kill-time

About

Name: Naokit

QRコード


スマホ・携帯用表示対応!

Count per Day

  • 244604総閲覧数:
  • 96昨日の閲覧数:
  • 2011/05/20カウント開始日:
Amazonで検索
楽天市場で検索
楽天で探す
楽天市場

楽天ベストセラー

月別アーカイブ: 6月 2013

48347b33

(上記画像は今回の紹介サイトから転用させて頂いています)

ドラクエ復活の呪文新聞
http://rinkaku.game-waza.net/

この世のすべての出来事はファミコンのドラクエ1の復活の呪文で表すことができます。 その衝撃の事実を皆さまにお伝えしていきます。”(サイト説明書きより 原文ママ)

このサイトでは国民的ゲーム、ドラゴンクエスト1の”復活の呪文”をネタとして取り扱っています。
(うちのサイトでも以前に何回か”復活の呪文”ネタを取り上げたことはありますが・・・・。)
なんと、このサイトによると世の中のすべての事象は復活の呪文で予言されていたというのです!w
実に興味深いですねw

もちろんこの復活の呪文はゲーム中で実際に使用が可能。
この復活の呪文を使用してゲームを再開したキャラは意外なステータスやアイテム、能力を持ったキャラである場合もあり様々な事を暗示しておいた場合もあるようです。

信じるか、信じないかはあなた次(以下自粛w)

復活の呪文って何?って方はこちらをどうぞ。

tokkadata

Amazon特価サーチ(スマホも対応確認済)
http://www.tokkadata.com/

みんな大好き大手Web通販サイトAmazon。もう説明は不要ですよね。
私Naokitも結構な頻度で利用しています。
商品価格も十分納得できるものが多いですし、注文してからの対応も早い。加えて基本的に送料無料とくれば多くの人がついつい利用してしまうのもうなずけます。

(ただ、必要以上に段ボール箱が大きかったりして処分に困ることも多々ありますがw)

さて、本日紹介しているサイトはそんなAmazonの現時点での特価品を簡単にサーチできる便利なサイトです。
具体的にはジャンルを指定して”今、○パーセント引き(以上)の特価商品には何があるんだろう?”みたいな探し方ができるので意外な掘り出し物が発掘できます。

実はAmazonには裏ワザでURLの一部に細工する(&pct-off=指定割引率)ことで割引率の高い商品を探せるオプションパラメータがあるのですが、今回のサイトはそれを応用しPHPを利用してWeb上から簡単に検索できるようにしたものです。

↓実際に試してみました

amazon01
今回は夏に備えて飲料水でも探してみましょう。
ジャンルは”食品&飲料”にして任意の割引率を指定します。
ここでは70と90のスイッチをONにして”70~90%”引きで指定。99%引きってのもありますねw
その下のキーワードには”コーヒー”と入れてみました。
(注:実際の私Naokitはコーヒーは苦手で全く飲めませんw)
後は検索をポチッと。

amazon02

はい。結果が出ました。30本入り3600円が1000円台からと、かなりのお値打ち商品がズラッと表示されています。
コーヒー好きの人ならかなりお得ですよね。みなさんも特価品を探してみてはいかがですか?

注:Amazonにはマーケットプレイス等、Amazon以外の店舗の出店商品もあります。その場合、別途配送料・手数料等がかかるものもあります。
購入時にはそれらの条件も踏まえてお得な商品を検索してみてください。

↓アマゾンの箱が大量に家にある方はこちらの過去記事もどうぞw
http://naokit.info/?p=1718

wideex

さて、前回の続きです
例の黄ばんだスピーカをワイドハイターEXパワー(以下ハイターと表記)に漬け込み、約4日間放置しておきました。
この期間が適切かどうかは別にして、実はちょっとベランダに放置したままあやうく忘れかけてただけですw

さて、ベランダからスピーカを漬け込んだ洗い桶を回収してきました。

speaker (23)
あ、・・・・かなり白くなってる!!!
一目で違いが分かりました。数日前の黄ばんだスピーカの印象とはだいぶ違った感じです。

speaker (24)
蒸発防止用のラップを剥がし、表面にハイターを染み込ませて付着させていたティッシュも取り除いたのがこの写真。

し、白い~!!♪♪
これは十分成功と言えるでしょう。
あの黄ばみがここまで落ちるとは驚きです。

この後、ハイターを落とすため十分水洗いし、乾かした後、外していた基盤類を取り付け組み上げました。

↓以下は比較画像です

speaker (2)

↑漂白前のスピーカ

speaker (25)

↑漂白後のスピーカ

違いは一目瞭然ですね。とても綺麗になりました。
これは、もうなんというか痛快ですね。他にもいろいろ漂白したくなってきますw
皆さんも黄ばんだプラスチック製品があればチャレンジしてみてはいかがですか?

P.S.
speaker (29)
後で気付いたのですが、よく見たらスピーカのメッシュ部の金属部のサビが進行してましたw 短期間の漬け置きには問題ないでしょうが酸素系漂白剤は金属の腐食を進行させるようなので、可能なら金属部分は漬け込む前に取り外して置いた方がいいと思います。次からは気を付けますw

wideex

ワイドハイターEXパワー
http://www.kao.com/jp/widehaiter/whi_wideex_00.html
今回もちょっとしたお掃除ネタですw
先日、親しい友人から使わなくなったとの事でスピーカーを頂きました。
三菱電機のDIATONE(ダイアトーン)ブランドの DS-51Pです。
1997年発売モノという随分前のミドルレンジのスピーカですが、音質もかなり良好で当時そこそこ有名なスピーカーだったようです。

speaker (1)
さて、これが頂いたスピーカです。片方のスピーカーが経年劣化によりかなり黄ばんでしまっています。

speaker (2)
サイドから撮影。やはり黄ばみがかなり目立ちます。

speaker (3)
問題のスピーカ。最初は色でも塗ってごまかそうかとも思いました。

ただ、ネットで調べてみると色々なページで”プラスチックの黄ばみにはワイドハイターExパワーが効く!”みたいな事が書いてあったので今回はそれに挑戦してみます。

speaker (4)
まずは分解。内部の基盤&スピーカを取り外しプラスチック部分だけにしたいと思います。

・・・・が、ここでトラブル発生!!今持ってるドライバーでは長さが数センチ足りずドライバーの長さが足りませんwネジを外せずその日はそこで断念www

speaker (5)
翌日。100円均一で30cmのドライバーを購入。これだけの長さがあれば大丈夫でしょう。

speaker (10)
では分解再開。

speaker (11)
左側のスピーカ。

speaker (12)
右側のスピーカ。ネジを外してどんどん分解していきます

speaker (14)
はい。見事にプラスチック部だけ取り出せました。

speaker (7)
こちらはあらかじめ買っておいたワイドハイターEXパワー(以下ハイターと表記)。液状のものと泡タイプのものがあったので2種購入。

speaker (16)
台所用の食器の洗い桶にプラスチック部分を入れ込みます。大きさは今回奇跡的にピッタリでした。

speaker (19)
底の方には液状のハイターを浸しておき、上部の黄ばみには垂れにくい泡状のハイターを吹きかけます。

speaker (21)
ここで、ひと工夫。
泡状のハイターでも、どうしても泡が下に垂れ落ちるので、ティッシュを上にかけそれにしみこませるように吹きかけます。そうすればハイターが垂れ落ちずにしっかりと黄ばみ部に長時間密着してくれます。

speaker (22)
後は上からラップをかけハイターが蒸発しないようにします。
このままの状態で、ベランダの日当たりの良いところで数日間紫外線に当てれば黄ばみが取れるはず・・・・

さて、今回はここまでです。
このまま数日間放置して、次回のブログ更新時に結果をお知らせいたします
ご期待くださいw

続きの記事はコチラで

カレンダー

2013年6月
« 5月   7月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930