kill-time

情報

1 16 17 18

ちょっとした小ネタ。
今から下に書いてある数を暗算で上から順に足していき、合計した数を声を出しながら計算していってください。
(ex. 1000、1040、2040・・・みたいな感じで。)

↓では、スタート。

1000

40

1000

30

1000

20

1000

10






以上。

・・・・・・・・合計いくつになりましたか?

5000と答えませんでした?

この計算クイズ実に90パーセント近くの人がなぜか間違えてしまうそうです。

P.S. 上記の内容は、紙に数字を書いてめくり、順番に数字を足させていくと、より、間違えやすいとのこと。

Jコミ
Jコミ
http://www.j-comi.jp/
このサイトは”ラブひな”の作者で有名な赤松健さんが主催するプロジェクトのページです。内容は、絶版となった漫画を、作者の了解を得て広告を挿入した形で電子書籍の形で公開し、広告収入を作者に還元することが目的のプロジェクトです。

閲覧は専用のビュアーを使ってみる方法の他、一部の漫画はPDF化されていてダウンロードしての閲覧も可能となっています。

今年の4月ぐらいから正式に公開されましたが、現在50前後のタイトルが見られるようになっています。
主催者の赤松健さんの絶版作品”ラブひな”ももちろんあります!

今では手に入らない絶版の漫画を無料で読めるのはユーザーにとっても嬉しいことですし、また作者にも過去の作品でいくらかの広告収入が得られるという両者にメリットがあるこのシステムのアイデアは非常にすばらしいと思います。

今後も漫画のタイトルが増えていくと嬉しいですね。

*個人的には、鈴木みそ先生の”あんたっちゃぶる”や八神 健先生の”密・リターンズ!”等が懐かしくてお気に入りです。


最近はデジカメも高機能化し、GPS機能搭載により撮影時の位置情報を記録できる機種も多くなりました。
この機能は後で対応ソフトと連動させることにより、撮影場所が地図と連動して表示させることができるようになります。後日、写真を見ながら思い出を振り返る時に記憶を蘇りやすくするなど、非常に楽しい便利な機能です。

しかし、裏を返せばその情報が危険を招く時もあります。そう、インターネットに画像をアップする時等です。観光地等で撮影した場所ならともかく、自宅での写真をアップしてしまったときには最悪です。
(実際、有名人等が安易にプライベート画像をブログ等にアップして自宅がバレてしまうといった事故は今でもよく耳にします。)

そこで、便利なフリーソフトを紹介。

Exif読取り君
http://enrai.matrix.jp/exif_1.html

元々はデジカメ画像データ内のExif情報を読み込むのが目的のソフトですが、GPS情報にも対応していますので先述の情報が埋め込まれていないかどうかの確認が手軽にできます。
画像を公開する前にこのソフトでチェックをする習慣をつけておけば安心です。
また、Exif情報の編集も可能なのでGPS情報等、不要な項目は安全のために消去しておきましょう。

また、最近普及が進んでいる多くのスマートフォンでは標準でGPS機能が搭載されていることが多いので特に注意してください。
ちなみにiPhoneの場合は[設定]→[一般]→[位置情報サービス]で機能をオフにできます。

trick_picture

まずは、上の画像を見てください。何の変哲もない円筒の立体物と模様に見えます
が、何が不思議かというと画像上の”A”と”B”の色が実は同じ色なのだそうです!

一見すると、絶対に分からないと思いますが、”A”と”B”の部分の周りを指で隠すなどして比べてみると確かに同じ色と確認できます。しかし、隠すのをやめると途端に違って見える・・・・面白いですねぇw

人間の目って意外に周りの環境でだまされちゃうんだなぁと改めて思いました。

数年前にこの画像を初めて見て衝撃を受けましたが、先日、PC内の保存画像を整理していたらこの画像が出てきたので、この場を借りて紹介します。

kill-time Hyper
http://killtime-hp.doujin.so/

先日より、
知人が運営している無料レンタルサーバーサービス (前にもこのブログで紹介しましたが、)

同人荘 – doujin.so!
http://www.doujin.so/

を利用させて頂き、kill-time DXの姉妹サイト

kill-time Hyper
http://killtime-hp.doujin.so/

を開設しました。
ランキング300位内のiPhone/iPodアプリからランダムにアプリを紹介しています。
ランダムな紹介なので偏りがあるかもしれませんが、意外な掘り出し物アプリが見つかるかも知れません。

良かったら時々、訪問して頂けると嬉しいです。

 

*現在は無料レンタルサーバサービス終了の為 サイトは閉鎖しました

先日、とある知人から使いづらいということで、記念硬貨(内閣制度百年記念500円玉)を両替にてゲットしました!(もちろん交換レートは1:1)
内閣制度創設といえば、確か1885年なので、つまりこれは1985年発行のもの。今から26年前のモノってことです。

この手のモノはいまいち詳しくないのですが、もしかして、結構コインマニアの間でレアなのかも!と思いワクワクしながらネットで調べてみると、・・・・・・相場が大体600円~800円。

まぁ、額面以上の価値がありましたし、いいんですけどねw
ちょっと変に期待しちゃいましたw

何やら昭和以降の記念硬貨は東京オリンピックのものを除いては、ほとんどのものが流通量も多く、額面+α位にしかならないそうです。勉強になりました・・・

記念コイン
http://asahistamp.com/HP/koin_4.html

いい加減PCの内蔵HDDのデータが貯まりに貯まってきたので、それを整理するために2TB HDDを追加購入。
価格は”新製品が安い!”某店で8000円ちょっと。ずいぶん安くなったもんです。
1年くらい前に買ったときは16000円位で安いと思って購入したのにもうそれの半額とは・・・・

で、この手の市販の外付けHDDは、(おそらく古いOSとの互換性を考えてのことでしょうが)購入時点でのファイルフォーマットは大抵”FAT32”。これだと、1ファイルが4GB以上のデータは使用できず、個人的には非常に不便なので早速”NTFS”形式で再フォーマット。

ここで問題が。

いつもならば面倒なので再フォーマット時は毎回”クイックフォーマット”で済ませるのですが、今回はHDDの物理的なエラーチェックもした方がいいかなーと思い、特に何も考えずに”通常フォーマット”を実行。

・・・・・・・・・・・結果、20時間以上経過した今でも、まだフォーマットが終わりません。orz
あと数時間で一応終わりそうですが・・・・。

調べてみると2TBもの容量になると、SATA接続でも大体4~6時間、低速なUSB接続だと軽く20~30時間位かかる例もあるそうですね。
ってことで、全然データ整理出来てませんw

BUFFALO USB2.0 外付けハードディスクドライブ 2.0TB HD-CL2.0TU2/N [フラストレーションフリーパッケージ(FFP)]

新品価格
¥8,980から
(2011/5/15 23:25時点)

↓ いきなりですが、下の画像。 

目の錯覚を応用したものでしょうが、ストレスに強い人ほど画像がゆっくり動いて見えるそうです。
子供等にはほとんど止まって見えるそうです。

自分の場合、しばらく見ていると、じわぁっと動く感じでした。 (°Д°; オォッ

(よく分かりませんが、人によってはなんらかの刺激があると思いますので、あまり長時間は見ない方がいいかもしれません。)

元ネタ(海外サイト) *大きめの画像があります。
http://www.marshu.com/collection-self-test-stress.php

1 16 17 18
Naokit
Count per Day
  • 555878総閲覧数:
  • 357今日の閲覧数:
  • 262今日の訪問者数:
  • 424昨日の閲覧数:
  • 310昨日の訪問者数:
  • 2現在オンライン中の人数:
  • 2011/05/20集計開始日:
カテゴリー
アーカイブ
amazon
楽天おすすめ商品