kill-time

About

Name: Naokit

QRコード


スマホ・携帯用表示対応!

Count per Day

  • 310350総閲覧数:
  • 340昨日の閲覧数:
  • 2011/05/20カウント開始日:

amazon Prime

amazonで検索

楽天市場

楽天で探す
楽天市場

楽天ベストセラー

癒し

1 / 212

あそぶ!ゲーム展 STAGE.2 ゲームセンターVSファミコン 入場無料

https://www.e-topia-kagawa.jp/event/gameetp02_index.asp

(香川県高松市 ”情報通信交流館e-とぴあ・かがわ” にて8月15日まで開催中)

昨年に引き続いて、今年も高松でゲーム展のイベントが開催されているので友人と行ってきました。

昨年はゲーム機の黎明期の頃のファミコン登場以前がテーマでしたが、今年はいよいよ自分にもなじみ深いファミコン登場以後のゲーム機とゲームセンターのゲームがテーマです。

会場は昨年と同じ “e-とぴあ・かがわ” の4階・5階。

ちなみに会場は静止画撮影はOKですが動画撮影はNGとの事です。

今年も気になったものを幾つかあげてコメントしていきたいと思います。

入ってすぐにナムコのゼビウスのテーブル筐体が。

ゲームに初めて壮大な世界観や詳細なキャラクター設定、そして美しいグラフィックなどを採用したゲーム史を語るうえでは外せない大ヒットした名作シューティングゲームです。

当時はパソコンをはじめ様々な家庭用の機種に移植されましたが、ファミコンへの移植はクオリティが高く度肝を抜かされたものです。

ゼビウス開発時の設定資料。貴重ですね。手書きのイメージイラストも素晴らしい。

ふと周りをみるとこれまたナムコの名作”ドルアーガの塔”をプレイしている親子が。

親子でゲームを興じるというなんとも和む光景ですが、おそらくそのゲームの謎解きはゲーム中完全なノーヒントなので現代の子供たちにはハードルが高すぎてクリアは相当困難かと思いますw

(普通にプレイしていてはクリアできないので、当時の子供たちはこのゲームをクリアするために、口コミや交流ノートに各個人の発見した情報等を書き込み みんなで攻略していました。ちなみに当時攻略本等はロクにない時代です。)

ガラスケースには名機(迷機?)ATARI 2600 VCS(1977年)が。そして右下にはこれまた迷作のゲーム”E.T.”。

この頃のゲーム業界は、後半あまりにも粗悪なゲームが乱発され売り上げが急激に落ち、以後ファミコンが登場するまで冬の時代を迎えます。ゲーム”E.T.”に至ってはゲーム内容もヒドイのにハードの普及数の数倍以上の数が生産され、当然売れ残った業者は処分に困り大量に地中に埋めたてたという噂話もありました。(←近年この噂は事実だったことが発覚して話題になりました。)

ゲーム史で有名な”アタリショック”という言葉はこのゲーム機から生まれました。

次は、いわずと知れた任天堂の名機”ファミコン”こと”ファミリーコンピュータ”です。

この名機とクオリティの高いゲームの供給のおかげで家庭用ゲーム業界がまた息を吹き返しました。そして爆発的なブームとなっていきます。家庭用ゲーム史はこのハード抜きでは決して語る事は出来ないでしょう。

ちなみにこの展示ファミコンは何気なくコントローラーのA・Bボタンが四角の貴重な初代タイプのものでした。

こちらは海外版ファミコンであるNES(Nintendo Entertainment System)。アメリカンサイズでデカいです。

 

次のガラスケース内にはアーケードゲームの基板が。

アーケード基盤に詳しい友人によると右の”グラディウス“のバブルシステムの基板は故障率が高いため完動品のものならば軽く数十万することもあるほどの貴重品だとか。すげぇ。

友人はグラディウスと同様に大人気のシューティングゲームの”沙羅曼蛇(サラマンダ)”を楽しんでいました。

彼は家にもこのゲームの基板を所有しているので、上手いです。

この後、自分もしばらく友人と2人で協力プレイを楽しみました。

こちらでは初のベルトスクロールアクションの”熱血硬派くにおくん”に興じる男児が。後に出る名作、”ダブルドラゴン”のベースとなったと言われるゲームですね。

くにおくんは当時の友人がファミコン版を所有しており、技の種類も豊富で爽快感がありみんなでワイワイと楽しく遊んでました。

なめんなよ このやろう”、 ”おめぇら なめてんじゃねぇぞ” 等のツッパリ用語も話題になったものです。

 

 

次はセガを代表する体感型アーケードゲーム達。

上から”アフターバーナ”、”スーパーハングオン”、”スペースハリアー”(SD筐体)です。

ゲーム機筐体に乗って操作したり、筐体自体が画面に合わせて動くという、家庭用ゲームでは味わえない体感が出来ました。

当時の人気PCも展示されてました。

シャープのホビーパソコン”X68000″です。マンハッタンシェイプと呼ばれるデザインがカッコいい。当時としては珍しくゲームに特化した性能でアーケードゲームの良質な移植作品も数多く提供され、ゲーム好き中高生の憧れでした。

まぁ、当時 自分はFM-TOWNS派でしたがw

しかし、デモしているゲームがよりによって”信長の野望”とは・・・・渋すぎますw。

MSX版のグラディウス2(に)も展示されてありました。

グラディウス好きの友人によると、グラディウスⅡ(アーケード版 他)とグラディウス2(MSX版)があり、それぞれステージ構成や世界観が異なるため前者はⅡ(つー)と発音し、後者のMSX版は2(に)と発音して使い分けるのが正しいそうです。(というか、グラディウスファン内で混同をさけるためそういう慣例があるみたいです。)

ゲーム楽しむ上では欠かせないゲームの音源についても資料がありました。

あまり詳しくはないのですが、初期ゲームは矩形波(くけいは)、ノイズ音、三角波といった電子音で表現されており、これらの音を組み合わせることによって、今でも思い出に残るいわゆるあの”ピコピコ音”の名曲が数多く生まれてきたのですね。

初のゲームミュージック音が収録されたYMOの細野晴臣氏のアルバム(上)。これは有名ですかね。ネットで見たことがあります。

ちなみに会場ではクイズラリーも行っています。入口の方で配られていました。展示されている資料を見ながら解答していきましょう。ちなみにクイズラリーの問題は日によって変更され何パターンかあるそうです。

無事クイズラリーは全問正解で帰りにステッカーを頂きました。表面がホログラム加工されておりキラキラ光ってます。

ステッカーも2種類あるそうです。

昨年も買いましたが、今年も帰りに入り口で販売されているパンフレットを買いました。確か1800円位でした。貴重な資料なので大事に保存しておきたいと思います。

といった感じで、ゲーム好きの人にもなかなか見応えのあるイベントでした。親子連れもたくさんいましたので家族で行ってもいいですね。子供さんは喜ぶと思います。15日までの開催のようなので興味のある方はお早めにどうぞ。

今後ステージ3も企画される事があれば是非見に行きたいと思います~。

 

ここ数年、かなりの頻度でハードオフ等のリサイクルショップに向かい、激安品のジャンクゲーム機ハードを購入して修理したり友達に譲ったり、そのまま押し入れへしまい込んだりしています。しかし、数が増えてくると自分でも何を何台所持しているのか分からなくなってきているので、特にレアなハードを所持しているわけではありませんが改めて押し入れから確認する事にしました。ちなみにほぼ全部自己修理・点検済みで動作品です。

携帯ゲーム機編

普段は押し入れにこのスチール缶に入れて保管しています。

一応、カメラなどを保管する時に使用する乾燥剤を入れて保管しています。

気休めかもしれませんが、本来は煎餅が入っていた空き缶なので湿気対策はこれである程度はOKかも。

早速整理して並べてみました。壮観な眺めですねぇw

内訳は写真右上側からリストアップすると

*************************************************

◎携帯ハード

初代DS 3台

ゲームボーイアドバンスSP 1台

初代ゲームボーイアドバンス 1台

DS Lite 5台

DSi 4台

PS Vita 1台 (先日のブログで修理したものです)

初代3DS 2台

PSP 2000番台 1台

PSP 1000番台 2台

ゲームボーイカラー 3台

計 23台

*************************************************

結局この箱には計23台入っていました。

ちなみに右上の初代DSはピンクと水色のツートンカラーという珍しいツートンカラーですが、これは限定色とかではなく単に2個のDSの部品を組み合わせてニコイチで修理した機種です。

配色が非常に前衛的というか、悪く言えばダサいのはそういう理由ですw

 

続いて据え置きハード編。

こちらは場所をとるので押し入れの奥の方に放り込んでいます。

押し入れの奥の方にしまってある機種もあったので取り出すのもちょっと大変。なんだかんだで20分位押し入れ漁ってました。

据え置きハードは以上でした。

内訳はこちらも右上から

*************************************************

◎据え置きハード

PS2 30000番台 4台

Wii(白色) 5台

Wii(黒色) 1台

初代XBOX 1台

PS3 2000番台  2台

改造スーファミ 1台

(中身はRaspBerry Pi3 改造時のブログ記事はコチラ

計 14台

*************************************************

14台でした。こちらは比較的最近のハードが多めです。

 

あと、写真は無いですが確か記憶の限りでは実家にもハードは

*************************************************

実家ゲーム機リスト

初代DS 1台

PS 3500番台 1台

PS2 50000番台 2台?

ドリームキャスト 1台

セガサターン 2台

PCエンジンDuoR 1台

Wii 2台

計 10台?

*************************************************

これぐらいあったと思います。

ちなみにファミコンやスーファミ、ディスクシステム等の定番機はだいぶ昔に親戚に全てあげたので実は現在所有していません。(多分、もう捨てられちゃってるんだろうなぁ・・・)

 

おまけ編

ついでに押し入れから出てきたファミコン等の互換機も紹介。

先日紹介した、アーケード筐体型のゲーム機やファミコン互換機等です。

まだ、数台奥に互換機があるはずなのですがこれ以上段ボールを開けて探すのは面倒なので断念しました。

ついでに忘れていた未修理品も出てきました。初代3DS。3Dボリューム・スピーカフレキシケーブル破損との事。確かこのケーブルは部品代が高くつくので当時修理断念したのを思い出しました。

 

最近はファミコンミニ等のレトロゲーム機ブームの流れでこれらのレトロハード(レトロと呼ぶにはまだ早いハードも多いですが)も徐々に今後相場が上がってくる可能性も考えられます。

大事に保存して行きたいと思います。

あ、あとPS4とかの最新ハードはハードオフのジャンクコーナーに並ぶようになったら購入を検討したいと思いますw

GAME MACHINE 108 in 1 1080円(税別)

先日友人と徳島方面へハードオフ巡りの旅に出かけた時に面白そうなものを発見。アーケード筐体型のおもちゃです。

GAME MACHINE 108 in 1” という表記しかありませんがこれが商品名でしょうか?

調べてみるとゲーセン等のプライズ系のマシーン等でゲットできる商品の様です。

さて、この商品ただのオブジェじゃありません。

なんと実際にゲームが出来るようです。

まぁ、毎度のごとく各ゲームのクオリティは期待はできないと思いますが、何よりゲーセン筐体に憧れる世代のオッサンたちには、この形を見るだけでワクワクします。

では開封。

うーん。いいですねぇ。このアストロシティ風の風貌。普通に写真撮るだけでも画になりますわ。

ボタンは小さいながらもしっかり押せます。レバーはちょっと硬めの感触かな。

画面下に格闘ゲームの必殺技のコマンド表っぽいシールが貼ってありますが、残念ながらそのコマンドを使うゲームは収録されていないようです(笑)

本体は非常に軽く、この説明書によると175gだそうです。

裏面は上部から電源スイッチ、スピーカー、そして一番下には電池ボックスがあります。

電池投入。単三電池3本で駆動するようです。

電池を入れて電源を投入すると間髪入れずにメニュー画面とサウンドが爆音で流れ出しました。

音量は本体右側のボリュームダイヤルで調整出来ます。

画面下のキャラは某米国映像配給会社のウサギキャラに酷似していますが多分気のせいでしょう。

一応、108個ゲームは入っているようです。

ゲームNo.1のF-22を起動してみました。

このゲームはファミコン互換機のサンプルゲーム等にもよく収録されてますね。

なかなかの力作です。この小さいコントローラーでも普通に操作できます。

この小さい筐体上で遊ぶと、また違った面白さがありますねぇ。

電源をACアダプタ等から取って電源入れっぱなしのオブジェとして飾ってもオシャレで面白いかも知れません。

 

さて、一通り遊んだあと何か改造できないかと思い、とりあえず軽く分解してみましたw

(分解の為にはサイドに貼られてあるステッカーを一部切らなければなりませんので注意。)

前面部と背面部に分かれます。

前面部。液晶、コントロールユニット、ゲームのIC類はここに集約されています。

背面部スイッチ、スピーカ、電池ボックス、音量ボリュームがありますね。

思った通り、中はスカスカですね。技術のある人ならこの内部にラズパイZERO等を組み込んでエミュレータを起動させたりしているようですが、スペースは十分あるので手先の器用な人ならそういう改造を施すと面白いでしょうね。

しかし、こういう記事を書いていると、近日発売されることが発表された”NEO GEO mini”が非常に気になります。あれはNEO GEO世代の人たちにはたまらないのでしょう。

自分も発売されたら買って見ようかなぁ。

 

おまけ:

◎徳島ラーメン東大

今回の徳島ハードオフの旅で食べた徳島ラーメン東大 さんの徳島ラーメン自分の中では”徳島のラーメンといえば金ちゃんヌードル”なのですが、これはこれで大変美味しいです。濃いめのスープはご飯が進みます。ちなみに生卵は食べ放題。ラーメンに入れるのはもちろん、ご飯を注文して卵かけご飯にしても◎。また注文すればコンロを貸してくれるので、ラーメンの残り汁にご飯と生卵を入れて雑炊にして食べるのもおススメらしい。上記のメニューで苦しいくらいお腹一杯になりました。

◎コインスナック御所24

阿波市土成町にある懐かしい自販機がズラッと並ぶゲームセンター併設のコインスナック店。

ここには日本で唯一の現役稼働しているボンカレー・ライス自販機があります。仁鶴師匠が若い!。これは各メディアで何度も取り上げられていますのでとても有名らしいです。YouTubeにも物好きな人がたくさん動画を上げています。

カレーを記念に注文しても良かったのですが、今回は前述の徳島ラーメンを食した後で腹が膨れすぎてカレー購入は断念。普通にジュースを買いました。友人は自販機でうどんを食べてました。(このうどん自販機も珍しいらしい。)

自販機コーナーに併設されているゲームセンターコーナーにはゲームセンターCXでおなじみの有野課長の写真が。昨年番組で放映された”ゲームセンターCX in 四国 ゲームお遍路88台めぐりの旅”で収録された時に撮影されたもののようです。この写真の下には番組でも放映されたパンティーのカプセルクレーンゲームがありました(笑)。

ダイソー万華鏡キット 100円(税別)

近所の良く行くダイソーで万華鏡作成キットを発見。懐かしさも相まって購入してみました。

パッケージはこんな感じ。対象年齢は6歳以上。

→この記事の続きを読む

kashitsuki (1)

クエン酸 100均で購入
私Naokitはノドが弱く冬の空気の乾燥した時期になるとマスクは必須アイテムです。加えて特にここ数年はほぼ毎年加湿器をガンガンつけてないとすぐノドを痛めて声が出せなくなるといった感じなので、冬の間はほぼ加湿器がフル稼働状態でした。

上記の写真がNaokitが愛用している加湿器。ずいぶん前に友達の結婚式の引き出物でもらったカタログギフトで交換したモノです。

加湿方式はスタンダードなスチーム式のもの。お湯を沸かした蒸気で加湿するというシンプルな方式のものです。やや電気代はかかりますが、水が加熱殺菌されるので衛生面では優れています。

さて、夏も近づき、さすがにこの加湿器も一ヶ月以上使わず放置していたのでそろそろ押入れにしまおうかと思っていたので、来年心地よく使うために本格的に洗浄してみることにしました。

kashitsuki
中を開けて水タンクを取ると、結構汚れています。

kashitsuki (2)
青い蒸気噴出部の根元付近の拡大画像。白っぽい大量の固形物の塊が付着しています。カビではありませんよ。これは水道水に含まれるカルシウムやミネラル分が付着したもの(以下”ミネラル物質”と表記)なんです。
湯沸しポット等の内側にもよく付着してますよね。ポットの場合 給湯に支障が出る場合の原因は大抵これです。
このミネラル物質は意外と曲者で、擦っても固く付着しているためなかなか取れません。金属たわしなんかを使ったりしてもキズがつくだけですのでやめましょう。

kashitsuki (3)

蒸気噴出部を抜いてみたところ。下部の金属部にもミネラル物質が大量に付着しています。

kashitsuki (4)

湯沸し部の釜内部ここもかなり汚いw

kashitsuki (5)

ここで”クエン酸”の登場~!!w
100円均一で購入したものです。
この画像でピーンと来た方。
あなたはかなりのこのサイト”kill-timeDXフリーク”の方ですねw

そうです!!
このクエン酸は以前このブログのネタ きるたいむクッキング!!-自家製サイダーを作ろう!-の回で一度使用していたものですw
クエン酸はいろいろ役に立ちますw

kashitsuki (7)

早速、湯沸し部の釜内部へこのクエン酸を投入。
分量は特に量っていませんが、クエン酸は安全な薬品なので少々多めに投入しても大丈夫でしょう

kashitsuki (10)

あとは熱々のポットのお湯をミネラル分が付着した部分に十分浸るくらいに投入して・・・・3分待てば・・・・・あ、3分じゃダメです。数時間放置しておきますw







kashitsuki (14)
約4時間後。内部のミネラル物質が汚れと共にお湯の中に溶け出してきています。
ちょっと汚い画像ですみませんw

kashitsuki (17)
蒸気噴出部。ミネラル物質が剥がれ落ち、とても綺麗になってます。

kashitsuki (16)
お湯を捨てた後の釜内部。色アセはしょうがないとして、ミネラル物質はこちらもしっかり取れました。
これだけ綺麗になれば十分成功と言えるでしょう。

この後、内部を軽く水洗いし、水分をよく乾かしてから袋で包み、押入れにしまいました。来年も私Naokitのノドを癒してくれる事を期待を込めてw

inudge

inudge.net
http://www.inudge.net/
私naokitは、今から10数年前に コンピューターミュージック、いわゆるDTM(Desktop Music)にはまった事があります。

その頃大学生だった私Naokitは、当時の愛機だった富士通のFMVにMIDI音源(パソコンに繋いで色々な音色を出したり制御する機械)とMIDIキーボード、作曲ソフトの”Singer Song Writer Lite”等を 婆ちゃんにバイクを買うようにもらったお金で 少しずつ毎月の小遣いから捻出し、どうにか購入に漕ぎ付け、一応の環境を揃えたのを覚えていますw

最初は面白がって、適当にMIDIキーボードをいじっていろんな音色を出して遊んだり、適当に作曲ソフトの五線譜に音符を並べてパソコンから信号を送って演奏させたり、ネット上から様々な良質なMIDI曲データを収集して聞いたりして満足していました。

ただ、ある時・・・・

”そういや、自分はキーボード全く弾けねぇし、作曲の知識も全然ねぇや・・・・”

と、徐(おもむろ)に気づき、泣く泣く作曲の道を断念したことがありましたw
(MIDI音源はMIDI曲データ再生用にその後も活躍はしてくれましたが。)

時は流れて10数年。
今は音楽の知識が無くても簡単に上記のサイトでご機嫌なメロディが作曲できます。
(このサイト自身は結構前からありましたが、最近ひょんなことから思い出し久々にやってみたら面白かったので改めて紹介)

使い方は簡単。
画面上の16×16のマス目の好きな所をクリックして塗りつぶします。
するとマス目 上を常に左から右に移動しているバーがそこを通過した時に音が出ます。
イメージ的には電子オルゴールのようなものですかね。

マス目の上下は音の高さを表し(上の方を塗りつぶすと高い音になる)、左右は音を出す間隔になります。ちなみに縦に同じマス目を塗りつぶすと和音になります。

また、右のボタンを切り替えることにより楽器の音が変わり、複数の楽器音を組み合わせることにより実に様々な作曲を楽しめます。
下部の”more”をクリックすれば曲のテンポや 曲の長さ等も変更出来たりもしますよ。

使い方は言葉にすると表現が難しいですが、おそらく一度使ってみればすぐ理解できると思います。本当に簡単ですよ。

ちなみに私Naokitが作った曲はこちらで聞けますw
なんかただの不協和音ww

↓iPhoneアプリでも似たようなのが出ています。
https://itunes.apple.com/jp/app/beatwave/id363718254?mt=8

oboke

世界の「珍名」所 大集合
http://ankyo.rulez.jp/chinmei.html

以前に世界には変わった珍名の人がいる、という記事を書いたことがありますが、世界にはまた変わった名前の土地である珍名所もたくさんあります。

かくいう私の故郷の県である徳島県の西部にも、”大歩危(おおぼけ)、”小歩危(こぼけ)“と言う 観光施設として割とメジャーな珍名所があります。
(大歩危駅前にある地域密着スーパー歩危マートは有名ですw)

このサイトでは管理人の方が実際に全国・世界の珍名所に赴(おもむ)き、そこで撮影した
写真を多数公開されております。とにかく数が多いです。

世界随所に珍地名はあれど、普通わざわざ遠方まで見に行く方はそう多くはいません。
そんな中、10年以上の歳月をかけてありとあらゆる世界の珍名所を次々に訪れ、そしてただ写真を撮ってくる、その行動力にはただひたすら頭が下がりますw

↓本も出版されているようなので興味のある方はどうぞ。

皆さんも一つぐらいは近所で知っている地名もあるかもしれませんよ。

桜の開花情報 -日本気象協会tenki.jp-
http://season.tenki.jp/season/sakura/

本日は久しぶりの休みだったこともあり、「そういえば今年はまだ花見してないなぁ」と急に思い立ち、夕方近くでしたがチラッと近所の公園まで桜を見に行ってきました。

行くだけではもったいないのでコンデジ(コンパクトデジカメ)片手に撮影にも挑戦してみました。 →この記事の続きを読む

俺とローラとソニーのブルーレイ

俺とローラとソニーのブルーレイ

俺とローラとソニーのブルーレイ
http://www.sony.jp/bd/special/

先日、ある量販店でソニーのブルーレイの販促用 動画が流れていて何気なく見ていたのですが、その内容に思わず抱腹絶倒してしまいましたww
俳優の山下真司さんとモデル(タレント?)のローラさんが対談するのですが、その掛け合いが面白すぎます!w

山下さんの熱血キャラとローラさんの脱力キャラの組み合わせは何か癖になるものがありますね。

調べてみると、一部の動画はテレビで一度だけ放映されたスペシャルムービーだそうですが、それだけでは勿体無いほどの作品です。
ぜひ一度は見ておいて損はないと思います。

久しぶりにいいCMを見た気がします。

↓では、どうぞ。 →この記事の続きを読む

tamagokake

味の素 NEO TAMAGO KAKE GOHAN
http://www.ajinomoto.co.jp/aji/egg/generator/

ちょっと小腹が空いた時、簡単にできる料理のひとつ”たまごかけご飯”。
みんな好きですよね。
海外では卵を生食する習慣があまりないことから、日本ならでは伝統料理のようですが、
それだけに地域や家庭によってトッピングも多様で、焼き海苔一緒に食べたり、鮭フレークを入れたり、納豆を入れたり バリエーションも豊富にありそうです。(個人的にはネギを少々入れるのが好きです。)

さて、そんな”たまごかけご飯”ですが、この味の素のサイトでは様々なセッティングを施した”たまごかけご飯”を壮大な動画でシミュレートすることができます。
セッティングの内容は”白身の量”、”醤油の量”、”味の素の量、”混ぜ加減”の4項目とシンプルですが、それゆえに微妙な加減で味の違いや発見が生まれるかもしれません。

お気に入りの”たまごかけご飯”が完成したら、保存しておくことも可能w

↓ちなみに私naokitバージョンはコレ(クリックで再生します。)

それにしても、このサイトサイトの音楽もデザインもメチャクチャかっこいいです。サイト制作者のセンスの良さがうかがえますw

あなたもお好みのセッティングで究極の”たまごかけご飯”づくりを目指しましょう!w

しかし、このサイト見てると腹が減りますな・・・・w

1 / 212

カレンダー

2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031