kill-time

About

Name: Naokit

QRコード


スマホ・携帯用表示対応!

Count per Day

  • 317574総閲覧数:
  • 158昨日の閲覧数:
  • 2011/05/20カウント開始日:

amazon Prime

amazonで検索

楽天市場

楽天で探す
楽天市場

楽天ベストセラー

ゲーム

先日、出社時間を勘違いしていてかなり早め(数時間前)に職場についてしまったのですが、時間を持て余したので出社前に職場近くのハードオフに行ってみました。

出社前という事もあり、何の期待もせずにふらっと寄って時間を潰していたのですが、そろそろ帰ろうかなとした時にかなりなレアものに遭遇しました。

なんだか分かるでしょうか? 30代後半から40代の人ならピーンと来るかもしれません。

そうです、ゲーム&ウォッチです。ファミコン登場以前の今から40年近く前の1980年代前半の頃、巷でゲームもできる時計という名目で任天堂が世に送り出した大ヒット携帯ゲーム機です。

実は以前にもこのブログ記事でゲーム&ウォッチは記事にした事があります。

↓その時の記事

懐かしのゲームウォッチをシミュレート – Pica Pic –

私、Naokitも当時は”マンホール”というゲーム&ウォッチを所持していましたが紛失してしまっていました。

今回手に入れたのは2画面構成のゲームウォッチの中でも知名度が非常に高く、人気も抜群のドンキーコングです。

電池蓋欠品・液晶黒ずみアリとのコメント付きですが、それを差し引いても1080円はかなり安いと思います。ちなみに程度の悪い動作品でも8000円前後、比較的程度の良い物なら2万円越えのものも珍しくありません。

とりあえず慌てて購入しました。動作チェックをしたいところですが、電池も手元に無く、この後に仕事が控えているため動作チェックは仕事後、家に帰ってから行う事にしました。


さて、家に帰って開封して動作チェックです。ボタン電池(LR44)は帰りに購入しました。

上部外装。表面に細かい傷が無数にあります。お世辞にもキレイとは言えませんが、40年近く前の商品ですからこれぐらいは十分想定内です。

裏部。撮影がちょっと暗くなりましたが、まぁまぁの汚れ・キズありです。コメント通り電池蓋は欠品です。

本体を開いてみました。内部のボタン類は思ったよりキレイです。

ちなみに今ではおなじみになっている十字キーはこのゲーム機が初採用だったようです。まさに任天堂の大発明でしょう。(当時はジョイスティックが主流の時代です)

DSのご先祖と言われるこのデザインも素晴らしいですね。

下部の液晶。反射型液晶なので撮影が難しく、ちょっと見にくいですが、そんなに問題はありません。

上部の液晶。こちらも写真が見づらいですが、画面上部に液晶の黒ずみがあります。プライスのコメントが指していたいたのはこれの事でしょう。あと液晶と表面のフィルムの間に多少の気泡が入っている感じがします。

 

裏にボタン電池をビニールテープで仮止めして電源を入れてみました。

一応、キャラパターン液晶は全部表示されているので無事生きているようです。

ボタンをチェックするためにしばらくゲームを遊んでみましたが動作自体は問題ないです。しかし、上画面の液晶の黒ずみが多少気にはなります。

調べてみると、どうやらこの液晶の黒ずみはゲーム&ウォッチの持病のようです。

液晶パネルの下にある、銀色の反射板が経年劣化により変色し、黒ずんだようなシミが出来てしまうようです。

と、なれば修理したいところですが、すでに交換用の部品は手に入らないらしく、金属シートや偏光シートを使って自作品で代用するしかないようです。しかも代用品の反射板ではオリジナルより画面が暗くなってしまうようです。

今の所、多少上部は見にくいものの、ゲームに支障はほとんどなく普通に遊べますので、今回はこの修理は保留にしたいと思います。

貴重な個体なので、いずれ何かの機会で純正部品が手に入ったら直してみようと思います。

また、電池蓋の方は機会を見て自作してみたいと思います。ネット上では洗濯ばさみで代用する方法や、オリジナルの電池蓋から型を取り硬化プラスチックで複製したり、本格的に3Dプリンタで作成する等いろいろな方法が紹介されていました。

”ゲームウォッチあるある”ですが、やはり皆 蓋を紛失してしまう方が多いんですねぇ(笑)。

と、いった所で今回はここまで。

 

追記

ちなみに今回数回プレイしてみたのですが、最高点は

285点でした。昔は300点以上軽くいけた気がしますが。

また、時々遊んでみたいと思います。

あそぶ!ゲーム展 STAGE.2 ゲームセンターVSファミコン 入場無料

https://www.e-topia-kagawa.jp/event/gameetp02_index.asp

(香川県高松市 ”情報通信交流館e-とぴあ・かがわ” にて8月15日まで開催中)

昨年に引き続いて、今年も高松でゲーム展のイベントが開催されているので友人と行ってきました。

昨年はゲーム機の黎明期の頃のファミコン登場以前がテーマでしたが、今年はいよいよ自分にもなじみ深いファミコン登場以後のゲーム機とゲームセンターのゲームがテーマです。

会場は昨年と同じ “e-とぴあ・かがわ” の4階・5階。

ちなみに会場は静止画撮影はOKですが動画撮影はNGとの事です。

今年も気になったものを幾つかあげてコメントしていきたいと思います。

入ってすぐにナムコのゼビウスのテーブル筐体が。

ゲームに初めて壮大な世界観や詳細なキャラクター設定、そして美しいグラフィックなどを採用したゲーム史を語るうえでは外せない大ヒットした名作シューティングゲームです。

当時はパソコンをはじめ様々な家庭用の機種に移植されましたが、ファミコンへの移植はクオリティが高く度肝を抜かされたものです。

ゼビウス開発時の設定資料。貴重ですね。手書きのイメージイラストも素晴らしい。

ふと周りをみるとこれまたナムコの名作”ドルアーガの塔”をプレイしている親子が。

親子でゲームを興じるというなんとも和む光景ですが、おそらくそのゲームの謎解きはゲーム中完全なノーヒントなので現代の子供たちにはハードルが高すぎてクリアは相当困難かと思いますw

(普通にプレイしていてはクリアできないので、当時の子供たちはこのゲームをクリアするために、口コミや交流ノートに各個人の発見した情報等を書き込み みんなで攻略していました。ちなみに当時攻略本等はロクにない時代です。)

ガラスケースには名機(迷機?)ATARI 2600 VCS(1977年)が。そして右下にはこれまた迷作のゲーム”E.T.”。

この頃のゲーム業界は、後半あまりにも粗悪なゲームが乱発され売り上げが急激に落ち、以後ファミコンが登場するまで冬の時代を迎えます。ゲーム”E.T.”に至ってはゲーム内容もヒドイのにハードの普及数の数倍以上の数が生産され、当然売れ残った業者は処分に困り大量に地中に埋めたてたという噂話もありました。(←近年この噂は事実だったことが発覚して話題になりました。)

ゲーム史で有名な”アタリショック”という言葉はこのゲーム機から生まれました。

次は、いわずと知れた任天堂の名機”ファミコン”こと”ファミリーコンピュータ”です。

この名機とクオリティの高いゲームの供給のおかげで家庭用ゲーム業界がまた息を吹き返しました。そして爆発的なブームとなっていきます。家庭用ゲーム史はこのハード抜きでは決して語る事は出来ないでしょう。

ちなみにこの展示ファミコンは何気なくコントローラーのA・Bボタンが四角の貴重な初代タイプのものでした。

こちらは海外版ファミコンであるNES(Nintendo Entertainment System)。アメリカンサイズでデカいです。

 

次のガラスケース内にはアーケードゲームの基板が。

アーケード基盤に詳しい友人によると右の”グラディウス“のバブルシステムの基板は故障率が高いため完動品のものならば軽く数十万することもあるほどの貴重品だとか。すげぇ。

友人はグラディウスと同様に大人気のシューティングゲームの”沙羅曼蛇(サラマンダ)”を楽しんでいました。

彼は家にもこのゲームの基板を所有しているので、上手いです。

この後、自分もしばらく友人と2人で協力プレイを楽しみました。

こちらでは初のベルトスクロールアクションの”熱血硬派くにおくん”に興じる男児が。後に出る名作、”ダブルドラゴン”のベースとなったと言われるゲームですね。

くにおくんは当時の友人がファミコン版を所有しており、技の種類も豊富で爽快感がありみんなでワイワイと楽しく遊んでました。

なめんなよ このやろう”、 ”おめぇら なめてんじゃねぇぞ” 等のツッパリ用語も話題になったものです。

 

 

次はセガを代表する体感型アーケードゲーム達。

上から”アフターバーナ”、”スーパーハングオン”、”スペースハリアー”(SD筐体)です。

ゲーム機筐体に乗って操作したり、筐体自体が画面に合わせて動くという、家庭用ゲームでは味わえない体感が出来ました。

当時の人気PCも展示されてました。

シャープのホビーパソコン”X68000″です。マンハッタンシェイプと呼ばれるデザインがカッコいい。当時としては珍しくゲームに特化した性能でアーケードゲームの良質な移植作品も数多く提供され、ゲーム好き中高生の憧れでした。

まぁ、当時 自分はFM-TOWNS派でしたがw

しかし、デモしているゲームがよりによって”信長の野望”とは・・・・渋すぎますw。

MSX版のグラディウス2(に)も展示されてありました。

グラディウス好きの友人によると、グラディウスⅡ(アーケード版 他)とグラディウス2(MSX版)があり、それぞれステージ構成や世界観が異なるため前者はⅡ(つー)と発音し、後者のMSX版は2(に)と発音して使い分けるのが正しいそうです。(というか、グラディウスファン内で混同をさけるためそういう慣例があるみたいです。)

ゲーム楽しむ上では欠かせないゲームの音源についても資料がありました。

あまり詳しくはないのですが、初期ゲームは矩形波(くけいは)、ノイズ音、三角波といった電子音で表現されており、これらの音を組み合わせることによって、今でも思い出に残るいわゆるあの”ピコピコ音”の名曲が数多く生まれてきたのですね。

初のゲームミュージック音が収録されたYMOの細野晴臣氏のアルバム(上)。これは有名ですかね。ネットで見たことがあります。

ちなみに会場ではクイズラリーも行っています。入口の方で配られていました。展示されている資料を見ながら解答していきましょう。ちなみにクイズラリーの問題は日によって変更され何パターンかあるそうです。

無事クイズラリーは全問正解で帰りにステッカーを頂きました。表面がホログラム加工されておりキラキラ光ってます。

ステッカーも2種類あるそうです。

昨年も買いましたが、今年も帰りに入り口で販売されているパンフレットを買いました。確か1800円位でした。貴重な資料なので大事に保存しておきたいと思います。

といった感じで、ゲーム好きの人にもなかなか見応えのあるイベントでした。親子連れもたくさんいましたので家族で行ってもいいですね。子供さんは喜ぶと思います。15日までの開催のようなので興味のある方はお早めにどうぞ。

今後ステージ3も企画される事があれば是非見に行きたいと思います~。

 

あそぶ!ゲーム展 STAGE.1 デジタルゲームの夜明け 入場無料
https://www.e-topia-kagawa.jp/event/gameetp01_index.asp
(香川県高松市 ”情報通信交流館e-とぴあ・かがわ” にて8月16日まで開催中)

先日の休日に友人と高松のゲーム展のイベント会場に行ってきました。
幼少の頃からファミコン、ゲームボーイ、スーファミ、PCエンジン、メガドライブ、セガサターン、プレステ・・・・・・と自分の成長とともに常にゲーム機の進化を身をもって感じてきた世代の人間としては今回のイベントは非常に魅力的。

今回のイベントはゲーム機の黎明期の頃から1980年代初頭の頃までの歴史に残るゲーム機筐体や資料が多数展示されているとの事。
しかも、一部は貴重な実機展示もあり、実際に遊べるとの事。これはすごいですね。

→この記事の続きを読む

またまた、プチコンmk2のBasicでプログラミングをしてゲーム作成してみました。

今回のタイトルは”ジャンプ姐さん(ねえさん)”w
相変わらずダサダサなネーミングセンスですが、その方がレトロなゲームは味があっていいかもしれないので決定しました。

◎ジャンプ姐さん

<center><iframe width=”420″ height=”235″ src=”https://www.youtube.com/embed/NQ45rUKvbys” frameborder=”0″ gesture=”media” allow=”encrypted-media” allowfullscreen></iframe></center>

↓QRコード (プチコンmk2のQRコードリーダーで読み込んでください)

ゲーム概要
・主人公はジャンプが得意な魔法使いのお姐さん。ひたすら右から出現する敵を倒しまくってください。
・Aボタンでジャンプ。2段ジャンプが可能です。
・Bボタンで杖による攻撃が出来ます。
・敵に触れるとHPがどんどん減っていき、0になるとゲームオーバーです。
・アイテムは今のところ無し。今後改良して、回復アイテムとか作るかも。
敵は2種類。
アオさん(青い敵)・・・ひたすら横に飛んで行きます。時々、球を打ちます(球は破壊できません)。倒すと10点。
ミドリング(緑の丸い敵)・・・・カーブを描きながら移動してきます。倒すと15点です。

単純ですが、意外に難しく自己ベストは300点位でした(笑)。

暇つぶしにでも遊んでいただければ幸いです。

また、少し前からこのページの上部のタブに”公開プチコン ゲーム作品”というタブを作成しています。
今までに公開したプチコン作品がまとめて一覧出来ますのでよろしければそちらもどうぞ。

ブログ内で今までに公開したDSiのBASICプログラミングアプリ、”プチコンmk2”の作品をこちらでまとめてQRコードを公開する事にしました。
興味のある方は遊んでみてください。上にあるものほど新しい作品です。

◎ジャンプ姐さん
ブログ記事へのリンク

◎走れっ!!ガイコツくん!vs CPU
ブログ記事へのリンク

走れっ!!ガイコツくん!vs CPU 1/2

走れっ!!ガイコツくん!vs CPU 2/2

◎サークル タッチ
ブログ記事へのリンク

◎走れっ!!モンスターズ!(人対人 対戦用)
ブログ記事へのリンク

puchi01

◎走れっ!!ガイコツくん!(一人用)
ブログ記事へのリンク

puchikon

DSiウェア プチコンmk2 800DSiポイント(800円) 
↓公式URL(購入はDSi上のニンテンドーDSiショップで行えます)
http://smileboom.com/special/ptcm2/

前回の宣言どおり、Nintendo DSi 用のプログラミングソフトプチコンmk2のBasicでゲームを作ってみました。
Basic等の言語系に触れるのは本当に久々でしたので大したものは作れませんが、趣味で遊んでいた昔を思い出しながら作ってみました。
各プログラムはQRコードで公開しますので、プチコンをお持ちの方は良かったら読み込んで遊んでみてください!各ゲームのタイトルのネーミングセンスに関しましてはご了承くださいw)

◎走れっ!!ガイコツくん!
よくある連打ダッシュ系のゲームです。一方向への移動だけですのでプログラミング的には割と楽です。
キャラはプチコンに内蔵されているスプライトのキャラをそのまま使用しています。
A,Bボタン連打でダッシュしますので、ゴールまでのベストタイムを目指してください。


gaikotsu
また、”対戦できないの?”という友人の助言により、ついでに上記のプログラムに手を加えて人対人で対戦出来るようにしてみました。

◎走れっ!!モンスターズ!
1P側はA,B連打で、2P側は左,右連打でダッシュしますので、友達と競い合って楽しんでみてください。
puchi01

monstors

そして、最後にもう一つ。DSならではの機能を使用したゲーム。

◎サークル タッチ
DSのタッチ機能を利用したモグラ叩き風ゲーム。次々出てくる円の中心部をタッチして下さい。円の出てくる速度はどんどん早くなります。5回ミスするとゲームオーバー。
ミスした時の音声にイラッとしますw


(撮影用にわざと下手にプレイしていますw)

Circle Touch

以上です。
どのプログラムも大した技術は使用していませんが、サクッと書いてサクッと実行できるこの手軽さがやはりBasicの面白いところでもありますね。
需要があるかどうかは別にして、また何か作った時は公開したいと思います。

・・・って言うかプチコンの最新版、”プチコン3号”(3DS専用ダウンロードアプリ)もそのうち触ってみたいな~。

ちなみにプチコンのプログラミングでは以下のサイトが非常に参考になりました。
数々のBasicプログラミングテクニックが惜しげもなく公開されており、とても勉強になります。
おちゃめくらぶ
http://ochameclub.web.fc2.com/
運営者の御茶目菜子さん素晴らしいサイトの公開ありがとうございます。

1fude
一筆書きゲーム ICOSIEN
http://freegamechannel.web.fc2.com/puzzle/icosien.html

皆さんも子供の頃、色々な図形を一筆書きが出来るかどうか挑戦して描いてみませんでしたか?
図形を描き始めてから紙から一度もペンを離さず、かつ同じ場所を二度なぞらず(線を交差するのは可)に図形を描くというアレです。

星形の五芒星のマークの一筆書きなんかは超有名ですよね。

上記のサイトではこの一筆書きをヒモをピンに引っ掛けていくような感覚でチャレンジできます。
適当にやって出来る場合もあれば、あと数本の線を引くところで詰んでしまい悔しい思いをすることもあり、なかなか楽しいです。

さて皆さん、この一筆書きには法則があるのは知っていましたか?
自分は小学生の頃、塾に通うのが嫌で自分のペースで勉強したいとの理由から、福武書店(現ベネッセコーポレーション)の進研ゼミを受講していました。
そのテキストのコラムか付録か何かで、任意の図形が一筆書きが出来るかどうかの法則がある事を知り非常に興味深かったのを覚えています。

これは、18世紀にとある人が”街にある7つの橋を2度渡らずに元の場所に戻ってこれるか?”という、ケーニヒスベルクの橋の問題に対して有名な数学・物理学者のオイラーという人が法則を導き出したものだそうです。

↓その法則はこちらで。(ネタバレあり。ゲームを純粋に楽しみたい人は注意。)
Yahoo!知恵袋より
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1090450460

あと、最近はiPhoneのアプリもありますね。これもなかなか面白く私Naokitもハマってます。
一筆書き 無料
https://itunes.apple.com/jp/app/yi-bi-shuki/id494856551

ゲーム機戦争 続巻

先日も新型ゲーム機”PS Vitata”が発売されNintendo 3DSと熾烈なシェア争いを繰り広げていますが、ファミコン登場以降、ゲーム機は常に子供達の注目・話題の的でした。
そして、新型ゲーム機が登場する度にワクワク・ドキドキさせられていたものです。
→この記事の続きを読む

もぐらバンバン 無料

いわゆる”モグラ叩き”ゲーです。
タイムがゼロになるまでの間、とにかくモグラをタップしまくります。
しかし、なぜかはまる。単純に面白い。絵もかわいいです。
これで無料とは驚き!ってなぐらいのクオリティです。

登場するモグラには種類があって、
(名前は私が勝手につけたものですw)

普通モグラ 10点
不良モグラ 20点
ピンクモグラ 10点 タイム +3秒
水色モグラ 10点 タイム -3秒

この4種です。
コツとしてはピンクモグラは絶対に逃がさないように叩いてゆけばそれなりの高得点が出せると思います。
あとは、個人的にはコンボなどで点数が増えていくシステムにすればもっと面白いかも。

おすすめです。


トメナサンナーTOUCH – KONAMI 230円

今回紹介するのは私がiPhoneを導入した比較的当初から、遊んでいるお気に入りゲームです。
操作は単純明快。走り続ける主人公に立ちはだかる数々のキャラやモノに対し、タイミングよく画面をタッチするだけ!

数々のおバカアクションが展開されます(≧▽≦)
このノリは個人的にはかなり好きです。

(ロード時間がやや長いのが気になりますが、その間も主人公のブレイクダンスアニメーションが流れ楽しませてくれます。)

*一通りクリアするとスピードアップしたターボモードも遊べます。結構難しい・・・

プレイ動画

YouTube Preview Image

画像

カレンダー

2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930