kill-time

面白そうなモノを発見


リサイクルショップのワゴンセールを何気なく見ていた所、ちょっと面白そうなものを発見。

初めはコップか何かかな?と思っていたのですが、

裏の説明書きを読むと、どうやら貯金箱を兼ねたコインセレクターのようです。

お金を投入すると各種の硬貨ごとに振り分けてくれるとの事。こういうアナログチックなギミックおもちゃは大好きです。

値段は破格の80円!

値段を見ると何と80円。100均よりもお安い。話のネタに迷わず買ってみました。

開封してみる

中に入っているものは本体のみ。説明書などは一切入っていませんでした。新品なら入っているのかも知れませんがリサイクル品なので詳細は不明。まぁ、説明はほとんど外箱に書いてあったし、問題なし。

ちなみに、このさっきから気になっているこのキャラクターは

子供が職業体験できるテーマパークのキッザニア(Kidzania)のキャラクターのようです。

多分そこのお土産か何かなのでしょう。

仕組みを見てみる

上から見た所。硬貨の投入口があります。

投入された効果は螺旋(らせん)状の坂を滑り落ちていきながら、硬貨の大きさによって途中にいくつか空いてある穴に落ちて下の仕切り事に振り分けられるという仕組みです。

つまり、形の大きな硬貨ほど最後まで残っていくという事ですね。

試してみる

最近は支払いにクレジットカードか電子マネーを使用することが多くなり、硬貨はあまり財布に入っていなかったので硬貨の量は少な目ですが、これだけ用意してみました。

硬貨を連続でどんどん投入していきます。

↑動画でもどうぞ。

時々誤った振り分けもされますが、思っていたより精度も良くなかなか面白いです。滑り落ちる角度や穴の大きさを丁寧に調整してあるのでしょう。うーん、素晴らしい。

連続で硬貨を投入し、どんどん振り分けられて落ちる音がなんか小気味よく、ついつい何度も繰り返し遊んでしまいました

ちなみに振り分けられた硬貨は、このように種類ごとに積み上げられてキレイに収納されていきます。

欲を言えば目盛が付いて枚数もすぐ分かる感じに改良されるともっと便利なのですが・・・

下部を回転させて扉を開くと積み重なったままキレイに硬貨が取り出せます。このアイデアは良いですね。

このおもちゃを触っているうちに、小学生の頃に夏休みの宿題でアイデア貯金箱を作成していたのをふと思い出しいろいろな記憶が蘇ってきました。こういう昔ながらのアナログだけど面白いモノでたまに遊ぶのも、ノスタルジックな気分になっていいかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Naokit
Count per Day
  • 555878総閲覧数:
  • 357今日の閲覧数:
  • 262今日の訪問者数:
  • 424昨日の閲覧数:
  • 310昨日の訪問者数:
  • 2現在オンライン中の人数:
  • 2011/05/20集計開始日:
カテゴリー
アーカイブ
amazon
楽天おすすめ商品