kill-time

About

Name: Naokit

QRコード


スマホ・携帯用表示対応!

Count per Day

  • 240605総閲覧数:
  • 214昨日の閲覧数:
  • 2011/05/20カウント開始日:
Amazonで検索
楽天市場で検索
楽天で探す
楽天市場

楽天ベストセラー

買い物

1 / 512345

 

CAPTAIN STAG Amazonプライムセールで 9800円で購入

先月のプライムセールで念願の折りたたみ自転車を購入しました。Amazon限定モデルだそうです。色も10色から選べるので悩みましたが白色を選択。

デザインもなかなかカッコいいです。

今までは近所のスーパーにちょっとした買い物に行くのに毎回車で出かけていましたが(距離が800メートルほどで歩くのにはやや面倒な距離の為)、これでわざわざ車を出さずにさっと買い物が出来そうです。それにしても自転車の購入は大学生の時以来です。しかも、折りたたみ自転車の購入は今回が初めてです。

最初は近所のホームセンターで普通のママチャリでも買おうと思ってたのですが、折りたたみタイプなら今の愛車であるアクアにも積載出来ますし、山や海に出かける時も持ち運んで活躍できそうだったのでポチッてみました。

って事で、注文後5日ほどで到着。箱はそれなりに大きいです。宅配業者さんご苦労様でした。

嬉しさのあまり、勢い余って開封時の写真を撮り忘れていきなり組み立ててしまいましたw 組立工具などは付属でちゃんと付いています。

 

たたむとこんな感じです。

では、多少前後しますが、細部を見ていきたいと思います。

座席下部に盗難防止のワイヤーも付いています。かなり太めのワイヤーで切断等で盗難はされにくいと思います。

LEDライト。単4電池4本使用します。赤いボタンを押すたびに点灯、点滅、早い点滅と切り替わります。夜間走行は試してはいませんが明るさは十分ありそうです。

前面のカゴもオプションではなく付属で付いています。

小さめのカゴで目も粗いので大きすぎるものや小さすぎるものを載せるのには不向きですね。

駆動部分はシマノ製の6段ギアです。ハンドル部分のグリップを回転して変速できるようです。

折りたたみの出来る場所は上記の2箇所。ボディの中心部とハンドル部です。なかなかしっかりした作りでいい感じです。

後日、天気のいい日に車に載せて公園で一走りしてきました。(カゴは結局自分には不要だと判断し外してます。)

久々に自転車に乗りましたが、健康的でいいですね。暑い日も走るときの風で涼しいので気持ちいいです。

変速ギアも無駄に使い坂道を登ったり平地をスピードを出して飛ばすのも最高ですね~。今後も活躍してくれそうです。

 

先日、うちの愛車アクアの車載ナビが壊れたという記事を書きましたが、宅急便で修理センターに送って数日で無事修理されて戻ってきました。
(ちなみに修理内容はフロントのボタンパネルの交換で、自分の場合今回の修理費用は無償でした。ケンウッドさん有り難うございます!)

さて、戻ってきたナビを車に取り付けるのですが、そのまま戻すだけでは面白くないので、今まで使用していなかったナビのコンポジット入力端子(赤白黄の端子)を使って小型ボードコンピューターの”Raspberry Pi”(以下ラズパイ)を繋げることにしました。
繋いで何をしようかと考えましたが、今回はエミュレータ―を使用してゲームを動かして遊んでみる事にしました。
ラズパイと言えば先日も記事に書きましたが、スーファミ筐体にラズパイを組み込んで簡易パソコン化したアレですw

↓ちなみにその時のラズパイネタ記事はこちら
スーパーファミ”パソ”コン作ってみた -Raspberry Pi3 Model B-

では必要なものを準備。


ラズパイ。先日スーファミに組み込んで使用したラズパイの他にもう一台ストックがあったのでこれを取り付けます。
専用ケースも購入しているので今回はそれを使用。
フタのシールは自作しました。


Micro USBケーブル。電源供給用です。家に転がっていたものを使用。

ナビとラズパイを接続するケーブルは今回はこれを使用。電器店で1000円前後で購入できます。(ラズパイは標準でHDMI出力以外にもイヤホン端子からの映像出力に対応しています。)
片側がピンプラグでもう片側が赤白黄のコンポジットのケーブルです。

(普通に市販の”HDMI → コンポジット”の変換アダプタを使用しても良いのですが、価格がケーブルに比べて、やや高めなのとこの手の変換アダプタは電源供給が別途必要なので配線の手間を考えるとこちらの方法が良いと思います。)

ちなみにこのような4極のミニプラグ → コンポジット変換ケーブルは規格が統一されていないので接続時にちょっとした注意が必要です。
詳細な情報はコチラを参考にしました。
ちなみに一部のMP3プレーヤー等に付属で付いているこの手のケーブルは”Ground”の配置が違うため使用できません
(自分はこれでしばらくハマりましたw)


コントローラ。家に転がってあったPC用のUSBのコントローラです。アナログ入力等は無い簡易的なものですがとりあえずこれで。

ラズパイ入れるOSはRetro Pie(レトロパイ)。エミュレータ機能に特化したラズパイ用のLinuxベースのOSです。
この”Retro Pie”は50種類以上のレトロゲーム機のエミュレータに対応しており、ラズパイ3の性能であればファミコンからプレステ(初代)程度のゲームなら十分実用レベルのエミュレートが出来るという事で非常に優秀なOSです。

↓Retro Pieの公式サイトはコチラ
https://retropie.org.uk/

ここのサイトからRetoro Pieのディスクイメージをダウンロード。


後はWindows上で”USB Writer”等のソフトを使用し、そのディスクイメージをカードリーダーを使ってMicro SDに書き込みます。

その後、一旦Retro Pieを書き込んだMicro SDをラズパイにセットしHDMI端子でテレビ等に繋いで起動。後の各種設定のためにキーボードなども繋いでおきましょう。

Retoro Pieのシステムが起動します。ここで最初にRetro Pieのコントローラやネットワーク等の各種設定を行うのですがここでは詳細は省略します。各自で環境に合わせて設定してください。
その中で、イヤホン端子から映像をコンポジット出力するための必須の設定が1つあります。
Retro Pieのconfig.sysのファイルの内容を以下の様に書き換えます。

25行目 #hdmi_force_hotplug=1 (#が先頭についている事を確認。#が無い場合強制的にHDMI出力になりコンポジット出力不可)
40行目 #sdtv_mode=2 → sdtv_mode=1  (#のコメントアウトを外してパラメータを1(NTSC出力)に変更)

次は解像度の設定。設定を変えなくても表示できるかもしれませんが、最適な表示をするためにナビの画面の解像度に合わせて変更しました。

21行目 #framebuffer_width=1280 → framebuffer_width=800(横方向のモニタの解像度)
22行目 #framebuffer_height=720 → framebuffer_height=480(縦方向のモニタの解像度)

書き換えはRetro Pie上から設定メニューやコンソールで行ってもいいですが、Retro Pieを導入したMicro SDをカードリーダーを使ってWindows上で読み込み、編集する方が楽だと思います。分からない方は各自でググって調べてくださいw

さて、ゲームのROMデータですが、自分は残念ながらカートリッジタイプのゲームの吸出し環境を持っていないので、今回はとりあえず比較的イメージ化が簡単なプレステのCD-ROMゲームをPCで吸い出してISOイメージ化しました。


吸い出すプレステのゲームはとりあえず手元にあるこの2本。
名作サルゲッチュとグランツーリスモです。


CD Manupiratorを使ってISOイメージ化しました。


イメージ化したゲームのISOイメージをRetro Pieの共有フォルダにネットワーク経由でコピーします。
ちなみに共有フォルダ内にはフォルダが複数ありますが、プレステのゲームデータの場合は”PSX”というフォルダがあるので必ずそこに入れてください。(ファミコンのROMデータならNESフォルダ、スーファミのROMデータならSNESフォルダに入れるという様にあらかじめ決まっているため。)

さて以上で準備はほぼokです。
ラズパイ側の設定が終わればいよいよナビへの取り付けです。


ここでラズパイ周りの全体図はこんな感じ。

では、車内へ。


ナビの背面のコンポジットの外部入力端子に先述のケーブルを繋ぎます。
ここで注意が一つ。ラズパイと今回のビデオケーブルは信号の配列が異なるため、赤と黄色の端子を入れ替えて繋ぎます


ナビを組み込み、ビデオケーブルのピンプラグをグローブボックス側へ引き込みここから繋げられるようにします。

ラズパイにUSBコントローラ、ビデオケーブル、電源用のUSBケーブルを繋ぎます。


ちなみに電源はシガーソケットからUSBに変換するプラグを使って取っています。
少なくとも2A以上、出来れば2.5A以上の出力が出来るものを選びましょう。

 

普段はこのようにグローブボックスの中にしまって置けます。

設置できました。ナビの入力切替を外部入力にして電源を入れてみましょう。

YouTube Preview Image
無事Retro Pieが起動しました!
小さな文字はやや読みずらいです。コンポジット入力なのでこれはしょうがないですが・・・
(ちなみに動画中の雑音は雨の音です。この動画撮影時、外は大雨でした。)

YouTube Preview Image
↑ゲームの起動動画。グランツーリスモのゲームも起動してみました!!。普通に遊べます~!
ゲーム中の画質はまずまずですね。特に支障はなさそうです。
・・・・って事で、無事ナビにラズパイ接続完了です!。
車でプレステのゲームが手軽に遊べるのはなんだか楽しいです。これで駐車時の暇な時に時間つぶしが出来そうですw
また、ゆくゆくは実家に帰って押し入れにしまってある数十本のプレステのゲームをイメージ化して取り込んで遊んでみたいと思います。

VRゴーグル 100円(税別) 100円ショップセリアで購入

先日、近所の100円ショップセリアで面白いものを発見。

スマホ用VRゴーグルです。

昨年あたりにPS4用の周辺機器で”PlayStation VR”が発売され、各メディアで取り上げられてずいぶんと話題になりましたので”VR”という言葉は聞いたことがある方も多いかも知れません。

専用のヘッドマウントディスプレイを取り付けると、目の前に360度の視点で仮想の3D空間が展開され、あたかもそこに自分が存在するかのような臨場感あふれる体験ができるというものです。

今回のモノはスマホ用という事でPS4のような高度なVR体験は出来ないと思いますが、100円という驚愕プライスでしたので喜んで購入してみました。ちなみにネット等でも同様の商品は販売されていると思いますが、今回のような段ボール製のものでも1000円位はすると思われるのでこれは嬉しい。

早速組立ててみます。

まずは裏面に組み立て方法の記載があります。カット等も必要なく、折るだけで完成できるので子供でも簡単に作れそうです。

注意書き。当然ですがアプリは自分で用意する必要があるようです。後でストアで探してみましょう。

中にはレンズ組み込み済みの段ボールが一つ。

広げてみました。翼を広げた何かの愛嬌のあるキャラのようにも見えますw

両方の翼部分を内側に向かって折り曲げて・・・

レンズ部分を起こして組み立てていきます。ここまで一分もあればできます。

最後に上部のスマホをセットして蓋となる部分に付属のマジックテープを貼ります。

完成です!

スマホはこんな感じでセットします。

次にアプリを探しましょう。”VR 、動画”等のキーワードで検索するとすぐ見つかると思います。

↓今回私Naokitが試しにダウンロードしてみたのはこちらのアプリ。

DINO TOWN

http://www.up-frontier.jp/activity/1595/

街に恐竜が現れたシチュエーションの動画の様です。早速見てみましょう。

↓一応、動画(レンズの片目部分を普通に撮影したものです)。

YouTube Preview Image

・・・・・・・・・・

おー、なかなかいいですね。

左右を向いたり上を見上げる動作をするとそれに応じて、画面もリアルタイムに変わっていきますのでなかなか面白いです。

恐竜や風景もちゃんと両目で見れば立体的に見えます。この感覚は実際に両目で覗いて体験しないと分からないでしょうね。

100円でこの体験が出来るのならこれは面白いと思います。おススメです。

 

注:この手のVRアプリは長時間使用していると処理が相当重いのかスマホ端末が結構熱を持つようです。

自分のスマホも10~20分位遊んでいると、かなり熱くなりました。長時間の連続使用は避けた方がいいかもしれません。

IMG_3597
PC-G850V リサイクルショップで680円で購入 定価14500円?(当時
先日、近所のリサイクルショップ(ハードオフではない)を訪れたところ、ジャンクコーナーでシャープのポケコンを発見。

IMG_3598

値段が何と680円(!)という激安価格だったので、迷わず購入。
オークションで相場は平均6000円前後はすると思われるのでこれは良い買い物でした。

さて、この”ポケコン”ですが、最近の人はこれが何かわかる人は少ないかもしれません。
パッと見た感じはただの関数電卓の様に見えますが、ポケコンとは”ポケットコンピュータ”の略で、こう見えても立派なコンピュータなのです。

BASIC等のプログラミング言語を使用して複雑な計算を行う事が出来ます。もちろん頑張れば簡単なゲームも作成できます。
1980年代から1990年代にかけて国内ではシャープやカシオ等から様々な機種が発表されていました。
決して、あの黄色い電気ネズミとかそういう類のものではありませんw

ポケコンは一昔前の工業系の高校等では当たり前のように、授業で使われていたようですが、最近では関数電卓やスマホのアプリで事足りるようになったり、そもそもパソコン自体の値段が安価になり、影が薄くなったイメージがあります。

しかし、私、Naokitのような電子ガジェットオタクにとってはなかなか魅力的なマシンなのです。
実際、Webを検索すれば今でも愛好家の方々の公開されたプログラムや技術情報等が多数存在します。

自分は高校も普通科で大学も経済学部だったので、学生当時はポケコンに触れる機会は無かったのですが、親戚のお兄さんが当時 持っているのを見て、なんか”カッコイィー”と憧れていました。

さて、今回入手した機種の主なスペックは以下の通り。(各種ネット情報より抜粋)

CPU Z80互換(S1L50752F25N0) 8Mhz
RAM容量 32KB
LCD(半角文字) 24×6
LCD(グラフィック) 144×48
言語 BASIC/CASL/C言語/CASL/Z80アセンブラ/PICアセンブラ

CPUは名8ビットCPUのZ80であり、歴代ポケコンの中では最速クラスです。
と言っても、今のパソコンのスペック基準からすると、とんでもなく非力な感じがしますが、当時は逆にこの制限の中でいかに短い効率的なプログラミングを書くか、いかに高速に動作させるアルゴリズムを書くかプログラマーのセンスが磨かれるいい時代でもありました。
また、自分は勉強したこと無いのですが、アセンブラ言語という機械語に近いプログラミングにも対応しているため、BASICよりも格段に高速なプログラミングも可能という事で奥が深いマシンです。

では、外観を見ていきましょう。

IMG_3605

IMG_3606
正面。特に大きな傷もなく状態は非常に良いです。液晶面も傷はありません。

IMG_3607
IMG_3609
この機種にはカバーが付いており、スライドして取り外し可能。一旦取り外して前面側に取り付ければ液晶面が保護出来ます。

IMG_3610IMG_3611
電源は専用ACアダプタ端子もありますが、単4電池4本でも動作します。約90時間の駆動が可能との事です。手元に単4電池があまりなかったので有り合わせの電池で動作テストしてみます。

IMG_3612
電源端子はサビなのか変色しています。これが、ジャンク品になっている理由なのでしょうか?
まぁ、電池で動かせばいいでしょうし、端子も必要であれば磨けば多分okだと思うので特に問題なし。

IMG_3613
IMG_3614
両サイドには外部接続の端子類。PCと接続したり、いろいろな機器と繋いで制御もできるようです。

IMG_3615
電源を入れてみましたが、動作も良好。液晶のドット欠けもありません。
しばらくいじってみましたが、この機種プログラミング時の入力の操作方法等に多少クセがありますねぇ。
まぁ、しばらく使っているうちに慣れると思います。

とりあえず、以下の様な円を連続で描くプログラムを書いて実行してみました。
IMG_3616
(10行目の注釈文が”レンンゾク”になってますが”レンゾク”の誤りですw)

↓上記のプログラムを実行した動画
YouTube Preview Image

おっ、遅い・・・・・。
まぁ、予想はしていましたがw
しかし、これはこれでポケコンが一生懸命 がんばって計算している様が妙に人間っぽくて味があっていいのかも知れません。
なかなか面白いです。680円で手に入れたおもちゃにしては十分に楽しめます。

以前、このブログの記事で任天堂のDSiでBASICのプログラミングが出来る、”プチコンmk2”を紹介しましたが、次回はこのプチコンと同じプログラムをポケコンで実行させてみて速度等を比較してみようと思います。

結果は……….多分予想通りだと思いますけどw


Crenova® XPE450ポータブル・ミニ・プロジェクタ 1万円台前半~

先日、自分の部屋の白い壁を寝ながら何気なく見ていた時の事。

IMG_2824

↑ こんな壁ですw

”何かこの壁寂しい感じがするな~、今度ポスターでも貼ってみようかなぁ・・・。”
等とボーっと考えていたのですが、

ふと、

”・・・・・・ん?、これだけ一面 白い壁なら、プロジェクタのスクリーンになるかも?ちょうど大画面のディスプレイも欲しかったし、ゲームとかプレイしても面白そう!ついでに、TV録画サーバに撮りだめして全然見てない録画データも、これで少しでも消費できるし!あ、あと、なんかカッコいいし!!、それにそれに、お、お金使わないと日本経済回らないし・・”

と、刹那の間に壁の活用アイデアと物欲と購入の言い訳までセットで思考回路が活性化し、その数時間後には某大手通販サイトでポチってしまいましたw

以下に簡単なスペックを紹介。

・重量 900g
・リアル解像度 800*480
・対応解像度 1920*1080
・明るさ 1000ルーメン
・LEDランプ寿命 約30,000時間
・入力端子 USB/SD/VGA/HDMI/AV
・表示サイズ 34~130インチ
・投影方式 不明(公開されていませんでした)

一昔前はプロジェクタといえば、消費電力が大きい、ランプ寿命が短い(約2,000時間)、その交換用ランプが高い(3万円前後)、冷却ファンの音がうるさい、等と家庭で使うにはデメリットが多いイメージでしたが、最近はLEDランプの採用により これらの弱点がかなり克服されてきているようですね。特にランプの長寿命化は嬉しいですね。

では、早速開梱してみます。
IMG_2813
付属品はこれだけ。マニュアル。レンズキャップ。リモコン。電源ケーブル。コンポジットケーブル。

IMG_2815
本体を前面から見た右側。各種端子があります。5V電源供給用のUSB端子があるのが有難いですね。HDMI端子ももちろんあります。

IMG_2817
本体背面。PC用のRGB端子とリモコンの受光部(?)らしきものがあります。

IMG_2816
本体を前面から見た左側。電源端子と歪み調整レバーとピント調整レバーがあります。
ズームレバーは無いので本体を前後して投影画像サイズを調整する仕様です。

IMG_2818
↑これは以前から持っていたCromeCast。今回この機器の説明は省略しますが。スマホ等の動画・画像等をHDMIで出力できる機器です。

IMG_2820
上記の CromeCast をプロジェクタのHDMI端子に接続します。前述の通り電源供給用のUSB端子もあるので、そのまま繋げられます。
これで、CromeCastを使ってスマホ経由でスマホ内の動画はもちろん、YouTube等の再生がプロジェクタで行えます。
また、応用としてAndroidの場合、ESファイルエクスプローラ等のファイル管理ソフトと組み合わせれば、家庭内のネットワーク上のPCやNAS等に入れてある動画の再生も可能になります。これは便利!

IMG_2823
壁の対面上にあるメタルラックにプロジェクタを設置。我が家の場合、壁から約2m程度離しています。

IMG_2828
とりあえず、テストのためにカーテンを閉めて部屋を暗くします。
しかし、昼の1時前後のため遮光カーテンでもあまり暗くなりません・・・・・。
大丈夫かなぁ・・・

IMG_2825
映りました!とりあえずメニュー画面。部屋が薄明るいのですが十分見えます。
写真ではコントラストがちょっと低く見えるかも知れませんが、実際の映像はもっとはっきり見える印象です。
ただ、ファンの音がそこそこ大きいです。まぁ内部に熱を持つのでしょうからこれぐらいはしょうが無いのかも知れません。
ちなみに、この画像の投影サイズは横幅が162cm程でしたので、72インチ相当の大きさで投影している事になります。この大きさぐらいでも結構迫力があります。もっと部屋が広ければ、更に巨大な投影も出来たのでしょうが・・・・その点はちょっと残念。

IMG_2829
ChromeCastの待機時にランダムに表示される画像。昼間だとこんな感じです。
1000ルーメンクラスの家庭用のプロジェクタでは、ちょっと昼間の薄明かり状態ではやや厳しいかも知れませんね。
よく分からないので、続きは辺りが暗くなってからw








(約3時間半後)
はい、辺りも暗くなってきたので続きです。
IMG_2835
おーっ、やっぱり、当たり前ですが周りが暗いとかなりキレイに見える印象です。コントラストもはっきりしています。色も悪くないです。

IMG_2836
右下部の文字部の拡大です。
とりあえずは読めますかね。プロジェクタの投影解像度の問題もあるでしょうが、専用のスクリーン等に映せば多少マシになるかもしれません。
ただ、DVD等の字幕程度の大きさの文字であれば十分判別できると思われます。

以下にYouTubeの動画を投影してみたものをiPhoneで撮影したのでアップしてみます。

動画元URL
早わかり 香川 《香川県》
https://www.youtube.com/watch?v=atVAhhy5JkM

以上でレビューは終了しますが、今回のこの機種はかなり使える機器でした。
値段の割にはコストパフォーマンスはいいと思います。
また、上記ではあまり触れませんでしたが、かなりコンパクトなので

スマホ + ChromeCast(又はMHLケーブル) + XPE450

という組み合わせで持ち運べばいろいろな場所でプレゼンテーションもお手軽に出来ると思います。家族旅行等の動画を観賞するときも重宝しそうです。
おすすめです~。

puchikon

DSiウェア プチコンmk2 800DSiポイント(800円) 
↓公式URL(購入はDSi上のニンテンドーDSiショップで行えます)
http://smileboom.com/special/ptcm2/

前回の宣言どおり、Nintendo DSi 用のプログラミングソフトプチコンmk2のBasicでゲームを作ってみました。
Basic等の言語系に触れるのは本当に久々でしたので大したものは作れませんが、趣味で遊んでいた昔を思い出しながら作ってみました。
各プログラムはQRコードで公開しますので、プチコンをお持ちの方は良かったら読み込んで遊んでみてください!各ゲームのタイトルのネーミングセンスに関しましてはご了承くださいw)

◎走れっ!!ガイコツくん!
よくある連打ダッシュ系のゲームです。一方向への移動だけですのでプログラミング的には割と楽です。
キャラはプチコンに内蔵されているスプライトのキャラをそのまま使用しています。
A,Bボタン連打でダッシュしますので、ゴールまでのベストタイムを目指してください。


gaikotsu
また、”対戦できないの?”という友人の助言により、ついでに上記のプログラムに手を加えて人対人で対戦出来るようにしてみました。

◎走れっ!!モンスターズ!
1P側はA,B連打で、2P側は左,右連打でダッシュしますので、友達と競い合って楽しんでみてください。
puchi01

monstors

そして、最後にもう一つ。DSならではの機能を使用したゲーム。

◎サークル タッチ
DSのタッチ機能を利用したモグラ叩き風ゲーム。次々出てくる円の中心部をタッチして下さい。円の出てくる速度はどんどん早くなります。5回ミスするとゲームオーバー。
ミスした時の音声にイラッとしますw


(撮影用にわざと下手にプレイしていますw)

Circle Touch

以上です。
どのプログラムも大した技術は使用していませんが、サクッと書いてサクッと実行できるこの手軽さがやはりBasicの面白いところでもありますね。
需要があるかどうかは別にして、また何か作った時は公開したいと思います。

・・・って言うかプチコンの最新版、”プチコン3号”(3DS専用ダウンロードアプリ)もそのうち触ってみたいな~。

ちなみにプチコンのプログラミングでは以下のサイトが非常に参考になりました。
数々のBasicプログラミングテクニックが惜しげもなく公開されており、とても勉強になります。
おちゃめくらぶ
http://ochameclub.web.fc2.com/
運営者の御茶目菜子さん素晴らしいサイトの公開ありがとうございます。

logo-title-ptcm2
DSiウェア プチコンmk2 800DSiポイント(800円) 
↓公式URL(購入はDSi上のニンテンドーDSiショップで行えます)
http://smileboom.com/special/ptcm2/

先日、格安のジャンク品で購入し見事に復活を遂げたDSiに”DSiウェア”を入れてみます。
今回買ったDSiウェアは知る人ぞ知る”プチコンmk2”です。

(*現在プチコンはDSi・3DSで動作する ”プチコンmk2” と更に進化した3DS専用の新ソフト ”プチコン3号” があります。今回はDSiのためあえて旧作のDSi版のプチコンmk2を取り扱います。)

このソフトはDSi上でパソコン等でおなじみの初心者向けプログラミング言語、”Basic”を動かすことが出来ます。(もちろんDSi用に仕様がいくつか変更されていますが。)

Basicは30代以上で昔からパソコンを触った事のある人には一度は聞いたことがあるであろう有名なプログラミング言語です。まぁ今でも有名ですが。

かつて8ビットパソコンの全盛期から16ビットパソコンが登場した頃までは殆どのパソコンでBasicは標準で内蔵され広く使われていました。
今とは違いソフトは買うというよりも、自分で作るという考え方の時代だったため、当時のパソコン(というかマイコン)少年は当時のPC雑誌のプログラムコード片手に自分で打ち込んで勉強していたものです。
(私、Naokitの世代はそれより若干後の世代ですが。)

その後、他のプログラム言語が進化してくるにつれ、Basicは初心者向けというイメージが強くかつ動作も比較的遅かったため、開発向けというよりホビー向け言語になった感があります。
しかし、”書いてすぐ実行”できるというお手軽な開発環境、今でも愛好者はかなり多いようです。

また、遅いと言ってもDSiは32ビットのCPUを搭載しているため、当時の8ビットCPUのパソコンのBasic環境とは別次元の処理速度を持っています。
そのため頑張れば、ファミコンクラスのゲームならかなり快適に作れるようです。
加えてこのプチコンではDSならではの制御命令(タッチペン操作、合成音声、スプライト制御 等々)も使えるようになっており多彩なプログラムが組めるようになっています。
また、作成したプログラムはQRコードに変換して公開することも出来るとの事。(プチコンmk2のみ)

と、能書きはここまでにして早速ダウンロード購入してみました。

IMG_0811

早速起動すると

IMG_0813
下部のタッチパネル部がソフトウェアキーボードになっているのでこれを使って編集画面でコードを書いていきます。

IMG_0826
とりあえず、適当にコードを書いて実行画面に切り替え実行してみます。
(手元にあった古いiPodでの撮影のため画像がピンボケしまくりですがご了承ください)

うーん。楽しい!w
大したことは何もしてないのですがw
このように”Talkコマンド”で簡単に合成音声の発音もできるので、これだけでも結構遊べます。

適当に触っているうちに昔Basicで遊んでいた記憶が徐々に懐かしさと共に蘇ってきて、気がつくと軽く数時間もいろいろ弄ってしまいました。

次回はこのプチコンで私Naokitが作った簡単なゲームを公開して行きたいと思います。

hardoff
ハードオフ
http://www.hardoff.co.jp/

またまた、ハードオフネタ。
つい先日もゲームボーイカラーを直したというネタを紹介したところですが、今回は任天堂の傑作携帯ゲーム機”Nintendo DSi”のジャンク品の話。

IMG_0709

IMG_0711

IMG_0716
値段は324円。偶然にも先日のゲームボーイカラーと同額ですw
オープンすると前オーナーのイナズマイレブン愛を感じられるステッカーが、これでもかとベタベタと貼り付けられてあります。
裏面は中心部に少々深めのキズもありました。おそらく前オーナーが落としたときに付いたのでしょう。タッチペンは無し。まぁ、ジャンク品なのでここはご愛嬌。

IMG_0710

前面シールにタッチパネル入力NGとの表記。これが理由でジャンク品扱いなのでしょう。
まぁ、良くある症状ですね。”これならタッチパネル用修理部品をネットで数百円程度で購入して交換すればおそらく直るかな”と思い購入を決定。
ちなみに私Naokitは初代DS2台とDS Lite3台を所有していますがDSiは初購入です。

実はダウンロード販売ソフトの”DSiウェア”を購入してみたいという思いもあったのでDSiは前からちょっと欲しかったんですよね~。

で、購入後、家にある充電器で充電。電源を入れると

DSi_set_NG

上記のような表示が。
(画像を撮り忘れたので上記画像はネット上での画像を借用しています。)
とりあえず画面の指示通り、下部の”ok”ボタンを押してみますが、全く反応なし。
”あー、なるほど確かに反応しないわ~、やっぱりタッチパネルの交換が必要かなぁ”
と軽く納得しながらも、一応インターネットで症状を検索。

すると、下記のサイト様で
大人のためのNintendo DS & DS Lite & DSi
http://nantendo.web.fc2.com/8.html

『スタート』・『L』・『R』の3つのボタンを同時に押しながら電源を入れて、タッチパネルの設定をし直します
との表記が。それならまぁ、ダメ元で一応やってみるかと試してみると・・・・・




アレ・・・・直った?・・・





・・・タッチパネル反応してる・・・よね?

そうです。これだけで直りましたw

おそらく前オーナーの方がこの症状で壊れたと思い込み、ハードオフに売りに行き、店員もこの方法で直るのを知らずにジャンク品として買い取り、販売したのではなかろうかと思います。

しかし何はともあれラッキーでした。タッチパネル交換を覚悟してのですが、とりあえず念願のDSiゲットです。しかも324円で!!w

毎回言っていますが、これだからジャンク品は面白いですね!!w

その後はシールを剥がすのに専念。シールの質が悪いのか、剥がし後がたくさん残り、キレイに全部剥がすのには1時間ほどかかりました。

IMG_0777

とりあえずキレイになりました~
さぁ、この後はいろいろ弄ってみようっと。

その後、確かDSiってカメラが使えるんだよなぁ。ちょっとカメラテストも兼ねて試してみるか、とカメラアプリを起動。

IMG_0805

すると、いきなり前オーナーと思われる自撮り写真が!w

6年前(2009年)の写真と思われるので、”この子も今ではだいぶ大きくなっているのだろうなぁ”、と感慨深く思いながら画像を全て削除。

DSi等のカメラ付き端末を中古店に売りに行く時はちゃんとデータは削除するようにみなさんも気をつけましょう。
(今回は当初タッチパネル操作出来なかったため、それが前オーナーが消せなかった原因かも知れませんが。)

その後、DSiの設定メニューから”本体の初期化”を実行して晴れて、きれいさっぱりのNaokit専用 DSiに!

念願のDSiが安くゲット出来て嬉しいです~ (pq*´∀゚)ウレスィ~♪

↓ちなみに私Naokitが DSiウェアで今後購入したいソフトはコレです。
プチコンmk2
購入した際はまたレビューします~。

takaraarts-111201L

うまい棒スライサー(おかしなうまい棒スティックパーティー)
http://www.takaratomy-arts.co.jp/specials/umaibou/
先日、某ホームセンターにぶらりと立ち寄ってみるととある処分特価品を発見しました。

umai04
うまい棒をスライスできる玩具です。正式商品名は”おかしなうまい棒スティックパーティー“。
何度か見たことはありましたが、今までは特に気にも留めることなくスルーしてました。

umai05
・・・が、値段が税込105円。
まぁ、105円なら悩む値段でもないのでブログネタ用にゲット。
ちなみに元々は定価699円(!)だそうです。
定価ならこの玩具買うのにうまい棒なら約70本も買えますなw

umai08
これが、スライサーの肝であるプラスチック刃の部分。左の刃は単純な6等分カッターで右側がなかなかユニークな切り方ができるスパイラルカッターです。

umai07
刃は本体の筒部分の先端にセットします。(写真では六等分カットの刃を装着していますが、この後スパイラルカッターの刃に取り換えています。)

umai01
ここでうまい棒登場。近所のショッピングセンター内の駄菓子屋でゲットしました。
18本18種類入り。

uami02
並べてみるとなんか豪華。180円でこれだけのボリューム感があるとなんか得した気分でワクワクしますね。
左の方のチョコ味はチョコが高価なためかサイズが小さめなんですよね。
いつか全部の風味を一度に食してみたいものです。

ちなみにWikiによると現在一番コストがかかる味は二度の味付けが必要なタコヤキ味だそうです

umai09
うまい棒は刃と逆の部分から筒の中にセット。

umai10
押し出し棒が付属しているので、先ほどうまい棒をセットした後方にセットします。
まぁ、いわゆるトコロテン方式ですな。

YouTube Preview Image
↑スパイラルカット時の動画。本体をしっかり握ってないと外装のフィルムが滑ってなかなか押し出せませんw

umai12

umai11
スパイラルカットしたうまい棒(上画像)と二色の味をそれぞれスパイラルカットし、別々に組み合わせたうまい棒(下画像)の写真。
きれいにウェーブ上にスライスされているうまい棒はなんか新鮮です。
二種類のうまい棒を組み合わせれば味のミックスが楽しめるとのこと。

この後、面白がって残りのうまい棒を六等分カッターで切りまくり、皿の上にキャンプファイヤー時の木を組むように山盛りにした画像を撮っていたのですが、誤って画像を削除してしまいアップすることが出来ませんでした。残念。
うまい棒好きの方は機会があればチャレンジをしてみてはいかがでしょう。
いつもとは違ったうまい棒の食感やミックス味が楽しめるかもしれません。

camp
↑ イメージ画像ww

tokkadata

Amazon特価サーチ(スマホも対応確認済)
http://www.tokkadata.com/

みんな大好き大手Web通販サイトAmazon。もう説明は不要ですよね。
私Naokitも結構な頻度で利用しています。
商品価格も十分納得できるものが多いですし、注文してからの対応も早い。加えて基本的に送料無料とくれば多くの人がついつい利用してしまうのもうなずけます。

(ただ、必要以上に段ボール箱が大きかったりして処分に困ることも多々ありますがw)

さて、本日紹介しているサイトはそんなAmazonの現時点での特価品を簡単にサーチできる便利なサイトです。
具体的にはジャンルを指定して”今、○パーセント引き(以上)の特価商品には何があるんだろう?”みたいな探し方ができるので意外な掘り出し物が発掘できます。

実はAmazonには裏ワザでURLの一部に細工する(&pct-off=指定割引率)ことで割引率の高い商品を探せるオプションパラメータがあるのですが、今回のサイトはそれを応用しPHPを利用してWeb上から簡単に検索できるようにしたものです。

↓実際に試してみました

amazon01
今回は夏に備えて飲料水でも探してみましょう。
ジャンルは”食品&飲料”にして任意の割引率を指定します。
ここでは70と90のスイッチをONにして”70~90%”引きで指定。99%引きってのもありますねw
その下のキーワードには”コーヒー”と入れてみました。
(注:実際の私Naokitはコーヒーは苦手で全く飲めませんw)
後は検索をポチッと。

amazon02

はい。結果が出ました。30本入り3600円が1000円台からと、かなりのお値打ち商品がズラッと表示されています。
コーヒー好きの人ならかなりお得ですよね。みなさんも特価品を探してみてはいかがですか?

注:Amazonにはマーケットプレイス等、Amazon以外の店舗の出店商品もあります。その場合、別途配送料・手数料等がかかるものもあります。
購入時にはそれらの条件も踏まえてお得な商品を検索してみてください。

↓アマゾンの箱が大量に家にある方はこちらの過去記事もどうぞw
http://naokit.info/?p=1718

1 / 512345

カレンダー

2017年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031