kill-time

About

Name: Naokit

QRコード


スマホ・携帯用表示対応!

Count per Day

  • 360390総閲覧数:
  • 178昨日の閲覧数:
  • 2011/05/20カウント開始日:

amazonで検索

楽天市場

楽天で探す
楽天市場

楽天ベストセラー

リモートプレイ

******************************************************************************************************

3/7追記:(このブログをアップしたわずか2日後の3月7日に発表されたPS4の6.50へのアップデートで、ソニーが公式でiOSでのリモートプレイへの対応を発表しました。App Store で”PS4 Remote Play”というリモートプレイ専用の無料アプリが公開されています(iOS12.1以降対応)。現時点では画面内のコントローラのみ対応で、R-Playの様に外部のコントローラは対応不可との事ですが今後のバージョンアップが楽しみですね。)

******************************************************************************************************

R-Play (iOS用アプリ) 1400円

前回、パソコンでPS4をリモートプレイした記事を書きましたが、パソコンよりも手軽なiPhoneやiPadでリモートプレイを試してみたくなり結局iPad用のアプリも購入してしまいました

購入したアプリは前回の記事でも紹介したR-Play

値段は1400円。以前は課金制(1年事に更新料金が必要)になっていたのですが、現時点では買い取り方式(一度の支払いでずっと使える)になったためお得になりました。一応、補足ですがこのアプリはソニー公式の物ではありませんので使用は自己責任でお願いします。

アプリを起動します。

詳細は省略しますが、あらかじめPS4側はPS4のリモートプレイの設定をしておき8桁の登録番号を表示しておきます。

自分のPSNオンラインのID及びPS4側に表示されている8桁の番号を入力します。

PS4の登録作業が終わってPlayボタンを押すと、

PS4の画面が表示されます。

操作は画面上のタッチコントローラで操作が可能

ただ、はっきりいってこの画面上のコントローラは派手なアクション系ゲームではかなり厳しいですね。自分の場合はこのコントローラーでは思うように動かせませんでした。ただ、RPGやノベル系のゲームなら問題ないと思います。

コントローラー配置を工夫すればマシにはなるかもしれませんが、この件に関しては後述する外部コントローラを使った方がいいと思います。

あと気になる遅延も測定してみました。このアプリの場合は計測機能があるのでそれを紹介。(ちなみに以下のスクリーンショットはiPhone SEで撮ったものです)

 

↑画質設定:720p / 60fpsの場合

↑画質設定:720p / 30fpsの場合

↑画質設定:360p / 60fpsの場合

↑画質設定:360p / 30fpsの場合

 

結果:自分の家での環境の場合、いずれの設定でも平均レイテンシ―は1msでした。

ほぼ遅延は無いと言っても良いですね。回線の速度に余裕がある場合は60fps設定(毎秒60コマ表示)にすれば遅延は少なくなくなるようです。

また、驚いたのは解像度が720pの高画質の設定でも360pの標準画質設定時とほとんど最大遅延が変わらなかった事。解像度が上がればデータ転送量も増えるのでだいぶ遅くなるのかと思いましたが、ほぼ誤差の範囲の違いしかありませんでした。データーの画像圧縮の技術のおかげなのでしょうか。優秀ですね。もちろん、これも回線速度に余裕が十分ある場合の話でそうでない場合は解像度を落とし、フレームレートも30fpsにした方がいいのでしょうが。

さて、前述のコントローラ問題ですが、外出先では使えませんが家庭内であれば(PS4本体の電波の届く範囲であれば)純正のコントローラも使用可能です。(これも設定の詳細は省略しますが、あらかじめPSNの予備アカウントを作る必要があります)

(もしくはappleの認証を受けたMFiコントローラを使う事も可能。その場合は外出先でも使用可能になります。)

これで、ベットで寝ころびながらでも、別の階でもiPad(iPhone)とコントローラを持ち運べばどこでもPS4が楽しめます。う~ん快適すぎる。

では、良いPS4ライフを~。

 

以前、ゲオのセールでPS4本体を買ってみてPS4ソフトも何本か買って見たのはいいのですが、相変わらず思うようにゲームが消化できていません。歳のせいなのか、暇がないのか積みゲーが増えるばかりです。

その原因の一つが、PS4等の据え置き型のゲーム機というのは、通常テレビ等の大型のモニタに繋いでゲームをする事が多く、スマホゲームや携帯型のゲーム機と違い特定の場所で腰を据えてゲームを行う必要があるため、その行為自体がどうしても億劫になってしまうからだと思います。

そこでふと思い出したのがPS4のリモートプレイ機能。知っている人は知っていると思いますが、意外に利用している人は少ないように思います。

知らない人に説明すると”リモートプレイ機能”とはPS4のゲーム画面をネットワーク経由でリアルタイムにPCやスマホの画面にストリーミング転送してゲームが遊べるというものです。

まぁ、分かりやすく言うとPS4の遠隔操作ですね。PCではサポート等では昔からよく利用されている技術です。

では、早速試してみます。

まず、リモートプレイが出来る端末ですが、対応OS等の詳細はソニーのPS4の公式サイトで確認して頂くとして、

公式では

・Windows PC 又は Mac PC 無料

・Xperia(スマートフォン)シリーズの一部機種 無料

・PS Vita 無料

が対応機種となっています。

↓ また、非公式ですがiPhoneやiPad等の iOS機器でも対応しているアプリが出ています。

R-Play 有料(執筆時点で1400円)

ちなみにWindows PC 又は Mac PC用のリモートソフトは上記のサイトでダウンロードできます。

自分の場合はWindowsのノートパソコンで試してみした。

↓ちなみに今回使用したPCはこれ。

ASUSのTaichi21-3337 です。11.6インチの5年位前のマシンで一部で ”変態仕様PC”と呼ばれていたPCですw

一見、普通のPCに見えるのに、なぜ変態仕様かといいますと、

(↑写真は公式サイトの写真)

このPCはなんと2画面仕様なんです!画面の裏にも画面があるんですね。

さらに裏側の画面の方はタッチパネル対応になっています。画面を畳んで使用すればWindowsタブレットとして使用可能。

しかし、裏側の画面表示をOFFにするのを忘れて通常のノートPCモードで使用していると、自分の操作している画面が対面している相手に丸わかりという、なんとも自己主張の激しいマシンになってしまいますw スタバ等で使用する時は注意しなければいけませんね(笑)

少し話がそれましたが、専用ソフトをインストールしたので起動してみます。(今回は省略していますが、リモート操作するためには、あらかじめPS4側の設定も必要です。詳細は”こちら”を参考にしてください。)

ソフトを起動すると、コントローラのペアリングの設定画面が。ここでは簡単にマイクロUSBのケーブルで接続しました。

お好みで、左下の設定ボタンでストリーミングの映像の画質やフレームレートを変更できます。当然、高解像度・高フレームになるほど通信速度が求められるので自分の環境に合わせて設定しましょう。

後は最初の画面の”はじめる”ボタンをクリックすると、別の部屋のPS4の電源が入る音がしてしばらく待つと・・・・

 

程なくしてPS4の画面が表示されます!実に簡単。

(スクリーンショットを撮り忘れましたが、初回起動時は途中でPSNアカウント設定の画面が出ます。)

 

もちろん。全画面表示にも対応。

ちなみにこんな感じで繋いでいます。

ゲームも普通に滑らかに動きます。1/60フレーム遅延がどうのこうの言うような人が多い格闘ゲーム等では厳しいでしょうが、個人的にはこれだけ動けば合格点だと思います。

PS4のリモート操作を比較している動画を撮ってみました。直接接続している40インチのモニターのゲーム画面と、右下の遠隔操作をしている今回のノートPCの画面を比較しても遅延はほとんど感じられませんね。音声が微妙にずれているので遅延がある事はかろうじて分かる程度です。

(ちなみに今回の環境はPS4本体は有線LAN接続、ノートPCは無線LAN接続11ac(リンク速度150Mbps)/ ソフトの設定 画質: 標準(540p)・フレームレート: 高)

それにしてもノートパソコン一つを持ち運べば好きな部屋やベットで寝転びながら気軽にPS4が遊べるのはやはり便利ですね。積みゲーの消化も捗(はかど)りそうです。

また、実家等に帰省する時も高速なWiFi回線とコントローラさえあれば、PS4本体を持って帰らなくても実家にあるPCでゲームの続きを楽しむなんて事も出来るでしょうから、いやはや便利な時代になりましたねぇ。

自分が大学生の頃は、実家に帰省する際にはプレステとセガサターンを遊びたいがために、わざわざデカいバッグに2台を詰め込んで新幹線と特急電車を乗り継いで数時間かけて持って帰っていたもんですが・・・・時代は変わりましたねぇ(笑)

思ったより快適なので、よりコンパクトなスマホでもリモートプレイを試してみたくなってきました。

iOS版のアプリの”R-Play”買っちゃおうかなぁ……。

 

カレンダー

2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031