kill-time

Blog Author: Naokit

QRコード


スマホ・携帯用表示対応!

Count per Day

  • 426107総閲覧数:
  • 382今日の閲覧数:
  • 217今日の訪問者数:
  • 484昨日の閲覧数:
  • 268昨日の訪問者数:
  • 2011/05/20カウント開始日:

amazonで検索

楽天市場

楽天で探す
楽天市場

楽天おすすめ商品

情報

shared

Shared 無料(有料サービスもあり)
https://shared.com/

新たなオンラインストレージサービスが一部で話題になっているようです。
このサイトでは無料では現在業界最高の容量だと思われる100GBを提供されています。
しかも、アップできる1ファイル当たりの最大容量も2GBとかなり巨大なファイルのアップもOKです。

以前このブログで紹介したBox.netですら、キャンペーン期間中のみで50GBの容量(現在は無料での容量は10GB)でしたから、いかに大容量なのかがうかがえます。
(ちなみに他の同種のサービスであるSkyDriveは7GB、SugarSyncは5GB、Dropboxは2GBです。)

ということで、早速登録してみました。

s02
TOP画面の右上の”Sign Up”をクリックすると上記の登録画面になります。
任意の ユーザー名、メールアドレス、パスワード、を入力し下の”Sign Upボタン”をクリックすればあっという間に登録完了。

s03
ファイルをアップする時は画面にファイルをドラグ&ドロップ。簡単ですね。

s04
アップ中の画面。ここで100MB程のテストファイルをアップしてみましたが、今回要した時間は7分30秒ほど。
ステータス画面では毎秒1.7~2.5Mbps程のアップ速度でした。
今後の速度改善に期待したいところです。

s06
アップが完了するとすぐさま共有用のURLが生成されます。このURLを友人に教えてファイルを共有することも可能。
また、下の各アイコンボタンで各種SNSでのファイルシェアにも対応しています。

s07
無事アップされました。

s08
アップされたファイル名やアイコンをクリックするとダウンロード出来ます。
今回、同ファイルをダウンロードしてみたところ、約45秒でダウンロード完了しました。
アップにかかった時間の約1/10です。十分速いですね。

s09
アップしたファイルによってはブラウザ上から再生可能なようです。MP3の音楽ファイルも簡易プレーヤーで再生されています。
iPhoneのブラウザSafariからでも再生可能なようです。

現在の所、他のオンラインストレージサービスのようにスマホ用のアプリの方は開発されてないようですが、iPhone等でもホーム画面にブックマークアイコンを登録しておけばそれなりに使えます。

友人間でファイルを気軽に共有したい方や、スマホ等の容量に不足を感じている方は利用してみてはいかがですか?

takaraarts-111201L

うまい棒スライサー(おかしなうまい棒スティックパーティー)
http://www.takaratomy-arts.co.jp/specials/umaibou/
先日、某ホームセンターにぶらりと立ち寄ってみるととある処分特価品を発見しました。

umai04
うまい棒をスライスできる玩具です。正式商品名は”おかしなうまい棒スティックパーティー“。
何度か見たことはありましたが、今までは特に気にも留めることなくスルーしてました。

umai05
・・・が、値段が税込105円。
まぁ、105円なら悩む値段でもないのでブログネタ用にゲット。
ちなみに元々は定価699円(!)だそうです。
定価ならこの玩具買うのにうまい棒なら約70本も買えますなw

umai08
これが、スライサーの肝であるプラスチック刃の部分。左の刃は単純な6等分カッターで右側がなかなかユニークな切り方ができるスパイラルカッターです。

umai07
刃は本体の筒部分の先端にセットします。(写真では六等分カットの刃を装着していますが、この後スパイラルカッターの刃に取り換えています。)

umai01
ここでうまい棒登場。近所のショッピングセンター内の駄菓子屋でゲットしました。
18本18種類入り。

uami02
並べてみるとなんか豪華。180円でこれだけのボリューム感があるとなんか得した気分でワクワクしますね。
左の方のチョコ味はチョコが高価なためかサイズが小さめなんですよね。
いつか全部の風味を一度に食してみたいものです。

ちなみにWikiによると現在一番コストがかかる味は二度の味付けが必要なタコヤキ味だそうです

umai09
うまい棒は刃と逆の部分から筒の中にセット。

umai10
押し出し棒が付属しているので、先ほどうまい棒をセットした後方にセットします。
まぁ、いわゆるトコロテン方式ですな。


↑スパイラルカット時の動画。本体をしっかり握ってないと外装のフィルムが滑ってなかなか押し出せませんw

umai12

umai11
スパイラルカットしたうまい棒(上画像)と二色の味をそれぞれスパイラルカットし、別々に組み合わせたうまい棒(下画像)の写真。
きれいにウェーブ上にスライスされているうまい棒はなんか新鮮です。
二種類のうまい棒を組み合わせれば味のミックスが楽しめるとのこと。

この後、面白がって残りのうまい棒を六等分カッターで切りまくり、皿の上にキャンプファイヤー時の木を組むように山盛りにした画像を撮っていたのですが、誤って画像を削除してしまいアップすることが出来ませんでした。残念。
うまい棒好きの方は機会があればチャレンジをしてみてはいかがでしょう。
いつもとは違ったうまい棒の食感やミックス味が楽しめるかもしれません。

camp
↑ イメージ画像ww

8881056800

まんがひみつ文庫
http://kids.gakken.co.jp/himitsu/

1970年代に刊行されて、累計2000万部以上の売上げ実績をもつ学研の学習まんが”ひみつシリーズ”。30代の方なら小学校時代等にみなさん一度は手に取ってみたことがあるかもしれません。
私Naokitが小学校の頃は学校の図書室や町立の図書館にこのシリーズの本がたくさんありました。図書館というお堅い本が並ぶイメージの中で小学生には親しみやすい ”まんがで学べる”ということもあり小学生の間では”はだしのゲン”と肩を並べるほどの人気でいつも貸出状態が続いている人気作品も多くありました。

私Naokitは当時のこのシリーズがとにかく好きで、何度も借りて読み返し、そこで多くの科学知識や情報を得た思い出があります。今の科学、電気機械好きもこれが原因かもしれません。
また、同時期、松山に住んでいる同世代の従兄弟の家にこのシリーズ全巻があり、夏休み等に遊びに行ったときに一日中読んでいた記憶もあります。

Wikiによると1992年には改訂版が刊行され、その後は旧版ひみつシリーズは絶版となり、今は”新ひみつシリーズ”に移行したようです。
個人的な思い出は”新ひみつシリーズ”よりも”旧版ひみつシリーズ”にありますが、今も時代を超えて続いているのは素晴らしいことだと思います。
現在の子どもたちにも是非読んでもらいたいものです。

前置きが長くなりましたが、上記のサイトでは、いくつかの”新ひみつシリーズ”の作品を無料で読むことができます。図書館にしか置いてない非売品のものらしいのですが、家で気軽に読めるのはいいですね。

金魚すくい名人技教えます
http://www.youtube.com/watch?v=ro449LnH6DI

↓直接見たい方はこちらで

今年も夏祭りの季節がやって来ましたね。夏祭りの出店にはたくさんのものがありますが、定番はやっぱり”金魚すくい”。
昔からもっともポピュラーな遊びであり、かつ奥が深いものでもありますね。

金魚をすくう部分の事を”ポイ”と業界用語で言うようですが、この部分も地域によって紙製の場合とコーン製の場合の二種類があるようです。
この動画では主に紙製のポイでの金魚すくいのコツを伝授してくれています。

今年の夏はみなさんも金魚すくい王を目指しましょう! 
*ただし店によっては持ち帰りできる金魚数が決まっている店もあるようなので注意をw

熱中症

環境省熱中症予防情報
http://www.wbgt.env.go.jp/

ここ数日、日本各地で猛暑が続いていますね。
私Naokitの住む香川県でも毎日うだるような暑さが続き、たまに吹く風も暑さと湿気で肌にまとわりつくような感じで不快感が募ります。
仕事から帰ると省エネを意識しながらも、ついつい普段より2~3℃低い温度設定にしてしまいます。

気象庁用語によると

夏日とは日最高気温が25℃以上の日
真夏日とは日最高気温が30℃以上の日
猛暑日とは日最高気温が35℃以上の日

だそうで、猛暑日の時は熱中症に要注意が必要との事。実際にニュース等を見ていると、熱中症の被害も頻繁に報告されています。
予防には、こまめな休憩や水分・塩分補給が大事とされていますが、意外と自分は大丈夫だろうと たかをくくっていると痛い目に合うとも限りません。

また予防には情報収集も不可欠です。
熱中症のリスクの高い日は外出を控えたり、予防するアイテムを携行するなどの対策を行い十分に備えましょう。

◎熱中症対策おすすめスマホアプリ
iPhoneアプリ
nyohou

熱中症予報計 – Takahiro Izaki
Androidアプリ
nnavi

熱中症ナビ

wideex

さて、前回の続きです
例の黄ばんだスピーカをワイドハイターEXパワー(以下ハイターと表記)に漬け込み、約4日間放置しておきました。
この期間が適切かどうかは別にして、実はちょっとベランダに放置したままあやうく忘れかけてただけですw

さて、ベランダからスピーカを漬け込んだ洗い桶を回収してきました。

speaker (23)
あ、・・・・かなり白くなってる!!!
一目で違いが分かりました。数日前の黄ばんだスピーカの印象とはだいぶ違った感じです。

speaker (24)
蒸発防止用のラップを剥がし、表面にハイターを染み込ませて付着させていたティッシュも取り除いたのがこの写真。

し、白い~!!♪♪
これは十分成功と言えるでしょう。
あの黄ばみがここまで落ちるとは驚きです。

この後、ハイターを落とすため十分水洗いし、乾かした後、外していた基盤類を取り付け組み上げました。

↓以下は比較画像です

speaker (2)

↑漂白前のスピーカ

speaker (25)

↑漂白後のスピーカ

違いは一目瞭然ですね。とても綺麗になりました。
これは、もうなんというか痛快ですね。他にもいろいろ漂白したくなってきますw
皆さんも黄ばんだプラスチック製品があればチャレンジしてみてはいかがですか?

P.S.
speaker (29)
後で気付いたのですが、よく見たらスピーカのメッシュ部の金属部のサビが進行してましたw 短期間の漬け置きには問題ないでしょうが酸素系漂白剤は金属の腐食を進行させるようなので、可能なら金属部分は漬け込む前に取り外して置いた方がいいと思います。次からは気を付けますw

wideex

ワイドハイターEXパワー
http://www.kao.com/jp/widehaiter/whi_wideex_00.html
今回もちょっとしたお掃除ネタですw
先日、親しい友人から使わなくなったとの事でスピーカーを頂きました。
三菱電機のDIATONE(ダイアトーン)ブランドの DS-51Pです。
1997年発売モノという随分前のミドルレンジのスピーカですが、音質もかなり良好で当時そこそこ有名なスピーカーだったようです。

speaker (1)
さて、これが頂いたスピーカです。片方のスピーカーが経年劣化によりかなり黄ばんでしまっています。

speaker (2)
サイドから撮影。やはり黄ばみがかなり目立ちます。

speaker (3)
問題のスピーカ。最初は色でも塗ってごまかそうかとも思いました。

ただ、ネットで調べてみると色々なページで”プラスチックの黄ばみにはワイドハイターExパワーが効く!”みたいな事が書いてあったので今回はそれに挑戦してみます。

speaker (4)
まずは分解。内部の基盤&スピーカを取り外しプラスチック部分だけにしたいと思います。

・・・・が、ここでトラブル発生!!今持ってるドライバーでは長さが数センチ足りずドライバーの長さが足りませんwネジを外せずその日はそこで断念www

speaker (5)
翌日。100円均一で30cmのドライバーを購入。これだけの長さがあれば大丈夫でしょう。

speaker (10)
では分解再開。

speaker (11)
左側のスピーカ。

speaker (12)
右側のスピーカ。ネジを外してどんどん分解していきます

speaker (14)
はい。見事にプラスチック部だけ取り出せました。

speaker (7)
こちらはあらかじめ買っておいたワイドハイターEXパワー(以下ハイターと表記)。液状のものと泡タイプのものがあったので2種購入。

speaker (16)
台所用の食器の洗い桶にプラスチック部分を入れ込みます。大きさは今回奇跡的にピッタリでした。

speaker (19)
底の方には液状のハイターを浸しておき、上部の黄ばみには垂れにくい泡状のハイターを吹きかけます。

speaker (21)
ここで、ひと工夫。
泡状のハイターでも、どうしても泡が下に垂れ落ちるので、ティッシュを上にかけそれにしみこませるように吹きかけます。そうすればハイターが垂れ落ちずにしっかりと黄ばみ部に長時間密着してくれます。

speaker (22)
後は上からラップをかけハイターが蒸発しないようにします。
このままの状態で、ベランダの日当たりの良いところで数日間紫外線に当てれば黄ばみが取れるはず・・・・

さて、今回はここまでです。
このまま数日間放置して、次回のブログ更新時に結果をお知らせいたします
ご期待くださいw

続きの記事はコチラで

カレンダー

2019年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031