kill-time

Blog Author: Naokit

QRコード


スマホ・携帯用表示対応!

Count per Day

  • 388654総閲覧数:
  • 52今日の閲覧数:
  • 41今日の訪問者数:
  • 306昨日の閲覧数:
  • 213昨日の訪問者数:
  • 2011/05/20カウント開始日:

amazonで検索

楽天市場

楽天で探す
楽天市場

楽天おすすめ商品

情報

実写の風景写真?いいえ、落書きです。

nVidia Gaugan Demo (Webサービス)

http://nvidia-research-mingyuliu.com/gaugan

ちょっと面白いWebサービスを発見したので試してみました。

早速ですが上記の画像を見てください。普通の海辺の実写写真に見えると思います

この画像、実は私Naokitがとある上記のWebサービスで作成したCG画像なのです。

CG画像を作成と言っても、私にそんな特別な技術や絵心があるわけではありません。

結論から言いますと私Naokitが描いた画像は、

↑これですw。この画像が上記サービスで瞬時にリアルな風景画像へ変換してくれたんですね。

何気に凄いですね!!

Gaugan(ゴーギャン)を試してみよう

では詳しく見ていきましょう。

上記サイトを開くとこのような画面になります。

この画面の左上の水色と淡いブルーの部分のキャンバスに手書きでいろいろ画像を書き込んでいく形になります。

と、その前にまず最初に必要な簡単な作業。

画面の左下のチェックボックスにチェックを入れます。

ここにチェックを入れないと描いた画像を変換する事が出来ません

その後は、左の項目から、岩(Rock)や、砂(Sand)等の描きたいオブジェクトを選び、

キャンバス部分に適当に画像を描いていきます。描いたオブジェクトの内部は空白にせず塗りつぶしておきましょう。

描くペンの太さや形状も変更できます。この辺はWindows標準添付のペイント等のお絵かきソフト等を使ったことがあればおそらく直感で使えると思います。

画像を変換する

何らかのオブジェクトを描いたら、とりあえず真ん中の方にある右の矢印ボタンを押します。

すると、即座に右側の画像にAI技術を使いリアルなオブジェクトが作製されます。オブジェクトの影なども自動的に描画されています。実に簡単!

このような感じで砂浜を描いたり、山や川を描いたりすることが出来ます。

海の画像だけではなく、

こんな画像から

こんな画像も作成可能。いやぁ、本当にリアルですねぇ。

 

ちなみに画像の全体的な雰囲気は下部の

様々なイメージ画像をクリックすると瞬時に変更することもできます。

 

また、2列目のイメージ画像は使いどころが難しいですが、画像を著名な巨匠達の画風に変更できるフィルターのようです。

フィルターを変更すれば、上記の画像も

 

と、いう風に簡単に格式高そうな画像になりました。立派な額縁に入れて普通に飾っておけば芸術品と勘違いしてくれるかもしれませんw

ちょっと遊んでみる

ここで私Naokitの画像を使って数々の巨匠風に変換してみたいと思います。

本来の使い方とは違うかも知れませんが、とりあえず何事もやってみましょう。

直接jpgから画像を取り込めたらいいのですが、うまくいかなかったので頑張ってトレースして手書きで描いてみました

Naokit自画像作品集(閲覧注意)

んー……ちょっと、夢に出て来そうですね………

あと、この機能はまだ開発中なのか、自分の場合はどれもあまり変わり映えしないような気もします。

ちなみに、自分は芸術方面の知識には明るくないのでどれが誰風の画風なのかは分かりませんが、分かる人には分かるんでしょうかねぇ。

巨匠風の変換機能はまだこれからという所ですが、風景画の作成は本当にリアルで面白いのでぜひ一度体感してみるといいと思います。

  

アクアの残念な内装をもっと変えたい!

前にアクアの内装の残念さに嫌気がさし、悪あがきで蓄光テープなどを貼ってネタにしましたが、今回もまた新しいドレスアップツールを購入したのでドレスアップにチャレンジしてみました。

うまくイメチェンできることに期待です。

→この記事の続きを読む

先日、とある方から家のパソコン環境を聞かれる事がありました。

そういえば前に自分の所有ゲーム機環境を公開した時に、意外と(と、いうかかなり)アクセス数の伸びが良かったので、世の中にはそういう需要もあるのかと思い、特にハイスペックなPCを所有している訳ではありませんが今回ブログでさらけ出すことにしました。(但し今回はタブレット・ノートPC・ラズパイ サーバー等の紹介は除きます)

まずはメイン使いのパソコン(2台)

まずはメインのパソコン2台。

→この記事の続きを読む

最近ちょくちょく中華通販サイトのAliExpressで買い物をしているのですが、今回ちょっと前から気になっていたものを購入し、先日家に到着したのでレビューを。

Bluetoothネックスピーカー

AliExpressで購入 メーカー不明 約14ドル

今回買ったのはコレ。形が特徴的なBluetoothネックスピーカーです。

いわゆる首かけ型のスピーカーです。。

昨年、某バラエティ番組でソニー製のネックスピーカーが紹介され、納期半年以上と言われるほどバカ売れしたヒット商品と同ジャンルの商品です。

自分も家電量販店の体験コーナーでJBL製のモノを視聴する機会があったのですが、イヤホンとはまた違った感じの没入感が感じられ、感動したのを覚えています。また首にかけるのでイヤホンやヘッドホンのような耳への圧迫感もなく長時間聞いていても疲れない気がしました。

そんな感じで自分も一つ欲しいなと思っていたのですが、有名メーカーのはやはり性能がとても良いため、それなりの値段がします。

ところが、今回購入したものは14ドル程度。ネット上のレビューもなかなか高評価だったため、この値段ならという事でポチッてみました。

→この記事の続きを読む

 

今回、ハードオフで見つけたのはバンダイの隠れた名機であるワンダースワン。ジャンク品でお値段は324円

以前、電源スイッチ部分不良の”ワンダースワンカラー”を買って直したことがありましたが、今回のワンダースワンは初代のモノクロバージョン。ゲームボーイの生みの親の故 横井軍平 氏が開発に関わっている事もあり、カタログ値では単3電池一本でなんと30時間駆動可能とゲーム機としては非常に燃費の良い機種であります。当時のハードとしてはかなりツボを押さえられられた機種で、スペック的には割としっかりした機種なのですが、その後のバンダイの迷走(短期間に頻繁にモデルチェンジが繰り返された)によりユーザー離れが進み、そのままフェードアウトしてしまった残念な過去を持っています。

→この記事の続きを読む

カレンダー

2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

Win7サポート終了まで