kill-time

ゲーム

今日はクリスマス

↑写真は以前ホワイトニングしたファミコン

さて、今日はクリスマスという事で素敵な”ホワイトクリスマス“になる事を願ってホワイトニング企画です。だいぶ前にファミコンをスプレーで塗装しホワイトニングしましたがあの輝くような白さに憧れて今度は違う機器をホワイトニングしてみたいと思います。

→この記事の続きを読む

キワモノアイテムのDSテレビ発見

よく行くリサイクルショップでDSテレビを発見。DSをテレビに出来る中々のキワモノアイテムです。

値段も中古でも1500円程はするようなのでかなりお買い得品のようです。

家にワンセグ機器は多数あるので、別にワンセグが見たかったわけではありませんがコレクションアイテムとして少し興味があったので購入してみました。

→この記事の続きを読む

時代を席巻したゲーム機の1つ

出典元:任天堂Wii公式ページ

Wiiはもう説明も不要かもしれませんが、任天堂が2006年に発売し大ヒットした据え置きゲーム機の1つです。独特のコントローラーで体験型のゲームも多く、ゲームを”家族の誰もが楽しめる”というコンセプトの元開発されました。

全世界売上台数は、2013年の販売終了までの7年間でファミコンをも凌ぐなんと1億100万台以上と言われています。(ファミコンは約6200万台

この数は任天堂の据え置きハードの中では歴代トップです。

名作ソフトが多くまだまだ遊べる

言うまでもなく、Wiiは任天堂のマリオシリーズやゼルダシリーズ等の高品質な名作が多く、今でもかなり楽しめます。独特のコントローラーを用いる体験型ゲームも多くWiiスポーツや、Wii Fit等のフィットネス系のゲームも当時話題になりましたね。

また、今ではもう購入できなくなりましたが、ショップチャンネルのバーチャルコンソールで、過去のライバル機も含めて人気レトロゲームやインディーズのゲーム等を購入することもできる画期的なサービスも提供されていました。

→この記事の続きを読む

やはりRF出力だけだと将来が不安

今持っているファミコンは、以前このブログでホワイトニングした事のあるこの機体。

ちなみにRFスイッチも自作のもので代用してます。

たまに、ハードオフで特価のソフトを買ってきて懐かしみながら遊んでいる訳ですが、如何せんファミコンは標準ではテレビに繋ぐ際にRF出力(アナログ時代のテレビの特定のchの周波数に変換してテレビに映し出す方式)しか選択肢がありません。幸い我が家にはアナログチューナー内蔵のテレビがまだ数台あるので今のところは問題ないのですが、将来的に今のテレビが壊れるともうテレビに映し出すことが出来なくなります

まぁ、ハードオフ等でジャンクのVHSビデオデッキを手に入れて、それ経由でコンポジット出力(赤・白・黄等のケーブルで出力する方式)に変換する方法もありますが、そのためにわざわざビデオデッキを用意するのもやっぱり面倒くさいですよね。

って事で、ネット上では使い古されたネタではありますが、自分もコンポジット化に挑戦してみます。

(↑より簡単なキットもあります)

→この記事の続きを読む

またゲームボーイカラー購入

よく行くリサイクルショップでゲームボーイカラーをまた見つけてしまいました。

どうも、ここ数年この手のレトロ携帯ゲーム機を見かけると自制心が効かなくなり、家に何台もあるにも関わらず次々に追加購入してしまいますw

買ったのはジャンクの訳あり品

で、今回買ったのは訳あり品のスケルトン色の音が出ないゲームボーイカラー

一応、念のため動作確認しましたが確かに音が出ません。

→この記事の続きを読む

恒例のゲオセールが開催

先日の7月13日~15日の期間、ゲオで恒例のゲオスーパーセールが開催されていました。
以前のセール時には6店舗を巡礼し、結構な大人買いをしてしまったのですが、今回は小ネタという事で、前回と比較するとかなり控えめ買い物でしたが、それでもこれは!と思う掘り出し物を買ってきました。

→この記事の続きを読む

仕事帰りにふらっと立ち寄ったリサイクルショップ(ハードオフではない)のレトロゲームコーナーのジャンク箱に、ちょっと心惹かれるものを発見。

赤い彗星

そこにはシャア様専用のような、真っ赤な機体が2台ありました

レッド色のゲームボーイカラー(以下GBC)と初代DSです。ジャンク箱の中で一際、独特の存在感を放っておりました。

私Naokitの場合、何度も紹介していますが、すでにGBCもDSもかなりの台数所有しているのですが、この色は所有していなかったのと、この色に何か運命のようなものを感じたのでついつい購入を決定してしまいました。

あと少し気になるのはDSのプライスシールに貼ってあるこのコメント。

”*英語表記”と書いてあります。もしかして海外版?もしそうなら海外版は所有したことが無いのでこれも興味があります。

→この記事の続きを読む

前回のブログでも曖昧な宣言をしていましたが、時間の空いたときに重い腰を上げて以前ハードオフで買って放置していたジャンク品のゲームウォッチの液晶画面の修理にチャレンジしてみました。

→この記事の続きを読む

 

今回、ハードオフで見つけたのはバンダイの隠れた名機であるワンダースワン。ジャンク品でお値段は324円

以前、電源スイッチ部分不良の”ワンダースワンカラー”を買って直したことがありましたが、今回のワンダースワンは初代のモノクロバージョン。ゲームボーイの生みの親の故 横井軍平 氏が開発に関わっている事もあり、カタログ値では単3電池一本でなんと30時間駆動可能とゲーム機としては非常に燃費の良い機種であります。当時のハードとしてはかなりツボを押さえられられた機種で、スペック的には割としっかりした機種なのですが、その後のバンダイの迷走(短期間に頻繁にモデルチェンジが繰り返された)によりユーザー離れが進み、そのままフェードアウトしてしまった残念な過去を持っています。

→この記事の続きを読む

Naokit
Count per Day
  • 759151総閲覧数:
  • 482今日の閲覧数:
  • 334今日の訪問者数:
  • 654昨日の閲覧数:
  • 400昨日の訪問者数:
  • 2現在オンライン中の人数:
  • 2011/05/20集計開始日:
カテゴリー
アーカイブ
amazon
楽天おすすめ商品