kill-time

About

Name: Naokit

QRコード


スマホ・携帯用表示対応!

Count per Day

  • 304832総閲覧数:
  • 167昨日の閲覧数:
  • 2011/05/20カウント開始日:

amazon Prime

amazonで検索

楽天市場

楽天で探す
楽天市場

楽天ベストセラー

パソコン

1 / 512345

 

先日歩きながら動画を撮影していたのですが、家に帰りその動画を鑑賞していたところ、小走りで撮影していたシーンや階段を上るシーンなどでは結構な手ブレが生じており、折角のいいシーンでも見ていて少々疲れてしまいました。

最近はカメラ側に高性能な手ブレ補正機能が付いているものも多いですが、歩行しながらの撮影等ではその機能だけでは十分補い切れない事も多々あります。

そんな時に活躍するのが”カメラ スタビライザー(ジンバル)”ですが、結構な金額がします。電動式は数万は軽くしますし、おもりを利用した構造のシンプルな機械式でも数千円位はします。

個人的な使用で使用頻度はそう多くないと思われるので、今回は各種ネットの情報を調べながらこのカメラスタビラーザーを100均グッズを活用して格安で自作することにしました。

今回作るのは、おもりを使いヤジロベーの原理を利用してバランスをとるタイプのものを計画。

早速、使えそうなものを100均で物色して購入してきました。とりあえず上記の6点購入してここまでの出費は648円(税込)。

買ったものリスト。

 

30cm金具 x2

20cm金具 (結果的に使用せず。)

ボルト・ナット・ワッシャーセット(M4-M5セット)

L型金具(2個入り)

ミニ三脚。

 

材料もそろった所で製作に取り掛かりましょう。

 

まずは30cm金具を、エイヤッ!とこういう風に曲げました。それぞれ若干曲げ方を替えてあります。

蛇足ですが上下同じ長さの金具のはずなのに目の錯覚で下の金具の方が長く見えるのが不思議w。

2つの金具を一緒に買ったネジとナットで連結します。緩まないようにワッシャーを噛ませた方がいいでしょう。

全体はこんな感じ。

この金具の下部にL字型の金具をさらに連結します。

こんな感じですね。後述しますが、ここにバランス用のおもりを取り付けられるようにしています。

次に上部の加工。

上部の適当な場所にミニ三脚を取り付けます・・・・・・、と一言で終わりたいところですが、金具の穴の形状が小さいためミニ三脚のネジ部分が貫通しません。

ヤスリなどで削って穴の大きさを拡張しましょう。4mm穴だったので6mm相当に広げます。

これが一番苦労しました。一応、後で三脚の位置を変更してバランスを取れるようにするため上部の穴を一つだけでなく複数個拡張しておいた方が便利そうです。

 

苦労の末、三脚の取り付けに成功しました。

こんな感じで、とりあえず完成です。

デジタルカメラをセットしてみました。

 

 

ちなみにこのカメラ取り付け部分を、

100均で追加で買った、こういうスマホ用の三脚クリップに取り換えるとデジカメだけではなくスマホの取付けにも対応できます!。

それでは実際に効果を試してみましょう。

おもりは今回は電池を束ねたものを使用して実験してみます。

上に載せるカメラの重さ以上のものを付ける必要があります。

重いほど安定するようですが、カメラが水平状態に戻る際に、適度な速度でゆっくりと戻るように重さを調整します。おもりは今回は下部にぶら下げていますが、おもり自体が、ぶら下げた状態だと余分な揺れを発生させるので、できればおもりは動かないように固定して取り付ける方がいいと思います。


う~ん。多少微妙ですが手の動きをまずまず吸収してくれているようです。

改善の余地はありそうです。

 

おまけ

調子に乗って携帯性を高めた小型スタビライザーも作成してみました。

コンパクトでスマホとの相性もいいです。

機会があれば屋外での撮影動画などもアップしてみたいと思います。

先日、近所のハードオフで激安のジャンク品を発見。

税込108円のDELL製のデスクトップパソコンです。

なんと下部のシールには Intelの Core2Quad のロゴが貼ってあります!

4コアのCPUなので動けば今でも通常の用途なら十分現役で使用出来そうです。

前のオーナーがCPUを換装したり取り外ししてなければいいのですが・・・・

ピンボケして少々見にくいですが、ジャンクの内容を詳しく見てみると

トレイ開閉NG(おそらく内蔵の光学ドライブ)、BIOS起動NG、HDD・メモリ無し

との事。ちなみにCPUについては言及なし。

さすがにBIOS起動NGだと使い物にならないかなぁ”、と幾つか不安材料もありましたが、税込108円なら直せなくても何かしらの部品取りだけでも軽く元は取れるだろうと思い購入。

家に帰って早速、点検&クリーニング。

ぱっと見の外装はとてもキレイ。

ただ細部を見るとあちこちホコリまみれです。タバコの臭いも気になります。

光学ドライブのトレイ部分。ここもホコリだらけだなぁ 思いながらせっせと雑巾でホコリを拭いていると・・・・・・・・ん、これ良く見たらブルーレイドライブじゃん!

ちょっとラッキーでした。トレイ開閉が出来ないとのジャンク内容でしたが、もし無事動けば儲けものです。

この光学ドライブについては後述します。

背面部。写真では分かりずらいですが、あちこちにホコリがまんべんなく付いています。

ここで下部に注目。このPCグラボも付いてたんですよね。これももし動けば大ラッキーです。

続いて内部の清掃。これはある程度清掃した後の写真ですが、それはそれは凄いホコリでした。

更にタバコのヤニのせいなのかホコリがPC内部に絡みついていて結構手間取りました。

ちなみにジャンクの内容通りHDD・メモリは抜かれていました。

 

あと、先ほどの刺さっていたグラボは調べてみると、ATi社の Radeon HD3650でした。型番はATI-102-B38201。

当時のミドルクラス級のグラボですのでこれも動作すれば儲けものです。

さて、清掃も終わったのでいよいよ動作テストをしていきましょう!

何はともあれ、まずはメモリを増設しない事にはテストできないので、メモリスロットに注目。

早速手持ちのDDR3のメモリを押し込んで動作確認をしようとした所、なぜかうまく挿さらない。

そこでハっと気づきました。このマザーボードDDR3メモリじゃ無くてDDR2メモリ専用じゃん!!

そうです、この世代のCPUの時はDDR2からDDR3メモリの移行期でマザーボードによってDDR2メモリを使うものとDDR3メモリを使うものが混在していたのです・・・・・。

自分は当時この世代のCPUを使っていた時DDR3タイプのマザーボードを使っていたため、てっきり手持ちのDDR3メモリで大丈夫だろうと勘違いしていました….. orz

ちょうどDDR2メモリは持っていなかったので、悔しさのあまりもう一度ハードオフに直行

少々、お高い感じもしましたがジャンク品のDDR2メモリ1GBを購入。値段は540円。今回のジャンクパソコンの5倍の値段です。これでこのパソコンが起動しなかったらただのゴミになります。

なんだか若干負けた気がしますが、気を取り直してメモリをセットして電源ON。

 

ところが、電源は入り電源LEDも点灯し、CPUやグラボ、ケースの各ファンも回転するのですが画面が真っ暗のままで何も表示されません。マザーボードからエラー時のビープ音などの反応もありません。

やっぱりジャンク表示通り本当にBIOSが壊れているのかなぁと半分諦めかけた矢先、

試しにグラボを外して内蔵グラフィックに切り替えて再起動したらあっさりとメーカーロゴが表示されました!!

結論から言えばグラボが故障していたようです。ハードオフの店員さんもこのグラボの故障には気付かず、マザーボード上のBIOS不良としてジャンク扱いにしたのでしょうね。

BIOS画面も無事起動。CPUもケースのシール通りの4コアのCore2Quad(Q8200)が搭載されています。

CPUだけでもオークションで数千円の価値はありそうです。

とりあえずBIOS起動で一安心したので次はトレイ開閉不良の光学ドライブを見ていきます。

一旦光学ドライブを取り外し詳しく調べてみたところ、LITEON社のDH-6E2Sというブルーレイのコンボドライブでした。ブルーレイは読み込みのみで書き込み機能はありませんでした。ちょっと残念。

簡易的に電源を接続してイジェクトボタンを押してみると、なるほど確かにガコッ!という音が一瞬してトレイが出てきません。

こういう時は、とりあえず分解。

 

怪しいと思っていたプーリー部分のゴムベルトが経年劣化で緩んでいました。

とりあえず適当に輪ゴムに交換したら無事開閉できるようになりましたw

え?耐久性?そんなものは気にしていませんw

後でテストした所、CD、DVD、ブルーレイディスクいずれも問題なく読み込めました。

トレイ開閉不良もこのパソコンがここまで安いジャンク品扱いになった理由でしょうからこれはこれでラッキーでした。

という事で、無事このパソコンは起動可能な状態にリペアできました。

今後、時間があれば余っているHDDを搭載してFreeNASでも入れてファイルサーバにしたり、安いメモリを増設し、4コアを活かして仮想サーバ化でもしようと思っています。

 

GAME MACHINE 108 in 1 1080円(税別)

先日友人と徳島方面へハードオフ巡りの旅に出かけた時に面白そうなものを発見。アーケード筐体型のおもちゃです。

GAME MACHINE 108 in 1” という表記しかありませんがこれが商品名でしょうか?

調べてみるとゲーセン等のプライズ系のマシーン等でゲットできる商品の様です。

さて、この商品ただのオブジェじゃありません。

なんと実際にゲームが出来るようです。

まぁ、毎度のごとく各ゲームのクオリティは期待はできないと思いますが、何よりゲーセン筐体に憧れる世代のオッサンたちには、この形を見るだけでワクワクします。

では開封。

うーん。いいですねぇ。このアストロシティ風の風貌。普通に写真撮るだけでも画になりますわ。

ボタンは小さいながらもしっかり押せます。レバーはちょっと硬めの感触かな。

画面下に格闘ゲームの必殺技のコマンド表っぽいシールが貼ってありますが、残念ながらそのコマンドを使うゲームは収録されていないようです(笑)

本体は非常に軽く、この説明書によると175gだそうです。

裏面は上部から電源スイッチ、スピーカー、そして一番下には電池ボックスがあります。

電池投入。単三電池3本で駆動するようです。

電池を入れて電源を投入すると間髪入れずにメニュー画面とサウンドが爆音で流れ出しました。

音量は本体右側のボリュームダイヤルで調整出来ます。

画面下のキャラは某米国映像配給会社のウサギキャラに酷似していますが多分気のせいでしょう。

一応、108個ゲームは入っているようです。

ゲームNo.1のF-22を起動してみました。

このゲームはファミコン互換機のサンプルゲーム等にもよく収録されてますね。

なかなかの力作です。この小さいコントローラーでも普通に操作できます。

この小さい筐体上で遊ぶと、また違った面白さがありますねぇ。

電源をACアダプタ等から取って電源入れっぱなしのオブジェとして飾ってもオシャレで面白いかも知れません。

 

さて、一通り遊んだあと何か改造できないかと思い、とりあえず軽く分解してみましたw

(分解の為にはサイドに貼られてあるステッカーを一部切らなければなりませんので注意。)

前面部と背面部に分かれます。

前面部。液晶、コントロールユニット、ゲームのIC類はここに集約されています。

背面部スイッチ、スピーカ、電池ボックス、音量ボリュームがありますね。

思った通り、中はスカスカですね。技術のある人ならこの内部にラズパイZERO等を組み込んでエミュレータを起動させたりしているようですが、スペースは十分あるので手先の器用な人ならそういう改造を施すと面白いでしょうね。

しかし、こういう記事を書いていると、近日発売されることが発表された”NEO GEO mini”が非常に気になります。あれはNEO GEO世代の人たちにはたまらないのでしょう。

自分も発売されたら買って見ようかなぁ。

 

おまけ:

◎徳島ラーメン東大

今回の徳島ハードオフの旅で食べた徳島ラーメン東大 さんの徳島ラーメン自分の中では”徳島のラーメンといえば金ちゃんヌードル”なのですが、これはこれで大変美味しいです。濃いめのスープはご飯が進みます。ちなみに生卵は食べ放題。ラーメンに入れるのはもちろん、ご飯を注文して卵かけご飯にしても◎。また注文すればコンロを貸してくれるので、ラーメンの残り汁にご飯と生卵を入れて雑炊にして食べるのもおススメらしい。上記のメニューで苦しいくらいお腹一杯になりました。

◎コインスナック御所24

阿波市土成町にある懐かしい自販機がズラッと並ぶゲームセンター併設のコインスナック店。

ここには日本で唯一の現役稼働しているボンカレー・ライス自販機があります。仁鶴師匠が若い!。これは各メディアで何度も取り上げられていますのでとても有名らしいです。YouTubeにも物好きな人がたくさん動画を上げています。

カレーを記念に注文しても良かったのですが、今回は前述の徳島ラーメンを食した後で腹が膨れすぎてカレー購入は断念。普通にジュースを買いました。友人は自販機でうどんを食べてました。(このうどん自販機も珍しいらしい。)

自販機コーナーに併設されているゲームセンターコーナーにはゲームセンターCXでおなじみの有野課長の写真が。昨年番組で放映された”ゲームセンターCX in 四国 ゲームお遍路88台めぐりの旅”で収録された時に撮影されたもののようです。この写真の下には番組でも放映されたパンティーのカプセルクレーンゲームがありました(笑)。

AGEphone(Android版・iOS版等 無料)

https://www.ageet.com/products

かねてからのスマホ・携帯電話の普及やかけ放題サービスの普及ですっかり固定電話を使う機会が減っている昨今ですが、一部固定電話でしか繋がらないサービスが存在するため我が家ではたまに”ひかり電話”を利用しています。

そんな折、先日家の固定電話の子機が壊れました。電源が入りません。親機は問題ないのですが、やはり子機で電話をかけられないのは何かと不便です。

電話機自体は安いので買い替えようかなぁと思っていたのですが、ふと、このAGEphoneの存在を思い出しました。

AGEphoneはスマホ用(PC版もあり)のアプリで、ひかり電話使用時にスマホにこのアプリを導入することによりスマホをWiFi経由でひかり電話に対応させることができるアプリです。

もっと分かりやすく言うと、家でスマホを電話の子機のように利用できるアプリなんですね。もちろんこのアプリから発信した場合は相手先には携帯の番号ではなく家の固定電話の方の番号で発信されます。(ちなみに家に電話機がなくてもこのアプリ単体でも使用できます。)

ではインストールしてみましょう。

→この記事の続きを読む

VR用撮影レンズ IFD-361  1000円前後で購入

先日、近所のディスカウントストアで ちょっと面白そうなものを発見しました。

スマホ用の3D撮影レンズです。

具体的にはスマホのレンズ部分に付属のクリップでこの特殊レンズを取り付けて簡易的な3D撮影(サイド・バイ・サイド方式)が可能という商品です。

→この記事の続きを読む

Fire HD8タブレット(NEWモデル)16GB 11980円(通常時1台価格)

先月、・・・といっても年が明けてしまったので去年になりますが、Amazonが年末のセールでPrime会員限定のFire HD8タブレットのセールを行っていました。

通常1台11980円の端末ですが、なんと2台で11980円という大特価!! つまり半額の50% offです!

Amazonのこの手の端末は非常にコスパが良く評判も上々なので、ガジェット好きの自分としてはこの機会を逃すわけにはいかないので友人と共同購入という事でポチッてみました。

→この記事の続きを読む

(上の写真は完成後専用ケースに入れたものです)

入力DAC PCM5102A搭載32bit 384kHz (製品型番不明) 1280円で購入

以前から小型ボードPCの Raspberry Pi3+ (以下、ラズパイ)を使って、スーファミ型PCを作ったり車のナビにプレステエミュレータを導入したりといった記事を書いてきましたが、今回はこのラズパイを使ってミュージックサーバーを作成してみました。

→この記事の続きを読む

( ↑ 上図は完成後のキーボード)

PCを使っている方、特に自作PC等を長年続けている方等であれば、誰しもお気に入りの周辺機器というものはあると思います。

それが、モニターであったり、マウスであったり、ケースであったり様々あるでしょうが、キーボードは特に好みが分かれる機器の一つですよね。大きさやタイピング時の感触・音、キー配置、キー間隔・・・・、こだわり所はたくさんあります。

そんな中で、私Naokitのお気に入りのキーボードはサンワサプライのSKB-SL09BK(生産完了品)です。

コンパクトでありながら適度な安定感がある重さ、タイピング時の感覚等がもう手に馴染んでしまっており、気が付けばかれこれ7,8年は使っていると思います。

そんなお気に入りのキーボードですが最近気になる事が・・・

キー文字の摩耗です。具体的には”A”と”N”のキーの文字がかすれて見えづらくなってきています。

人によっては白い油性マジック等で書いたりする方もいるようですが、見栄えがアレなのでどうにかいい方法がないかと詮索していたところ、

すり減ったキーの上に貼る キーボードシール なるものが発売されている事を知りました。

ただ、このシール結構高い!。1000円近くします。今どき1000円も出せばちょっとしたキーボードなら買えちゃいますよね

・・・・って事でこんな時はDIYですw  キーボードシールの自作にチャレンジしました。

→この記事の続きを読む

ネットギア Ready NAS NV ハードオフで1080円で購入

先日、行きつけのハードオフでいつものように物色しているとPCジャンクコーナーでNAS(ナス)を発見。

お値段はなんと1080円!

→この記事の続きを読む

 

先日、うちの愛車アクアの車載ナビが壊れたという記事を書きましたが、宅急便で修理センターに送って数日で無事修理されて戻ってきました。
ちなみに修理内容はフロントのボタンパネルの交換で、自分の場合今回の修理費用は無償でした。ケンウッドさん有り難うございます!

さて、戻ってきたナビを車に取り付けるのですが、そのまま戻すだけでは面白くないので、今まで使用していなかったナビのコンポジット入力端子(赤白黄の端子)を使って小型ボードコンピューターの”Raspberry Pi”(以下ラズパイ)を繋げることにしました。
繋いで何をしようかと考えましたが、今回はエミュレータ―を使用してゲームを動かして遊んでみる事にしました。
ラズパイと言えば先日も記事に書きましたが、スーファミ筐体にラズパイを組み込んで簡易パソコン化したアレですw

↓ちなみにその時のラズパイネタ記事はこちら
スーパーファミ”パソ”コン作ってみた -Raspberry Pi3 Model B-

では必要なものを準備。

→この記事の続きを読む

1 / 512345

カレンダー

2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031