kill-time

ワイヤレスイヤホンを頂いた

先日、友人の”くりゅえる”さんよりワイヤレスイヤホンを頂きました。

何やらより長時間使用が可能な新しいワイヤレスイヤホンを購入して、不要になったので譲って頂ける事になったとの事。

箱を開けてみる

箱を開けてみます。中華ブランドの商品らしく、メーカー名は”iKanzi”。型番はTWS-X9。

値段は同氏によると、通常6000円前後との事です。

メーカー名の正確な読み方は分かりませんが、”イーカンジ”と読むのであれば 日本語の ”いい感じ” という語感が連想され何やら縁起が良さそうです。

付属品は全て入っています。同氏によると、旅行などで数回使った位でほぼ新品同様の様です。

試してみる

イヤホンは専用のケースに入っており、マグネットで固定されています。

このケース自体は充電台も兼ねており、ケースに戻すと自動的に充電されます。説明書によると約18回分の充電が可能との事。

充電台の側面にはUSB端子が有り、専用ワイヤレスイヤホンの充電の他、モバイルバッテリーとしても使用可能小型ながら容量は2200mAhと十分な容量があります。

 

ワイヤレスイヤホンをケースから取り外すとペアリング可能。

スマホのBluetooth設定画面から、”X9”の機器が表示されるのでペアリングしましょう。

ペアリングが完了すると英語で音声ガイダンスが流れ使用できるようになります。

ちなみに片耳だけのモノラルモードでも使用できるようです。

全体的に”いい感じ!”

ペアリング完了後、お気に入りの音楽などを聞いてみましたが、気になる音質も悪くは無いですね。

個人的には好きな感じの音質で不満は全くありません。6000円前後の商品としては十分なコストパフォーマンスだと思います。IPX7相当の防水機能もあるので安心して使えます。

電池の持ちも待ち受けは約80時間、音楽連続再生で3~4時間は持つとの事。最近の機種と比較するとやや少なめですね。

通話にも対応しており、着信時に左側のイヤホンに軽くタッチすれば通話可能です。

持ち運び時は上記のような専用の袋が付いていますので気軽に持ち歩けます。

少しだけ残念な点

シンプルで非常に良い商品なのですが、ちょっとした不満点がいくつか。

1、ワイヤレスイヤホン側で音量調整が不可

音量調整はイヤホン側からは出来ません。

スマホに繋げた場合はスマホ側の音量ボタンで調整しなければなりません。スマホをバックに入れて持ち歩いている方はちょっと面倒かも。

曲再生時の一時停止、曲のスキップ等は操作できます。

2、イヤホンの細かい設定が出来る専用アプリ等は無し

上記の通りですが、設定用の専用のアプリ等はありません。他のライバル機の様にイコライザや各種設定、管理等が出来るアプリがあればより便利なのですが。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Naokit
Count per Day
  • 649478総閲覧数:
  • 173今日の閲覧数:
  • 97今日の訪問者数:
  • 806昨日の閲覧数:
  • 399昨日の訪問者数:
  • 1現在オンライン中の人数:
  • 2011/05/20集計開始日:
カテゴリー
アーカイブ
amazon
楽天おすすめ商品