スマートウォッチのバンド交換をしてみた

お気に入りのスマートウォッチ

写真は私Naokitが普段愛用しているスマートウォッチの一つです。

一見、アッ〇ルウォッチに似ていますが、中華製の別もので1年ほど前に3000円ほどで購入したものです。

値段の割には質感やデザインも良く、反応も早いので使用上特に不満はありません。

アッ〇ルウォッチももちろんいいのですが、機能が多い分電池の持ちがアレなので毎日使う時計としてはどうかと思い購入には至っていません。

まぁ、自分は最低限メッセージの通知機能さえあれば十分なので。

バンドがボロボロに

さて、そんなお気に入りのスマートウォッチですが1年ほど使っていて、最近気が付くとシリコンバンドにヒビが入っていました。放っておくと今にも千切れてしまいそうです。

 

なので手元にあったテープで補強。

せめて黒のテープを使えば目立たなかったかも知れませんが、買いに行く時間もなくとりあえずの処置です。

しかし、ちとカッコ悪いですな。

そんな状態でしばらく使っていましたが、さらに一週間位経った頃、朝起きると今度は尾錠部分が取れてしまいました。睡眠時間の計測などのために寝る時もスマートウォッチを身に着けていたのですが、睡眠中にバンドに無意識に過度に負荷をかけていたようです。

さすがに、もうこのバンドは寿命ですな。

替バンドを購入

って事で、替バンドを探しましょう。

幸いこのスマートウォッチは、根元部分が一般的なバネ棒で固定されているタイプですので交換は容易。

このバネ棒を内側にスライドさせれば簡単に外せます。

バンドを取り外したらこのラグ幅の長さを測っておきましょう。

このラグ幅さえ分かればAmazon等で探せば普通に購入可能。

自分の場合は3000円程で買ったこのスマートウォッチに何千円もかけるのはバカらしかったので1000円前後のお手軽なものを購入。工具や予備のバネ棒も付属していたのが嬉しい。

 

後は逆の手順で新しいものを取り付けてやればOK。

はい。交換完了です。オリジナルのバンドに比べ幅がややバンド幅が細いタイプの形状ですが、特に違和感はありません。完成ですね。また明日から安心して普通に使えそうです。

今回はオリジナルとデザインが良く似たものを選びましたが、気分を変えて色やデザインを思い切って変えても楽しいかも知れませんね。

では、また。

Author: Naokit

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください