kill-time

About

Name: Naokit

QRコード


スマホ・携帯用表示対応!

Count per Day

  • 317574総閲覧数:
  • 158昨日の閲覧数:
  • 2011/05/20カウント開始日:

amazon Prime

amazonで検索

楽天市場

楽天で探す
楽天市場

楽天ベストセラー

お得

先日、出社時間を勘違いしていてかなり早め(数時間前)に職場についてしまったのですが、時間を持て余したので出社前に職場近くのハードオフに行ってみました。

出社前という事もあり、何の期待もせずにふらっと寄って時間を潰していたのですが、そろそろ帰ろうかなとした時にかなりなレアものに遭遇しました。

なんだか分かるでしょうか? 30代後半から40代の人ならピーンと来るかもしれません。

そうです、ゲーム&ウォッチです。ファミコン登場以前の今から40年近く前の1980年代前半の頃、巷でゲームもできる時計という名目で任天堂が世に送り出した大ヒット携帯ゲーム機です。

実は以前にもこのブログ記事でゲーム&ウォッチは記事にした事があります。

↓その時の記事

懐かしのゲームウォッチをシミュレート – Pica Pic –

私、Naokitも当時は”マンホール”というゲーム&ウォッチを所持していましたが紛失してしまっていました。

今回手に入れたのは2画面構成のゲームウォッチの中でも知名度が非常に高く、人気も抜群のドンキーコングです。

電池蓋欠品・液晶黒ずみアリとのコメント付きですが、それを差し引いても1080円はかなり安いと思います。ちなみに程度の悪い動作品でも8000円前後、比較的程度の良い物なら2万円越えのものも珍しくありません。

とりあえず慌てて購入しました。動作チェックをしたいところですが、電池も手元に無く、この後に仕事が控えているため動作チェックは仕事後、家に帰ってから行う事にしました。


さて、家に帰って開封して動作チェックです。ボタン電池(LR44)は帰りに購入しました。

上部外装。表面に細かい傷が無数にあります。お世辞にもキレイとは言えませんが、40年近く前の商品ですからこれぐらいは十分想定内です。

裏部。撮影がちょっと暗くなりましたが、まぁまぁの汚れ・キズありです。コメント通り電池蓋は欠品です。

本体を開いてみました。内部のボタン類は思ったよりキレイです。

ちなみに今ではおなじみになっている十字キーはこのゲーム機が初採用だったようです。まさに任天堂の大発明でしょう。(当時はジョイスティックが主流の時代です)

DSのご先祖と言われるこのデザインも素晴らしいですね。

下部の液晶。反射型液晶なので撮影が難しく、ちょっと見にくいですが、そんなに問題はありません。

上部の液晶。こちらも写真が見づらいですが、画面上部に液晶の黒ずみがあります。プライスのコメントが指していたいたのはこれの事でしょう。あと液晶と表面のフィルムの間に多少の気泡が入っている感じがします。

 

裏にボタン電池をビニールテープで仮止めして電源を入れてみました。

一応、キャラパターン液晶は全部表示されているので無事生きているようです。

ボタンをチェックするためにしばらくゲームを遊んでみましたが動作自体は問題ないです。しかし、上画面の液晶の黒ずみが多少気にはなります。

調べてみると、どうやらこの液晶の黒ずみはゲーム&ウォッチの持病のようです。

液晶パネルの下にある、銀色の反射板が経年劣化により変色し、黒ずんだようなシミが出来てしまうようです。

と、なれば修理したいところですが、すでに交換用の部品は手に入らないらしく、金属シートや偏光シートを使って自作品で代用するしかないようです。しかも代用品の反射板ではオリジナルより画面が暗くなってしまうようです。

今の所、多少上部は見にくいものの、ゲームに支障はほとんどなく普通に遊べますので、今回はこの修理は保留にしたいと思います。

貴重な個体なので、いずれ何かの機会で純正部品が手に入ったら直してみようと思います。

また、電池蓋の方は機会を見て自作してみたいと思います。ネット上では洗濯ばさみで代用する方法や、オリジナルの電池蓋から型を取り硬化プラスチックで複製したり、本格的に3Dプリンタで作成する等いろいろな方法が紹介されていました。

”ゲームウォッチあるある”ですが、やはり皆 蓋を紛失してしまう方が多いんですねぇ(笑)。

と、いった所で今回はここまで。

 

追記

ちなみに今回数回プレイしてみたのですが、最高点は

285点でした。昔は300点以上軽くいけた気がしますが。

また、時々遊んでみたいと思います。

先日のブログで記事にした”あそぶ!ゲーム展 STAGE.2 ”の観覧後、高松周辺のハードオフを巡り買ったものを、ただひたすら紹介。

一軒目

 

XBOX360(HDMI搭載) 1080円

熱暴走による故障率が非常に多い前期型のモデルですが、1080円でしかも20GB HDD付きという事で予備機も兼ねて購入。動作もDVDドライブの回転音にやや違和感のあるものの特に問題なしでした。自分が今まで所有していたものはHDMI非搭載の最初期モデルだったため何気にHDMI搭載は嬉しい。

二軒目

ここでは見切り品のジャンクセール品が安かったので大量に購入しました

LANケーブル(カテゴリー5e)2mぐらい? 各11円

何本あっても困らないLANケーブル。11円ならばととりあえず2本購入。

5e規格なのでまだまだ使えます。

 

DS Lite用充電器(任天堂純正) 11円

我が家にはDS Liteが5台あるので予備で購入。あまり使わないとはいえ純正品が11円は安いと思う。

 

 

Amazon Fire TV用リモコン(マイクなしモデル) 11円

Fire TVはうちには2台あるのですが、頻繁に利用しているためリモコンの予備があると便利かなと思い購入。まぁ、無くしてもスマホにアプリを入れればリモコンとして使えるのですが・・・。まぁ、11円ですしねぇ

スーファミ用 TURBO FILE TWIN(ターボファイルツイン) 11円

スーファミの特定のゲームのセーブデータをバックアップできるツール。

現在、スーファミも対応ゲームも持っているわけではないのですが、まぁ、コレクションアイテムですかね。まぁ、11円なんで(2回目)

XBOX360用リモコン 11円

一軒目でXBOX360買ったんでこれも予備で買いました。安いですね。

XBOX360用 ヘッドセット 11円

これも予備で。

XBOX360用 電源アダプタ 11円

なんと、これも11円でした。XBOX360の電源アダプタは馬鹿デカいので場所をとるのが難点。初期型のXBOX360アダプタには205W、175W、150Wタイプの3種類存在するのですが、大は小を兼ねるという事で205Wタイプを購入(一番デカいですが)。

二軒目のここまでの合計は88円!

さすがに、これだけだと毎度お世話にハードオフ様に対して気が引けるので適当にジャンクコーナーにあった未所有のXBOX360用のゲームも購入しました。

XBOX360用ソフト各種 各108円

実は記事にはしていませんが、先日のゲオのセールでXBOX360ソフトやPS3ソフトを大量に購入(30本位)して以来、最近はXBOX360ソフト収集にも力を入れています。XBOXにはPS3には移植されていない名作も多いのでハードと共に今が狙い目かなと思っています。

三軒目

XBOX360用ソフト シュタインズゲート ダブルパック(キズあり) 756円

またまたXBOX360用ソフト。ディスクキズありとの事ですが、以前から名作だと聞いていたので購入してみました。

多分動作するでしょう。PS3版のダブルパックは未だに結構いい値段するのでこれで妥協しました。

エキサイトピンポン 108円

テレビに繋いで遊べる体感型のテレビゲームのおもちゃのようです。

2000年前半の商品の様です。当時は6000円ぐらいしたようです。店頭に在庫が2個あり、どちらも未開封のような状態で非常に程度が良かったので一個だけ購入してみました。

今考えると108円なら2個とも購入しても良かったかな~。

 

はい。という事で今回は以上です。

友人はツインファミコンや音楽機器関係を大量に買っていましたが自分は値段は控えめですが、かなりいい買い物ができたと満足しています。

今後もハードオフ巡りの旅は続きそうですw

 

 

先日歩きながら動画を撮影していたのですが、家に帰りその動画を鑑賞していたところ、小走りで撮影していたシーンや階段を上るシーンなどでは結構な手ブレが生じており、折角のいいシーンでも見ていて少々疲れてしまいました。

最近はカメラ側に高性能な手ブレ補正機能が付いているものも多いですが、歩行しながらの撮影等ではその機能だけでは十分補い切れない事も多々あります。

そんな時に活躍するのが”カメラ スタビライザー(ジンバル)”ですが、結構な金額がします。電動式は数万は軽くしますし、おもりを利用した構造のシンプルな機械式でも数千円位はします。

個人的な使用で使用頻度はそう多くないと思われるので、今回は各種ネットの情報を調べながらこのカメラスタビラーザーを100均グッズを活用して格安で自作することにしました。

今回作るのは、おもりを使いヤジロベーの原理を利用してバランスをとるタイプのものを計画。

早速、使えそうなものを100均で物色して購入してきました。とりあえず上記の6点購入してここまでの出費は648円(税込)。

買ったものリスト。

 

30cm金具 x2

20cm金具 (結果的に使用せず。)

ボルト・ナット・ワッシャーセット(M4-M5セット)

L型金具(2個入り)

ミニ三脚。

 

材料もそろった所で製作に取り掛かりましょう。

 

まずは30cm金具を、エイヤッ!とこういう風に曲げました。それぞれ若干曲げ方を替えてあります。

蛇足ですが上下同じ長さの金具のはずなのに目の錯覚で下の金具の方が長く見えるのが不思議w。

2つの金具を一緒に買ったネジとナットで連結します。緩まないようにワッシャーを噛ませた方がいいでしょう。

全体はこんな感じ。

この金具の下部にL字型の金具をさらに連結します。

こんな感じですね。後述しますが、ここにバランス用のおもりを取り付けられるようにしています。

次に上部の加工。

上部の適当な場所にミニ三脚を取り付けます・・・・・・、と一言で終わりたいところですが、金具の穴の形状が小さいためミニ三脚のネジ部分が貫通しません。

ヤスリなどで削って穴の大きさを拡張しましょう。4mm穴だったので6mm相当に広げます。

これが一番苦労しました。一応、後で三脚の位置を変更してバランスを取れるようにするため上部の穴を一つだけでなく複数個拡張しておいた方が便利そうです。

 

苦労の末、三脚の取り付けに成功しました。

こんな感じで、とりあえず完成です。

デジタルカメラをセットしてみました。

 

 

ちなみにこのカメラ取り付け部分を、

100均で追加で買った、こういうスマホ用の三脚クリップに取り換えるとデジカメだけではなくスマホの取付けにも対応できます!。

それでは実際に効果を試してみましょう。

おもりは今回は電池を束ねたものを使用して実験してみます。

上に載せるカメラの重さ以上のものを付ける必要があります。

重いほど安定するようですが、カメラが水平状態に戻る際に、適度な速度でゆっくりと戻るように重さを調整します。おもりは今回は下部にぶら下げていますが、おもり自体が、ぶら下げた状態だと余分な揺れを発生させるので、できればおもりは動かないように固定して取り付ける方がいいと思います。


う~ん。多少微妙ですが手の動きをまずまず吸収してくれているようです。

改善の余地はありそうです。

 

おまけ

調子に乗って携帯性を高めた小型スタビライザーも作成してみました。

コンパクトでスマホとの相性もいいです。

機会があれば屋外での撮影動画などもアップしてみたいと思います。

先日、近所のハードオフで激安のジャンク品を発見。

税込108円のDELL製のデスクトップパソコンです。

なんと下部のシールには Intelの Core2Quad のロゴが貼ってあります!

4コアのCPUなので動けば今でも通常の用途なら十分現役で使用出来そうです。

前のオーナーがCPUを換装したり取り外ししてなければいいのですが・・・・

ピンボケして少々見にくいですが、ジャンクの内容を詳しく見てみると

トレイ開閉NG(おそらく内蔵の光学ドライブ)、BIOS起動NG、HDD・メモリ無し

との事。ちなみにCPUについては言及なし。

さすがにBIOS起動NGだと使い物にならないかなぁ”、と幾つか不安材料もありましたが、税込108円なら直せなくても何かしらの部品取りだけでも軽く元は取れるだろうと思い購入。

家に帰って早速、点検&クリーニング。

ぱっと見の外装はとてもキレイ。

ただ細部を見るとあちこちホコリまみれです。タバコの臭いも気になります。

光学ドライブのトレイ部分。ここもホコリだらけだなぁ 思いながらせっせと雑巾でホコリを拭いていると・・・・・・・・ん、これ良く見たらブルーレイドライブじゃん!

ちょっとラッキーでした。トレイ開閉が出来ないとのジャンク内容でしたが、もし無事動けば儲けものです。

この光学ドライブについては後述します。

背面部。写真では分かりずらいですが、あちこちにホコリがまんべんなく付いています。

ここで下部に注目。このPCグラボも付いてたんですよね。これももし動けば大ラッキーです。

続いて内部の清掃。これはある程度清掃した後の写真ですが、それはそれは凄いホコリでした。

更にタバコのヤニのせいなのかホコリがPC内部に絡みついていて結構手間取りました。

ちなみにジャンクの内容通りHDD・メモリは抜かれていました。

 

あと、先ほどの刺さっていたグラボは調べてみると、ATi社の Radeon HD3650でした。型番はATI-102-B38201。

当時のミドルクラス級のグラボですのでこれも動作すれば儲けものです。

さて、清掃も終わったのでいよいよ動作テストをしていきましょう!

何はともあれ、まずはメモリを増設しない事にはテストできないので、メモリスロットに注目。

早速手持ちのDDR3のメモリを押し込んで動作確認をしようとした所、なぜかうまく挿さらない。

そこでハっと気づきました。このマザーボードDDR3メモリじゃ無くてDDR2メモリ専用じゃん!!

そうです、この世代のCPUの時はDDR2からDDR3メモリの移行期でマザーボードによってDDR2メモリを使うものとDDR3メモリを使うものが混在していたのです・・・・・。

自分は当時この世代のCPUを使っていた時DDR3タイプのマザーボードを使っていたため、てっきり手持ちのDDR3メモリで大丈夫だろうと勘違いしていました….. orz

ちょうどDDR2メモリは持っていなかったので、悔しさのあまりもう一度ハードオフに直行

少々、お高い感じもしましたがジャンク品のDDR2メモリ1GBを購入。値段は540円。今回のジャンクパソコンの5倍の値段です。これでこのパソコンが起動しなかったらただのゴミになります。

なんだか若干負けた気がしますが、気を取り直してメモリをセットして電源ON。

 

ところが、電源は入り電源LEDも点灯し、CPUやグラボ、ケースの各ファンも回転するのですが画面が真っ暗のままで何も表示されません。マザーボードからエラー時のビープ音などの反応もありません。

やっぱりジャンク表示通り本当にBIOSが壊れているのかなぁと半分諦めかけた矢先、

試しにグラボを外して内蔵グラフィックに切り替えて再起動したらあっさりとメーカーロゴが表示されました!!

結論から言えばグラボが故障していたようです。ハードオフの店員さんもこのグラボの故障には気付かず、マザーボード上のBIOS不良としてジャンク扱いにしたのでしょうね。

BIOS画面も無事起動。CPUもケースのシール通りの4コアのCore2Quad(Q8200)が搭載されています。

CPUだけでもオークションで数千円の価値はありそうです。

とりあえずBIOS起動で一安心したので次はトレイ開閉不良の光学ドライブを見ていきます。

一旦光学ドライブを取り外し詳しく調べてみたところ、LITEON社のDH-6E2Sというブルーレイのコンボドライブでした。ブルーレイは読み込みのみで書き込み機能はありませんでした。ちょっと残念。

簡易的に電源を接続してイジェクトボタンを押してみると、なるほど確かにガコッ!という音が一瞬してトレイが出てきません。

こういう時は、とりあえず分解。

 

怪しいと思っていたプーリー部分のゴムベルトが経年劣化で緩んでいました。

とりあえず適当に輪ゴムに交換したら無事開閉できるようになりましたw

え?耐久性?そんなものは気にしていませんw

後でテストした所、CD、DVD、ブルーレイディスクいずれも問題なく読み込めました。

トレイ開閉不良もこのパソコンがここまで安いジャンク品扱いになった理由でしょうからこれはこれでラッキーでした。

という事で、無事このパソコンは起動可能な状態にリペアできました。

今後、時間があれば余っているHDDを搭載してFreeNASでも入れてファイルサーバにしたり、安いメモリを増設し、4コアを活かして仮想サーバ化でもしようと思っています。

 

光るコマ ダイソーで108円(税込)

いつものダイソーで面白そうなものを発見。”光るコマ”とまんまの名前の商品。

昨年のハンドスピナーブームも一段落した感がありますが、回転するおもちゃってなんか惹かれるものがあるので購入してみました。

裏面の遊び方。コマ本体をハンドル式のネジバネで巻き、ボタンを押せばコマが外れて音と光を発しながら回転するというもの。私Naokitが幼少の頃にもどこかで似たような商品を見たことがある気がします。ちょっと懐かしい。

内容物はこれだけ。

コマ部分。コマ内部の基盤上のバネはおそらくコマが回転した遠心力を利用して伸縮し回路のスイッチの役割を果たすものと思われます。LEDも3つあります。

基盤の下にはボタン電池が3つ。

電池の更に下部にはスピーカがありました。

基盤の裏。おそらくICチップが埋め込まれているのでしょう。

しかし、それにしても電池まで含めて、100円でよくこれだけの部品の商品提供できますねぇ。感心します。

では、いよいよ回転させて遊んでみましょう!!


・・・・うっ、うるせぇーーーーっっっ!!

この動画、真夜中に撮影したのですが、かなりの音量で鳴り響きます!! 目が一気に覚めましたw

何にせよ、かなり賑やかです。自分はもうオッサンなので数回試して、そっと箱に戻しましたが、子供ならおそらく電池が切れるまで喜んで永遠に遊び続けるでしょうお子様に与える時は注意しましょうw

徳島製粉 金ちゃんヌードル
http://www.kinchan.co.jp/index.php

ついに、やりました!!!
先日、金ちゃんヌードルの”「現金一万円が当たる」キャンペーン” で1万円が当たりました!!

家に帰ってみると、現金書留が届いていました。
ん?と思い、送り主を見てみると徳島製粉の文字が・・・・

→この記事の続きを読む

8881056800

まんがひみつ文庫
http://kids.gakken.co.jp/himitsu/

1970年代に刊行されて、累計2000万部以上の売上げ実績をもつ学研の学習まんが”ひみつシリーズ”。30代の方なら小学校時代等にみなさん一度は手に取ってみたことがあるかもしれません。
私Naokitが小学校の頃は学校の図書室や町立の図書館にこのシリーズの本がたくさんありました。図書館というお堅い本が並ぶイメージの中で小学生には親しみやすい ”まんがで学べる”ということもあり小学生の間では”はだしのゲン”と肩を並べるほどの人気でいつも貸出状態が続いている人気作品も多くありました。

私Naokitは当時のこのシリーズがとにかく好きで、何度も借りて読み返し、そこで多くの科学知識や情報を得た思い出があります。今の科学、電気機械好きもこれが原因かもしれません。
また、同時期、松山に住んでいる同世代の従兄弟の家にこのシリーズ全巻があり、夏休み等に遊びに行ったときに一日中読んでいた記憶もあります。

Wikiによると1992年には改訂版が刊行され、その後は旧版ひみつシリーズは絶版となり、今は”新ひみつシリーズ”に移行したようです。
個人的な思い出は”新ひみつシリーズ”よりも”旧版ひみつシリーズ”にありますが、今も時代を超えて続いているのは素晴らしいことだと思います。
現在の子どもたちにも是非読んでもらいたいものです。

前置きが長くなりましたが、上記のサイトでは、いくつかの”新ひみつシリーズ”の作品を無料で読むことができます。図書館にしか置いてない非売品のものらしいのですが、家で気軽に読めるのはいいですね。

tokkadata

Amazon特価サーチ(スマホも対応確認済)
http://www.tokkadata.com/

みんな大好き大手Web通販サイトAmazon。もう説明は不要ですよね。
私Naokitも結構な頻度で利用しています。
商品価格も十分納得できるものが多いですし、注文してからの対応も早い。加えて基本的に送料無料とくれば多くの人がついつい利用してしまうのもうなずけます。

(ただ、必要以上に段ボール箱が大きかったりして処分に困ることも多々ありますがw)

さて、本日紹介しているサイトはそんなAmazonの現時点での特価品を簡単にサーチできる便利なサイトです。
具体的にはジャンルを指定して”今、○パーセント引き(以上)の特価商品には何があるんだろう?”みたいな探し方ができるので意外な掘り出し物が発掘できます。

実はAmazonには裏ワザでURLの一部に細工する(&pct-off=指定割引率)ことで割引率の高い商品を探せるオプションパラメータがあるのですが、今回のサイトはそれを応用しPHPを利用してWeb上から簡単に検索できるようにしたものです。

↓実際に試してみました

amazon01
今回は夏に備えて飲料水でも探してみましょう。
ジャンルは”食品&飲料”にして任意の割引率を指定します。
ここでは70と90のスイッチをONにして”70~90%”引きで指定。99%引きってのもありますねw
その下のキーワードには”コーヒー”と入れてみました。
(注:実際の私Naokitはコーヒーは苦手で全く飲めませんw)
後は検索をポチッと。

amazon02

はい。結果が出ました。30本入り3600円が1000円台からと、かなりのお値打ち商品がズラッと表示されています。
コーヒー好きの人ならかなりお得ですよね。みなさんも特価品を探してみてはいかがですか?

注:Amazonにはマーケットプレイス等、Amazon以外の店舗の出店商品もあります。その場合、別途配送料・手数料等がかかるものもあります。
購入時にはそれらの条件も踏まえてお得な商品を検索してみてください。

↓アマゾンの箱が大量に家にある方はこちらの過去記事もどうぞw
http://naokit.info/?p=1718

kimen
Jコミトップページ
http://www.j-comi.jp/
↓ハイスクール奇面組 全巻
http://www.j-comi.jp/book/comic/44401

以前このブログでも紹介したことのあるJコミ様のサイトにて、新沢基栄 先生のあの歴史的なギャグ漫画、”ハイスクール奇面組”が無料公開されています。
→この記事の続きを読む

フリパン
http://free-pants.jp/

男性のみなさん朗報ですよ!w。
このサイトは無料の会員登録で月に最大7枚の男性用ボクサーパンツ(下着)をもらえるサービスです。
なぜ無料かというとパンツにいろいろな企業の広告がプリントされており、広告主が宣伝効果を狙って提供しているからだそうです。 →この記事の続きを読む

カレンダー

2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930