撮り写真が!w

6年前(2009年)の写真と思われるので、”この子も今ではだいぶ大きくなっているのだろうなぁ”、と感慨深く思いながら画像を全て削除。

DSi等のカメラ付き端末を中古店に売りに行く時はちゃんとデータは削除するようにみなさんも気をつけましょう。
(今回は当初タッチパネル操作出来なかったため、それが前オーナーが消せなかった原因かも知れませんが。)

その後、DSiの設定メニューから”本体の初期化”を実行して晴れて、きれいさっぱりのNaokit専用 DSiに!

念願のDSiが安くゲット出来て嬉しいです~ (pq*´∀゚)ウレスィ~♪

↓ちなみに私Naokitが DSiウェアで今後購入したいソフトはコレです。
プチコンmk2
購入した際はまたレビューします~。

hardoff
ハードオフ
http://www.hardoff.co.jp/

私、Naokitは休日にフラッと大型リサイクル専門店のハードオフに立ち寄り、ジャンク品のお宝漁りをするのが昔から結構好きです。

今までも数々のお宝をジャンク品の中なら見つけ出し、修理したり、パーツ取り等してきた訳ですが、先日もあるお宝を発掘しました。

GB Color

任天堂の往年の名携帯ゲーム機”ゲームボーイカラー”です。
値段はなんと324円!(値札は剥がしてしまったので写真には写っていません。)
もちろん即買いです。

IMG_0784
ついでに幾つかのソフトも同時に購入。すべて108円。

家に到着して早速動作テスト。電源も問題なく入り、ゲームも起動。液晶のドット欠け等もなく”コレは当たりだな!!”とウキウキしてたのも束の間。
ゲーム中になんとなく違和感が・・・・

・・・・・”これBボタンの反応おかしくね?

そうなんです。どうもBボタンの反応が鈍い。かなり強めに押さないと反応しない。
購入時のプライスには特にコメントは無かったのですが、これがジャンク品扱いだった理由なのかなぁとちょっと落胆。

しかしまぁ、ソフトも何本か買った手前、これらを無駄にしないためには直すしかない!と気を取り直して早速分解。
ちなみにゲームボーイカラーは一部にY字頭のネジが使用されているので、分解するには+ドライバーの他にも特殊ドライバーが必要です。

(自分の場合、ずいぶん以前の記事でDSのシェルを交換するためにそのドライバーを所有していたのでそれを使用しました。)

IMG_0718

IMG_0719

特殊Y字ドライバーを使用してサクッとご開帳w とても簡単。

IMG_0702A

さて、基盤を取り外して確認してみると原因はすぐに判明。Bボタン部の基盤上のパターンメッキが剥がれています。(写真クリックで拡大します。)基盤に汚れもあるので、おそらく前オーナーが液体でもこぼして腐食して剥がれでもしたのでしょう。

IMG_0721

原因が分かればこの手の処置は簡単。とりあえず基盤の汚れを取り、その後、剥がれたメッキパターンを鉛筆でしっかり塗りつぶしていきましょうw
鉛筆の芯に含まれる炭素が導体となりメッキパターンの代わりになります。
昔AMD系のCPUをクロックアップする時に鉛筆で隣り合うピンを塗りつぶしショートさせて使用するという技がありましたが、それの応用です。
ちなみにこの手の作業に最適な鉛筆の濃さはHBだそうですw(適当な炭素含有率と、粘りがあるそうです。)

IMG_0726

念のためにBボタン裏側のゴムパッド部分の基盤接触部分も鉛筆で塗りつぶしておきます。
その後組み上げ直します。

さて、結果は・・・・・・・・





大成功でした!!

通常の押し加減操作で、ほぼ100%反応するようになりました。
数時間ゲームをプレイしてみましたが、今現在も問題なしです。
これで、一緒に買ったゲームも報われますww 童心に返って名作ゲームを楽しもうっと。

しかし、ゲームボーイカラーって重さも形もデザインも今見てもかわいくて最高ですね。
ついつい持ち歩きたくなる~。

(注:今回の方法は、あくまで一時的な処置です。長期間の使用には耐久性の問題もあり適さないと思います。真似して行う方はその点を考慮し自己責任で行ってください。)

flux
f.lux
http://justgetflux.com/

私、Naokitは近視で長い間コンタクトレンズ(ハード)を常用しておりメガネは持っていませんでした。
しかし、先日眼科で検診を受けた所、いつもコンタクトでは目の負担も大きいだろうし、不意に紛失した時に困らないようにメガネを作るべきだと指摘をうけ、学生時代以来のメガネを作ってもらいました。

現在は、仕事が終わり家に帰ってくるとコンタクトを外し、室内ではなるべくメガネで過ごすようにしています。
そこで、最近困っているのが以前も一度話題にしたことがあるディスプレイ等から発せられる目に有害とされているブルーライトの対策
以前ブルーライトカットメガネを購入した記事を描いた後は、パソコンを使用する時はこのメガネを必ずかけるようにしていたのですが、それも今まではコンタクトを使用していたから出来た話。
家でメガネ派になってしまったので上からさらにブルーライトカットメガネをかけるわけにもいきません。

それなら新しく作ったメガネをなぜブルーライトカット対応にしなかったの?と言われるかもしれませんが、その理由は簡単です。

めっちゃ高くなるからですw

自分の場合、わりと強近視なのでレンズがあまり普及しておらずブルーライトカット加工すると値段が跳ね上がり、+15,000円位もかかるそうなのです。(普通は+2,500円位)
メガネそのものは10,000円位だったのでバカらしく思いブルーライトカット加工は断念していたのです。

そこで、出会ったのが上記のソフト。f.luxです。
上記URLからサイトへ訪問後、
downflux

↑こういうアイコンをクリックすればWindows用のソフトがダウンロードされます。
ダウンロード後、ソフトを起動すると、

04
↑こんな画面が、

05
↑こんな感じに薄茶色っぽく変化します。(画面の色の変化はイメージです。実際の色合いとは異なります。)
自分の以前買ったブルーライトカットメガネを通して見た色合いとよく似た感じになりました。

またこのソフト時間帯によって違和感なく自然に色の変化を微調整してくれる機能もついています。
ただ、この機能を使うと時間帯によってはブルーライトカット効果は薄れてしまいますが・・・

01
時間と色合いの変化を示したグラフ。丸い点の位置が現在の時間。

02
右上の”setting”ボタンを押すとこの画面に。
こちらの画面では、日中と夜中の色合いを好みに調整することもできます。

03
先ほどの設定画面の”change”ボタンを押すと現在時刻の基準となる地域を設定できます。
自分の在住の県や市で設定すればベターです。

このソフトのおかげでメガネ装着時でもブルーライトカット効果が得られて非常に重宝しています。
色も変更直後は違和感を感じますが、数分もすれば自然に慣れてきます。ブルーライトカットメガネの時もそんな感じでした。

スマホやパソコンで目を酷使する現在で、少しでも目の負担が減らせられるといいですね。

1fude
一筆書きゲーム ICOSIEN
http://freegamechannel.web.fc2.com/puzzle/icosien.html

皆さんも子供の頃、色々な図形を一筆書きが出来るかどうか挑戦して描いてみませんでしたか?
図形を描き始めてから紙から一度もペンを離さず、かつ同じ場所を二度なぞらず(線を交差するのは可)に図形を描くというアレです。

星形の五芒星のマークの一筆書きなんかは超有名ですよね。

上記のサイトではこの一筆書きをヒモをピンに引っ掛けていくような感覚でチャレンジできます。
適当にやって出来る場合もあれば、あと数本の線を引くところで詰んでしまい悔しい思いをすることもあり、なかなか楽しいです。

さて皆さん、この一筆書きには法則があるのは知っていましたか?
自分は小学生の頃、塾に通うのが嫌で自分のペースで勉強したいとの理由から、福武書店(現ベネッセコーポレーション)の進研ゼミを受講していました。
そのテキストのコラムか付録か何かで、任意の図形が一筆書きが出来るかどうかの法則がある事を知り非常に興味深かったのを覚えています。

これは、18世紀にとある人が”街にある7つの橋を2度渡らずに元の場所に戻ってこれるか?”という、ケーニヒスベルクの橋の問題に対して有名な数学・物理学者のオイラーという人が法則を導き出したものだそうです。

↓その法則はこちらで。(ネタバレあり。ゲームを純粋に楽しみたい人は注意。)
Yahoo!知恵袋より
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1090450460

あと、最近はiPhoneのアプリもありますね。これもなかなか面白く私Naokitもハマってます。
一筆書き 無料
https://itunes.apple.com/jp/app/yi-bi-shuki/id494856551

1 / 612345...最後 »

カレンダー

2017年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031