kill-time

About

Name: Naokit

QRコード


スマホ・携帯用表示対応!

Count per Day

  • 244604総閲覧数:
  • 96昨日の閲覧数:
  • 2011/05/20カウント開始日:
Amazonで検索
楽天市場で検索
楽天で探す
楽天市場

楽天ベストセラー

月別アーカイブ: 11月 2013

1fude
一筆書きゲーム ICOSIEN
http://freegamechannel.web.fc2.com/puzzle/icosien.html

皆さんも子供の頃、色々な図形を一筆書きが出来るかどうか挑戦して描いてみませんでしたか?
図形を描き始めてから紙から一度もペンを離さず、かつ同じ場所を二度なぞらず(線を交差するのは可)に図形を描くというアレです。

星形の五芒星のマークの一筆書きなんかは超有名ですよね。

上記のサイトではこの一筆書きをヒモをピンに引っ掛けていくような感覚でチャレンジできます。
適当にやって出来る場合もあれば、あと数本の線を引くところで詰んでしまい悔しい思いをすることもあり、なかなか楽しいです。

さて皆さん、この一筆書きには法則があるのは知っていましたか?
自分は小学生の頃、塾に通うのが嫌で自分のペースで勉強したいとの理由から、福武書店(現ベネッセコーポレーション)の進研ゼミを受講していました。
そのテキストのコラムか付録か何かで、任意の図形が一筆書きが出来るかどうかの法則がある事を知り非常に興味深かったのを覚えています。

これは、18世紀にとある人が”街にある7つの橋を2度渡らずに元の場所に戻ってこれるか?”という、ケーニヒスベルクの橋の問題に対して有名な数学・物理学者のオイラーという人が法則を導き出したものだそうです。

↓その法則はこちらで。(ネタバレあり。ゲームを純粋に楽しみたい人は注意。)
Yahoo!知恵袋より
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1090450460

あと、最近はiPhoneのアプリもありますね。これもなかなか面白く私Naokitもハマってます。
一筆書き 無料
https://itunes.apple.com/jp/app/yi-bi-shuki/id494856551

mono

ものの数え方 第三版
http://www.benricho.org/kazu/

普段コンビニやスーパー等でお弁当等を買っているとき店員さんに、
お箸は何本必要ですか?
等と聞かれることが良くあります。

もちろんこれでも通じるので問題ないのですが、自分の中では箸は”1膳(いちぜん)”と数えるものだと幼少の時から言われていたので多少の違和感があります。
なんだか”1本”と答えると片方の箸だけを指すような感じがして、それだと2本というのが正しいのかもと思ってみたりして、一瞬答えに詰まったことがあります。(もちろん、箸を片方しか渡さないなんてことはあり得ませんけどねw)

まぁ、その時は普通に店員さんに「あ、・・・・すいません一膳お願します。」って答えましたが。

このように日本は世界でもおそらく特殊な文化で、モノによって数え方が違うので双方が理解していないと混乱したり、違和感を感じてしまう時ってありますよね。
(その点、英語では全て”one、two、 three、・・・・・”で済むので楽ですよね。)
タンスを一棹(さお)・・・、ウサギを一羽・・・で数えるのは有名ですが、中には日本人でもほとんど知られていない特殊なものの数え方も多数あります。

そのためクイズ番組などでは特殊な数え方をするものが取り上げられているのもよく見かけます。

上記のサイトではそんな悩みを解決してくれる便利なサイトです。
なんと6000種類近くのモノの数え方が網羅されています。中には意外な数え方をするモノもあり新たな発見があるかもしれません。

個人的には、神様の数え方が ”一柱(はしら)”(他の数え方もあり)だというのは初めて知りました!

↓興味のある方は以下のリンクもどうぞ
http://matome.naver.jp/odai/2133408310444389401

カレンダー

2013年11月
« 10月   12月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930