kill-time

About

Name: Naokit

QRコード


スマホ・携帯用表示対応!

Count per Day

  • 296240総閲覧数:
  • 201昨日の閲覧数:
  • 2011/05/20カウント開始日:

楽天で探す
楽天市場

楽天ベストセラー

画像ネタ

1 / 612345...最後 »

GAME MACHINE 108 in 1 1080円(税別)

先日友人と徳島方面へハードオフ巡りの旅に出かけた時に面白そうなものを発見。アーケード筐体型のおもちゃです。

GAME MACHINE 108 in 1” という表記しかありませんがこれが商品名でしょうか?

調べてみるとゲーセン等のプライズ系のマシーン等でゲットできる商品の様です。

さて、この商品ただのオブジェじゃありません。

なんと実際にゲームが出来るようです。

まぁ、毎度のごとく各ゲームのクオリティは期待はできないと思いますが、何よりゲーセン筐体に憧れる世代のオッサンたちには、この形を見るだけでワクワクします。

では開封。

うーん。いいですねぇ。このアストロシティ風の風貌。普通に写真撮るだけでも画になりますわ。

ボタンは小さいながらもしっかり押せます。レバーはちょっと硬めの感触かな。

画面下に格闘ゲームの必殺技のコマンド表っぽいシールが貼ってありますが、残念ながらそのコマンドを使うゲームは収録されていないようです(笑)

本体は非常に軽く、この説明書によると175gだそうです。

裏面は上部から電源スイッチ、スピーカー、そして一番下には電池ボックスがあります。

電池投入。単三電池3本で駆動するようです。

電池を入れて電源を投入すると間髪入れずにメニュー画面とサウンドが爆音で流れ出しました。

音量は本体右側のボリュームダイヤルで調整出来ます。

画面下のキャラは某米国映像配給会社のウサギキャラに酷似していますが多分気のせいでしょう。

一応、108個ゲームは入っているようです。

ゲームNo.1のF-22を起動してみました。

このゲームはファミコン互換機のサンプルゲーム等にもよく収録されてますね。

なかなかの力作です。この小さいコントローラーでも普通に操作できます。

この小さい筐体上で遊ぶと、また違った面白さがありますねぇ。

電源をACアダプタ等から取って電源入れっぱなしのオブジェとして飾ってもオシャレで面白いかも知れません。

 

さて、一通り遊んだあと何か改造できないかと思い、とりあえず軽く分解してみましたw

(分解の為にはサイドに貼られてあるステッカーを一部切らなければなりませんので注意。)

前面部と背面部に分かれます。

前面部。液晶、コントロールユニット、ゲームのIC類はここに集約されています。

背面部スイッチ、スピーカ、電池ボックス、音量ボリュームがありますね。

思った通り、中はスカスカですね。技術のある人ならこの内部にラズパイZERO等を組み込んでエミュレータを起動させたりしているようですが、スペースは十分あるので手先の器用な人ならそういう改造を施すと面白いでしょうね。

しかし、こういう記事を書いていると、近日発売されることが発表された”NEO GEO mini”が非常に気になります。あれはNEO GEO世代の人たちにはたまらないのでしょう。

自分も発売されたら買って見ようかなぁ。

 

おまけ:

◎徳島ラーメン東大

今回の徳島ハードオフの旅で食べた徳島ラーメン東大 さんの徳島ラーメン自分の中では”徳島のラーメンといえば金ちゃんヌードル”なのですが、これはこれで大変美味しいです。濃いめのスープはご飯が進みます。ちなみに生卵は食べ放題。ラーメンに入れるのはもちろん、ご飯を注文して卵かけご飯にしても◎。また注文すればコンロを貸してくれるので、ラーメンの残り汁にご飯と生卵を入れて雑炊にして食べるのもおススメらしい。上記のメニューで苦しいくらいお腹一杯になりました。

◎コインスナック御所24

阿波市土成町にある懐かしい自販機がズラッと並ぶゲームセンター併設のコインスナック店。

ここには日本で唯一の現役稼働しているボンカレー・ライス自販機があります。仁鶴師匠が若い!。これは各メディアで何度も取り上げられていますのでとても有名らしいです。YouTubeにも物好きな人がたくさん動画を上げています。

カレーを記念に注文しても良かったのですが、今回は前述の徳島ラーメンを食した後で腹が膨れすぎてカレー購入は断念。普通にジュースを買いました。友人は自販機でうどんを食べてました。(このうどん自販機も珍しいらしい。)

自販機コーナーに併設されているゲームセンターコーナーにはゲームセンターCXでおなじみの有野課長の写真が。昨年番組で放映された”ゲームセンターCX in 四国 ゲームお遍路88台めぐりの旅”で収録された時に撮影されたもののようです。この写真の下には番組でも放映されたパンティーのカプセルクレーンゲームがありました(笑)。

 

光るコマ ダイソーで108円(税込)

いつものダイソーで面白そうなものを発見。”光るコマ”とまんまの名前の商品。

昨年のハンドスピナーブームも一段落した感がありますが、回転するおもちゃってなんか惹かれるものがあるので購入してみました。

裏面の遊び方。コマ本体をハンドル式のネジバネで巻き、ボタンを押せばコマが外れて音と光を発しながら回転するというもの。私Naokitが幼少の頃にもどこかで似たような商品を見たことがある気がします。ちょっと懐かしい。

内容物はこれだけ。

コマ部分。コマ内部の基盤上のバネはおそらくコマが回転した遠心力を利用して伸縮し回路のスイッチの役割を果たすものと思われます。LEDも3つあります。

基盤の下にはボタン電池が3つ。

電池の更に下部にはスピーカがありました。

基盤の裏。おそらくICチップが埋め込まれているのでしょう。

しかし、それにしても電池まで含めて、100円でよくこれだけの部品の商品提供できますねぇ。感心します。

では、いよいよ回転させて遊んでみましょう!!


・・・・うっ、うるせぇーーーーっっっ!!

この動画、真夜中に撮影したのですが、かなりの音量で鳴り響きます!! 目が一気に覚めましたw

何にせよ、かなり賑やかです。自分はもうオッサンなので数回試して、そっと箱に戻しましたが、子供ならおそらく電池が切れるまで喜んで永遠に遊び続けるでしょうお子様に与える時は注意しましょうw

ダイソー万華鏡キット 100円(税別)

近所の良く行くダイソーで万華鏡作成キットを発見。懐かしさも相まって購入してみました。

パッケージはこんな感じ。対象年齢は6歳以上。

→この記事の続きを読む

( ↑ 上図は完成後のキーボード)

PCを使っている方、特に自作PC等を長年続けている方等であれば、誰しもお気に入りの周辺機器というものはあると思います。

それが、モニターであったり、マウスであったり、ケースであったり様々あるでしょうが、キーボードは特に好みが分かれる機器の一つですよね。大きさやタイピング時の感触・音、キー配置、キー間隔・・・・、こだわり所はたくさんあります。

そんな中で、私Naokitのお気に入りのキーボードはサンワサプライのSKB-SL09BK(生産完了品)です。

コンパクトでありながら適度な安定感がある重さ、タイピング時の感覚等がもう手に馴染んでしまっており、気が付けばかれこれ7,8年は使っていると思います。

そんなお気に入りのキーボードですが最近気になる事が・・・

キー文字の摩耗です。具体的には”A”と”N”のキーの文字がかすれて見えづらくなってきています。

人によっては白い油性マジック等で書いたりする方もいるようですが、見栄えがアレなのでどうにかいい方法がないかと詮索していたところ、

すり減ったキーの上に貼る キーボードシール なるものが発売されている事を知りました。

ただ、このシール結構高い!。1000円近くします。今どき1000円も出せばちょっとしたキーボードなら買えちゃいますよね

・・・・って事でこんな時はDIYですw  キーボードシールの自作にチャレンジしました。

→この記事の続きを読む

以前の記事の続きです。以前の記事はこちらから。

では、内蔵されていた怪しいHack ROMゲームを紹介していきます。興味のある人は少ないかもしれませんがw しばらくお付き合い下さい。(画像はUSBキャプチャーでスナップショットを撮っています。)

30代後半以上のファミコン世代の方なら画面を見ただけで、ニヤリとすると思います。後述しますが、幾つ分かるか数えながら見てみてください。

→この記事の続きを読む

25in1 TV Plug-and-Play (メーカー不明 ハードオフで540円で購入)

いつものハードオフネタです。
先日、高松のレトロゲームイベントに行った際の帰りに高松のハードオフへ寄った所、変わったゲーム機を発見しました。

→この記事の続きを読む

あそぶ!ゲーム展 STAGE.1 デジタルゲームの夜明け 入場無料
https://www.e-topia-kagawa.jp/event/gameetp01_index.asp
(香川県高松市 ”情報通信交流館e-とぴあ・かがわ” にて8月16日まで開催中)

先日の休日に友人と高松のゲーム展のイベント会場に行ってきました。
幼少の頃からファミコン、ゲームボーイ、スーファミ、PCエンジン、メガドライブ、セガサターン、プレステ・・・・・・と自分の成長とともに常にゲーム機の進化を身をもって感じてきた世代の人間としては今回のイベントは非常に魅力的。

今回のイベントはゲーム機の黎明期の頃から1980年代初頭の頃までの歴史に残るゲーム機筐体や資料が多数展示されているとの事。
しかも、一部は貴重な実機展示もあり、実際に遊べるとの事。これはすごいですね。

→この記事の続きを読む

VRゴーグル 100円(税別) 100円ショップセリアで購入

先日、近所の100円ショップセリアで面白いものを発見。

スマホ用VRゴーグルです。

昨年あたりにPS4用の周辺機器で”PlayStation VR”が発売され、各メディアで取り上げられてずいぶんと話題になりましたので”VR”という言葉は聞いたことがある方も多いかも知れません。

専用のヘッドマウントディスプレイを取り付けると、目の前に360度の視点で仮想の3D空間が展開され、あたかもそこに自分が存在するかのような臨場感あふれる体験ができるというものです。

今回のモノはスマホ用という事でPS4のような高度なVR体験は出来ないと思いますが、100円という驚愕プライスでしたので喜んで購入してみました。ちなみにネット等でも同様の商品は販売されていると思いますが、今回のような段ボール製のものでも1000円位はすると思われるのでこれは嬉しい。

早速組立ててみます。

→この記事の続きを読む

鳥獣戯画作品

鳥獣戯画製作キット
http://gigamaker.jimdo.com/

このページでは、歴史の教科書で一度は見たことがあると思われる、”鳥獣戯画”風の作品を作成できるページです。
鳥獣戯画は、当時の時代の世相をウサギや猿、カエル等の動物でコミカルに表現した絵巻物語でありテストにもよく出題されていましたね。
国宝であり、”日本最古の漫画”とも言われています。
今、現在でもコミカルなキャラクターがなんだか微笑ましく、見ていて楽しげな雰囲気を醸し出していますね。

いろいろなページで紹介されているので、作成方法は割愛しますが左のメニューから画像の素材を選び右の画面にペタペタ貼り付けていくだけで感覚的に作成できます。
素材の拡大や縮小・反転も出来、文字も挿入できますので、面白い作品作りが出来そうです。

みなさんも、一度作成してみてください。味のある画風になんか癒されますよ~w

(注:)現在のバージョンでは、作成した画像の保存はメニュー上から出来ないようなので、Windowsの場合、”PrintScreen”キー等でスクリーンショットを撮って編集ソフトなどで保存しましょう。

takaraarts-111201L

うまい棒スライサー(おかしなうまい棒スティックパーティー)
http://www.takaratomy-arts.co.jp/specials/umaibou/
先日、某ホームセンターにぶらりと立ち寄ってみるととある処分特価品を発見しました。

umai04
うまい棒をスライスできる玩具です。正式商品名は”おかしなうまい棒スティックパーティー“。
何度か見たことはありましたが、今までは特に気にも留めることなくスルーしてました。

umai05
・・・が、値段が税込105円。
まぁ、105円なら悩む値段でもないのでブログネタ用にゲット。
ちなみに元々は定価699円(!)だそうです。
定価ならこの玩具買うのにうまい棒なら約70本も買えますなw

umai08
これが、スライサーの肝であるプラスチック刃の部分。左の刃は単純な6等分カッターで右側がなかなかユニークな切り方ができるスパイラルカッターです。

umai07
刃は本体の筒部分の先端にセットします。(写真では六等分カットの刃を装着していますが、この後スパイラルカッターの刃に取り換えています。)

umai01
ここでうまい棒登場。近所のショッピングセンター内の駄菓子屋でゲットしました。
18本18種類入り。

uami02
並べてみるとなんか豪華。180円でこれだけのボリューム感があるとなんか得した気分でワクワクしますね。
左の方のチョコ味はチョコが高価なためかサイズが小さめなんですよね。
いつか全部の風味を一度に食してみたいものです。

ちなみにWikiによると現在一番コストがかかる味は二度の味付けが必要なタコヤキ味だそうです

umai09
うまい棒は刃と逆の部分から筒の中にセット。

umai10
押し出し棒が付属しているので、先ほどうまい棒をセットした後方にセットします。
まぁ、いわゆるトコロテン方式ですな。

YouTube Preview Image
↑スパイラルカット時の動画。本体をしっかり握ってないと外装のフィルムが滑ってなかなか押し出せませんw

umai12

umai11
スパイラルカットしたうまい棒(上画像)と二色の味をそれぞれスパイラルカットし、別々に組み合わせたうまい棒(下画像)の写真。
きれいにウェーブ上にスライスされているうまい棒はなんか新鮮です。
二種類のうまい棒を組み合わせれば味のミックスが楽しめるとのこと。

この後、面白がって残りのうまい棒を六等分カッターで切りまくり、皿の上にキャンプファイヤー時の木を組むように山盛りにした画像を撮っていたのですが、誤って画像を削除してしまいアップすることが出来ませんでした。残念。
うまい棒好きの方は機会があればチャレンジをしてみてはいかがでしょう。
いつもとは違ったうまい棒の食感やミックス味が楽しめるかもしれません。

camp
↑ イメージ画像ww

1 / 612345...最後 »

カレンダー

2018年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930