kill-time

About

Name: Naokit

QRコード


スマホ・携帯用表示対応!

Count per Day

  • 367552総閲覧数:
  • 238今日の閲覧数:
  • 163今日の訪問者数:
  • 188昨日の閲覧数:
  • 155昨日の訪問者数:
  • 2011/05/20カウント開始日:

amazonで検索

楽天市場

楽天で探す
楽天市場

楽天ベストセラー

液晶

前回のブログでも曖昧な宣言をしていましたが、時間の空いたときに重い腰を上げて以前ハードオフで買って放置していたジャンク品のゲームウォッチの液晶画面の修理にチャレンジしてみました。

ゲームウォッチの不具合部分

これが、問題のゲームウォッチ。今から37年程前の1982年の6月3日の発売とかなりの年季の入った任天堂のゲーム機です。

問題の液晶部分。電池を入れてない状態のそれぞれ上下の液晶画面の写真ですが、上の液晶は上部に、下の液晶は中心部に目立つ黒ヤケがあります。特に上部の黒ヤケが酷いです。

ゲームは一応このままでも出来るのですが、やはり見にくいので今後の資料として大事に使っていけるようきちんと修理してやりたいと思います。

ゲームウォッチを分解していく

 

ネジは特殊なものではなく普通の精密マイナスドライバーでOKです。どんどんネジを外していきます。

 

上部の液晶部を押さえている金属製の板を緩めると、

下画面部と分離できます。

外れました。

ゲームウォッチの液晶部分は5層に分かれている

このゲームウォッチの液晶部は表面部から5つの階層に分かれています

上の表面部から順に

1、偏光板(1)(今回は交換せず)

2、背景フィルム(1)

3、液晶ガラス

4、背景フィルム(2)

5、反射板 + 偏光板(2)

となっています。今回交換のターゲットは

5番目

コイツです。この部分の変色が先ほどの液晶の黒ずみの原因となっています。

この部品はネットで情報を調べてみたところ、反射板と偏光板が接着されて一つになったものだそうです。

反射板+偏光板を自作する

これを自作していきます。

用意するものは、ジュラルミンフィニッシュシールと、前回のワンダースワン修理でも使用した偏光板の2つ。(商品リンクはブログの最後にも張り付けておきます。)

鉛筆でオリジナルの反射板をジュラルミンシールに転写して切り取ります。

偏光板を切り抜く時は角度に注意

次に、その形に合わせて偏光板を切り抜きます。

ここで注意ですが、切り抜く偏光板は必ず45度の角度を付けて切り抜きます。平行方向に切り抜くと、画面表示が真っ暗になってしまいます!(今回使用した偏光板以外のものを使用する場合はこの限りではありません)

最終的にこんな感じになりました。面倒なので偏光板の方は左右のケースに固定する出っ張り部は省略し、長方形状に切り抜きました。これで上部の部品は完成

下部の画面部品も同様に交換

同様に今度は下部の画面部品を取り出します。下部の画面も上部と同様に5つのフィルムの層の部分に分かれていますが、4番、5番部のフィルムは液晶ガラス部分の下の隙間に挟まれているので、細いマイナスドライバー等で横から押してスライドさせ取り出します。

取り出す途中でCPU(LSI?)と思われる部品がお目見え。記念に撮影しておきましたw

ちなみに下部の反射部分はこんな感じに変色していました。

あとはこれを”型”として先ほどと同じように、反射板と偏光板を自作していきます。

自作した部品を戻して組み直していきます。

交換後はキレイな表示に!

組み上げ後、ドキドキしながら電池を入れるといい感じに表示されています!

上画面・下画面とも黒ズミが無くなりこんなにくっきりとキレイに表示されるようになりました~

この機種は日本のゲーム史の歴史に置いても貴重な機種だと思いますので、これからも大事に保管して行こうと思います。

後は裏の電池ブタがあれば完璧なのですが・・・・。それはまた今後の課題にしておきます。

 

 

今回、ハードオフで見つけたのはバンダイの隠れた名機であるワンダースワン。ジャンク品でお値段は324円

以前、電源スイッチ部分不良の”ワンダースワンカラー”を買って直したことがありましたが、今回のワンダースワンは初代のモノクロバージョン。ゲームボーイの生みの親の故 横井軍平 氏が開発に関わっている事もあり、カタログ値では単3電池一本でなんと30時間駆動可能とゲーム機としては非常に燃費の良い機種であります。当時のハードとしてはかなりツボを押さえられられた機種で、スペック的には割としっかりした機種なのですが、その後のバンダイの迷走(短期間に頻繁にモデルチェンジが繰り返された)によりユーザー離れが進み、そのままフェードアウトしてしまった残念な過去を持っています。

液晶が黒ずんだワンダースワン

今回のジャンク理由はおそらくこれ。写真では分かりにくいですが液晶中心部が丸く黒ずんでいます。肉眼で見ると一目で違和感を感じるほどでまぁ普通の人なら購入をためらうでしょう

いわゆる液晶のビネガーシンドロームってヤツですね。液晶の表面にある偏光板が経年劣化により化学変化を起こし変色してしまう現象です。自分もあまり詳しくは無いのですが、以前、自称ハードオフジャンカーのsetsuhiwa 氏から知識として教えてもらったことがあるので名前は知っていました。

(後述しますが、ビネガー(酢)と言うだけあって、この現象が起こると非常に独特な異臭がします)

動作確認をしてみます。今回は横井軍平 氏に敬意を払って”GUNPEY”のゲームを使用。

ゲームは無事起動しました。ゲーム音やボタン部は特に問題なし。しかし、やはり液晶が非常に見づらい。コントラスト調整をしても黒ずんだ部分とそれ以外の部分の濃淡があいまいになりまともにゲームが出来ません。

とりあえず手持ちの偏光板を準備

これは是非直してやらねば!・・・って事で用意したのがネットで購入していた偏光板(10枚セット)。本当は以前紹介したドンキーコングのゲームウォッチの液晶を直すために購入していたのですが、面倒なのでしばらく放置していましたw

この偏光板ですが、知らない方に解説するとある方向の光を遮断する性質を持っておりまして、2枚重ねた時に同方向に重ねた場合は下の絵が透けて見えるのですが、

片方の偏光板の角度を90度回転させると真っ黒になって光を遮断するという性質を持っています。面白いですよね。この光のシャッターのような性質を利用して液晶からの映像を表示したり遮断したりしているんですね。

ワンダースワンを分解

話は戻って、ワンダースワンを早速分解していきます。

分解は比較的簡単なのですが、注意する点としては、基盤部と液晶を繋げているフラットケーブルを外す際にサイドのラッチをちゃんと解除して外すようにしましょう。絶対に無理やり引き抜かないように。

はい。液晶部分を基板から分離できました。

いよいよ液晶の偏光板を交換

前面のカバーを外し、

液晶がケースの裏面から両面テープで張り付けられているので、前面部から縁の方をゆっくり爪の先で押しながら外していきます。

外せました。

後は表面に貼ってある古い偏光フィルムを剥がしていきます。この時に結構な酢酸臭が発生しますので注意

液晶に付着している接着剤を除去

偏光板を液晶から剥がしました。銀色の部分が液晶本体ですね。液晶部に酢酸臭のする接着剤がこびり付いているのでがんばって綺麗に剥がしていきましょう。

本当は無水エタノール等でふき取るのが良いのでしょうが、自分の場合はこれを使いました。消毒用アルコールです。

これぐらい汚かったのを、

ここまで綺麗にしました。テレビを見ながら作業してたのですがベトベトを完全に取るのに小一時間位はかかりました。ここが今回の作業で一番面倒な作業です。

新しい偏光板へ交換

液晶に偏光板を重ねると偏光板の向きによって色が変わります。取り付ける向きを間違えないようにしましょう。

本体を仮組して、液晶の部分に偏光板を重ねてテストしてみます。銀色の液晶部分と偏光板が重なった場所だけちゃんと画像が表示されてますね。


↑動画にするとこんな感じです。

ちゃんと表示されることを確認後、新しい偏光板を向きを間違えないようにカッターで適当なサイズにカットします。

後は逆の手順で組み上げて・・・・

液晶がかなり見やすくなった

完成です。見違えるほど液晶がくっきりと表示されています大成功です!

余った偏光板の切れ端は捨てずに取っておきましょう。デジタル腕時計や小型のゲーム機等の液晶修理に使えます。

次回は、この勢いでゲームウォッチも直してみようかなー。(やるとはいってないw)

  

カレンダー

2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930