kill-time

About

Name: Naokit

QRコード


スマホ・携帯用表示対応!

Count per Day

  • 240605総閲覧数:
  • 214昨日の閲覧数:
  • 2011/05/20カウント開始日:
Amazonで検索
楽天市場で検索
楽天で探す
楽天市場

楽天ベストセラー

画像ネタ

1 / 512345

あそぶ!ゲーム展 STAGE.1 デジタルゲームの夜明け 入場無料
https://www.e-topia-kagawa.jp/event/gameetp01_index.asp
(香川県高松市 ”情報通信交流館e-とぴあ・かがわ” にて8月16日まで開催中)

先日の休日に友人と高松のゲーム展のイベント会場に行ってきました。
幼少の頃からファミコン、ゲームボーイ、スーファミ、PCエンジン、メガドライブ、セガサターン、プレステ・・・・・・と自分の成長とともに常にゲーム機の進化を身をもって感じてきた世代の人間としては今回のイベントは非常に魅力的。

今回のイベントはゲーム機の黎明期の頃から1980年代初頭の頃までの歴史に残るゲーム機筐体や資料が多数展示されているとの事。
しかも、一部は貴重な実機展示もあり、実際に遊べるとの事。これはすごいですね。

会場は高松のシンボルタワー内の4階、5階。


入口付近のガラス壁の写真。この中が会場です。

入り口からイベント会場の方を撮影。各コーナーがブースで仕切られています。ちなみに会場は動画撮影は禁止ですが、静止画撮影は可との事です。
(とはいっても、あまり写真を公開しすぎてもマナー違反だと思うので今回は印象に残った幾つかの機種の写真のみを公開させて頂きます。)


ショーケースの中に何気なく展示されていたマグナボックス社の”オデッセイ”を発見。世界初の家庭用据え置き型ゲーム機ですよ、コレ。1972年発売。この頃のゲーム機にはまだCPUが搭載されておらず、画面に表示されるのはコントローラで動かせる光の点のみ。当然ゲームの背景等表示されないので、付属の半透明のシールをテレビに貼って、それをゲームの舞台にするというアナログ感満載のゲームです。ネットで動画は見たことはありましたが、実物を見るのは今回が初めてです。
YouTube Preview Image

[Youtube資料動画]
___

お次は、世界初の商業用アーケードゲームである”コンピュータースペース”。1971年。
筐体が芸術的なセクシーなデザインで素晴らしいです。残念ながら実機は土・日以外は通電してないようで電源が入った様子は見られませんでしたが、すぐ横にエミュレータ機がありそれで遊ぶことが出来ます。これも実機を見るのは初めてです。販売台数もそれほど多くなく世界的に非常に貴重な筐体でしょう。当時はまだ十字ボタンやジョイスティック等は存在しておらず、独特のボタン操作によるキャラクターの移動は激ムズです。
YouTube Preview Image

[Youtube資料動画]
___

続いて、”テニス・フォー・ツー”。1958年。これは実機ではなく再現機です。諸説ありますが、歴史上世界初のテレビゲームとされていて、比較的有名なゲームです。
オシロスコープで表示された画面上でボールを打ち合います。これが滑らかに動いてそこそこ遊べます。
自分がこの写真を撮る前に、小学生くらいの子がしばらく遊んでいました。最近の子供は目が肥えていて、昔の貧弱なゲームには見向きもしないんじゃないかと思ってましたが、そうでもないようです。やっぱり、子供はゲーム好きなんですね。
YouTube Preview Image

[Youtube資料動画]
___

お次は、”ポン(PONG)”。1972年。これは有名ですね。2人で左右に配置されているラケットを上下に動かし、ボールを打ち返し合うゲームです。世界各国でヒットし、いろんな亜種のゲームが開発され、長く遊ばれてきたゲームです。”ブロック崩し”のゲームの原点でもあります。


そして、ゲーム史を語る上で絶対に外すことのできない”スペースインベーダー”です。日本で最初のCPUを搭載したアーケードゲームです。
これは説明不要でしょう。1978年頃社会現象にもなったゲームです。このゲームがあまりにもヒットしたため、市場で100円玉が不足し急遽増産されたというのは有名な話です。裏技なども多数発見され、更に人気を博していました。


スペースインベーダー開発時の資料。開発者の西角さんの手書きの資料です。キャラクターデザインやプログラムのフローチャート等、興味がそそられます。

その他、パックマンやドンキーコング、クレイジークライマー、ディグダグ等の比較的最近(といっても、30年以上前ですがw)のゲームも展示されていましたが、今でもメジャーなゲームなので今回は紹介を割愛させて頂きます。

近隣の方は、是非 会場に出向きゲームの歴史に触れてみることをお勧めします。
ゲーム好きの人はもちろん、そうでない方も技術の進歩を感じて頂ければ面白いかと思います。
個人的にはとても満足でした。


会場では資料満載の限定パンフレットが販売されています。(税込1000円)
もちろん私Nokitは購入。一緒に行った友人も購入していました。

他県では、このイベントの”ステージ2”も開催されているようです。
香川県でも開催されることを期待しています~。

VRゴーグル 100円(税別) 100円ショップセリアで購入

先日、近所の100円ショップセリアで面白いものを発見。

スマホ用VRゴーグルです。

昨年あたりにPS4用の周辺機器で”PlayStation VR”が発売され、各メディアで取り上げられてずいぶんと話題になりましたので”VR”という言葉は聞いたことがある方も多いかも知れません。

専用のヘッドマウントディスプレイを取り付けると、目の前に360度の視点で仮想の3D空間が展開され、あたかもそこに自分が存在するかのような臨場感あふれる体験ができるというものです。

今回のモノはスマホ用という事でPS4のような高度なVR体験は出来ないと思いますが、100円という驚愕プライスでしたので喜んで購入してみました。ちなみにネット等でも同様の商品は販売されていると思いますが、今回のような段ボール製のものでも1000円位はすると思われるのでこれは嬉しい。

早速組立ててみます。

まずは裏面に組み立て方法の記載があります。カット等も必要なく、折るだけで完成できるので子供でも簡単に作れそうです。

注意書き。当然ですがアプリは自分で用意する必要があるようです。後でストアで探してみましょう。

中にはレンズ組み込み済みの段ボールが一つ。

広げてみました。翼を広げた何かの愛嬌のあるキャラのようにも見えますw

両方の翼部分を内側に向かって折り曲げて・・・

レンズ部分を起こして組み立てていきます。ここまで一分もあればできます。

最後に上部のスマホをセットして蓋となる部分に付属のマジックテープを貼ります。

完成です!

スマホはこんな感じでセットします。

次にアプリを探しましょう。”VR 、動画”等のキーワードで検索するとすぐ見つかると思います。

↓今回私Naokitが試しにダウンロードしてみたのはこちらのアプリ。

DINO TOWN

http://www.up-frontier.jp/activity/1595/

街に恐竜が現れたシチュエーションの動画の様です。早速見てみましょう。

↓一応、動画(レンズの片目部分を普通に撮影したものです)。

YouTube Preview Image

・・・・・・・・・・

おー、なかなかいいですね。

左右を向いたり上を見上げる動作をするとそれに応じて、画面もリアルタイムに変わっていきますのでなかなか面白いです。

恐竜や風景もちゃんと両目で見れば立体的に見えます。この感覚は実際に両目で覗いて体験しないと分からないでしょうね。

100円でこの体験が出来るのならこれは面白いと思います。おススメです。

 

注:この手のVRアプリは長時間使用していると処理が相当重いのかスマホ端末が結構熱を持つようです。

自分のスマホも10~20分位遊んでいると、かなり熱くなりました。長時間の連続使用は避けた方がいいかもしれません。

鳥獣戯画作品

鳥獣戯画製作キット
http://gigamaker.jimdo.com/

このページでは、歴史の教科書で一度は見たことがあると思われる、”鳥獣戯画”風の作品を作成できるページです。
鳥獣戯画は、当時の時代の世相をウサギや猿、カエル等の動物でコミカルに表現した絵巻物語でありテストにもよく出題されていましたね。
国宝であり、”日本最古の漫画”とも言われています。
今、現在でもコミカルなキャラクターがなんだか微笑ましく、見ていて楽しげな雰囲気を醸し出していますね。

いろいろなページで紹介されているので、作成方法は割愛しますが左のメニューから画像の素材を選び右の画面にペタペタ貼り付けていくだけで感覚的に作成できます。
素材の拡大や縮小・反転も出来、文字も挿入できますので、面白い作品作りが出来そうです。

みなさんも、一度作成してみてください。味のある画風になんか癒されますよ~w

(注:)現在のバージョンでは、作成した画像の保存はメニュー上から出来ないようなので、Windowsの場合、”PrintScreen”キー等でスクリーンショットを撮って編集ソフトなどで保存しましょう。

takaraarts-111201L

うまい棒スライサー(おかしなうまい棒スティックパーティー)
http://www.takaratomy-arts.co.jp/specials/umaibou/
先日、某ホームセンターにぶらりと立ち寄ってみるととある処分特価品を発見しました。

umai04
うまい棒をスライスできる玩具です。正式商品名は”おかしなうまい棒スティックパーティー“。
何度か見たことはありましたが、今までは特に気にも留めることなくスルーしてました。

umai05
・・・が、値段が税込105円。
まぁ、105円なら悩む値段でもないのでブログネタ用にゲット。
ちなみに元々は定価699円(!)だそうです。
定価ならこの玩具買うのにうまい棒なら約70本も買えますなw

umai08
これが、スライサーの肝であるプラスチック刃の部分。左の刃は単純な6等分カッターで右側がなかなかユニークな切り方ができるスパイラルカッターです。

umai07
刃は本体の筒部分の先端にセットします。(写真では六等分カットの刃を装着していますが、この後スパイラルカッターの刃に取り換えています。)

umai01
ここでうまい棒登場。近所のショッピングセンター内の駄菓子屋でゲットしました。
18本18種類入り。

uami02
並べてみるとなんか豪華。180円でこれだけのボリューム感があるとなんか得した気分でワクワクしますね。
左の方のチョコ味はチョコが高価なためかサイズが小さめなんですよね。
いつか全部の風味を一度に食してみたいものです。

ちなみにWikiによると現在一番コストがかかる味は二度の味付けが必要なタコヤキ味だそうです

umai09
うまい棒は刃と逆の部分から筒の中にセット。

umai10
押し出し棒が付属しているので、先ほどうまい棒をセットした後方にセットします。
まぁ、いわゆるトコロテン方式ですな。

YouTube Preview Image
↑スパイラルカット時の動画。本体をしっかり握ってないと外装のフィルムが滑ってなかなか押し出せませんw

umai12

umai11
スパイラルカットしたうまい棒(上画像)と二色の味をそれぞれスパイラルカットし、別々に組み合わせたうまい棒(下画像)の写真。
きれいにウェーブ上にスライスされているうまい棒はなんか新鮮です。
二種類のうまい棒を組み合わせれば味のミックスが楽しめるとのこと。

この後、面白がって残りのうまい棒を六等分カッターで切りまくり、皿の上にキャンプファイヤー時の木を組むように山盛りにした画像を撮っていたのですが、誤って画像を削除してしまいアップすることが出来ませんでした。残念。
うまい棒好きの方は機会があればチャレンジをしてみてはいかがでしょう。
いつもとは違ったうまい棒の食感やミックス味が楽しめるかもしれません。

camp
↑ イメージ画像ww

48347b33

(上記画像は今回の紹介サイトから転用させて頂いています)

ドラクエ復活の呪文新聞
http://rinkaku.game-waza.net/

この世のすべての出来事はファミコンのドラクエ1の復活の呪文で表すことができます。 その衝撃の事実を皆さまにお伝えしていきます。”(サイト説明書きより 原文ママ)

このサイトでは国民的ゲーム、ドラゴンクエスト1の”復活の呪文”をネタとして取り扱っています。
(うちのサイトでも以前に何回か”復活の呪文”ネタを取り上げたことはありますが・・・・。)
なんと、このサイトによると世の中のすべての事象は復活の呪文で予言されていたというのです!w
実に興味深いですねw

もちろんこの復活の呪文はゲーム中で実際に使用が可能。
この復活の呪文を使用してゲームを再開したキャラは意外なステータスやアイテム、能力を持ったキャラである場合もあり様々な事を暗示しておいた場合もあるようです。

信じるか、信じないかはあなた次(以下自粛w)

復活の呪文って何?って方はこちらをどうぞ。

wideex

さて、前回の続きです
例の黄ばんだスピーカをワイドハイターEXパワー(以下ハイターと表記)に漬け込み、約4日間放置しておきました。
この期間が適切かどうかは別にして、実はちょっとベランダに放置したままあやうく忘れかけてただけですw

さて、ベランダからスピーカを漬け込んだ洗い桶を回収してきました。

speaker (23)
あ、・・・・かなり白くなってる!!!
一目で違いが分かりました。数日前の黄ばんだスピーカの印象とはだいぶ違った感じです。

speaker (24)
蒸発防止用のラップを剥がし、表面にハイターを染み込ませて付着させていたティッシュも取り除いたのがこの写真。

し、白い~!!♪♪
これは十分成功と言えるでしょう。
あの黄ばみがここまで落ちるとは驚きです。

この後、ハイターを落とすため十分水洗いし、乾かした後、外していた基盤類を取り付け組み上げました。

↓以下は比較画像です

speaker (2)

↑漂白前のスピーカ

speaker (25)

↑漂白後のスピーカ

違いは一目瞭然ですね。とても綺麗になりました。
これは、もうなんというか痛快ですね。他にもいろいろ漂白したくなってきますw
皆さんも黄ばんだプラスチック製品があればチャレンジしてみてはいかがですか?

P.S.
speaker (29)
後で気付いたのですが、よく見たらスピーカのメッシュ部の金属部のサビが進行してましたw 短期間の漬け置きには問題ないでしょうが酸素系漂白剤は金属の腐食を進行させるようなので、可能なら金属部分は漬け込む前に取り外して置いた方がいいと思います。次からは気を付けますw

kashitsuki (1)

クエン酸 100均で購入
私Naokitはノドが弱く冬の空気の乾燥した時期になるとマスクは必須アイテムです。加えて特にここ数年はほぼ毎年加湿器をガンガンつけてないとすぐノドを痛めて声が出せなくなるといった感じなので、冬の間はほぼ加湿器がフル稼働状態でした。

上記の写真がNaokitが愛用している加湿器。ずいぶん前に友達の結婚式の引き出物でもらったカタログギフトで交換したモノです。

加湿方式はスタンダードなスチーム式のもの。お湯を沸かした蒸気で加湿するというシンプルな方式のものです。やや電気代はかかりますが、水が加熱殺菌されるので衛生面では優れています。

さて、夏も近づき、さすがにこの加湿器も一ヶ月以上使わず放置していたのでそろそろ押入れにしまおうかと思っていたので、来年心地よく使うために本格的に洗浄してみることにしました。

kashitsuki
中を開けて水タンクを取ると、結構汚れています。

kashitsuki (2)
青い蒸気噴出部の根元付近の拡大画像。白っぽい大量の固形物の塊が付着しています。カビではありませんよ。これは水道水に含まれるカルシウムやミネラル分が付着したもの(以下”ミネラル物質”と表記)なんです。
湯沸しポット等の内側にもよく付着してますよね。ポットの場合 給湯に支障が出る場合の原因は大抵これです。
このミネラル物質は意外と曲者で、擦っても固く付着しているためなかなか取れません。金属たわしなんかを使ったりしてもキズがつくだけですのでやめましょう。

kashitsuki (3)

蒸気噴出部を抜いてみたところ。下部の金属部にもミネラル物質が大量に付着しています。

kashitsuki (4)

湯沸し部の釜内部ここもかなり汚いw

kashitsuki (5)

ここで”クエン酸”の登場~!!w
100円均一で購入したものです。
この画像でピーンと来た方。
あなたはかなりのこのサイト”kill-timeDXフリーク”の方ですねw

そうです!!
このクエン酸は以前このブログのネタ きるたいむクッキング!!-自家製サイダーを作ろう!-の回で一度使用していたものですw
クエン酸はいろいろ役に立ちますw

kashitsuki (7)

早速、湯沸し部の釜内部へこのクエン酸を投入。
分量は特に量っていませんが、クエン酸は安全な薬品なので少々多めに投入しても大丈夫でしょう

kashitsuki (10)

あとは熱々のポットのお湯をミネラル分が付着した部分に十分浸るくらいに投入して・・・・3分待てば・・・・・あ、3分じゃダメです。数時間放置しておきますw







kashitsuki (14)
約4時間後。内部のミネラル物質が汚れと共にお湯の中に溶け出してきています。
ちょっと汚い画像ですみませんw

kashitsuki (17)
蒸気噴出部。ミネラル物質が剥がれ落ち、とても綺麗になってます。

kashitsuki (16)
お湯を捨てた後の釜内部。色アセはしょうがないとして、ミネラル物質はこちらもしっかり取れました。
これだけ綺麗になれば十分成功と言えるでしょう。

この後、内部を軽く水洗いし、水分をよく乾かしてから袋で包み、押入れにしまいました。来年も私Naokitのノドを癒してくれる事を期待を込めてw

oboke

世界の「珍名」所 大集合
http://ankyo.rulez.jp/chinmei.html

以前に世界には変わった珍名の人がいる、という記事を書いたことがありますが、世界にはまた変わった名前の土地である珍名所もたくさんあります。

かくいう私の故郷の県である徳島県の西部にも、”大歩危(おおぼけ)、”小歩危(こぼけ)“と言う 観光施設として割とメジャーな珍名所があります。
(大歩危駅前にある地域密着スーパー歩危マートは有名ですw)

このサイトでは管理人の方が実際に全国・世界の珍名所に赴(おもむ)き、そこで撮影した
写真を多数公開されております。とにかく数が多いです。

世界随所に珍地名はあれど、普通わざわざ遠方まで見に行く方はそう多くはいません。
そんな中、10年以上の歳月をかけてありとあらゆる世界の珍名所を次々に訪れ、そしてただ写真を撮ってくる、その行動力にはただひたすら頭が下がりますw

↓本も出版されているようなので興味のある方はどうぞ。

皆さんも一つぐらいは近所で知っている地名もあるかもしれませんよ。

FC COMPACT

エフシーコンパクト (FC COMPACT)

今年2013年はあの国民的ゲーム機だった任天堂の”ファミコン”が誕生30周年を迎えます。
10年前には任天堂も本体の生産を完了し(ニューファミコン)、今もなおレトロゲーム機の歴史に数々の伝説を作った神ハードだったことが語り継がれています。
さて、このファミコン、Wikipediaによると今では任天堂の特許権も消滅しているということで数々のメーカーが互換機を作っています。

先日、近所のジャンクショップ(ハード○フw)に上記の互換機の一つを発見したので、懐かしさも相まって思わず購入してしまいましたw

IMG_0473
買ったのは題名にもある通りエフシーコンパクト (FC COMPACT)という商品。
→この記事の続きを読む

hairtry

ヘアTRY アデランス3D増毛シミュレション
http://www.hairtry.jp/

あの有名なアデランス様のサイトで増毛シミュレーションができるようです。
別に頭部に悩みを持った方でなくても、イメージチェンジをしてみたいという欲求を持った方はたくさんいると思います。
髪形で人の印象って結構変わりますからね。

私Naokitも面白そうなので早速試してみましたw
→この記事の続きを読む

1 / 512345

カレンダー

2017年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031