kill-time

About

Name: Naokit

QRコード


スマホ・携帯用表示対応!

Count per Day

  • 317590総閲覧数:
  • 158昨日の閲覧数:
  • 2011/05/20カウント開始日:

amazon Prime

amazonで検索

楽天市場

楽天で探す
楽天市場

楽天ベストセラー

ワンダースワンカラーFF2同梱版ジャンク品 980円(税込)

先日、食料品の買い物ついでに近所のリユースショップ店に寄った所懐かしいゲーム機を発見。

30~40代のちょっとしたゲーム機好きの人なら知っていると思いますが、かつてバンダイが2000年頃発売していた携帯ゲーム機ワンダースワン(カラー)です。当時の大ヒット商品のゲームボーイカラーやゲームボーイアドバンスには売上数は遠く及びませんが、それでもシリーズ累計で300万台以上売れていたスマッシュヒットしたゲーム機です。

訳ありのジャンク品ですが値段は税込の980円と格安。しかも、箱付きの美品のファイナルファンタジーⅡ(以下FF2)同梱版です。

一応、ジャンク内容を確認すると、

どうやら、電源ボタンの故障の模様。ONには出来るがOFFに出来ないので

電源を切るにはイチイチ電池を取り外さないといけないようです。しかし、この症状なら、その点を除けばゲームは普通に遊べそうな感じですね。

少し調べると、どうやらこの症状はカラー版のワンダースワンの持病の様です。電源ボタンが経年劣化で接触不良になる症状が頻発しているそうです。まぁ、接触不良なら直すのは簡単だろうという事で購入しました。ちなみにワンダースワンは昔買ったことは無いので初めての購入です。

家に帰って中身確認。外箱もとても綺麗な状態で付いていました。

外箱の裏側。FF2のイラストが描かれています。

中に入っていた付属品。説明書やソフトのケース等もかなり綺麗。ほぼ完品だと思います。

付属特典のストラップ。しかし、このデザインは何なんでしょう?何かのキャラクターでもなければFF2のロゴとかの刻印も無いので言われなければ、ただの普通のゴミストラップにしか見えませんね。

では軽く動作確認。

電池アダプターに単3電池一本をセットしてそれを本体裏側に入れるようになってます。たった、一本の電池で駆動するとは驚きですね。しかも、20時間駆動可能との事。

はい。電源ボタンで無事に電源は入りました!

しかし、確かにもう一度電源ボタンを押しても電源が切れません。とりあえずこの件は後で修理しましょう。

その後、しばらく遊んでみましたが、他のボタンは異常なし。不具合は電源ボタンのみのようです。しかし、STN液晶ってこんなに暗かったですかね?今の液晶に慣れているとかなり目が疲れそうです。あと音量がボタン式で”OFF→小→中→大”と3段階しかないのが残念。

———————————————————————————————–

では、分解して電源ボタンを直していきましょう。


まずはネジを外し裏ブタを取ります。

ちなみにネジはヘクスローブの特殊ネジです。このサイズのドライバーは無いのですが小型のマイナスドライバーで代用して回しました。

上部にあるケーブルを外してやれば・・・

簡単に基盤部が取り出せます。この基盤の下部に電源ボタンの接点があります。

電源ボタンの通電ゴム部と基盤の接点部分を、接点復活剤を塗布した綿棒を使って掃除します。

その後、何度か組み上げて電源ボタンの効き具合を試してみましたが幾分マシにはなったものの、かなり強く押さないとボタンが効きません・・・・・

結論から言うと、電源ボタンの通電ゴムがかなり摩耗しているのが原因でした。

接点復活剤でも効果が薄かったので、ゴムボタンを探して部品交換しようかと思いましたが、探してもなかなか見つからないので、

最終的に原始的な方法ですが、アルミホイルを通電ゴムに貼って修理することにしました。見栄えは悪いですが、内部なので見えませんし、電源ボタンもしっかり動作するようになりました。

という事で、現在は無事に使用できています。

今後はワンダースワンのソフトもハードオフでジャンクで見つけたら買って見ようと思います~。

最近、Google Chrome のブックマークを整理していたのですが、その際に数年前に話題になっていた とある記事のブックマークを発見しました。それは近未来が舞台の映画などで良く見かける3Dホログラムをスマホと簡単な工作でお手軽に体験できるという記事でした。

”そういやそんなのあったなぁ”と思いながら、折角なので自分も実際に体験してみたいと思い再現してみました。

ちなみに参考にさせて頂いたのは以下の記事です。

Gigazine

http://gigazine.net/news/20150805-hologram-technology/

まずは、材料を用意。

といっても、余ったプラスチック製のCDケース一個だけです(実際にはフタ部分だけでも可)。後はカッター等の一般的な文房具があればOK。

次に紙に台形を描き型紙を作ります。

上底 1cm、下底 6cm、高さ3.5cmの台形です。

CDケースにこの型紙の形を適当に4個分転写しカッターなどで切り取っていきます。

4個切り抜きました。我ながら結構作りが粗いですが、まぁ気にしないw

それを四角錐状になる様にテープや接着剤で組み上げます。

これをスマホの上の中心付近に載せます。

後はこのままYouTube等で3Dホログラム用の動画を探して再生すればOK。

検索キーワードは” Pyramid Hologram Screen Up ” で検索すると良いようです。

実際に再生している所を動画にしてみました。おぉっ!雑に作りましたが、ちゃんと立体的に見えますねぇ。

それにしても幻想的です。ボーっと見てると結構癒されます。

簡単に作成できるので興味のある方はお試しください~。

先日、出社時間を勘違いしていてかなり早め(数時間前)に職場についてしまったのですが、時間を持て余したので出社前に職場近くのハードオフに行ってみました。

出社前という事もあり、何の期待もせずにふらっと寄って時間を潰していたのですが、そろそろ帰ろうかなとした時にかなりなレアものに遭遇しました。

なんだか分かるでしょうか? 30代後半から40代の人ならピーンと来るかもしれません。

そうです、ゲーム&ウォッチです。ファミコン登場以前の今から40年近く前の1980年代前半の頃、巷でゲームもできる時計という名目で任天堂が世に送り出した大ヒット携帯ゲーム機です。

実は以前にもこのブログ記事でゲーム&ウォッチは記事にした事があります。

↓その時の記事

懐かしのゲームウォッチをシミュレート – Pica Pic –

私、Naokitも当時は”マンホール”というゲーム&ウォッチを所持していましたが紛失してしまっていました。

今回手に入れたのは2画面構成のゲームウォッチの中でも知名度が非常に高く、人気も抜群のドンキーコングです。

電池蓋欠品・液晶黒ずみアリとのコメント付きですが、それを差し引いても1080円はかなり安いと思います。ちなみに程度の悪い動作品でも8000円前後、比較的程度の良い物なら2万円越えのものも珍しくありません。

とりあえず慌てて購入しました。動作チェックをしたいところですが、電池も手元に無く、この後に仕事が控えているため動作チェックは仕事後、家に帰ってから行う事にしました。


さて、家に帰って開封して動作チェックです。ボタン電池(LR44)は帰りに購入しました。

上部外装。表面に細かい傷が無数にあります。お世辞にもキレイとは言えませんが、40年近く前の商品ですからこれぐらいは十分想定内です。

裏部。撮影がちょっと暗くなりましたが、まぁまぁの汚れ・キズありです。コメント通り電池蓋は欠品です。

本体を開いてみました。内部のボタン類は思ったよりキレイです。

ちなみに今ではおなじみになっている十字キーはこのゲーム機が初採用だったようです。まさに任天堂の大発明でしょう。(当時はジョイスティックが主流の時代です)

DSのご先祖と言われるこのデザインも素晴らしいですね。

下部の液晶。反射型液晶なので撮影が難しく、ちょっと見にくいですが、そんなに問題はありません。

上部の液晶。こちらも写真が見づらいですが、画面上部に液晶の黒ずみがあります。プライスのコメントが指していたいたのはこれの事でしょう。あと液晶と表面のフィルムの間に多少の気泡が入っている感じがします。

 

裏にボタン電池をビニールテープで仮止めして電源を入れてみました。

一応、キャラパターン液晶は全部表示されているので無事生きているようです。

ボタンをチェックするためにしばらくゲームを遊んでみましたが動作自体は問題ないです。しかし、上画面の液晶の黒ずみが多少気にはなります。

調べてみると、どうやらこの液晶の黒ずみはゲーム&ウォッチの持病のようです。

液晶パネルの下にある、銀色の反射板が経年劣化により変色し、黒ずんだようなシミが出来てしまうようです。

と、なれば修理したいところですが、すでに交換用の部品は手に入らないらしく、金属シートや偏光シートを使って自作品で代用するしかないようです。しかも代用品の反射板ではオリジナルより画面が暗くなってしまうようです。

今の所、多少上部は見にくいものの、ゲームに支障はほとんどなく普通に遊べますので、今回はこの修理は保留にしたいと思います。

貴重な個体なので、いずれ何かの機会で純正部品が手に入ったら直してみようと思います。

また、電池蓋の方は機会を見て自作してみたいと思います。ネット上では洗濯ばさみで代用する方法や、オリジナルの電池蓋から型を取り硬化プラスチックで複製したり、本格的に3Dプリンタで作成する等いろいろな方法が紹介されていました。

”ゲームウォッチあるある”ですが、やはり皆 蓋を紛失してしまう方が多いんですねぇ(笑)。

と、いった所で今回はここまで。

 

追記

ちなみに今回数回プレイしてみたのですが、最高点は

285点でした。昔は300点以上軽くいけた気がしますが。

また、時々遊んでみたいと思います。

先日のブログで記事にした”あそぶ!ゲーム展 STAGE.2 ”の観覧後、高松周辺のハードオフを巡り買ったものを、ただひたすら紹介。

一軒目

 

XBOX360(HDMI搭載) 1080円

熱暴走による故障率が非常に多い前期型のモデルですが、1080円でしかも20GB HDD付きという事で予備機も兼ねて購入。動作もDVDドライブの回転音にやや違和感のあるものの特に問題なしでした。自分が今まで所有していたものはHDMI非搭載の最初期モデルだったため何気にHDMI搭載は嬉しい。

二軒目

ここでは見切り品のジャンクセール品が安かったので大量に購入しました

LANケーブル(カテゴリー5e)2mぐらい? 各11円

何本あっても困らないLANケーブル。11円ならばととりあえず2本購入。

5e規格なのでまだまだ使えます。

 

DS Lite用充電器(任天堂純正) 11円

我が家にはDS Liteが5台あるので予備で購入。あまり使わないとはいえ純正品が11円は安いと思う。

 

 

Amazon Fire TV用リモコン(マイクなしモデル) 11円

Fire TVはうちには2台あるのですが、頻繁に利用しているためリモコンの予備があると便利かなと思い購入。まぁ、無くしてもスマホにアプリを入れればリモコンとして使えるのですが・・・。まぁ、11円ですしねぇ

スーファミ用 TURBO FILE TWIN(ターボファイルツイン) 11円

スーファミの特定のゲームのセーブデータをバックアップできるツール。

現在、スーファミも対応ゲームも持っているわけではないのですが、まぁ、コレクションアイテムですかね。まぁ、11円なんで(2回目)

XBOX360用リモコン 11円

一軒目でXBOX360買ったんでこれも予備で買いました。安いですね。

XBOX360用 ヘッドセット 11円

これも予備で。

XBOX360用 電源アダプタ 11円

なんと、これも11円でした。XBOX360の電源アダプタは馬鹿デカいので場所をとるのが難点。初期型のXBOX360アダプタには205W、175W、150Wタイプの3種類存在するのですが、大は小を兼ねるという事で205Wタイプを購入(一番デカいですが)。

二軒目のここまでの合計は88円!

さすがに、これだけだと毎度お世話にハードオフ様に対して気が引けるので適当にジャンクコーナーにあった未所有のXBOX360用のゲームも購入しました。

XBOX360用ソフト各種 各108円

実は記事にはしていませんが、先日のゲオのセールでXBOX360ソフトやPS3ソフトを大量に購入(30本位)して以来、最近はXBOX360ソフト収集にも力を入れています。XBOXにはPS3には移植されていない名作も多いのでハードと共に今が狙い目かなと思っています。

三軒目

XBOX360用ソフト シュタインズゲート ダブルパック(キズあり) 756円

またまたXBOX360用ソフト。ディスクキズありとの事ですが、以前から名作だと聞いていたので購入してみました。

多分動作するでしょう。PS3版のダブルパックは未だに結構いい値段するのでこれで妥協しました。

エキサイトピンポン 108円

テレビに繋いで遊べる体感型のテレビゲームのおもちゃのようです。

2000年前半の商品の様です。当時は6000円ぐらいしたようです。店頭に在庫が2個あり、どちらも未開封のような状態で非常に程度が良かったので一個だけ購入してみました。

今考えると108円なら2個とも購入しても良かったかな~。

 

はい。という事で今回は以上です。

友人はツインファミコンや音楽機器関係を大量に買っていましたが自分は値段は控えめですが、かなりいい買い物ができたと満足しています。

今後もハードオフ巡りの旅は続きそうですw

 

あそぶ!ゲーム展 STAGE.2 ゲームセンターVSファミコン 入場無料

https://www.e-topia-kagawa.jp/event/gameetp02_index.asp

(香川県高松市 ”情報通信交流館e-とぴあ・かがわ” にて8月15日まで開催中)

昨年に引き続いて、今年も高松でゲーム展のイベントが開催されているので友人と行ってきました。

昨年はゲーム機の黎明期の頃のファミコン登場以前がテーマでしたが、今年はいよいよ自分にもなじみ深いファミコン登場以後のゲーム機とゲームセンターのゲームがテーマです。

会場は昨年と同じ “e-とぴあ・かがわ” の4階・5階。

ちなみに会場は静止画撮影はOKですが動画撮影はNGとの事です。

今年も気になったものを幾つかあげてコメントしていきたいと思います。

入ってすぐにナムコのゼビウスのテーブル筐体が。

ゲームに初めて壮大な世界観や詳細なキャラクター設定、そして美しいグラフィックなどを採用したゲーム史を語るうえでは外せない大ヒットした名作シューティングゲームです。

当時はパソコンをはじめ様々な家庭用の機種に移植されましたが、ファミコンへの移植はクオリティが高く度肝を抜かされたものです。

ゼビウス開発時の設定資料。貴重ですね。手書きのイメージイラストも素晴らしい。

ふと周りをみるとこれまたナムコの名作”ドルアーガの塔”をプレイしている親子が。

親子でゲームを興じるというなんとも和む光景ですが、おそらくそのゲームの謎解きはゲーム中完全なノーヒントなので現代の子供たちにはハードルが高すぎてクリアは相当困難かと思いますw

(普通にプレイしていてはクリアできないので、当時の子供たちはこのゲームをクリアするために、口コミや交流ノートに各個人の発見した情報等を書き込み みんなで攻略していました。ちなみに当時攻略本等はロクにない時代です。)

ガラスケースには名機(迷機?)ATARI 2600 VCS(1977年)が。そして右下にはこれまた迷作のゲーム”E.T.”。

この頃のゲーム業界は、後半あまりにも粗悪なゲームが乱発され売り上げが急激に落ち、以後ファミコンが登場するまで冬の時代を迎えます。ゲーム”E.T.”に至ってはゲーム内容もヒドイのにハードの普及数の数倍以上の数が生産され、当然売れ残った業者は処分に困り大量に地中に埋めたてたという噂話もありました。(←近年この噂は事実だったことが発覚して話題になりました。)

ゲーム史で有名な”アタリショック”という言葉はこのゲーム機から生まれました。

次は、いわずと知れた任天堂の名機”ファミコン”こと”ファミリーコンピュータ”です。

この名機とクオリティの高いゲームの供給のおかげで家庭用ゲーム業界がまた息を吹き返しました。そして爆発的なブームとなっていきます。家庭用ゲーム史はこのハード抜きでは決して語る事は出来ないでしょう。

ちなみにこの展示ファミコンは何気なくコントローラーのA・Bボタンが四角の貴重な初代タイプのものでした。

こちらは海外版ファミコンであるNES(Nintendo Entertainment System)。アメリカンサイズでデカいです。

 

次のガラスケース内にはアーケードゲームの基板が。

アーケード基盤に詳しい友人によると右の”グラディウス“のバブルシステムの基板は故障率が高いため完動品のものならば軽く数十万することもあるほどの貴重品だとか。すげぇ。

友人はグラディウスと同様に大人気のシューティングゲームの”沙羅曼蛇(サラマンダ)”を楽しんでいました。

彼は家にもこのゲームの基板を所有しているので、上手いです。

この後、自分もしばらく友人と2人で協力プレイを楽しみました。

こちらでは初のベルトスクロールアクションの”熱血硬派くにおくん”に興じる男児が。後に出る名作、”ダブルドラゴン”のベースとなったと言われるゲームですね。

くにおくんは当時の友人がファミコン版を所有しており、技の種類も豊富で爽快感がありみんなでワイワイと楽しく遊んでました。

なめんなよ このやろう”、 ”おめぇら なめてんじゃねぇぞ” 等のツッパリ用語も話題になったものです。

 

 

次はセガを代表する体感型アーケードゲーム達。

上から”アフターバーナ”、”スーパーハングオン”、”スペースハリアー”(SD筐体)です。

ゲーム機筐体に乗って操作したり、筐体自体が画面に合わせて動くという、家庭用ゲームでは味わえない体感が出来ました。

当時の人気PCも展示されてました。

シャープのホビーパソコン”X68000″です。マンハッタンシェイプと呼ばれるデザインがカッコいい。当時としては珍しくゲームに特化した性能でアーケードゲームの良質な移植作品も数多く提供され、ゲーム好き中高生の憧れでした。

まぁ、当時 自分はFM-TOWNS派でしたがw

しかし、デモしているゲームがよりによって”信長の野望”とは・・・・渋すぎますw。

MSX版のグラディウス2(に)も展示されてありました。

グラディウス好きの友人によると、グラディウスⅡ(アーケード版 他)とグラディウス2(MSX版)があり、それぞれステージ構成や世界観が異なるため前者はⅡ(つー)と発音し、後者のMSX版は2(に)と発音して使い分けるのが正しいそうです。(というか、グラディウスファン内で混同をさけるためそういう慣例があるみたいです。)

ゲーム楽しむ上では欠かせないゲームの音源についても資料がありました。

あまり詳しくはないのですが、初期ゲームは矩形波(くけいは)、ノイズ音、三角波といった電子音で表現されており、これらの音を組み合わせることによって、今でも思い出に残るいわゆるあの”ピコピコ音”の名曲が数多く生まれてきたのですね。

初のゲームミュージック音が収録されたYMOの細野晴臣氏のアルバム(上)。これは有名ですかね。ネットで見たことがあります。

ちなみに会場ではクイズラリーも行っています。入口の方で配られていました。展示されている資料を見ながら解答していきましょう。ちなみにクイズラリーの問題は日によって変更され何パターンかあるそうです。

無事クイズラリーは全問正解で帰りにステッカーを頂きました。表面がホログラム加工されておりキラキラ光ってます。

ステッカーも2種類あるそうです。

昨年も買いましたが、今年も帰りに入り口で販売されているパンフレットを買いました。確か1800円位でした。貴重な資料なので大事に保存しておきたいと思います。

といった感じで、ゲーム好きの人にもなかなか見応えのあるイベントでした。親子連れもたくさんいましたので家族で行ってもいいですね。子供さんは喜ぶと思います。15日までの開催のようなので興味のある方はお早めにどうぞ。

今後ステージ3も企画される事があれば是非見に行きたいと思います~。

 

 

先日歩きながら動画を撮影していたのですが、家に帰りその動画を鑑賞していたところ、小走りで撮影していたシーンや階段を上るシーンなどでは結構な手ブレが生じており、折角のいいシーンでも見ていて少々疲れてしまいました。

最近はカメラ側に高性能な手ブレ補正機能が付いているものも多いですが、歩行しながらの撮影等ではその機能だけでは十分補い切れない事も多々あります。

そんな時に活躍するのが”カメラ スタビライザー(ジンバル)”ですが、結構な金額がします。電動式は数万は軽くしますし、おもりを利用した構造のシンプルな機械式でも数千円位はします。

個人的な使用で使用頻度はそう多くないと思われるので、今回は各種ネットの情報を調べながらこのカメラスタビラーザーを100均グッズを活用して格安で自作することにしました。

今回作るのは、おもりを使いヤジロベーの原理を利用してバランスをとるタイプのものを計画。

早速、使えそうなものを100均で物色して購入してきました。とりあえず上記の6点購入してここまでの出費は648円(税込)。

買ったものリスト。

 

30cm金具 x2

20cm金具 (結果的に使用せず。)

ボルト・ナット・ワッシャーセット(M4-M5セット)

L型金具(2個入り)

ミニ三脚。

 

材料もそろった所で製作に取り掛かりましょう。

 

まずは30cm金具を、エイヤッ!とこういう風に曲げました。それぞれ若干曲げ方を替えてあります。

蛇足ですが上下同じ長さの金具のはずなのに目の錯覚で下の金具の方が長く見えるのが不思議w。

2つの金具を一緒に買ったネジとナットで連結します。緩まないようにワッシャーを噛ませた方がいいでしょう。

全体はこんな感じ。

この金具の下部にL字型の金具をさらに連結します。

こんな感じですね。後述しますが、ここにバランス用のおもりを取り付けられるようにしています。

次に上部の加工。

上部の適当な場所にミニ三脚を取り付けます・・・・・・、と一言で終わりたいところですが、金具の穴の形状が小さいためミニ三脚のネジ部分が貫通しません。

ヤスリなどで削って穴の大きさを拡張しましょう。4mm穴だったので6mm相当に広げます。

これが一番苦労しました。一応、後で三脚の位置を変更してバランスを取れるようにするため上部の穴を一つだけでなく複数個拡張しておいた方が便利そうです。

 

苦労の末、三脚の取り付けに成功しました。

こんな感じで、とりあえず完成です。

デジタルカメラをセットしてみました。

 

 

ちなみにこのカメラ取り付け部分を、

100均で追加で買った、こういうスマホ用の三脚クリップに取り換えるとデジカメだけではなくスマホの取付けにも対応できます!。

それでは実際に効果を試してみましょう。

おもりは今回は電池を束ねたものを使用して実験してみます。

上に載せるカメラの重さ以上のものを付ける必要があります。

重いほど安定するようですが、カメラが水平状態に戻る際に、適度な速度でゆっくりと戻るように重さを調整します。おもりは今回は下部にぶら下げていますが、おもり自体が、ぶら下げた状態だと余分な揺れを発生させるので、できればおもりは動かないように固定して取り付ける方がいいと思います。


う~ん。多少微妙ですが手の動きをまずまず吸収してくれているようです。

改善の余地はありそうです。

 

おまけ

調子に乗って携帯性を高めた小型スタビライザーも作成してみました。

コンパクトでスマホとの相性もいいです。

機会があれば屋外での撮影動画などもアップしてみたいと思います。

ここ数年、かなりの頻度でハードオフ等のリサイクルショップに向かい、激安品のジャンクゲーム機ハードを購入して修理したり友達に譲ったり、そのまま押し入れへしまい込んだりしています。しかし、数が増えてくると自分でも何を何台所持しているのか分からなくなってきているので、特にレアなハードを所持しているわけではありませんが改めて押し入れから確認する事にしました。ちなみにほぼ全部自己修理・点検済みで動作品です。

携帯ゲーム機編

普段は押し入れにこのスチール缶に入れて保管しています。

一応、カメラなどを保管する時に使用する乾燥剤を入れて保管しています。

気休めかもしれませんが、本来は煎餅が入っていた空き缶なので湿気対策はこれである程度はOKかも。

早速整理して並べてみました。壮観な眺めですねぇw

内訳は写真右上側からリストアップすると

*************************************************

◎携帯ハード

初代DS 3台

ゲームボーイアドバンスSP 1台

初代ゲームボーイアドバンス 1台

DS Lite 5台

DSi 4台

PS Vita 1台 (先日のブログで修理したものです)

初代3DS 2台

PSP 2000番台 1台

PSP 1000番台 2台

ゲームボーイカラー 3台

計 23台

*************************************************

結局この箱には計23台入っていました。

ちなみに右上の初代DSはピンクと水色のツートンカラーという珍しいツートンカラーですが、これは限定色とかではなく単に2個のDSの部品を組み合わせてニコイチで修理した機種です。

配色が非常に前衛的というか、悪く言えばダサいのはそういう理由ですw

 

続いて据え置きハード編。

こちらは場所をとるので押し入れの奥の方に放り込んでいます。

押し入れの奥の方にしまってある機種もあったので取り出すのもちょっと大変。なんだかんだで20分位押し入れ漁ってました。

据え置きハードは以上でした。

内訳はこちらも右上から

*************************************************

◎据え置きハード

PS2 30000番台 4台

Wii(白色) 5台

Wii(黒色) 1台

初代XBOX 1台

PS3 2000番台  2台

改造スーファミ 1台

(中身はRaspBerry Pi3 改造時のブログ記事はコチラ

計 14台

*************************************************

14台でした。こちらは比較的最近のハードが多めです。

 

あと、写真は無いですが確か記憶の限りでは実家にもハードは

*************************************************

実家ゲーム機リスト

初代DS 1台

PS 3500番台 1台

PS2 50000番台 2台?

ドリームキャスト 1台

セガサターン 2台

PCエンジンDuoR 1台

Wii 2台

計 10台?

*************************************************

これぐらいあったと思います。

ちなみにファミコンやスーファミ、ディスクシステム等の定番機はだいぶ昔に親戚に全てあげたので実は現在所有していません。(多分、もう捨てられちゃってるんだろうなぁ・・・)

 

おまけ編

ついでに押し入れから出てきたファミコン等の互換機も紹介。

先日紹介した、アーケード筐体型のゲーム機やファミコン互換機等です。

まだ、数台奥に互換機があるはずなのですがこれ以上段ボールを開けて探すのは面倒なので断念しました。

ついでに忘れていた未修理品も出てきました。初代3DS。3Dボリューム・スピーカフレキシケーブル破損との事。確かこのケーブルは部品代が高くつくので当時修理断念したのを思い出しました。

 

最近はファミコンミニ等のレトロゲーム機ブームの流れでこれらのレトロハード(レトロと呼ぶにはまだ早いハードも多いですが)も徐々に今後相場が上がってくる可能性も考えられます。

大事に保存して行きたいと思います。

あ、あとPS4とかの最新ハードはハードオフのジャンクコーナーに並ぶようになったら購入を検討したいと思いますw

先日、近所のハードオフで激安のジャンク品を発見。

税込108円のDELL製のデスクトップパソコンです。

なんと下部のシールには Intelの Core2Quad のロゴが貼ってあります!

4コアのCPUなので動けば今でも通常の用途なら十分現役で使用出来そうです。

前のオーナーがCPUを換装したり取り外ししてなければいいのですが・・・・

ピンボケして少々見にくいですが、ジャンクの内容を詳しく見てみると

トレイ開閉NG(おそらく内蔵の光学ドライブ)、BIOS起動NG、HDD・メモリ無し

との事。ちなみにCPUについては言及なし。

さすがにBIOS起動NGだと使い物にならないかなぁ”、と幾つか不安材料もありましたが、税込108円なら直せなくても何かしらの部品取りだけでも軽く元は取れるだろうと思い購入。

家に帰って早速、点検&クリーニング。

ぱっと見の外装はとてもキレイ。

ただ細部を見るとあちこちホコリまみれです。タバコの臭いも気になります。

光学ドライブのトレイ部分。ここもホコリだらけだなぁ 思いながらせっせと雑巾でホコリを拭いていると・・・・・・・・ん、これ良く見たらブルーレイドライブじゃん!

ちょっとラッキーでした。トレイ開閉が出来ないとのジャンク内容でしたが、もし無事動けば儲けものです。

この光学ドライブについては後述します。

背面部。写真では分かりずらいですが、あちこちにホコリがまんべんなく付いています。

ここで下部に注目。このPCグラボも付いてたんですよね。これももし動けば大ラッキーです。

続いて内部の清掃。これはある程度清掃した後の写真ですが、それはそれは凄いホコリでした。

更にタバコのヤニのせいなのかホコリがPC内部に絡みついていて結構手間取りました。

ちなみにジャンクの内容通りHDD・メモリは抜かれていました。

 

あと、先ほどの刺さっていたグラボは調べてみると、ATi社の Radeon HD3650でした。型番はATI-102-B38201。

当時のミドルクラス級のグラボですのでこれも動作すれば儲けものです。

さて、清掃も終わったのでいよいよ動作テストをしていきましょう!

何はともあれ、まずはメモリを増設しない事にはテストできないので、メモリスロットに注目。

早速手持ちのDDR3のメモリを押し込んで動作確認をしようとした所、なぜかうまく挿さらない。

そこでハっと気づきました。このマザーボードDDR3メモリじゃ無くてDDR2メモリ専用じゃん!!

そうです、この世代のCPUの時はDDR2からDDR3メモリの移行期でマザーボードによってDDR2メモリを使うものとDDR3メモリを使うものが混在していたのです・・・・・。

自分は当時この世代のCPUを使っていた時DDR3タイプのマザーボードを使っていたため、てっきり手持ちのDDR3メモリで大丈夫だろうと勘違いしていました….. orz

ちょうどDDR2メモリは持っていなかったので、悔しさのあまりもう一度ハードオフに直行

少々、お高い感じもしましたがジャンク品のDDR2メモリ1GBを購入。値段は540円。今回のジャンクパソコンの5倍の値段です。これでこのパソコンが起動しなかったらただのゴミになります。

なんだか若干負けた気がしますが、気を取り直してメモリをセットして電源ON。

 

ところが、電源は入り電源LEDも点灯し、CPUやグラボ、ケースの各ファンも回転するのですが画面が真っ暗のままで何も表示されません。マザーボードからエラー時のビープ音などの反応もありません。

やっぱりジャンク表示通り本当にBIOSが壊れているのかなぁと半分諦めかけた矢先、

試しにグラボを外して内蔵グラフィックに切り替えて再起動したらあっさりとメーカーロゴが表示されました!!

結論から言えばグラボが故障していたようです。ハードオフの店員さんもこのグラボの故障には気付かず、マザーボード上のBIOS不良としてジャンク扱いにしたのでしょうね。

BIOS画面も無事起動。CPUもケースのシール通りの4コアのCore2Quad(Q8200)が搭載されています。

CPUだけでもオークションで数千円の価値はありそうです。

とりあえずBIOS起動で一安心したので次はトレイ開閉不良の光学ドライブを見ていきます。

一旦光学ドライブを取り外し詳しく調べてみたところ、LITEON社のDH-6E2Sというブルーレイのコンボドライブでした。ブルーレイは読み込みのみで書き込み機能はありませんでした。ちょっと残念。

簡易的に電源を接続してイジェクトボタンを押してみると、なるほど確かにガコッ!という音が一瞬してトレイが出てきません。

こういう時は、とりあえず分解。

 

怪しいと思っていたプーリー部分のゴムベルトが経年劣化で緩んでいました。

とりあえず適当に輪ゴムに交換したら無事開閉できるようになりましたw

え?耐久性?そんなものは気にしていませんw

後でテストした所、CD、DVD、ブルーレイディスクいずれも問題なく読み込めました。

トレイ開閉不良もこのパソコンがここまで安いジャンク品扱いになった理由でしょうからこれはこれでラッキーでした。

という事で、無事このパソコンは起動可能な状態にリペアできました。

今後、時間があれば余っているHDDを搭載してFreeNASでも入れてファイルサーバにしたり、安いメモリを増設し、4コアを活かして仮想サーバ化でもしようと思っています。

 

GAME MACHINE 108 in 1 1080円(税別)

先日友人と徳島方面へハードオフ巡りの旅に出かけた時に面白そうなものを発見。アーケード筐体型のおもちゃです。

GAME MACHINE 108 in 1” という表記しかありませんがこれが商品名でしょうか?

調べてみるとゲーセン等のプライズ系のマシーン等でゲットできる商品の様です。

さて、この商品ただのオブジェじゃありません。

なんと実際にゲームが出来るようです。

まぁ、毎度のごとく各ゲームのクオリティは期待はできないと思いますが、何よりゲーセン筐体に憧れる世代のオッサンたちには、この形を見るだけでワクワクします。

では開封。

うーん。いいですねぇ。このアストロシティ風の風貌。普通に写真撮るだけでも画になりますわ。

ボタンは小さいながらもしっかり押せます。レバーはちょっと硬めの感触かな。

画面下に格闘ゲームの必殺技のコマンド表っぽいシールが貼ってありますが、残念ながらそのコマンドを使うゲームは収録されていないようです(笑)

本体は非常に軽く、この説明書によると175gだそうです。

裏面は上部から電源スイッチ、スピーカー、そして一番下には電池ボックスがあります。

電池投入。単三電池3本で駆動するようです。

電池を入れて電源を投入すると間髪入れずにメニュー画面とサウンドが爆音で流れ出しました。

音量は本体右側のボリュームダイヤルで調整出来ます。

画面下のキャラは某米国映像配給会社のウサギキャラに酷似していますが多分気のせいでしょう。

一応、108個ゲームは入っているようです。

ゲームNo.1のF-22を起動してみました。

このゲームはファミコン互換機のサンプルゲーム等にもよく収録されてますね。

なかなかの力作です。この小さいコントローラーでも普通に操作できます。

この小さい筐体上で遊ぶと、また違った面白さがありますねぇ。

電源をACアダプタ等から取って電源入れっぱなしのオブジェとして飾ってもオシャレで面白いかも知れません。

 

さて、一通り遊んだあと何か改造できないかと思い、とりあえず軽く分解してみましたw

(分解の為にはサイドに貼られてあるステッカーを一部切らなければなりませんので注意。)

前面部と背面部に分かれます。

前面部。液晶、コントロールユニット、ゲームのIC類はここに集約されています。

背面部スイッチ、スピーカ、電池ボックス、音量ボリュームがありますね。

思った通り、中はスカスカですね。技術のある人ならこの内部にラズパイZERO等を組み込んでエミュレータを起動させたりしているようですが、スペースは十分あるので手先の器用な人ならそういう改造を施すと面白いでしょうね。

しかし、こういう記事を書いていると、近日発売されることが発表された”NEO GEO mini”が非常に気になります。あれはNEO GEO世代の人たちにはたまらないのでしょう。

自分も発売されたら買って見ようかなぁ。

 

おまけ:

◎徳島ラーメン東大

今回の徳島ハードオフの旅で食べた徳島ラーメン東大 さんの徳島ラーメン自分の中では”徳島のラーメンといえば金ちゃんヌードル”なのですが、これはこれで大変美味しいです。濃いめのスープはご飯が進みます。ちなみに生卵は食べ放題。ラーメンに入れるのはもちろん、ご飯を注文して卵かけご飯にしても◎。また注文すればコンロを貸してくれるので、ラーメンの残り汁にご飯と生卵を入れて雑炊にして食べるのもおススメらしい。上記のメニューで苦しいくらいお腹一杯になりました。

◎コインスナック御所24

阿波市土成町にある懐かしい自販機がズラッと並ぶゲームセンター併設のコインスナック店。

ここには日本で唯一の現役稼働しているボンカレー・ライス自販機があります。仁鶴師匠が若い!。これは各メディアで何度も取り上げられていますのでとても有名らしいです。YouTubeにも物好きな人がたくさん動画を上げています。

カレーを記念に注文しても良かったのですが、今回は前述の徳島ラーメンを食した後で腹が膨れすぎてカレー購入は断念。普通にジュースを買いました。友人は自販機でうどんを食べてました。(このうどん自販機も珍しいらしい。)

自販機コーナーに併設されているゲームセンターコーナーにはゲームセンターCXでおなじみの有野課長の写真が。昨年番組で放映された”ゲームセンターCX in 四国 ゲームお遍路88台めぐりの旅”で収録された時に撮影されたもののようです。この写真の下には番組でも放映されたパンティーのカプセルクレーンゲームがありました(笑)。

光るコマ ダイソーで108円(税込)

いつものダイソーで面白そうなものを発見。”光るコマ”とまんまの名前の商品。

昨年のハンドスピナーブームも一段落した感がありますが、回転するおもちゃってなんか惹かれるものがあるので購入してみました。

裏面の遊び方。コマ本体をハンドル式のネジバネで巻き、ボタンを押せばコマが外れて音と光を発しながら回転するというもの。私Naokitが幼少の頃にもどこかで似たような商品を見たことがある気がします。ちょっと懐かしい。

内容物はこれだけ。

コマ部分。コマ内部の基盤上のバネはおそらくコマが回転した遠心力を利用して伸縮し回路のスイッチの役割を果たすものと思われます。LEDも3つあります。

基盤の下にはボタン電池が3つ。

電池の更に下部にはスピーカがありました。

基盤の裏。おそらくICチップが埋め込まれているのでしょう。

しかし、それにしても電池まで含めて、100円でよくこれだけの部品の商品提供できますねぇ。感心します。

では、いよいよ回転させて遊んでみましょう!!


・・・・うっ、うるせぇーーーーっっっ!!

この動画、真夜中に撮影したのですが、かなりの音量で鳴り響きます!! 目が一気に覚めましたw

何にせよ、かなり賑やかです。自分はもうオッサンなので数回試して、そっと箱に戻しましたが、子供ならおそらく電池が切れるまで喜んで永遠に遊び続けるでしょうお子様に与える時は注意しましょうw

1 / 2812345...1020...最後 »

カレンダー

2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930