kill-time

About

Name: Naokit

QRコード


スマホ・携帯用表示対応!

Count per Day

  • 344999総閲覧数:
  • 218昨日の閲覧数:
  • 2011/05/20カウント開始日:

amazon Prime

amazonで検索

楽天市場

楽天で探す
楽天市場

楽天ベストセラー

買い物

OBD2  ELM327  bluetooth版(日本円で300円位?で購入)

最近、思い出したかのように中華系の通販サイトをよく利用するようになりました。7、8年前の1ドル80円前後だった頃の超円高の時は、それはもう今しかないと思い、中華系の怪しいガジェットや電子パーツを買い漁っていた時期もあります。 中華系海外通販サイトは元々安い価格に加えて、日本では取り扱っていないニッチな商品も取り扱っているのが魅力ですね。しかも送料も無料だったりします。ただ到着までに早くても数週間位かかるのは残念ですが・・・・

・・・って事で、今回安くて面白そうなものは無いかと探していて購入したのが

OBD2アダプタです。(OBD2が何かは後で説明します。)

中身はこれだけ。Windows用のソフトCDと本体のみ。説明書等は一切入っていないのは実に中華らしいですねw

さて先程から話に出ている”OBD2”とは車好きの人なら知っていると思いますが、最近の車(2008年10月以降)についている自己診断機能の端子の規格の名称なんですね。車は内部ではいろいろとコンピューター(ECU)で制御されているわけですが、その制御内容や不具合等をこの端子を通じて情報を得ることが出来るわけです。

OBD2端子の位置は車によって微妙に異なりますが、多くの場合は運転席のハンドル下の足元付近にある事が多いと思います。

うちのアクアの場合はハンドルの右下部分にあります。白い端子がOBD2端子ですね。

ここに先ほどのアダプタを差し込みます。

後はパソコンやAndroidスマホ(iPhone用のアプリは今の所無し)に専用のアプリを入れてBluetoothでこのOBD2アダプタと接続すれば各種情報を表示できます。自分の場合、普段はiPhoneを使用しているので現在使用していないAndroid端末を準備しました。

対応アプリはPlayストアで”ELM327”とか”OBD2”等のキーワードで検索すれば出てくると思いますが、今回は”Torque(Lite)”という無料アプリを使用しました。

有料の高機能なPro版と比べるとメータの数や対応しているセンサーの種類が少ないようです。

あらかじめスマホとOBD2アプリはBluetoothでペアリングしておきます。

ソフトを起動してメニュー画面でいろいろな設定が出来ます。

よく分かりませんが、一番上の”Fault Code”と言うのはおそらく車の過去のエラーログ等を見られる機能だと思います。

また、”画面を追加”の項目から自分の表示したいセンサーの項目を画面上に追加していろいろカスタマイズ出来ます。

 

表示できるセンサーの一例。自分にはよく分からない項目も多いです。

自分の場合はこの6つのセンサーを表示してみました。

トリップスピード(エンジンを付けてからの平均速度)、エンジン回転数、燃料圧力、エンジン負荷、インテーク空気温度(エンジンに吸い込む空気の温度)、エアーフローレートを表示しています。ちなみに各センサーは大きさや位置を変更したりタコメータ表示、デジタル表示、グラフ表示など表示方法もお好みで選べます。

普段はこういう風にナビの横にマグネットホルダーで固定して使っています。

この画面が運転中に表示されていても、特に何か便利とかいう訳ではないですが、こういう風に計器類の表示に囲まれて運転するのは、飛行機のコックピットの様で何かしらのカッコよさを感じます多分男性ならこのロマンは分かって頂けると思いますw

もう少し利用してみて気に入ったら有料版のアプリも購入してみたいと思います。

ちなみにこのアダプタは同等のものがamazonでも買えるようです。お急ぎの方はこちらの方がお手軽ですね。

(写真は最終完成Ver.2.0)

ゲルマニウムラジオ基本キット 690円(税込・送料別)

自分は昔から比較的ラジオが好きで、暇な時は部屋でよくラジオを聞いていました。

特に大学時代ではTBSの深夜ラジオで今も続く伊集院光さんや爆笑問題さんのラジオを毎週楽しみに聞いていた思い出があります。(今も毎週聞いていますが。)

そんなラジオ大好きの私Naokitですが、今回は電子工作の基本中の基本である、ゲルマニウムラジオ(鉱石ラジオ)の製作にチャレンジしてみました。

このゲルマニウムラジオという物は小学生の頃、電子工作系のマンガで存在を知り、当時は “なんで電池が無くてもこんな単純な回路でラジオが動作するんだ?すっげー!!”と衝撃を受けたものです。

中学生ぐらいになり、これはアンテナが電波を受けることにより電磁誘導で微弱な電流が発生しているんだとなんとなく理解出来るようになりましたが、それにしても面白いですよね。

さて、当時はこのような電子工作に興味を持っても片田舎に住んでいる自分の周りではバリコンやゲルマニウムダイオード等の電子パーツを売ってる店などなく、作りたいという欲求は満たされませんでした。が、今はネット通販全盛の時代。このようなニッチな電子工作パーツキットも画面上で簡単に買えます。いい時代になったものですね。

・・・・って事でこれが今回購入したラジオキット。

シャンテック電子さんのゲルマニウムラジオ基本キット

入っているパーツはこれだけ。

セラミックイヤホン(微弱な電流でも音が出せるイヤホン)、バリコン(可変コンデンサ)、バリコン用のダイヤル、ゲルマニウムダイオード、銅線、解説書。

 

次に自分で用意したもの。

トイレットペーパーの芯(コイル製作用)、木板(回路固定用)。

(以下は外部アンテナ用)適当な長さの銅線(5m以上推奨)、ワニ口クリップ。

では早速製作開始~。

解説書通りにバリコンとゲルマニウムダイオードイヤホンをハンダ付けしていきます。

これは数分あればOK。ゲルマニウムダイオードは熱に弱いので手早く作業しましょう。

コイルの製作。これが今回の肝となる作業です

トイレットペーパーの芯に綺麗に銅線を巻いていきます。このコイルを巨大にすれば外部アンテナ不要でコイルのみでラジオ受信可能になるようですが、今回はポータブルタイプにしたいので小型のコイルにします

ちなみに、このコイルの巻き数は”GRDS”という便利なフリーソフトを使用させて算出させて頂きました。

http://crystal-set.com/calc/index.htm

インダクタンスを330μH程度になるように巻くのが良いとの事で、計算によると今回の芯は直径4.5cm程でしたので巻き数は約86回半との事。

↓ちなみに同作者の方のWeb版の計算サイトもあるようです。

http://crystal-set.com/calc/coil_solenoid.php

巻き終わりにはバラけないようにテープを貼って補強。これでコイルは完成。

芯の余分な部分はカットしてコンパクトにします。

作成したコイルを先ほどの回路に繋ぎます。これで同調回路(共振回路)完成。

(自作ゲルマニウムラジオ ver. 1.0)

全ての回路を木版に取り付けて仮固定して本体部はほぼ完成。

 

残りは外部アンテナの作成。

先ほどのこの写真のケーブルの両端に

ワニ口クリップをハンダ付けして取り付けます。

完成したものはこんな感じ。長いほど感度が良くなりますので5m位は欲しいですね。

 

外部アンテナのケーブルをバリコンの図の矢印の部分に取り付け、もう一方を窓枠のサッシやカーテンレールなどに取り付けます。アンテナはピーンと張った方が良い気がします。その後バリコンをゆっくり回し同調していきます。

するとイヤホンから蚊の鳴くような小さい音量ですが、無事ラジオの音声が聞こえてきました!!。初めて音が出た時は感動しますね!。

お世辞にも感度は良いとは言えませんが、ゲルマニウムラジオはここから色々改良していく楽しみもあるんですよねぇ。(ちなみにこの微弱な電流をセラミックイヤホンではなく一般的なスピーカで聴くためには別途増幅回路と電源が必要。)

って事で、次は動作は確認したので見栄えをよくするために小型化にチャレンジしていきます。

余分な板を切り小さくし、配線部分を整理して、接点部分はネジでしっかりと固定するように改良を加えていき・・・・・・・

自作ゲルマニウムラジオ。(ver. 2.0)

試行錯誤の末、最終的にこういう形にまとめました。かなりコンパクトになりました。接点をネジにしたことで各種メンテナンスもしやすいですし安定度も上がった気がします。

外部アンテナを取り付けた所。写真は撮っていませんが、右側の外部アンテナの線の先はカーテンレール等に取り付けて部屋に張り巡らしています。


↑外部アンテナを繋いだ時点でラジオの音声が聞こえるようになる様子。
セラミックイヤホンの音声をスマホのマイクに近づけて録音していますが、もともとの音声が小さいので聞き取りずらいと思いますが悪しからず。

前述したとおり電池が不要なので基本的に電源スイッチはありません。ラジオが放送している限り電池代を気にすることなく放送がずっと聞こえてきますので思う存分ラジオを堪能する事が出来ます。

一個作っておけば災害時などの電源がとれない場所でも、ラジオで情報を得る事が出来るので便利かもしれません。

作る楽しみもありますし、感動も出来ますのでおススメですよ~。

2日目 先日に続き、この日は仕事終わりに3店舗巡りました。初日でかなり買ったので2日目は軽く流すつもりで巡礼開始。

最初の2店舗は職場の友人も同行して一緒に巡礼。

ちなみに3店舗までの1日目のブログ記事はコチラ

→この記事の続きを読む

先日、ゲオスーパーセールが開催されていましたので2日間に渡り各地のゲオを巡礼して来ました。
480円以下のソフトが100円(税別)980円以下のソフトが500円(税別)になるという大変お得なセールです。(ちなみに中古ゲーム機ハードも表示価格から更に2000円引き

今年の夏に開催された同様のセールもYouTube等で話題になっていたので知っている方も多いと思います。
実は前回のゲオセール(約2か月前に開催)でも数十本のゲームソフトを購入してほとんど消化できていないのですが、安さにつられて今回も大量購入してしまいました。

今回は香川県4店舗、愛媛県2店舗、合計6店舗回ってました。

とりあえず、買ったものをひたすら紹介していきたいと思います。

なお、モノが多いので1日目と2日目の2回に分けて紹介していきたいと思います。

1日目

こういうセールは早いもの勝ちなので初日が肝心です。たまたま仕事が休みだったので気合を入れてオープン時間10時に合わせて朝早くから巡礼を開始しました。

→この記事の続きを読む

ワンダースワンカラーFF2同梱版ジャンク品 980円(税込)

先日、食料品の買い物ついでに近所のリユースショップ店に寄った所懐かしいゲーム機を発見。

30~40代のちょっとしたゲーム機好きの人なら知っていると思いますが、かつてバンダイが2000年頃発売していた携帯ゲーム機ワンダースワン(カラー)です。当時の大ヒット商品のゲームボーイカラーやゲームボーイアドバンスには売上数は遠く及びませんが、それでもシリーズ累計で300万台以上売れていたスマッシュヒットしたゲーム機です。

→この記事の続きを読む

先日、出社時間を勘違いしていてかなり早め(数時間前)に職場についてしまったのですが、時間を持て余したので出社前に職場近くのハードオフに行ってみました。

出社前という事もあり、何の期待もせずにふらっと寄って時間を潰していたのですが、そろそろ帰ろうかなとした時にかなりなレアものに遭遇しました。

なんだか分かるでしょうか? 30代後半から40代の人ならピーンと来るかもしれません。

そうです、ゲーム&ウォッチです。ファミコン登場以前の今から40年近く前の1980年代前半の頃、巷でゲームもできる時計という名目で任天堂が世に送り出した大ヒット携帯ゲーム機です。
→この記事の続きを読む

先日のブログで記事にした”あそぶ!ゲーム展 STAGE.2 ”の観覧後、高松周辺のハードオフを巡り買ったものを、ただひたすら紹介。

一軒目

 

XBOX360(HDMI搭載) 1080円

熱暴走による故障率が非常に多い前期型のモデルですが、1080円でしかも20GB HDD付きという事で予備機も兼ねて購入。動作もDVDドライブの回転音にやや違和感のあるものの特に問題なしでした。自分が今まで所有していたものはHDMI非搭載の最初期モデルだったため何気にHDMI搭載は嬉しい。

二軒目

ここでは見切り品のジャンクセール品が安かったので大量に購入しました
→この記事の続きを読む

 

先日歩きながら動画を撮影していたのですが、家に帰りその動画を鑑賞していたところ、小走りで撮影していたシーンや階段を上るシーンなどでは結構な手ブレが生じており、折角のいいシーンでも見ていて少々疲れてしまいました。

最近はカメラ側に高性能な手ブレ補正機能が付いているものも多いですが、歩行しながらの撮影等ではその機能だけでは十分補い切れない事も多々あります。

そんな時に活躍するのが”カメラ スタビライザー(ジンバル)”ですが、結構な金額がします。電動式は数万は軽くしますし、おもりを利用した構造のシンプルな機械式でも数千円位はします。

個人的な使用で使用頻度はそう多くないと思われるので、今回は各種ネットの情報を調べながらこのカメラスタビラーザーを100均グッズを活用して格安で自作することにしました。

今回作るのは、おもりを使いヤジロベーの原理を利用してバランスをとるタイプのものを計画。

早速、使えそうなものを100均で物色して購入してきました。とりあえず上記の6点購入してここまでの出費は648円(税込)。

では詳しく見ていきましょう。
→この記事の続きを読む

ここ数年、かなりの頻度でハードオフ等のリサイクルショップに向かい、激安品のジャンクゲーム機ハードを購入して修理したり友達に譲ったり、そのまま押し入れへしまい込んだりしています。しかし、数が増えてくると自分でも何を何台所持しているのか分からなくなってきているので、特にレアなハードを所持しているわけではありませんが改めて押し入れから確認する事にしました。ちなみにほぼ全部自己修理・点検済みで動作品です。

携帯ゲーム機編

普段は押し入れにこのスチール缶に入れて保管しています。
→この記事の続きを読む

先日、近所のハードオフで激安のジャンク品を発見。

なんと税込108円のDELL製のデスクトップパソコンです。
→この記事の続きを読む

カレンダー

2019年1月
« 11月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031