kill-time

About

Name: Naokit

QRコード


スマホ・携帯用表示対応!

Count per Day

  • 291928総閲覧数:
  • 134昨日の閲覧数:
  • 2011/05/20カウント開始日:

楽天で探す
楽天市場

楽天ベストセラー

AGEphone(Android版・iOS版等 無料)

https://www.ageet.com/products

かねてからのスマホ・携帯電話の普及やかけ放題サービスの普及ですっかり固定電話を使う機会が減っている昨今ですが、一部固定電話でしか繋がらないサービスが存在するため我が家ではたまに”ひかり電話”を利用しています。

そんな折、先日家の固定電話の子機が壊れました。電源が入りません。親機は問題ないのですが、やはり子機で電話をかけられないのは何かと不便です。

電話機自体は安いので買い替えようかなぁと思っていたのですが、ふと、このAGEphoneの存在を思い出しました。

AGEphoneはスマホ用(PC版もあり)のアプリで、ひかり電話使用時にスマホにこのアプリを導入することによりスマホをWiFi経由でひかり電話に対応させることができるアプリです。

もっと分かりやすく言うと、家でスマホを電話の子機のように利用できるアプリなんですね。もちろんこのアプリから発信した場合は相手先には携帯の番号ではなく家の固定電話の方の番号で発信されます。(ちなみに家に電話機がなくてもこのアプリ単体でも使用できます。)

ではインストールしてみましょう。

アプリを最初に起動させると規約が表示されますので、確認後下方にスクロールして”同意する”をタッチ。

お使いの電話サービスを選択します。うちの場合”ひかり電話(西日本)”を選択。

後は設定が自動で行われます。そのまま”次へ”をタップ。

(ずっと前は手動設定だったした気がするのですが・・・・便利になりましたねぇ。)

この画面になれば設定完了。普通の電話アプリと同様の操作感です。

下部の星マークの短縮アイコンで短縮登録やスマホの電話帳からの発信も出来ます。

発信テストもしてみましたが、通話も安定しており音質も問題ないです。しかもスマホ1台で家宛の電話もスマホ宛の電話も両方受けられるので非常に便利です。

と、いう事で今回は新しい電話機を買わずに済みましたw

あと応用で詳細は避けますが、VPNの知識がある方ならば、家で別途VPNサーバーを構築しておけば、外出先でも家の電話を経由して発信できるという裏技も出来ます。つまり外出先でも家の電話番号で発着信できるんですよね。これは用途によっては非常に便利でおもしろいですよ~。

先日の休日、いつもの様にハードオフ巡りをしていた所、ソニーの携帯ゲーム機”PS VITA”をジャンクコーナーで発見したので確保。

外観は写真を見てもらえば分かりますが、かなりの美品。目立つ傷等は無し。

液晶のドット欠け等はなく、タッチパネルも問題ありません。型番は後期モデルタイプのPCH-2000。(ファームウェアは現時点で最新の”Ver 3.68″にアップデートされていました。)

初期型とは違い画面は有機ELではなく普通の液晶ですが、初期型に比べ薄型設計のため軽量なのと電源部がMicroUSBに変更されており使い勝手が良くなっています。

残念ながらソニーからも既に見捨てられ、ややオワコン化したハードですが、値段は税込4320円とジャンク品にしてはやや高め。普段の私Naokitならばジャンク品にここまでの出費はしないのですが、今までPS VITAは所有したことが無かったのでこれも何かの縁だと思って買ってしまいました。とりあえず、今後のために歴代のゲームハードは所有しておきたい性分なので。

肝心のジャンク理由はコントローラーの”右スティックが動きっぱなし”との事。

右スティックを使うゲーム自体はそれほど多くないのですが、気になるので修理を試みてみました。

ネットで調べてみると、この型番の機種には良くある症状のようです。どうやらスティック部分にホコリが溜まりやすいらしく爪楊枝やストローなどで掃除すれば改善される事が多いようです。

これなら、修理は楽勝じゃん!・・・・と喜んで早速ネットで紹介されている対処方法を試してみました。

が、・・・・・全然直りませんでした。どうやら完全にスティックが壊れている様です・・・・・。

 

って事でネットで互換品を注文しました。値段は税込で780円。これくらいの出費ならまぁ許せる範囲でしょう。(海外サイトを探せば3ドル程度で手に入るようですが時間がかかるので今回はパス)

 


↑アナログスティックの交換の詳細については”あすか修繕堂”様の動画が大変参考になります。

ちなみにこの辺のフラットケーブルを外す時はピンセットが無いとかなり面倒です。

ちなみにこれが純正のアナログスティック。内部にゴミの侵入を防ぐ、真ん中の方にゴム製のカバーが付いています。それと写真では分かりにくいですが上部の指が触れる部分にゴムによる滑り止め加工がされています。

これが今回新しく交換した互換品のアナログスティック。中心部のゴムカバーがありません。上部もプラスチック製でゴム加工はありません。(代わりに滑り止めの円状の凹凸があります)

アナログスティック交換後、PS STOREから”ドラゴンクエストビルダーズ”の体験版をダウンロードして動作確認を行ってみました。

結果、全く問題なく動作するようになりました!!

トータルで5000円近くの出費となりましたが、この機種は現在中古市場でも1万円前後はするので市場価格の半額程度で手に入れられ結果的には満足です。

今後はPS VITAのソフトもいろいろ購入を検討してみたいと思います。

あ、PS VITA用の専用メモリも今のうちに買っとこうかなぁ。

 

VR用撮影レンズ IFD-361  1000円前後で購入

先日、近所のディスカウントストアで ちょっと面白そうなものを発見しました。

スマホ用の3D撮影レンズです。

具体的にはスマホのレンズ部分に付属のクリップでこの特殊レンズを取り付けて簡易的な3D撮影(サイド・バイ・サイド方式)が可能という商品です。

箱の裏面。撮影した3D映像を視聴するには別途VRゴーグル等が必要になるとの事。

↑ちなみに3Dゴーグルは、前にこのブログでも紹介した100円ショップのセリアにあるものでも もちろんOKです。

中に入っているものはこれだけ。

レンズ部分とクリップは取り外し可能になっています。

レンズ部分は全面部分はこんな感じ。自撮用と思われる鏡が付いています。

レンズ部分の裏側。この穴にスマホのレンズを合わせて取り付けます。

中央部分に左目用と右目用の撮影領域を区切る仕切りがあります。

 

スマホに取り付けてみます。

・・・ちょっとカッコいい・・・かも?

では実際にカメラアプリを起動して撮影してみましょう。

 

撮影時の画面。被写体が左右に分かれて映し出されます。左右の画像にわずかな視差があり、これが専用ゴーグルで見た時に3D効果を生み出す仕組みですね。

静止画で広角よりの撮影時は画面の周辺にケラレが発生するのでやや望遠よりに調整するとケラレは目立たなくなります。しかし、それと同時に中央部の左右の画面の仕切り部分も拡大されて目立つようになります。この点はもう少し目立たないように改良して欲しかったです。

ちなみにこの中央部の仕切り部分は、いくら調整してもこの箱の写真のように小さくなることはありませんでした・・・・・。まぁ、よくある”写真はイメージです”ってヤツなんでしょうねぇw

折角なのでちょっとドライブして桜を撮影して来ました。

3Dゴーグルをお持ちの方は試してみてください。

中央の仕切り部分が気になるかなと思っていましたが、3Dゴーグルで見ている時は思っていたよりは目立ちませんでした。立体感もそこそこ感じられます。

ただ、原理上画面を左右に分割して撮影しているのでフルHDの200万画素相当で撮影しても片目当たりの解像度は単純計算で100万画素以下(仕切り部分の画素ロスも含めるとそれ以下)になるのであまり解像感は得られないです。

不満点はいくつかありますが、この値段なら十分楽しめると思います。

ちょっといつもとは違う撮影をお望みの方はどうぞ~。

ダイソー万華鏡キット 100円(税別)

近所の良く行くダイソーで万華鏡作成キットを発見。懐かしさも相まって購入してみました。

パッケージはこんな感じ。対象年齢は6歳以上。

→この記事の続きを読む

Bluetooth対応スピーカ付きLED電球(型番不明) amazonで1890円で購入

先日、amazonのポイントが余っていたので何か面白いガジェットは無いかと詮索していたところ手ごろな値段のネタになりそうな商品を見つけました。

スマートLED電球です。

パッと見、大ぶりなLED電球のように見えますが、この電球はBluetoothでスマートフォンと接続する事ができ、後述しますが専用アプリで制御することによりいろいろな操作ができます。スピーカーも内蔵(3W相当。モノラル仕様?)しているので音楽を流すこともできます。

では、ちょっと軽く試してみましょう。

→この記事の続きを読む

今回は先日半額で買ったFire HD8タブレット(以下Fireタブレット)にPlayストアを導入してみました。

AmazonのFire HDタブレットはコストパフォーマンスが非常に高く、性能や機能などは申し分ないのですが、唯一の不満点はAndroidベースのOSなのにPlayストアが使えず、Amazonストア内の少数のアプリしかインストールして使えない事ですよね。

本来はFireタブレットはAmazonの独自サービスやコンテンツを簡単に手軽に利用できるようにカスタマイズされた端末ですので、これはこれでいいのでしょうが、ガジェット好きの私Naokitとしてはせっかくの高性能な端末を制限された状態で使うのはもったいないと思い今回の決断に至りました。

という事でPlayストアを導入していきます。

(ちなみに以前は”root化”等の面倒な作業が必要でしたが、最近は数本のプログラムを順番に導入していくだけで簡単にPlayストアが導入できるようなのでその方法を試してみました。)

(以下の方法はAmazonの保証対象外の行為になります。導入される場合は全て自己責任でお願いいたします。)

→この記事の続きを読む

Fire HD8タブレット(NEWモデル)16GB 11980円(通常時1台価格)

先月、・・・といっても年が明けてしまったので去年になりますが、Amazonが年末のセールでPrime会員限定のFire HD8タブレットのセールを行っていました。

通常1台11980円の端末ですが、なんと2台で11980円という大特価!! つまり半額の50% offです!

Amazonのこの手の端末は非常にコスパが良く評判も上々なので、ガジェット好きの自分としてはこの機会を逃すわけにはいかないので友人と共同購入という事でポチッてみました。

→この記事の続きを読む

(上の写真は完成後専用ケースに入れたものです)

入力DAC PCM5102A搭載32bit 384kHz (製品型番不明) 1280円で購入

以前から小型ボードPCの Raspberry Pi3+ (以下、ラズパイ)を使って、スーファミ型PCを作ったり車のナビにプレステエミュレータを導入したりといった記事を書いてきましたが、今回はこのラズパイを使ってミュージックサーバーを作成してみました。

→この記事の続きを読む

ダイソー 自転車バルブ用フラッシュライト 100円(税別)

前にこのブログでも紹介しましたが、今年の夏に折りたたみ自転車を買いました。使用頻度は当初予定していたよりは少なめですが、近所にちょっとした買い物に行くときに時々利用しています。

↑その自転車はコレです

ただ、うちの家周辺は比較的交通量が多く、この時期になると道も暗いので安全には十分注意しないといけません。そのために自転車にライトや反射板を付けたり、蓄光シール等を貼って夜道でも少しでも目立つ様に工夫しているのですがまだまだ、十分とは言えません。

そんな折、近所ダイソーであるものを発見しました。

→この記事の続きを読む

( ↑ 上図は完成後のキーボード)

PCを使っている方、特に自作PC等を長年続けている方等であれば、誰しもお気に入りの周辺機器というものはあると思います。

それが、モニターであったり、マウスであったり、ケースであったり様々あるでしょうが、キーボードは特に好みが分かれる機器の一つですよね。大きさやタイピング時の感触・音、キー配置、キー間隔・・・・、こだわり所はたくさんあります。

そんな中で、私Naokitのお気に入りのキーボードはサンワサプライのSKB-SL09BK(生産完了品)です。

コンパクトでありながら適度な安定感がある重さ、タイピング時の感覚等がもう手に馴染んでしまっており、気が付けばかれこれ7,8年は使っていると思います。

そんなお気に入りのキーボードですが最近気になる事が・・・

キー文字の摩耗です。具体的には”A”と”N”のキーの文字がかすれて見えづらくなってきています。

人によっては白い油性マジック等で書いたりする方もいるようですが、見栄えがアレなのでどうにかいい方法がないかと詮索していたところ、

すり減ったキーの上に貼る キーボードシール なるものが発売されている事を知りました。

ただ、このシール結構高い!。1000円近くします。今どき1000円も出せばちょっとしたキーボードなら買えちゃいますよね

・・・・って事でこんな時はDIYですw  キーボードシールの自作にチャレンジしました。

→この記事の続きを読む

1 / 2712345...1020...最後 »

カレンダー

2018年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031