kill-time

Blog Author: Naokit

QRコード


スマホ・携帯用表示対応!

Count per Day

  • 438383総閲覧数:
  • 192今日の閲覧数:
  • 127今日の訪問者数:
  • 407昨日の閲覧数:
  • 305昨日の訪問者数:
  • 2011/05/20カウント開始日:

amazonで検索

楽天市場

楽天で探す
楽天市場

楽天おすすめ商品

修理

親から預かった故障したテレコ

最近は個人的にはカセットテープを使う機会はめっきりというか、全く無くなってしまいましたが、アナログな自分の親世代ではまだまだ現役だったりします。

それで、今回預かったのは、上の写真のテレコ(テープレコーダ)。ソニーの”TCM-400”という機種です。

故障の症状は再生時に音量調整が効かず常に爆音になるとの事。

イヤホンで聞いても音量調整が効かず、爆音状態なので故障はボリューム部にあると推測できます。

なぜかこの機種の値段が高騰中

最初は、”今時テレコなんて、激安なんだから捨てて買いかえればいいじゃん”、とも思っていたのですが、ネットでふと価格を見てビックリ。この機種の値段が異様に高騰しています。(このブログ執筆時の9月下旬時点)

中古でも平均6千円~2万5円位で、新品ともなると中には7万円近くを付けている店もありました。(このブログ執筆時の9月下旬頃の相場)

ちなみに、いつ親がこの機種を買ったのかは忘れましたが(多分10年以上前)、当時は4~5千円位で普通に買えてた気がします。

どうやら、今時は大手国内メーカーではテレコ製造は撤退しているため、逆にプレミア化しているようです。

しかも、この機種特有の機能である”テープの再生速度調整機能”や音質を落として長時間録音する”倍速の録音機能”も何気に珍しいようです。

なんか捨てるのはもったいないので直そう

上記の理由で、捨てて買い替えるのは非常に惜しいので直してみることにしました。

簡単に直ればラッキーですしね。

まずは分解

後ろのネジを4か所外せば裏蓋が外せます。

電池は必ず抜いておきましょう。

前面部のスピーカやマイクとつながるフラットケーブルを抜きましょう。ラッチを外すのを忘れずに。

ひっくり返して、今度はカセット挿入部にある3つの小さなネジを外します。

これでケース部から基盤と、カセット駆動部が外れます。かなり外しにくいですが。

基盤と、カセット駆動部は2つのネジで止まっています(基板上に矢印の刻印があり)のでお好みで外します。

自分の場合はボリューム部の修理だったので作業しやすいように、一応外しました。ベルト交換等の時は必ず外さないと内部にアクセスできません。

問題のあると思われるボリューム部。見た目は特に問題なしですね。

しかし代用できる同サイズのボリュームが手配できるかなぁ。

困った時の接点復活剤

ここで、ちょっとダメ元で”困った時の接点復活剤”を試してみました。ボリューム部の接点部分の隙間に液剤を吹き込んで、ボリュームをグリグリと動かし馴染ませてみます。

まぁ、もともと大音量で音は出ており接点不良とはまた違うので、効果は無いだろうなぁと思っていたのですが、仮組テストしてみると、なんとこれだけであっさり直りました。

結果的に直ったので、あれこれ推測で話すのもなんですが、おそらく内部のボリューム部で汚れなどにより抵抗を通らずにショートしていたものが、接点復活剤によって汚れが取れ、正しく抵抗を通る様になりボリュームが効くようになったのだと推測しています。

しかし恐るべし接点復活剤。何度この溶剤に助けられた事か・・・

組み上げていくが・・・

接点復活剤で、あっさり直ったので組み直しを黙々と行っていきます。

組み上げ終わって、早速テスト用のテープを入れて改めて再生ボタンを押しましたが・・・・なぜか音が出ません

その上電源ランプも付かず、良く見るとテープもまわりません。

原因は単純だった

また、原因究明のためバラしてみます。

そこで、原因が判明。組み上げ時に基盤と操作部を繋ぐコードが組み上げ時の何らかの負荷によって赤い線が1本断線していました。写真を撮り忘れたのですが、この線は非常に線が短く作業がやり辛かったのですが、どうにか切れている線同士をハンダで接着。

再び分解したついでにテープのヘッド部分もアルコールを付け綿棒で丁寧に磨いておきます。アルコールはゴムを腐食させるのでゴム部分には使わないようにしましょう。

その後、慎重にケースを組み上げ直しました。

再組み直しにてやっと修理完了

再組み直し後は動作良好。音量もちゃんと好みの大きさに調整できます。

これで今回は修理完了。親に無事直った事を伝えテレコを返しましたが、今後カセットテープ再生環境がどんどん減っていくことを考えると、自分も何かカセットテープ再生機を一つぐらい持っておいた方が良い気がしてきました

それまで、全く興味が無かった分野ですが、一度直したりしていろいろ弄っていると愛着が沸くのか不思議と興味が沸いてくるものですね~。

 

友人にPCの修理を頼まれた

先日、職場の友人より連絡が有り、PC使用中にふとうたた寝をしていると、PCから突然破裂音がして、その音に目覚めて画面を見てみると画面が真っ暗になっており、PCの電源も入らなくなったので見て欲しいとの事。

症状からPCの電源ユニットかマザーボードのコンデンサでも破裂したのだろうと思い、後日とりあえずPCをお預かり。

これが預かったPC。ゲートウェイの”FX6860-A76F/G”というゲーミングPCです。

CPUは第2世代のi7-2600、グラフィックボードはGTX570、メモリは16GB、SSD換装済みとハイエンドなゲーム等をしない限りは今でも十分通用するスペックです。

前面カバーをスライドさせるとHDDのスロットイン増設も出来るため、何気に便利。

では、診断開始!

診断のために症状確認をしていきましょう。

まずは、とりあえず電源を繋いでスイッチON!

・・・・・・・確かに電源が入りません。

とりあえず中を開けて内部のぞいてみます。

マザーボードやグラフィックボード等、目視で確認できる範囲ではコンデンサ等に異常はなさそうです。

次は一番怪しい電源ユニットを詳しく見ていきます。

検証のために本体から取り外しました。一般的なATX規格の電源ユニットです。

こういう海外製メーカーのセパレート型PCは、自作PCと変わらない構成なので部品の調達及び交換が容易なのが良い所。これが、最近多いメーカー製の一体型パソコン等では特殊な部品を使っているものもあり、部品交換修理の融通が利かないので自分はまず買いません。

このPCで使用されていた電源ユニットはFSP社製の型番がFSP750-80APGという750Wのもの。

ゲーミングPCだけあってなかなかの容量です。

電源ユニットのテスト

ここで持っておくと便利なアイテムがこのアイネックスのATX電源検証ボード。コイツを電源ユニットのコネクタに挿せばマザーボードに接続不要でATX電源の電源投入テストが簡単に出来ます。

(まぁ、知っている人なら電源ユニットの24ピンコネクタの特定のピン(15,16ピン)をショートさせて電源投入テストをする事も出来ますが。)

検証ボードを繋いでテスト中。プッシュスイッチを押しても検証ボードのランプが付きませんし、電源ユニットのファンも一瞬たりとも回転しません。完全に電源ユニットの故障です

電源を交換

途中の過程の写真を撮り忘れましたが、原因が分かったので電源ユニットを家に余っているものと入れ替えてみました。

手持ちの余っている電源ユニットは500Wのものしかなかったので、もともと付いていた750Wのものと比べると心許ないですがしょうがありません。

とりあえず電源は入るようになった!

電源ユニットを交換しテスト用のモニタに繋いで電源を入れると無事電源が入りました!

BIOS画面も表示され異常なしです。

その後友人に連絡し、電源ユニット交換で電源が入るようになった事を報告。応急的処置として初期のものより容量の少ない電源ユニットを仮で装着している事を報告。

聞けば友人は、現在はほとんどゲームをする事がなく、YouTube鑑賞や軽いオフィスソフトを使っている位で、今後HDD機器の増設なども考えていないとの事。

それであれば500Wの容量でも、どうにかいけそうなのでこの500W電源を装着したまま返却する事にしました。

しかし、良く考えるとPCの自作等になじみの無い方にとっては、今回のように電源が入らない場合、電源ユニットの故障等は疑わず、すぐに諦めてPCを廃棄し買い替えてしまう人も少なくは無いんでしょうね。PC業界的には買い替えてもらった方が良いのでしょうが、実にもったいない話です

みなさんも、とりあえず動かなくなったパソコンがあったら捨てずに是非ハードオフへ売りに行きましょう

誰かが直して使ってくれるかも知れません。

ここからは自分の趣味の世界

PCはとりあえず動くようになったのですが、友人から報告のあった気になる破裂音の原因究明をしていきます。もし、破裂音が電源ユニット以外からだとすると気になるので、原因を見つけるまでは安心できません。

電源ユニット内部を見渡しても、コンデンサに異常は一つも見当たりません。破裂音という証言からコンデンサだと思っていたのですが・・・・

かなり分解しづらかったのですが、下部のカバーを剥がし、ここで原因発覚。

基板上にかぶせてある絶縁するプラスチックフィルムが黒く焦げている部分がありました

フィルムを剥がすと基板上に”R26”と書かれた電子部品が焦げていました。

Rという表記からチップ型の”抵抗器”の部品でしょうか。焦げて仕様が分からなかったので交換修理は諦めました。

まぁ、とりあえず破裂音の原因が交換した電源ユニットからだという事もほぼ確信し、比較的楽な修理で済んだため一安心です。

今回はこれで良しとしましょう。

先日の休日、いつもの様にハードオフ巡りをしていた所、ソニーの携帯ゲーム機”PS VITA”をジャンクコーナーで発見したので確保。

外観はキレイだが・・・

外観は写真を見てもらえば分かりますが、かなりの美品。目立つ傷等は無し。

液晶のドット欠け等はなく、タッチパネルも問題ありません。型番は後期モデルタイプのPCH-2000。(ファームウェアは現時点で最新の”Ver 3.68″にアップデートされていました。)

初期型とは違い画面は有機ELではなく普通の液晶ですが、初期型に比べ薄型設計のため軽量なのと電源部がMicroUSBに変更されており使い勝手が良くなっています。

→この記事の続きを読む

hardoff
ハードオフ
http://www.hardoff.co.jp/

私、Naokitは休日にフラッと大型リサイクル専門店のハードオフに立ち寄り、ジャンク品のお宝漁りをするのが昔から結構好きです。

今までも数々のお宝をジャンク品の中なら見つけ出し、修理したり、パーツ取り等してきた訳ですが、先日もあるお宝を発掘しました。

GB Color

任天堂の往年の名携帯ゲーム機”ゲームボーイカラー”です。
値段はなんと324円!(値札は剥がしてしまったので写真には写っていません。)
もちろん即買いです。

IMG_0784
ついでに幾つかのソフトも同時に購入。すべて108円。

家に到着して早速動作テスト。電源も問題なく入り、ゲームも起動。液晶のドット欠け等もなく”コレは当たりだな!!”とウキウキしてたのも束の間。
ゲーム中になんとなく違和感が・・・・

・・・・・”これBボタンの反応おかしくね?

そうなんです。どうもBボタンの反応が鈍い。かなり強めに押さないと反応しない
購入時のプライスには特にコメントは無かったのですが、これがジャンク品扱いだった理由なのかなぁとちょっと落胆。

しかしまぁ、ソフトも何本か買った手前、これらを無駄にしないためには直すしかない!と気を取り直して早速分解。
ちなみにゲームボーイカラーは一部にY字頭のネジが使用されているので、分解するには+ドライバーの他にも特殊Y字ドライバーが必要です

(自分の場合、ずいぶん以前の記事でDSのシェルを交換するためにそのドライバーを所有していたのでそれを使用しました。)

IMG_0718

IMG_0719

特殊Y字ドライバーを使用してサクッとご開帳w とても簡単。

IMG_0702A

さて、基盤を取り外して確認してみると原因はすぐに判明。Bボタン部の基盤上のパターンメッキが剥がれています。(写真クリックで拡大します。)基盤に汚れもあるので、おそらく前オーナーが液体でもこぼして腐食して剥がれでもしたのでしょう。

IMG_0721

原因が分かればこの手の処置は簡単。とりあえず基盤の汚れを取り、その後、剥がれたメッキパターンを鉛筆でしっかり塗りつぶしていきましょうw
鉛筆の芯に含まれる炭素が導体となりメッキパターンの代わりになります。
昔AMD系のCPUをクロックアップする時に鉛筆で隣り合うピンを塗りつぶしショートさせて使用するという技がありましたが、それの応用です。
ちなみにこの手の作業に最適な鉛筆の濃さはHBだそうですw(適当な炭素含有率と、粘りがあるそうです。)

IMG_0726

念のためにBボタン裏側のゴムパッド部分の基盤接触部分も鉛筆で塗りつぶしておきます。
その後組み上げ直します。

さて、結果は・・・・・・・・





大成功でした!!

通常の押し加減操作で、ほぼ100%反応するようになりました。
数時間ゲームをプレイしてみましたが、今現在も問題なしです。
これで、一緒に買ったゲームも報われますww 童心に返って名作ゲームを楽しもうっと。

しかし、ゲームボーイカラーって重さも形もデザインも今見てもかわいくて最高ですね。
ついつい持ち歩きたくなる~。

(注:今回の方法は、あくまで一時的な処置です。長期間の使用には耐久性の問題もあり適さないと思います。真似して行う方はその点を考慮し自己責任で行ってください。)

・・・・・と書きましたが1年以上経過した今でも問題なく動作しています。(2017年現在)

カレンダー

2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930