kill-time

ラズパイ

ラズパイ4を購入

 

今までも小型ボードコンピューターであるラズパイ(Raspberry Pi)を何度か紹介してきましたが、現行の最新モデル(RaspberryPi 4 model B 以下 ラズパイ4)は前作のモデルに比べてかなり高性能化していたようなので、ガジェット好きな自分としては気になったので遅ればせながら購入してみました。

(↓参考 過去のラズパイ関連記事ブログ)

スーパーファミ”パソ”コン作ってみた -Raspberry Pi3 Model B-

車のナビにラズパイを繋げてプレステを遊んでみた。

ラズパイをミュージックサーバー化してみた。 – Volumio –

→この記事の続きを読む -Read more-

(上の写真は完成後専用ケースに入れたものです)

入力DAC PCM5102A搭載32bit 384kHz (製品型番不明) 1280円で購入

ラズパイの新たな使い道

以前から小型ボードPCの Raspberry Pi3+ (以下、ラズパイ)を使って、スーファミ型PCを作ったり車のナビにプレステエミュレータを導入したりといった記事を書いてきましたが、他にも何か便利な使い方は無いかと思案していた折、サーバーとして使う方法も面白いのではないかと思い、今回はこのラズパイを使ってミュージックサーバーを作成してみました。

→この記事の続きを読む -Read more-

故障したナビが修理されて戻ってきた

先日、うちの愛車アクアの車載ナビが壊れたという記事を書きましたが、宅急便で修理センターに送って数日で無事修理されて戻ってきました。
ちなみに修理内容はフロントのボタンパネルの交換で、自分の場合今回の修理費用は無償でした。ケンウッドさん有り難うございます!

ただ普通に戻すだけでは面白くない

さて、戻ってきたナビを車に取り付けるのですが、そのまま戻すだけでは面白くないので、今まで使用していなかったナビのコンポジット入力端子(赤白黄の端子)を使って小型ボードコンピューターの”Raspberry Pi”(以下ラズパイ)を繋げることにしました
繋いで何をしようかと考えましたが、今回はエミュレータ―を使用してゲームを動かして遊んでみる事にしました。
ラズパイと言えば先日も記事に書きましたが、スーファミ筐体にラズパイを組み込んで簡易パソコン化したアレですw

↓ちなみにその時のラズパイネタ記事はこちら
スーパーファミ”パソ”コン作ってみた -Raspberry Pi3 Model B-

→この記事の続きを読む -Read more-

電源LED搭載スーパーファミパソコン(完成後写真)
先日のブログで、ジャンクのスーパーファミコン(以下スーファミ)に小型コンピュータ”Raspberry Pi3(以下ラズパイ)”を組み込んでスーパーファミ”パソ”コンを作成し楽しんでいたのですが、何か物足りない感じがしていました…..

前回のスーファミパソコンの不満点

不満点は3つ。
1.スーファミの電源LED部分が光らない。
2.スーファミの電源スイッチ部分がラズパイと連動していない。
3.リセットスイッチも連動していない。

いずれは全て解決したいのですが、今回は2,3番の問題はとりあえず保留にして、まずは一番簡単な1番の電源LEDの問題を改善していきたいと思います
やはり、通電する電化製品である以上、電源を入れてLEDの一つも表示がないというのは、正常に通電しているのかどうか分からず、精神安定上よろしくありませんのでこれは外せません。

当初の案ではラズパイのGPIO端子から3.3Vもしくは5Vの電源が取れるのでそこからLEDを繋げようかと画策しておりました。


<上記図 参考URL> http://qiita.com/shishamo_dev/items/9735ce2fcdd26cf46577

配線図によるとGPIO端子01番(3.3V)と06番(Ground)を繋ぎ適当な抵抗を繋げばLEDを点灯させるのは簡単そうです。

→この記事の続きを読む -Read more-

Naokit
Count per Day
  • 908307総閲覧数:
  • 94今日の閲覧数:
  • 47今日の訪問者数:
  • 1036昨日の閲覧数:
  • 522昨日の訪問者数:
  • 5現在オンライン中の人数:
  • 2011/05/20集計開始日:
カテゴリー
アーカイブ
Twitter
amazon
楽天おすすめ商品