kill-time

About

Name: Naokit

QRコード


スマホ・携帯用表示対応!

Count per Day

  • 257191総閲覧数:
  • 175昨日の閲覧数:
  • 2011/05/20カウント開始日:
Amazonで検索
楽天市場で検索
楽天で探す
楽天市場

b.glen

楽天ベストセラー

エッセイ

1 / 1612345...10...最後 »

ネットギア Ready NAS NV ハードオフで1080円で購入

先日、行きつけのハードオフでいつものように物色しているとPCジャンクコーナーでNAS(ナス)を発見。

お値段はなんと1080円!

HDDは付属していませんでしたが、それを差し引いても安いので即買いしました。目立った傷などもなく良い状態の個体です。プライスに店側のコメントもないですが、おそらくジャンク品とはいえ、動作はするだろうと思います。(多分HDD無しがジャンク品になった理由だと推測。)

一応、補足しておきますとNASとは”Network Attached Storage”の略でいわゆるネットワークで共有して使える便利なハードディスクの事です。

手持ちのルーターのLAN端子とこのNASを繋げばネットワーク上の全てのPCやスマホ等からデータを共有できるので管理・運用が非常にスムーズに行えます。

 

では詳細を見ていきたいと思います。

正式型番は RNV1-S2-0000 というもののようです。

資料が少なくネット上でもあまり情報は見つからないのですが、とあるページの情報によると発売当時は10万前後する商品だったようです

前面には上部にUSBポートが1つと電源ボタン、バックアップボタンがあります。おそらく外部のHDDにNASの内容をバックアップ出来る機能かと思われます。

 

背面のLANインターフェースは一応ギガビット対応の模様とりあえず最低ラインはクリア。

今どき100BASE-Tじゃ使う気が失せますのでこれは一安心。

USBポートも背面に2ポートあります。ここに追加のUSBストレージを繋いで設定すればファイルを共有できるようになるようです。

後、気になるのは重さ。HDD無しでも重さが4.6kg程もあります。HDDをMAXの4台入れると6~7kgにはなるでしょう。

そのためか、背面には持ちやすいように取っ手も付いています。これはもうある意味ちょっとした鈍器ですな。

なお、NASのCPUは不明、搭載メモリは256MBと今となってはかなり非力なスペックでしょうが、まぁ個人でちょっとしたデータ保存に使う程度なら問題ないでしょう。

前面の扉を開くと、HDDベイが4つあります。つまり最大で4台のHDDが搭載可能になっています。

各ベイは下部のボタンを強く押すことによって、上部のラッチが外れ取り出しが可能になっています。

このボタン、当初は異常に固く指が痛くなるほど押さないとラッチが開かなかったのですが、何度かボタンを押しているうちに徐々に普通の固さになってきました。

HDD取り付けのネジなども無くさないようテープで張り付けて付属されていました。細かい所ですがこれは有難い配慮です。

今回使用したHDDはこの3台。1TBのHDD3台です。

実はこのHDD、友人の”くりゅえる”さんに譲って頂きました。彼は現在までに100台以上のHDDを購入しており、自称 ”衝動買い選手権入賞者” と名乗る程の猛者ですw。

くりゅえるさんありがとうございました。

 

それでは、いよいよHDDを組み込んで行きましょう。

各HDDをネジでベイに固定していきます。

RAIDは”0”,”1”,”5”の3パターンから組めますが、ネットギアのNASはX-RAID機能という自動ボリューム拡張機能が備わっているため、特に意識せずともHDDを増設しながら自動でパフォーマンスと冗長化を両立した最適なNAS環境が組めるとの事。今回はこのX-RAID機能を使ってHDDを増設していきます。ちなみにX-RAIDは高速で高価な”ハードウェアRAID”ではなく安価な”ソフトウェアRAID”なのでパフォーマンスはあまり期待できそうにないです。

HDDをセットしてルーターとLANケーブルで繋ぎいよいよ電源を投入。

無事電源が入りました~。後面のファンも特に問題なく回転しています。

 

次にネットギアのサポートサイト内に専用のRAIDarというツールがあったのでそのツールを使いNASを設定していきます。

(もちろん手動でIPスキャンをかけて、ブラウザ上からNASのIPアドレスを直接叩いて設定画面を出してもOKです。)

”管理者ページボタン”を押し、NASにログインします。幸いログイン ID・パスワードは前の所有者がデフォルト状態のまま変更していなかったので、設定画面が無事開きました。

ブラウザ上でNASの各種設定が可能です。

今回は X-RAID 機能により1TB HDD 3台がRAID 5で動作しているため使用可能領域は約2TBとなっています。(1TB分はHDD故障時に復旧するためのパリティデータとして使用されています。)

 

という事で今回のジャンクNASは問題なく動作しました。

この機種は最大2TB*4台まで認識できるとの事なのでいずれはHDDを少しづつ換装して長く使っていきたいと思います。ベンチマークなども機会があれば調べてみたいと思います。(かなり前の商品で、しかもソフトウェアRAIDなのでそんなに速くはないと思いますが・・・・)

 

ちなみに現在、我が家にはNASは他にも2台(玄箱(500GB *現在は非稼働)、LinkStation(3TB x 2 RAID1 ))とファイルサーバマシン(3TB x 4)も1台あるので、保存環境には今の所不自由してないのですが、今回で更に保存環境が充実する事が出来ました。

それにしても保存ストレージは幾つあってもいいもんですねぇ~w

 

11/24 追記

その後、転送速度をベンチマークソフトで計測してみました。

う~ん。これといって特に遅すぎることもなく、速すぎると言った事もなく普通の結果でしたが、かなり前の製品という事を考慮すればこんなもんなのかなという感じです。

ちなみにNASのジャンボフレーム機能(以下JF機能)をONにすると

と、なぜか大幅に速度が落ちました。(一応、ネットワーク上のHUBもJF機能対応ですし、LANインターフェースもJF機能に合わせて設定しましたつもりなのですが相性の問題なのですかねぇ・・・・)

まぁ、何かとトラブルの多いJF機能ですので、今回は使用を諦めましたが最終的にベンチマーク結果はあまりふるわない結果となりました。

 

でんじろう先生のサイエンスキット ソーラーカー (ハードオフで540円で購入)


今回は一か月以上前にハードオフで購入していて部屋に忘れて放置していた商品の紹介です。
540円と手頃なお値段で面白そうだったのでついで買いで購入していました。
ミニ四駆世代の自分としては、ちょっと心惹かれる商品です。

箱の裏面。白熱電球では走りますが、LEDや蛍光灯の光では走らないとの事

という事は、このソーラーパネルは紫外線で効率よく発電するタイプのものかと思われます。(違ってたらすみません)

入っているパーツは上記で全てです。接着剤等の使用は一切不要で簡単に組み立てられそうです。

この商品の心臓部とも呼べるソーラーパネルとソーラーモーター。

箱にも書いてありますがソーラーパネル部分は1794個もの太陽電池素子が搭載されているそうです。

ソーラーモーターは詳細は不明ですがおそらくタミヤの”ソーラーモータ03”と同等品ではないかと思われます。

組み立てる前に天気の良い日にデジタルテスターでソーラーパネルの性能を計測してみました。

結果、電圧は0.44V、電流量は46.4mA ほどの発電量でした。

では作成に取り掛かります。説明書はこんな感じ。

発砲素材からボディとなる部分をくり抜いていきます。

それぞれのボディ部品をストローのような部品で繋いでいきます。モーターも穴にはめ込んでいます。

竹ひごを付けたタイヤをストロー部分に通して

ここまでくれば、完成はもう少し。

上部にソーラーパネルを挟み込みソーラーパネルの端子部分にモーターのクリップを取り付ければ完成。

ゆっくり丁寧に作っても20分もあれば完成すると思います。

駆動はモーターからタイヤにダイレクトに伝わります。

上記の写真はモーターにハイパワー型ギヤーを取り付けています。

説明書に記載はありませんが自分で測った所、ギヤ比は約 9 : 1でした。(モーター9回転でタイヤが1回転する)

お好みでハイスピードギヤにも取り換え可能。トルクは下がりますが回転数は上がります。

こちらも独自計測ですがギヤ比は約 4.5 : 1 でした。(モーター4.5回転でタイヤが1回転する)

ハイパワー型の約2倍のギヤ比ですね。ただ、太陽電池の発電量によってはこのギヤではトルク不足で走らないかも知れません。

部屋のベランダで慣らし運転させてみます。

短い動画ですが、良く回っています。

では天気の良い日に外で走らせて見ましょう。

決して力強くはありませんがどうにか走っているといった感じですw

(ギヤはハイパワー型の方を使用しています。この日の天気ではハイスピードギヤの方では回転力が足りずうまく走りませんでした。撮影日は9月某日の午後3時頃です。)

電池駆動のミニ四駆のような速度を期待するとガッカリしますが、小さな子供が遊ぶのにはちょうどいいかも知れません。
手軽に作れるので子供の自由研究などにどうぞ~。

以前の記事の続きです。以前の記事はこちらから。

では、内蔵されていたHack ROMゲームを紹介していきます。興味のある人は少ないかもしれませんがw

しばらくお付き合い下さい。(画像はUSBキャプチャーでスナップショットを撮っています。)

30代後半以上のファミコン世代の方なら画面を見ただけで、ニヤリとすると思います。後述しますが、幾つ分かるか数えながら見てみてください。

→この記事の続きを読む

25in1 TV Plug-and-Play (メーカー不明 ハードオフで540円で購入)

いつものハードオフネタです。
先日、高松のレトロゲームイベントに行った際の帰りに高松のハードオフへ寄った所、変わったゲーム機を発見しました。

→この記事の続きを読む

 

CAPTAIN STAG Amazonプライムセールで 9800円で購入

先月のプライムセールで念願の折りたたみ自転車を購入しました。Amazon限定モデルだそうです。色も10色から選べるので悩みましたが白色を選択。

デザインもなかなかカッコいいです。

今までは近所のスーパーにちょっとした買い物に行くのに毎回車で出かけていましたが(距離が800メートルほどで歩くのにはやや面倒な距離の為)、これでわざわざ車を出さずにさっと買い物が出来そうです。それにしても自転車の購入は大学生の時以来です。しかも、折りたたみ自転車の購入は今回が初めてです。

最初は近所のホームセンターで普通のママチャリでも買おうと思ってたのですが、折りたたみタイプなら今の愛車であるアクアにも積載出来ますし、山や海に出かける時も持ち運んで活躍できそうだったのでポチッてみました。

→この記事の続きを読む

 

先日、うちの愛車アクアの車載ナビが壊れたという記事を書きましたが、宅急便で修理センターに送って数日で無事修理されて戻ってきました。
(ちなみに修理内容はフロントのボタンパネルの交換で、自分の場合今回の修理費用は無償でした。ケンウッドさん有り難うございます!)

さて、戻ってきたナビを車に取り付けるのですが、そのまま戻すだけでは面白くないので、今まで使用していなかったナビのコンポジット入力端子(赤白黄の端子)を使って小型ボードコンピューターの”Raspberry Pi”(以下ラズパイ)を繋げることにしました。
繋いで何をしようかと考えましたが、今回はエミュレータ―を使用してゲームを動かして遊んでみる事にしました。
ラズパイと言えば先日も記事に書きましたが、スーファミ筐体にラズパイを組み込んで簡易パソコン化したアレですw

↓ちなみにその時のラズパイネタ記事はこちら
スーパーファミ”パソ”コン作ってみた -Raspberry Pi3 Model B-

では必要なものを準備。

→この記事の続きを読む

先日の休みの事。
特にする事もなかったので昼過ぎに近所のスーパーに買い物でも行こうかと車を走らせていました。そこで、音楽でも聞こうかとナビの音量ボタンを調節していた所、突然ナビの音が消えて無音状態に

ん?・・・と思い。交差点で止まった時に画面を見てみると、画面右に音量0の表示が出たままフリーズ状態。
”まぁ、最近気温も高くなって車内も暑いし、誤作動でもしたのかなぁ?とりあえず買い物済ませてエンジン再始動して再起動すれば直るっしょ。” とか思ってました。・・・・・そう、その時までは。

さて、買い物終わってエンジン再始動。ナビの電源も無事入り再起動はしたのですが・・・・・、相変わらずのフリーズ状態。徐々に不安になりスーパーの駐車場でいろいろとナビを弄ってみると、液晶部のオープンボタン以外は無反応。(”ピッ”という音は出るボタンもある。)

↓故障時の動画

こりゃ、ダメだという事で一応ネットで調べてみると、出るわ出るわ同一の症状の報告例。
どうやら、この機種のシリーズで頻発している不具合の様です。

→この記事の続きを読む

Raspberry Pi 3 Model B 約5000円~ + スーパーファミコン(ジャンク品)
https://www.raspberrypi.org/

先日、近所のハードオフにてスーパーファミコン(以下スーファミ)のジャンク品を発見。

黄ばみもアリ状態はあまりよろしくありませんが、


値段はなんと108円だったので即購入。
動作は未チェックとの事ですが、任天堂ハードは頑丈なのでおそらく軽くメンテナンスすれば直るでしょう。
ただ、それでは芸が無いので、今回はこのスーファミの筐体(ガワ)を使って別のコンピュータを組み込んでみる事にしました。

組み込むコンピュータはガジェット好きの人なら知っているであろう”Raspberry Pi3(ラズベリーパイ3)”。

Raspberry Pi(Wikipedia)

タバコの箱位の大きさの超小型コンピューターです。Linux系の専用OS(RaspbianOS)も無料で配布されており、単純にそれを導入して小型Linux PCとして楽しんでも良いですし、GPIO端子もあり他の機器を制御したりも出来ますので価格の安さも相まって学習・研究用としても広く使われています。
RaspberryPie3(以下ラズパイ)の説明はこのぐらいにして、作業を続けます。

→この記事の続きを読む

またまた、プチコンmk2のBasicでプログラミングをしてゲーム作成してみました。

今回のタイトルは”ジャンプ姐さん(ねえさん)”w
相変わらずダサダサなネーミングセンスですが、その方がレトロなゲームは味があっていいかもしれないので決定しました。

◎ジャンプ姐さん
YouTube Preview Image

↓QRコード (プチコンmk2のQRコードリーダーで読み込んでください)

ゲーム概要
・主人公はジャンプが得意な魔法使いのお姐さん。ひたすら右から出現する敵を倒しまくってください。
・Aボタンでジャンプ。2段ジャンプが可能です。
・Bボタンで杖による攻撃が出来ます。
・敵に触れるとHPがどんどん減っていき、0になるとゲームオーバーです。
・アイテムは今のところ無し。今後改良して、回復アイテムとか作るかも。
敵は2種類。
アオさん(青い敵)・・・ひたすら横に飛んで行きます。時々、球を打ちます(球は破壊できません)。倒すと10点。
ミドリング(緑の丸い敵)・・・・カーブを描きながら移動してきます。倒すと15点です。

単純ですが、意外に難しく自己ベストは300点位でした(笑)。

暇つぶしにでも遊んでいただければ幸いです。

また、少し前からこのページの上部のタブに”公開プチコン ゲーム作品”というタブを作成しています。
今までに公開したプチコン作品がまとめて一覧出来ますのでよろしければそちらもどうぞ。

徳島製粉 金ちゃんヌードル
http://www.kinchan.co.jp/index.php

ついに、やりました!!!
先日、金ちゃんヌードルの”「現金一万円が当たる」キャンペーン” で1万円が当たりました!!

家に帰ってみると、現金書留が届いていました。
ん?と思い、送り主を見てみると徳島製粉の文字が・・・・


中を開けると、白い紙に包まれた黒っぽい紙・・・・

出ましたっ!!! 諭吉様ぁっっ!!メッセージも一緒に入っています。
郵便為替などではなく、生で現金が送られてくるので余計に嬉しいです。

金ちゃんヌードルは 南は沖縄、東は静岡までのエリアで販売されている四国地方ではおなじみの徳島製粉のカップラーメンで私Naokitは幼少のころから好きでよく食べています。
徳島といえば、黒いスープに生卵がトッピングされている徳島ラーメンが有名ですが、この金ちゃんヌードルはさっぱり系の醤油ベースのスープで変な癖もなく懐かしい味です。

大人になってもこの味が忘れられず、今でも家に常に何個かストックがあります。
もう、完全に”第二のおふくろの味”って感じですね。

しかし、金ちゃんヌードル ネタ、これで何回目でしょうかねぇw

何はともあれ、徳島製粉様には感謝、感謝です。
今回の当選した1万円で金ちゃんヌードルをまた、箱買いして少しでも徳島製粉に還元したいと思います!!
(それでまた応募して当選すれば永久機関が完成するかも!?w)

1 / 1612345...10...最後 »

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031