kill-time

ゲーム

1 2 3 7

ギネスにも載ってる体重計

タイトル通りですが、10年以上前に大ヒットした任天堂のWii Fit用のバランスWiiボード(以下バランスボード)をハードオフで見つけたので購入してみました。

日頃の運動不足も気になっていたので、これで解消できればという思いも一応込められています。

また、ご存じの方も多いかも知れませんが、このバランスボードは単体で世界で最も売れた体重計(3200万台)としてギネス世界記録に登録されています

気になる価格は?

購入価格はなんと50円(税別)!

300円~500円前後で売っているのはよく見かけますが、これはおそらく最安でしょう。

持つと結構重いので買うのを一瞬ためらいましたが、このブログネタになりそうなので購入してみました。

このバランスボードだけでは何もできないので、ついでに専用ソフトも購入。値段は110円(税込み)。こちらのソフトはかなり出回っているだけあって、どこのハードオフでも在庫が大量にありこのぐらいの値段で買えますね。

・・・って事でバランスボードと専用ソフト2つ足しても165円でした。

バランスボードの動作を軽くチェック

この手のものは滅多に壊れている事はないと思いますが、値段も値段なので一応軽く動作確認しましょう。

裏面の電池ボックスに電池をセットします。ちなみに単3電池が4本必要です。

下部の電源スイッチを押すとランプが青点滅して待機状態になります。

とりあえず、電源は問題なさそうです。

起動確認してみる

今度はソフト使用してゲームを起動して動作確認してみます。Wiiを引っ張り出すのが面倒だったので今回はWiiUを使います。

画面の指示に従って進めていき、無事にバランスボードと本体もうまくペアリングできているようです。

荷重のセンサーも各方向で無事反応しているようです。

最近、お腹が出てきて気になっていたのですが、BMI値はかろうじて標準体型でした。てか、実際はほぼ太り気味体型といっても良いぐらいですな。

まぁ、実際大学生の頃からは10kg以上体重が増えてしまってますので実感はありましたが・・・・

その後、簡単な測定テストを行った所、実際の年齢よりも結構上の体力年齢が・・・。まぁ、こんなもんですかな。

チャンネル登録するとより便利に

ちなみにこのWii Fit、アプリをインストールしてチャンネル登録する事により、

Wii Fitのディスクをいちいちセットしなくても、チャンネルボタンからアプリを起動して簡易的な測定ができるようになります。ちょっとした測定をしたい時には便利かも知れません。

無事動作も確認できたので今更ながらですが、しばらく遊んでみてフィットネスを続けてみたいと思います。

ではまた。

ゲームボーイカラーに異変が…

以前、このブログでも紹介した実質0円で手に入れたゲームボーイカラー

シャア様専用のような印象的な赤色カラーで、結構お気に入りの機体でした。

ただ、先日ふと久しぶりにメンテナンスをしようと箱から取り出し画面を見てみると、

→この記事の続きを読む

オッサンコンピューターなるものを購入

気が付くと自分もだいぶ前からオッサンと呼ばれる年齢になっています。

自分的には考え方や行動パターンも大学の頃と大して変わった気がしないのですが、世間的には自分も十分オッサンなのでしょう。

OSSAN COMPUTER  ジャンク品で480円(税別)で購入

そんなオッサンである私Naokitが、ジャンク品で”OSSAN COMPUTER(オッサンコンピューター)”なる怪しいゲーム機を見つけたので購入してみました。

→この記事の続きを読む

前回の消化不良を解消

前回、リサイクルショップでジャンクのバーコードバトラー2を購入し、電源は入るようになったもののスキャナーのセンサー部の不良で肝心のスキャナが動作せず遊べないという不本意な結果に終わったので、今回はその消化不良的な内容のリベンジを込めたネタです。また、バーコードバトラーについては前回の記事を参照頂ければと思います

前回の記事の後半部分で少し触れたとおり、バーコードバトラー2の実機で遊べなかったので、同機の動作をPC上で再現するシミュレータを公開しているサイトで遊んでみる事にしました。

↑バーコードバトラー2シミュレーター(要Flash Player)

→この記事の続きを読む

当時はかなり画期的なおもちゃ?

いつものハードオフのジャンクコーナーでカメラが付いたゲームボーイソフトを発見。

知る人ぞ知る、ゲームボーイ用、”ポケットカメラ” ですね。

→この記事の続きを読む

知っている人は知っているゲーム機

ゲームショップを徘徊中とあるものを発見。クラウド型ゲーム機のG-cluster(ジークラスタ)です。値段は税別180円。もともとは9800円ほどするゲーム機です。

これまでも時々ハードオフ等でも見かけましたが、相場より安めだったので購入。

→この記事の続きを読む

 

ゲーム機史上最も売れたハード

数か月前にWiiの接続環境について記事を書きましたが、今回のテーマはPS2です。

以前のWiiのHDMI接続の記事はコチラ

PS2は言わずと知れたソニーの大ヒットゲーム機で、全世界販売台数はなんと1億5500万台との事。これは歴代のゲーム機ハードの売り上げの中では堂々の1位です。

PS2発売時はまだDVDプレーヤーがかなり高価だったため、DVDプレーヤーとしても使えて割安なPS2は飛ぶように売れた記憶がありますね。

→この記事の続きを読む

ファミリーベーシック VS ポケコン

今回もファミリーベーシックネタ。

以前、Nintendo DSiのBASICプログラミングアプリであるプチコンを取り上げた際、プチコンのBASICとポケコンのBASICで同等のプログラム走らせ完了までの時間を計りベンチマーク対決をしました。

その時の結果は当然のごとく32bit機であるプチコンの圧勝でしたが、今回はファミリーベーシックとポケコンという8bit機器同士の対決

この対決は前々から少し興味があったので、今回は結果が非常に興味深いです。

→この記事の続きを読む

プログラミング熱が再燃

最近は、先日買ったファミコン用のファミリーベーシックを暇な時にいじってポチポチとプログラミングに勤しんでいます。

数年前にマイブームになったDS用のプチコンにハマった自分を彷彿とさせます

そんな中、気になるのは作成したプログラムのデータを保存する環境です。

→この記事の続きを読む

1 2 3 7
Naokit
Count per Day
  • 610168総閲覧数:
  • 207今日の閲覧数:
  • 148今日の訪問者数:
  • 559昨日の閲覧数:
  • 390昨日の訪問者数:
  • 1現在オンライン中の人数:
  • 2011/05/20集計開始日:
カテゴリー
アーカイブ
amazon
楽天おすすめ商品