kill-time

Blog Author: Naokit

QRコード


スマホ・携帯用表示対応!

Count per Day

  • 402054総閲覧数:
  • 445今日の閲覧数:
  • 288今日の訪問者数:
  • 445昨日の閲覧数:
  • 266昨日の訪問者数:
  • 2011/05/20カウント開始日:

amazonで検索

楽天市場

楽天で探す
楽天市場

楽天おすすめ商品

格安ジャンクナビを発見!

先日リサイクルショップで見つけたポータブルナビ。

少し前の激安ナビに良くある中華系のWindowsCEベースのシンプルなナビのようです。

もちろん既に車にナビは付いていますし、過去にもそのナビを修理に出したりラズパイ等を組み込んだりしていろいろブログネタしているので、スルーするつもりでしたが驚くべきはその値段

980円(税込)です。一部欠品との事ですが、説明文から推測するとおそらくスタンドが欠品しているだけのようです。

正直ポータブルナビは、内部に組み込むインダッシュ型に比べるとGPSの精度が弱いイメージが有り、また今時はスマホ等の地図アプリの方が地図更新も不要でよっぽど優秀なのであまり興味はありませんでした。

でも、980円なら話は別です。いろいろと遊んでみるにはちょうど良い価格です。

amazonでの評価は微妙・・・

とりあえず、買う前に下調べ。ネット上の評価を見てみましょう。

・・・・自分が確認した時点では星1.5の評価でした。これはちょっと地雷の予感・・・

でも、まぁこういうものは逆に考えるとネタにもなりますし、評価なんてものは自分で試してみないと分からないところもありますので今回は見なかったことにして購入しましょうw

まぁ、何かあっても980円ですし、ワンセグ機能も搭載しているので最悪、テレビとしても使えますしね。

開封してまずは動作確認

中に入っていたものはこれだけ。店での説明書き通りです。

ちなみに充電の端子は汎用性のあるミニUSB端子でした。特殊端子でないので使い勝手が良くこれは有難い。MicroSDカードのスロットもあり無駄に動画や音楽・写真データを再生したりできるようです

電源を入れて見ると当たり前ですが普通に起動しました。ワンセグテレビも感度は悪いものの視聴可能。タッチパネルの操作感、レスポンス等は思ったより悪くない印象でした。

液晶もWVGA(800*480)なのでサイズの割には比較的キレイで文字なども読みやすいです。

ちなみにナビモードでGPS信号は我が家の環境では屋内では全く受信できませんでした

屋外では数十秒~1分半ぐらいで測位しました。ポータブルタイプだとこんなものなのでしょうか。ちょっと遅い気が……

いろいろいじってると、前のユーザーのものと思われる自宅登録ポイント情報が消されずに残っていました。ナビなどをリサイクルショップ等へ売るときは、店任せにせずこういう情報は自己責任として消すのを忘れないようにしておかないと怖いですね。

ナビ機能をいろいろいじってみる

ナビ機能をいじっていきましょう。試しに目的地を名称検索してみます。

今回はみんな大好き”ハードオフ”で検索。

・・・・・なんと検索結果が全国で上記の2店舗しか出て来ません

全国で900店舗近くある我らが偉大なハードオフ様が、たった2件しか登録されていないとは・・・・

もちろん自分の住んでいる香川県の検索結果は0件。箱には50万件以上の施設が登録されていると記入されていますが、残念ながらこのナビではハードオフは無かったことにされています

ここで地図のバージョンを確認してみると1.0.3でした。地図を更新すれば新しいデーターベースでハードオフも検索結果が増えるかもしれません。

無理やり手動で地図データを更新してみる

箱には地図更新3年間無料と書いてあるので、最新版の地図に更新しようと思いましたが付属の説明書には地図更新の方法等は一切書いていませんでした。(新品で購入した場合は何か別の説明書が付いているのかも知れませんが)

とりあえず、型番から検索し更新地図データが配布されているサポートページを発見したのでそこから最新地図データ(バージョン 1.0.6)をダウンロード。

更新データをMicroSDカードに入れ、地図データ更新を試みましたが、

なぜかエラー表示でアップデートできませんでした。型番も更新データも正しい物を入れているはずですが・・・・

まぁ、普通の人ならここであきらめるかも知れませんが、ちょっと腑に落ちないので更新データを詳しく調べてみます。

とりあえずMicro SDカード上にある更新データの中身と、ナビをUSBでマスストレージモードで接続した時に表示される地図データのフォルダを比較してみます。

↑ナビ本体上の”SH-ONAVI4S”フォルダ上のファイル

↑ダウンロードした地図更新ファイルの”update”フォルダ上のファイル

両者を比較すると全く同じフォルダ構成。各フォルダの中身もほぼ同じです。

・・・って事は更新プログラムは、この更新プログラムのupdateフォルダの中身を単純にナビ上の古い地図フォルダ上に上書きしてるだけじゃね?と推測されたので一応ナビ上のオリジナルの地図データをバックアップ後、パソコン上から上書きしてみると・・・・

無事地図データが更新されました!問題なく地図も使用できていますしエラー等も今の所ありません。近所の施設データなども更新されています。

注:この方法は私Naokitが独自解釈のもと自己責任で行っている作業であり、メーカーが推奨している方法ではありません。ナビに重大なエラーが起こる可能性もありますので真似する方はあくまで自己責任でお願いします。

ちなみに地図更新後もハードオフの検索結果データは特に増えることはありませんでした・・・残念。

でもまぁ、一応、地図も最新データになったので精神衛生上、少しは楽になりました。地図が新しくなったおかげでちょっとは使える感じになりました。

では、とりあえず、今回はここまで。

次回はこの中華ナビのWindows CE化にチャレンジしてみようかと思います。ネット上でもいろいろされている方も多いようなので。

まぁ、CE化してもおそらく役には立たないでしょうが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

カレンダー

2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031