kill-time

Blog Author: Naokit

QRコード


スマホ・携帯用表示対応!

Count per Day

  • 481419総閲覧数:
  • 126今日の閲覧数:
  • 82今日の訪問者数:
  • 468昨日の閲覧数:
  • 333昨日の訪問者数:
  • 2011/05/20カウント開始日:

amazonで検索

楽天市場

楽天で探す
楽天市場

楽天おすすめ商品

ゲーム

プログラミング熱が再燃

最近は、先日買ったファミコン用のファミリーベーシックを暇な時にいじってポチポチとプログラミングに勤しんでいます。

数年前にマイブームになったDS用のプチコンにハマった自分を彷彿とさせます

そんな中、気になるのは作成したプログラムのデータを保存する環境です。

ファミリーベーシックのデータ保存環境

ご存じの通り(ってか、今は知らない人の方が多いかも知れませんが)、ファミリーベーシックはレトロパソコンと同じくデータをカセットテープに保存します。デジタルデータ信号をアナログ音声信号に置き換えてデータを保存している訳です。

ファミリーベーシックで使用するカセットのデッキは任天堂純正の専用レコーダーもありますが、一般的な市販のテープレコーダーも使用可能です(但し、マイク端子とイヤホン端子を搭載しているもの。一部相性問題で上手く動作しないものもあり)。

ちなみに自分は先日親に頼まれて修理したソニーのテレコを一時的に借りて、データ保存に使用しています。

カセットテープへのデータ保存の弱点

カセットテープにデータを保存した場合、気になるのはそのデータの読み書きの煩雑さ。カセットテープは一本のテープに連続してデータを書き込んでいます。そのため、例えばテープの最初の方に保存してあるデータを読み込んで、その後テープ最後の方にあるデータを順に読み込みたい場合、その都度テープを早送り巻き戻ししなければいけません。(シーケンシャルアクセス)

それに対し、フロッピーディスクやハードディスクは、ディスク円状にデータを配置してデータを保存しているため、より少ない円運動で各所に保存されたデータを効率的に探し出し読み出すことが出来ます。(ランダムアクセス)

特に自分の様にテープをケチって一本のテープに複数のデータを保存しているとデータ位置をシークするだけでも大変です。(まぁ、その手間を楽しむのもある意味レトロハードの醍醐味でもありますが。)

それなら音声データをデジタル化すればいいじゃん!

ここまで、読んでピンと来たあなた。はい、そうです。そのデータをICレコーダで小分けにして保存し管理すれば利便性が良いと思いませんか?

この作業は、実はデジタル信号をアナログ音声信号に変更したものを更にデジタル音声データにして保存するという何とも内部的には無駄の多い変換をしているわけですが、そこがレトロと新技術の融合で面白い所でもあります。

ICレコーダを買ってもいいが・・・

では、早速ファミリーベーシックのデータ保存のためにICレコーダーを用意

・・・・・・・・しようと思ったのですが、わざわざ数個のデータ保存のために数千円のICレコーダを新しく買うのもバカらしい話ですしうまく保存できない可能性もありますので、

今回は、

amazonにてこの変換ケーブルを購入しました。400円位だったと思います。4極のマイク、イヤホン分離ケーブルです。

このような分離ケーブルは2規格あるので購入時は注意しましょう。OMTP規格・CTIA規格)今回はiPhoneを使用したのでCTIA規格のものを使用しています。

このケーブルを家で使用せずに余っているiPhone 5Sに挿しこみます。このケーブルを使用することによってイヤホン端子とマイク端子が分離され、ファミリーベーシックと物理的に接続が可能になります。

試行錯誤

まず、録音に使用するアプリは最初iOS標準搭載の”ボイスレコーダー”を使用しようとしましたが音声データを圧縮しているためか、うまくいきません。

そこで今回は無料の”ボイスレコーダ -voz”というアプリを使用しました。

このアプリは録音する時のビットレート録音形式(フォーマット)マイクの入力調整等を細かく調整できます。

試行錯誤後の最適な設定

結論から言うとあくまでも自分の環境下の結果ですが、

マイク調整・・・・手動、ブートボリューム1.0(最大)

ビットレート・・・・モノラル 24khz

ここが一番自分が驚いたの所なのですが、24khzがベストでした

先入観で単純に音質(ビットレート)が高い方が良いと先入観で思い込んでいたのですが、自分の環境の場合、高ビットレートの44.1khzや32khzではロード時にエラーが頻発しました。もしかしたら24khz付近の音質の方がカセットテープの音質の環境に近くファミリーベーシックがそれに最適化されているのかも知れませんね。

最初、高ビットレート設定でエラーが頻発し、ケーブルやスマホ等を変えても改善されず一日中悩んだ後、ダメ元でこの設定にしたらほぼうまくいったので、ここは本当に盲点でした。

ちなみに16khzはNGでした。

チャネルは”ステレオ”でも良いですが無駄にデータ量が2倍になるのでモノラル推奨

 

録音ファイル形式・・・・ wav形式

*m4aやaiff等の圧縮音楽形式は不可聴域の音声データの切り落としがある為、使用不可。

上記の設定で上手くデータの読み書きが出来ました。

デジタル化に成功して

デジタル化した為、テープのように物理的な劣化もしませんし、ファミリーベーシックへのデータロードの際にもテープの巻き戻し等の作業が不要なため非常に快適です。

(物理的な読み出し時間は変わりませんが。)

ちなみに、今回の方法でデータをデジタル化すると、内部的には本来わずか数百byteのBASICのデータが数Mbyteの音声データになります(約1万倍のサイズですw)

ファミリーベーシックの様なレトロ機器のデータを、現代の技術でデータの利便性を高めるために保存方法を変更すると、データ量は逆に増大するとはなんとも皮肉で滑稽な話ですね。

だが、それがいい!

2020年初のネタはゲームボーイ

2020年、無事に年も明けました。とりあえず、おめでたいという事で今日のネタは、

コレです。具体的に説明するとゲームボーイカラーのシェル(交換用の外装・ハウジングとも言う)ですね。

Aliexpressで8ドル位でした。実は結構前に注文していたのですが正月のネタ用にしばらく保管していました。

ちなみに写真では少しわかりにくいですが、正月という事でおめでたいゴールド色です

ちなみにこのブログでは以前もDSのシェルの換装や、スーファミを塗装してゴールドにしてきましたが、今回のターゲットはゲームボーイカラーです。

換装元のゲームボーイカラー

何年か前にハードオフで500円位に買ったジャンクのゲームボーイカラー(クリアパープル色)です。

前のオーナーの趣味なのか多量にシールが貼られています。

ちなみにこのシールは、特殊なもののようで非常に剥がしづらく、削り取るようにしなければ剥がせません。

ちなみに電池の裏ブタは欠品しています。

換装開始

では作業に取りかかります。

どんどん分解し基板を取り外していきます。

ゲームボーイの分解は過去何度も行っているのですが、相変わらず簡単でメンテナンスしやすいのでいいですね。

基板部を取り外す際は、ラッチを解除して液晶部のフラットケーブルを抜くのを忘れずに。

基板の下にある液晶部は両面テープで固定されているので、ガワを軽くねじるようにしてやれば外れます。

外した部品を新しいシェルへ移植する

先ほど元のゲームボーイから外した液晶とボタン部の部品等を、新しいシェルに移行していきます。

基板部はこの機会に接点復活剤でボタンの接点部を磨いておきました。接点をコーティングして守ってくれる効果もありますしね。レトロゲーム機は日頃のメンテナンスが大事です

その後、液晶部のフラットケーブルを基板部に繋ぎ逆の手順で組み上げていきます。

裏カバーを取り付けたら、

最後に表面の液晶保護カバーを取り付けましょう。

シールを剥がし、

液晶部に貼れば表面は完成!

控えめの上品なゴールドが美しい!・・・のですが、写真だとなんかホワイトっぽく見えますな

まぁ、確かにホワイトゴールドっぽい色なので仕方ないですが。

裏面の型番シールも忘れず貼りましょう。

裏面シールのオリジナルとの比較

ここでちょっと、裏面の型番シールの比較。

↑任天堂オリジナル型番シール

↑中華製シェル付属型番シール

おそらく任天堂の認可なんて得ていない中華のコピー品とは思いますが、結構オリジナルを再現しています。

ただ、任天堂オリジナルの方が文字が読みやすい感じがします。また、オリジナルは”Made in JAAPN”表記なのに対して、中華製シェル付属のものは”Made in China”です。ここは多少自粛しているのでしょうか

あと、この中華製シェルケースは若干の作りの甘さが気になります。ケースに若干の浮きがあります。まぁ、個体差もあるのかもしれませんが、オリジナルカバーはきっちりキレイにハマりますので、これはちょっと気持ちが悪いです。

何はともあれゴールドゲームボーイ完成

以上で、ゴールドゲームボーイカラー完成です。

上手くゴールド色が撮影できないので、ちょっと背景を変えて撮影してみました。これで少し色が伝わりますかね。

最後に、以前作成したゴールド色に塗装したゴージャススーファミと今回のゴールドゲームボーイカラーを2ショットで撮影してみました。少しでもおめでたい気分になって頂ければ幸いです。

では、2020年も本ブログよろしくお願いします。

  

今日はクリスマス

↑以前ホワイトニングしたファミコン

さて、今日はクリスマスという事で素敵な”ホワイトクリスマス”になる事を願ってホワイトニング企画です。だいぶ前にファミコンをスプレーで塗装しホワイトニングしましたがあの輝くような白さに憧れて今度は違う機器をホワイトニングしてみたいと思います。

→この記事の続きを読む

キワモノアイテムのDSテレビ発見

よく行くリサイクルショップでDSテレビを発見。DSをテレビに出来る中々のキワモノアイテムです。

値段も中古でも1500円程はするようなのでかなりお買い得品のようです。

家にワンセグ機器は多数あるので、別にワンセグが見たかったわけではありませんがコレクションアイテムとして少し興味があったので購入してみました。

→この記事の続きを読む

時代を席巻したゲーム機の1つ

出典元:任天堂Wii公式ページ

Wiiはもう説明も不要かもしれませんが、任天堂が2006年に発売し大ヒットした据え置きゲーム機の1つです。独特のコントローラーで体験型のゲームも多く、ゲームを”家族の誰もが楽しめる”というコンセプトの元開発されました。

全世界売上台数は、2013年の販売終了までの7年間でファミコンをも凌ぐなんと1億100万台以上と言われています。(ファミコンは約6200万台

この数は任天堂の据え置きハードの中では歴代トップです。

名作ソフトが多くまだまだ遊べる

言うまでもなく、Wiiは任天堂のマリオシリーズやゼルダシリーズ等の高品質な名作が多く、今でもかなり楽しめます。独特のコントローラーを用いる体験型ゲームも多くWiiスポーツや、Wii Fit等のフィットネス系のゲームも当時話題になりましたね。

また、今ではもう購入できなくなりましたが、ショップチャンネルのバーチャルコンソールで、過去のライバル機も含めて人気レトロゲームやインディーズのゲーム等を購入することもできる画期的なサービスも提供されていました。

→この記事の続きを読む

やはりRF出力だけだと将来が不安

今持っているファミコンは、以前このブログでホワイトニングした事のあるこの機体。

ちなみにRFスイッチも自作のもので代用してます。

たまに、ハードオフで特価のソフトを買ってきて懐かしみながら遊んでいる訳ですが、如何せんファミコンは標準ではテレビに繋ぐ際にRF出力(アナログ時代のテレビの特定のchの周波数に変換してテレビに映し出す方式)しか選択肢がありません。幸い我が家にはアナログチューナー内蔵のテレビがまだ数台あるので今のところは問題ないのですが、将来的に今のテレビが壊れるともうテレビに映し出すことが出来なくなります

まぁ、ハードオフ等でジャンクのVHSビデオデッキを手に入れて、それ経由でコンポジット出力(赤・白・黄等のケーブルで出力する方式)に変換する方法もありますが、そのためにわざわざビデオデッキを用意するのもやっぱり面倒くさいですよね。

って事で、ネット上では使い古されたネタではありますが、自分もコンポジット化に挑戦してみます。

→この記事の続きを読む

またゲームボーイカラー購入

よく行くリサイクルショップでゲームボーイカラーをまた見つけてしまいました。

どうも、ここ数年この手のレトロ携帯ゲーム機を見かけると自制心が効かなくなり、家に何台もあるにも関わらず次々に追加購入してしまいますw

買ったのはジャンクの訳あり品

で、今回買ったのは訳あり品のスケルトン色の音が出ないゲームボーイカラー

一応、念のため動作確認しましたが確かに音が出ません。

→この記事の続きを読む

恒例のゲオセールが開催

先日の7月13日~15日の期間、ゲオで恒例のゲオスーパーセールが開催されていました。
以前のセール時には6店舗を巡礼し、結構な大人買いをしてしまったのですが、今回は小ネタという事で、前回と比較するとかなり控えめ買い物でしたが、それでもこれは!と思う掘り出し物を買ってきました。

→この記事の続きを読む

ゲームボーイアドバンスSP ジャンクで1080円

今回は仕事帰りにふらっと寄ったハードオフでゲットしたジャンクのゲームボーイアドバンスSP(以下SP)を修理していきます。

→この記事の続きを読む

仕事帰りにふらっと立ち寄ったリサイクルショップ(ハードオフではない)のレトロゲームコーナーのジャンク箱に、ちょっと心惹かれるものを発見。

赤い彗星

そこにはシャア様専用のような、真っ赤な機体が2台ありました

レッド色のゲームボーイカラー(以下GBC)と初代DSです。ジャンク箱の中で一際、独特の存在感を放っておりました。

私Naokitの場合、何度も紹介していますが、すでにGBCもDSもかなりの台数所有しているのですが、この色は所有していなかったのと、この色に何か運命のようなものを感じたのでついつい購入を決定してしまいました。

あと少し気になるのはDSのプライスシールに貼ってあるこのコメント。

”*英語表記”と書いてあります。もしかして海外版?もしそうなら海外版は所有したことが無いのでこれも興味があります。

→この記事の続きを読む

カレンダー

2020年1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031