kill-time

About

Name: Naokit

QRコード


スマホ・携帯用表示対応!

Count per Day

  • 262947総閲覧数:
  • 211昨日の閲覧数:
  • 2011/05/20カウント開始日:

楽天で探す
楽天市場

楽天ベストセラー

エッセイ

15 / 16« 先頭...1213141516

ノズルパターン
久しぶりにプリンタで印刷でもしようかと出力してみると、なんか色がおかしい。所々に擦れ(かすれ)もある。
怪しいと思ってプリンタのノズルチェックパターンを出力してみると、案の定ヘッド詰まり・・・・
ひどい場合は全く色が出ないという場合も。

年に数回しか印刷しない人にとっては良くある話ですよね。

メーカー修理を行うと大体5000円~12000円はかかります。

そんな時の私の行う我流修理方法を紹介。もちろん一切保証はしませんし、症状が悪化しても責任は持ちませんので悪しからず。

ダメ元で・・・という方のみ、以下の方法をご紹介。
(この方法はヘッド部分を取り出せるキヤノン等のプリンタのみ有効です)

1. 40℃位のやや熱めの熱湯に数分間つけておく。
2. お湯から取り出し、ヘッド部分を口でチューチュー吸うw
3. 1・2を数回繰り返す。(私は念のため10回程繰り返してます。)
4. 3日程良く乾かす。

たった、これだけです。私の場合これで少なくとも3回は直ってます

あと、口がインクまみれになりますので、あとで歯は良く磨きましょう。
赤インクとかを口からしたたらせていると家族がビックリしますのでw

ちなみにインクを吸うのに抵抗がある方は、”吹くのでもいいんじゃないの?”と思われる方もいるかも知れませんが、吹くのはかなりの頬の力を必要としますので吸う方がかなり楽です。

↓インクをチューチューするのはやっぱりイヤッ!!という方には以下のような商品もあります。
効果の程は賛否両論ありますが、安いので一個もっておいてもいいかも。(キヤノン・エプソン兼用)

Callenヘッドクリーニング液




数週間前に自由と放埒(ほうらつ)の国イタリアのシチリア島で時間の歪みが起きていたそうです。

記事によると、なぜか、島中のデジタル時計が一斉に15~20分程進み、仕事に誰も遅刻しなくなってしまったとのこと。(←遅刻するのが前提になってるところはお国柄でしょうねw)

この原因について、いろいろな説が出ているようですが、今のところ詳細は不明。

この記事をネット上で初めて目にした時に、個人的にはちょっとタイムマシン的なイメージを感じたのですが、そういうモノの開発の研究につながれば面白いですね。

 

元ネタ記事サイト

http://dailynewsagency.com/2011/06/14/time-trouble/

trick_picture

まずは、上の画像を見てください。何の変哲もない円筒の立体物と模様に見えます
が、何が不思議かというと画像上の”A”と”B”の色が実は同じ色なのだそうです!

一見すると、絶対に分からないと思いますが、”A”と”B”の部分の周りを指で隠すなどして比べてみると確かに同じ色と確認できます。しかし、隠すのをやめると途端に違って見える・・・・面白いですねぇw

人間の目って意外に周りの環境でだまされちゃうんだなぁと改めて思いました。

数年前にこの画像を初めて見て衝撃を受けましたが、先日、PC内の保存画像を整理していたらこの画像が出てきたので、この場を借りて紹介します。

あなたは暗算が得意ですか?
1桁同士の足し算やかけ算なら誰でも即座に答えることは出来るでしょう。
では、

77+56
28×25
98×5
97×5

等はどうですか?(考え方の一例はこの記事の一番下に記載)
なかなか一瞬で解答するのは難しくなりますよね。
中には紙に書いて筆算でないと無理!という方もいるかも知れません。
しかし、こういう計算はあるコツをつかむと暗算で答えが出せるようになります。

↓以下のサイトでは数々の計算のテクニックを公開されています。一時期話題になった「インド式計算」や「古代エジプト式計算」も紹介されています。

計算のトリック
http://calc.chu.jp/

既にご存知のテクニックもあるかも知れませんが、こういうのを覚えて使いこなせるようになると楽しいですよね。

私の場合、高校・大学時代にこのような法則を取り上げた本を面白がって買って、20くらいのパターンを覚えて使いこなしていたのですがいつの間にかほとんど忘れてしまっていたので、こういうサイトを発見し結構記憶が蘇って来ましたw

 

◎解答
77+56  =(77+3)+(56-3)  =80+53  =133
28×25  =(28÷4)×(25×4)  =7×100  =700
98×5   =98×(10÷2)  =980÷2  =490
97×5   =(100-3)×5  =500-15  =485


kill-time Hyper
http://killtime-hp.doujin.so/

先日より、
知人が運営している無料レンタルサーバーサービス (前にもこのブログで紹介しましたが、)

同人荘 – doujin.so! 
http://www.doujin.so/

を利用させて頂き、kill-time DXの姉妹サイト

kill-time Hyper
http://killtime-hp.doujin.so/

を開設しました。
ランキング300位内のiPhone/iPodアプリからランダムにアプリを紹介しています。
ランダムな紹介なので偏りがあるかもしれませんが、意外な掘り出し物アプリが見つかるかも知れません。

良かったら時々、訪問して頂けると嬉しいです。

ハリナックス

今回は一年位前から話題になっていた、針不要ホッチキス(ステープラー)の紹介。

複数のメーカー様から発売されているようですが、今回は私が先日購入したコクヨの”ハリナックス(4枚とじ版)”をレビューしたいと思います。

値段は購入する前は2000円位するのかと思っていましたが、実際には1000円前後で思ったより安価でビックリ。

外観は安っぽくなくガッチリとした作り。他社の同類品に比べ持ち心地も良く、綴じる際の力加減もちょうどいい感じでした。

綴じる仕組みは、紙に山型の切れ込みが入り、それをもう一つの切れ込みに挟み込むようになってます。(→下記写真)
針のタイプと比べると綴じる力は弱いでしょうが、紙を綴じる用途としては十分な強度があるように感じました。実際。めくっている時にまずバラけることはありませんでした。

若干気になった事は、仕組み上どうしても紙に穴が開くので見栄え上気になる人もいるかも知れません。あと、厚みがある紙や多めの紙を綴じた際、紙から引き離す時に少し紙が引っかかる感覚が時々ありました。この点は多くの書類を連続で綴じる場合、改善されて欲しいと思いました。

まとめ:改善点は多少見受けられましたが、十分実用的で面白い商品だと思います。処分の際、シュレッダーで裁断する際もイチイチ針を抜かなくてもいいのでオフィスなどでも役に立ちそうです。
後は綴じる枚数がもっと増えてくれればいいなぁという感じです。

追記:今回は4枚とじ版を購入しましたが、今は進化して8枚とじOKってのもあるみたいです。

 

実際に綴じた画像

動画:文具王の文房具研究所

YouTube Preview Image

 


先日、とある知人から使いづらいということで、記念硬貨(内閣制度百年記念500円玉)を両替にてゲットしました!(もちろん交換レートは1:1)
内閣制度創設といえば、確か1885年なので、つまりこれは1985年発行のもの。今から26年前のモノってことです。

この手のモノはいまいち詳しくないのですが、もしかして、結構コインマニアの間でレアなのかも!と思いワクワクしながらネットで調べてみると、・・・・・・相場が大体600円~800円。

まぁ、額面以上の価値がありましたし、いいんですけどねw
ちょっと変に期待しちゃいましたw

何やら昭和以降の記念硬貨は東京オリンピックのものを除いては、ほとんどのものが流通量も多く、額面+α位にしかならないそうです。勉強になりました・・・

記念コイン
http://asahistamp.com/HP/koin_4.html

Zoff
http://www.zoff.co.jp/mirror/#/DP02002_E-2

オンラインのメガネショップ”Zoff“様のサイトでパソコンの画面上でAR(拡張現実)技術を使ったメガネの試着が出来ます。

まぁ、有名な所ではiPhoneの”セカイカメラ”とか、Nintendo 3DS付属の”ARゲームス”が同様の技術を使っていますね。

正面だけでは無く、横に向いたりうつむいてもメガネをかけた状態を維持できるところがスゴイ!
ちょっと面白いので試してみる価値ありです。画像も保存できますw

注: PCにWebカメラが必要です。

ニンテンドー3DS アクアブルー

新品価格
¥22,980から
(2011/6/3 00:25時点)

以下の写真は道路に数字の物体が複数転がっているように見えますが、これはすべて道路にチョークで書かれた”絵”だそうです。

ある中国のアーティストの方の作品らしいですが、その技術の高さに脱帽です。

運転中、道路でこんな絵に出くわしたら思わずブレーキ踏みそう。

 

元ネタ
http://www.chinasmack.com/2010/pictures/chalk-god-chinese-3d-street-artist.html


いい加減PCの内蔵HDDのデータが貯まりに貯まってきたので、それを整理するために2TB HDDを追加購入。
価格は”新製品が安い!”某店で8000円ちょっと。ずいぶん安くなったもんです。
1年くらい前に買ったときは16000円位で安いと思って購入したのにもうそれの半額とは・・・・

で、この手の市販の外付けHDDは、(おそらく古いOSとの互換性を考えてのことでしょうが)購入時点でのファイルフォーマットは大抵”FAT32”。これだと、1ファイルが4GB以上のデータは使用できず、個人的には非常に不便なので早速”NTFS”形式で再フォーマット。

ここで問題が。

いつもならば面倒なので再フォーマット時は毎回”クイックフォーマット”で済ませるのですが、今回はHDDの物理的なエラーチェックもした方がいいかなーと思い、特に何も考えずに”通常フォーマット”を実行。

・・・・・・・・・・・結果、20時間以上経過した今でも、まだフォーマットが終わりません。orz
あと数時間で一応終わりそうですが・・・・。

調べてみると2TBもの容量になると、SATA接続でも大体4~6時間、低速なUSB接続だと軽く20~30時間位かかる例もあるそうですね。
ってことで、全然データ整理出来てませんw

BUFFALO USB2.0 外付けハードディスクドライブ 2.0TB HD-CL2.0TU2/N [フラストレーションフリーパッケージ(FFP)]

新品価格
¥8,980から
(2011/5/15 23:25時点)

15 / 16« 先頭...1213141516

カレンダー

2018年1月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031