kill-time

About

Name: Naokit

QRコード


スマホ・携帯用表示対応!

Count per Day

  • 240604総閲覧数:
  • 214昨日の閲覧数:
  • 2011/05/20カウント開始日:
Amazonで検索
楽天市場で検索
楽天で探す
楽天市場

楽天ベストセラー

スーファミ

電源LED搭載スーパーファミパソコン(完成後写真)
先日のブログで、ジャンクのスーパーファミコン(以下スーファミ)に小型コンピュータ”Raspberry Pi3(以下ラズパイ)”を組み込んでスーパーファミパソコンを作成し楽しんでいたのですが、何か物足りない感じがしていました…..

不満点は3つ。
1.スーファミの電源LED部分が光らない。
2.スーファミの電源スイッチ部分がラズパイと連動していない。
3.リセットスイッチも連動していない。

いずれは全て解決したいのですが、今回は2,3番の問題はとりあえず保留にして、まずは一番簡単な1番の電源LEDの問題を改善していきたいと思います。
やはり、通電する電化製品である以上、電源を入れてLEDの一つも表示がないというのは、正常に通電しているのかどうか分からず、精神安定上よろしくありませんのでこれは外せません。

当初の案ではラズパイのGPIO端子から3.3Vもしくは5Vの電源が取れるのでそこからLEDを繋げようかと画策しておりました。


<上記図 参考URL> http://qiita.com/shishamo_dev/items/9735ce2fcdd26cf46577

配線図によるとGPIO端子01番(3.3V)と06番(Ground)を繋ぎ適当な抵抗を繋げばLEDを点灯させるのは簡単そうです。

しかし、100円ショップダイソーにて、何かいい部品でもないかなとフラ~ッと立ち寄った所、使えそうなモノを発見しました。

USBのLEDライトです。この商品からパーツを抜き出せば、今回の改造計画にバッチリ使えそうです。
しかも、USBから電源も取れるので、当初計画していたGPIO端子から電源を取るより楽です。

水は低きに流れる・・・・とは言いますが、自分のブログ記事は”お手軽に”がモットーですので楽な方を選びますw 何より100円(税別)で安いですしw
一度も使用せずに開封直後いきなりバラしていきますw


構造は非常に簡単です。LED2個とプッシュスイッチ、LED用の抵抗がシンプルに剥き出し状態で入っています。
コスト削減の為でしょうが、余分な線も短くカットせずにそのままの状態なので、何かの拍子でショートとかしないのかちょっと心配ですね。


はい。完全にバラしました。ここでちょっとしたトラブル。USB端子から蛇腹式のパイプをねじって外し取ろうとした時にケーブルが断線してしまったので、USB端子もカッターで切って内部を取り出しました。


余分なプッシュスイッチ・余分なLED 1個を取り除き、断線部分を半田付けして完成。実に簡単ですなw


USB端子部分のプラスチックもホットボンドと絶縁テープで修復。これで十分でしょう。

LED部分が電球色で、このままでは雰囲気が違います。
赤色LEDに取り換えても良かったのですが、面倒だな~と思っていた所、脳内でフランスの貴婦人っぽい人が ”色が違うのなら、赤く塗ればいいじゃない” と囁くので、家にある赤マジックで塗りましたw パッと見それっぽくなりましたw


スーファミの筐体の電源LED部分に先ほどのLEDをホットボンドで接着。
それにしてもこういう作業は本当にホットボンド有能ですな。


接着後、配線。コード長もちょうど良い長さでラズパイの空いているUSB端子に接続できました。
結果的にはUSBから電源を取った事により、当初のGPIO端子は他の用途で使えるようになったためUSB接続にしたのは正解だったと思います。


完成。喜び勇んで電源をONしてみると・・・・・・LEDがアホほど明るいです!w

これは目立つ!!!!・・・・・ってか、目が疲れるwww
もう少し抵抗を大きくして電流量を減らした方がいいのかも知れませんが、手元に部品もありません・・・


暗い所だと・・・・ん?、ちょっとカッコいいかも

・・・・・逆にもっと目立たたせたいかも?!

↓どうせならこれぐらいっ!


(写真はイメージですw)

とりあえず面白いのでしばらくこのままにしておきますw

Raspberry Pi 3 Model B 約5000円~ + スーパーファミコン(ジャンク品)
https://www.raspberrypi.org/

先日、近所のハードオフにてスーパーファミコン(以下スーファミ)のジャンク品を発見。

黄ばみもアリ状態はあまりよろしくありませんが、


値段はなんと108円だったので即購入。
動作は未チェックとの事ですが、任天堂ハードは頑丈なのでおそらく軽くメンテナンスすれば直るでしょう。
ただ、それでは芸が無いので、今回はこのスーファミの筐体(ガワ)を使って別のコンピュータを組み込んでみる事にしました。

組み込むコンピュータはガジェット好きの人なら知っているであろう”Raspberry Pi3(ラズベリーパイ3)”。

Raspberry Pi(Wikipedia)

タバコの箱位の大きさの超小型コンピューターです。Linux系の専用OS(RaspbianOS)も無料で配布されており、単純にそれを導入して小型Linux PCとして楽しんでも良いですし、GPIO端子もあり他の機器を制御したりも出来ますので価格の安さも相まって学習・研究用としても広く使われています。
RaspberryPie3(以下ラズパイ)の説明はこのぐらいにして、作業を続けます。


早速分解。スーファミを分解するためには専用のドライバーが必要なので注意。


御開帳。予想はしてましたが、ほこりまみれでかなり汚いですな。まぁ今回は基盤には用は無いので、軽く清掃しながらごっそりスーファミの基盤を取り除いていきます。


スーファミ基盤を全て取り除きました。これだけのスペースがあればラズパイの基盤組み込みも余裕でしょう。


ラズパイの基盤はスーファミの後部の電源・TV接続端子部分があった場所にぴったりハマります。
ここに取り付けようと思っていたのですが・・・・

このままではラズパイの電源のMicroUSB端子がスーファミのケースに干渉するようです。
ケースを削って加工しようかとも思いましたが・・・・

 


試行錯誤の結果、ラズパイの基盤をひっくり返して設置できれば端子の干渉問題もない事が分かりました。

仮固定時の内部の様子。USB端子は問題なし。ただ、有線LAN端子がスーファミのネジ土台に干渉します。しかし、ラズパイは無線LAN内蔵(ラズパイ3のみ)なので、そちらをメインで使う事にし有線LAN端子は封印する事で妥協します。

ラズパイ基盤の設置の位置は決定したので、後は固定。ケースから約2.5cmの土台が必要の様です。


何か土台になるものが無いかと道具箱を適当に漁ってみると、壁などにネジを確実に固定する時に使うアンカーを発見。高さもちょうど2.5cm。これはラッキー。今回はこれをそのまま使います。


アンカーの土台を取り付けるためにスーファミケースにネジ穴を空けます。

後は、適当にネジで上下から固定。うまく設置できました。


次は内部配線。セリアで買ったUSB延長ケーブルです。これを2本購入しました。

これをスーファミのコントローラー接続部分の枠にはめ込みます。他のはどうか分かりませんが、セリアで買ったこのUSBケーブルはちょっとキツめですがこの枠にピッタリ合います。


USB端子が抜けないように、ホットボンドで固定します。

隙間は適当な部材で埋めます。自分の場合は100均にあった”カラーボード”と呼ばれる固い発砲スチロールのような素材で埋めました。

最終的にこんな感じ。なかなかいいんじゃないでしょうか。

続いてラズパイを取り付けているケース後部の加工。適当にプラ版を切ってはめ込みました。
カッターやヤスリで端子部の穴を加工してたのですが難しいですね。ちょっと加工が汚いですが動作には問題なしなので、まぁこれでいいでしょうw

このUSBケーブルをラズパイと接続して、配線をまとめます。

上記のままでも良かったのですが、個人的にスーファミのカートリッジを抜き挿しするギミックは残しておきたかったのでカートリッジ差し込み端子部分を元に戻しました。回路的には意味は無いですが、これでダミーカートリッジを挿したり抜いたりできます。

こちらは108円で適当に買ったスーファミのカートリッジ(ダビスタ3だったかな?)。
それらしい雰囲気のオリジナルラベルを作成して貼り換えてみました。

ふたを閉めて先ほどのオリジナルのダミーカートリッジを挿せばこの通り完成です!
グッと俺マシン的なオリジナル感が増して愛着も沸くというものです。

後は前面のUSB端子にキーボードとマウスをつなげて・・・・

HDMI端子をディスプレイにつなげて、電源をONすればあらかじめラズパイ内のMicroSDカードにインストールしていた”Raspbian OS”が起動しました。ネットブラウジング等もちゃんと出来ますし、YouTubeも見られます。標準でOfficeの互換ソフトや開発用の言語等も入っていますのでこれだけでも十分使えます。

また、ゲーム機のROMの吸出し環境がある方は、所持している手持ちのソフトを取り込んで”RetroPie”等のディストリビューションを導入してマルチエミュレータ専用マシンにしても面白いと思います。
市販のレトロフリークのようなレトロゲーム環境が作れます。(*注 RetroPieにはレトロフリークのようなROMの吸出し機能はありません。)

ラズパイ3の能力であればPS1程度のゲームならば、かなりの速度で動くようです。

↓ラズパイにRetroPieを導入した方の動画
YouTube Preview Image
YouTube Preview Image


↑エミュレータ―を導入する際は、この様なレトロデザインのPC用USBコントローラーがあれば雰囲気も出て再現度もバッチリかも。

今回は時間の都合上、スーファミの電源スイッチや電源LEDはラズパイと連携していませんが、次回は電源LEDを連動して点灯させてみたいと思います。

では、今日はここまで。

  
 

カレンダー

2017年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031