kill-time

About

Name: Naokit

QRコード


スマホ・携帯用表示対応!

Count per Day

  • 317574総閲覧数:
  • 158昨日の閲覧数:
  • 2011/05/20カウント開始日:

amazon Prime

amazonで検索

楽天市場

楽天で探す
楽天市場

楽天ベストセラー

おもちゃ

1 / 212

ワンダースワンカラーFF2同梱版ジャンク品 980円(税込)

先日、食料品の買い物ついでに近所のリユースショップ店に寄った所懐かしいゲーム機を発見。

30~40代のちょっとしたゲーム機好きの人なら知っていると思いますが、かつてバンダイが2000年頃発売していた携帯ゲーム機ワンダースワン(カラー)です。当時の大ヒット商品のゲームボーイカラーやゲームボーイアドバンスには売上数は遠く及びませんが、それでもシリーズ累計で300万台以上売れていたスマッシュヒットしたゲーム機です。

訳ありのジャンク品ですが値段は税込の980円と格安。しかも、箱付きの美品のファイナルファンタジーⅡ(以下FF2)同梱版です。

一応、ジャンク内容を確認すると、

どうやら、電源ボタンの故障の模様。ONには出来るがOFFに出来ないので

電源を切るにはイチイチ電池を取り外さないといけないようです。しかし、この症状なら、その点を除けばゲームは普通に遊べそうな感じですね。

少し調べると、どうやらこの症状はカラー版のワンダースワンの持病の様です。電源ボタンが経年劣化で接触不良になる症状が頻発しているそうです。まぁ、接触不良なら直すのは簡単だろうという事で購入しました。ちなみにワンダースワンは昔買ったことは無いので初めての購入です。

家に帰って中身確認。外箱もとても綺麗な状態で付いていました。

外箱の裏側。FF2のイラストが描かれています。

中に入っていた付属品。説明書やソフトのケース等もかなり綺麗。ほぼ完品だと思います。

付属特典のストラップ。しかし、このデザインは何なんでしょう?何かのキャラクターでもなければFF2のロゴとかの刻印も無いので言われなければ、ただの普通のゴミストラップにしか見えませんね。

では軽く動作確認。

電池アダプターに単3電池一本をセットしてそれを本体裏側に入れるようになってます。たった、一本の電池で駆動するとは驚きですね。しかも、20時間駆動可能との事。

はい。電源ボタンで無事に電源は入りました!

しかし、確かにもう一度電源ボタンを押しても電源が切れません。とりあえずこの件は後で修理しましょう。

その後、しばらく遊んでみましたが、他のボタンは異常なし。不具合は電源ボタンのみのようです。しかし、STN液晶ってこんなに暗かったですかね?今の液晶に慣れているとかなり目が疲れそうです。あと音量がボタン式で”OFF→小→中→大”と3段階しかないのが残念。

———————————————————————————————–

では、分解して電源ボタンを直していきましょう。


まずはネジを外し裏ブタを取ります。

ちなみにネジはヘクスローブの特殊ネジです。このサイズのドライバーは無いのですが小型のマイナスドライバーで代用して回しました。

上部にあるケーブルを外してやれば・・・

簡単に基盤部が取り出せます。この基盤の下部に電源ボタンの接点があります。

電源ボタンの通電ゴム部と基盤の接点部分を、接点復活剤を塗布した綿棒を使って掃除します。

その後、何度か組み上げて電源ボタンの効き具合を試してみましたが幾分マシにはなったものの、かなり強く押さないとボタンが効きません・・・・・

結論から言うと、電源ボタンの通電ゴムがかなり摩耗しているのが原因でした。

接点復活剤でも効果が薄かったので、ゴムボタンを探して部品交換しようかと思いましたが、探してもなかなか見つからないので、

最終的に原始的な方法ですが、アルミホイルを通電ゴムに貼って修理することにしました。見栄えは悪いですが、内部なので見えませんし、電源ボタンもしっかり動作するようになりました。

という事で、現在は無事に使用できています。

今後はワンダースワンのソフトもハードオフでジャンクで見つけたら買って見ようと思います~。

先日、出社時間を勘違いしていてかなり早め(数時間前)に職場についてしまったのですが、時間を持て余したので出社前に職場近くのハードオフに行ってみました。

出社前という事もあり、何の期待もせずにふらっと寄って時間を潰していたのですが、そろそろ帰ろうかなとした時にかなりなレアものに遭遇しました。

なんだか分かるでしょうか? 30代後半から40代の人ならピーンと来るかもしれません。

そうです、ゲーム&ウォッチです。ファミコン登場以前の今から40年近く前の1980年代前半の頃、巷でゲームもできる時計という名目で任天堂が世に送り出した大ヒット携帯ゲーム機です。

実は以前にもこのブログ記事でゲーム&ウォッチは記事にした事があります。

↓その時の記事

懐かしのゲームウォッチをシミュレート – Pica Pic –

私、Naokitも当時は”マンホール”というゲーム&ウォッチを所持していましたが紛失してしまっていました。

今回手に入れたのは2画面構成のゲームウォッチの中でも知名度が非常に高く、人気も抜群のドンキーコングです。

電池蓋欠品・液晶黒ずみアリとのコメント付きですが、それを差し引いても1080円はかなり安いと思います。ちなみに程度の悪い動作品でも8000円前後、比較的程度の良い物なら2万円越えのものも珍しくありません。

とりあえず慌てて購入しました。動作チェックをしたいところですが、電池も手元に無く、この後に仕事が控えているため動作チェックは仕事後、家に帰ってから行う事にしました。


さて、家に帰って開封して動作チェックです。ボタン電池(LR44)は帰りに購入しました。

上部外装。表面に細かい傷が無数にあります。お世辞にもキレイとは言えませんが、40年近く前の商品ですからこれぐらいは十分想定内です。

裏部。撮影がちょっと暗くなりましたが、まぁまぁの汚れ・キズありです。コメント通り電池蓋は欠品です。

本体を開いてみました。内部のボタン類は思ったよりキレイです。

ちなみに今ではおなじみになっている十字キーはこのゲーム機が初採用だったようです。まさに任天堂の大発明でしょう。(当時はジョイスティックが主流の時代です)

DSのご先祖と言われるこのデザインも素晴らしいですね。

下部の液晶。反射型液晶なので撮影が難しく、ちょっと見にくいですが、そんなに問題はありません。

上部の液晶。こちらも写真が見づらいですが、画面上部に液晶の黒ずみがあります。プライスのコメントが指していたいたのはこれの事でしょう。あと液晶と表面のフィルムの間に多少の気泡が入っている感じがします。

 

裏にボタン電池をビニールテープで仮止めして電源を入れてみました。

一応、キャラパターン液晶は全部表示されているので無事生きているようです。

ボタンをチェックするためにしばらくゲームを遊んでみましたが動作自体は問題ないです。しかし、上画面の液晶の黒ずみが多少気にはなります。

調べてみると、どうやらこの液晶の黒ずみはゲーム&ウォッチの持病のようです。

液晶パネルの下にある、銀色の反射板が経年劣化により変色し、黒ずんだようなシミが出来てしまうようです。

と、なれば修理したいところですが、すでに交換用の部品は手に入らないらしく、金属シートや偏光シートを使って自作品で代用するしかないようです。しかも代用品の反射板ではオリジナルより画面が暗くなってしまうようです。

今の所、多少上部は見にくいものの、ゲームに支障はほとんどなく普通に遊べますので、今回はこの修理は保留にしたいと思います。

貴重な個体なので、いずれ何かの機会で純正部品が手に入ったら直してみようと思います。

また、電池蓋の方は機会を見て自作してみたいと思います。ネット上では洗濯ばさみで代用する方法や、オリジナルの電池蓋から型を取り硬化プラスチックで複製したり、本格的に3Dプリンタで作成する等いろいろな方法が紹介されていました。

”ゲームウォッチあるある”ですが、やはり皆 蓋を紛失してしまう方が多いんですねぇ(笑)。

と、いった所で今回はここまで。

 

追記

ちなみに今回数回プレイしてみたのですが、最高点は

285点でした。昔は300点以上軽くいけた気がしますが。

また、時々遊んでみたいと思います。

ここ数年、かなりの頻度でハードオフ等のリサイクルショップに向かい、激安品のジャンクゲーム機ハードを購入して修理したり友達に譲ったり、そのまま押し入れへしまい込んだりしています。しかし、数が増えてくると自分でも何を何台所持しているのか分からなくなってきているので、特にレアなハードを所持しているわけではありませんが改めて押し入れから確認する事にしました。ちなみにほぼ全部自己修理・点検済みで動作品です。

携帯ゲーム機編

普段は押し入れにこのスチール缶に入れて保管しています。

一応、カメラなどを保管する時に使用する乾燥剤を入れて保管しています。

気休めかもしれませんが、本来は煎餅が入っていた空き缶なので湿気対策はこれである程度はOKかも。

早速整理して並べてみました。壮観な眺めですねぇw

内訳は写真右上側からリストアップすると

*************************************************

◎携帯ハード

初代DS 3台

ゲームボーイアドバンスSP 1台

初代ゲームボーイアドバンス 1台

DS Lite 5台

DSi 4台

PS Vita 1台 (先日のブログで修理したものです)

初代3DS 2台

PSP 2000番台 1台

PSP 1000番台 2台

ゲームボーイカラー 3台

計 23台

*************************************************

結局この箱には計23台入っていました。

ちなみに右上の初代DSはピンクと水色のツートンカラーという珍しいツートンカラーですが、これは限定色とかではなく単に2個のDSの部品を組み合わせてニコイチで修理した機種です。

配色が非常に前衛的というか、悪く言えばダサいのはそういう理由ですw

 

続いて据え置きハード編。

こちらは場所をとるので押し入れの奥の方に放り込んでいます。

押し入れの奥の方にしまってある機種もあったので取り出すのもちょっと大変。なんだかんだで20分位押し入れ漁ってました。

据え置きハードは以上でした。

内訳はこちらも右上から

*************************************************

◎据え置きハード

PS2 30000番台 4台

Wii(白色) 5台

Wii(黒色) 1台

初代XBOX 1台

PS3 2000番台  2台

改造スーファミ 1台

(中身はRaspBerry Pi3 改造時のブログ記事はコチラ

計 14台

*************************************************

14台でした。こちらは比較的最近のハードが多めです。

 

あと、写真は無いですが確か記憶の限りでは実家にもハードは

*************************************************

実家ゲーム機リスト

初代DS 1台

PS 3500番台 1台

PS2 50000番台 2台?

ドリームキャスト 1台

セガサターン 2台

PCエンジンDuoR 1台

Wii 2台

計 10台?

*************************************************

これぐらいあったと思います。

ちなみにファミコンやスーファミ、ディスクシステム等の定番機はだいぶ昔に親戚に全てあげたので実は現在所有していません。(多分、もう捨てられちゃってるんだろうなぁ・・・)

 

おまけ編

ついでに押し入れから出てきたファミコン等の互換機も紹介。

先日紹介した、アーケード筐体型のゲーム機やファミコン互換機等です。

まだ、数台奥に互換機があるはずなのですがこれ以上段ボールを開けて探すのは面倒なので断念しました。

ついでに忘れていた未修理品も出てきました。初代3DS。3Dボリューム・スピーカフレキシケーブル破損との事。確かこのケーブルは部品代が高くつくので当時修理断念したのを思い出しました。

 

最近はファミコンミニ等のレトロゲーム機ブームの流れでこれらのレトロハード(レトロと呼ぶにはまだ早いハードも多いですが)も徐々に今後相場が上がってくる可能性も考えられます。

大事に保存して行きたいと思います。

あ、あとPS4とかの最新ハードはハードオフのジャンクコーナーに並ぶようになったら購入を検討したいと思いますw

GAME MACHINE 108 in 1 1080円(税別)

先日友人と徳島方面へハードオフ巡りの旅に出かけた時に面白そうなものを発見。アーケード筐体型のおもちゃです。

GAME MACHINE 108 in 1” という表記しかありませんがこれが商品名でしょうか?

調べてみるとゲーセン等のプライズ系のマシーン等でゲットできる商品の様です。

さて、この商品ただのオブジェじゃありません。

なんと実際にゲームが出来るようです。

まぁ、毎度のごとく各ゲームのクオリティは期待はできないと思いますが、何よりゲーセン筐体に憧れる世代のオッサンたちには、この形を見るだけでワクワクします。

では開封。

うーん。いいですねぇ。このアストロシティ風の風貌。普通に写真撮るだけでも画になりますわ。

ボタンは小さいながらもしっかり押せます。レバーはちょっと硬めの感触かな。

画面下に格闘ゲームの必殺技のコマンド表っぽいシールが貼ってありますが、残念ながらそのコマンドを使うゲームは収録されていないようです(笑)

本体は非常に軽く、この説明書によると175gだそうです。

裏面は上部から電源スイッチ、スピーカー、そして一番下には電池ボックスがあります。

電池投入。単三電池3本で駆動するようです。

電池を入れて電源を投入すると間髪入れずにメニュー画面とサウンドが爆音で流れ出しました。

音量は本体右側のボリュームダイヤルで調整出来ます。

画面下のキャラは某米国映像配給会社のウサギキャラに酷似していますが多分気のせいでしょう。

一応、108個ゲームは入っているようです。

ゲームNo.1のF-22を起動してみました。

このゲームはファミコン互換機のサンプルゲーム等にもよく収録されてますね。

なかなかの力作です。この小さいコントローラーでも普通に操作できます。

この小さい筐体上で遊ぶと、また違った面白さがありますねぇ。

電源をACアダプタ等から取って電源入れっぱなしのオブジェとして飾ってもオシャレで面白いかも知れません。

 

さて、一通り遊んだあと何か改造できないかと思い、とりあえず軽く分解してみましたw

(分解の為にはサイドに貼られてあるステッカーを一部切らなければなりませんので注意。)

前面部と背面部に分かれます。

前面部。液晶、コントロールユニット、ゲームのIC類はここに集約されています。

背面部スイッチ、スピーカ、電池ボックス、音量ボリュームがありますね。

思った通り、中はスカスカですね。技術のある人ならこの内部にラズパイZERO等を組み込んでエミュレータを起動させたりしているようですが、スペースは十分あるので手先の器用な人ならそういう改造を施すと面白いでしょうね。

しかし、こういう記事を書いていると、近日発売されることが発表された”NEO GEO mini”が非常に気になります。あれはNEO GEO世代の人たちにはたまらないのでしょう。

自分も発売されたら買って見ようかなぁ。

 

おまけ:

◎徳島ラーメン東大

今回の徳島ハードオフの旅で食べた徳島ラーメン東大 さんの徳島ラーメン自分の中では”徳島のラーメンといえば金ちゃんヌードル”なのですが、これはこれで大変美味しいです。濃いめのスープはご飯が進みます。ちなみに生卵は食べ放題。ラーメンに入れるのはもちろん、ご飯を注文して卵かけご飯にしても◎。また注文すればコンロを貸してくれるので、ラーメンの残り汁にご飯と生卵を入れて雑炊にして食べるのもおススメらしい。上記のメニューで苦しいくらいお腹一杯になりました。

◎コインスナック御所24

阿波市土成町にある懐かしい自販機がズラッと並ぶゲームセンター併設のコインスナック店。

ここには日本で唯一の現役稼働しているボンカレー・ライス自販機があります。仁鶴師匠が若い!。これは各メディアで何度も取り上げられていますのでとても有名らしいです。YouTubeにも物好きな人がたくさん動画を上げています。

カレーを記念に注文しても良かったのですが、今回は前述の徳島ラーメンを食した後で腹が膨れすぎてカレー購入は断念。普通にジュースを買いました。友人は自販機でうどんを食べてました。(このうどん自販機も珍しいらしい。)

自販機コーナーに併設されているゲームセンターコーナーにはゲームセンターCXでおなじみの有野課長の写真が。昨年番組で放映された”ゲームセンターCX in 四国 ゲームお遍路88台めぐりの旅”で収録された時に撮影されたもののようです。この写真の下には番組でも放映されたパンティーのカプセルクレーンゲームがありました(笑)。

光るコマ ダイソーで108円(税込)

いつものダイソーで面白そうなものを発見。”光るコマ”とまんまの名前の商品。

昨年のハンドスピナーブームも一段落した感がありますが、回転するおもちゃってなんか惹かれるものがあるので購入してみました。

裏面の遊び方。コマ本体をハンドル式のネジバネで巻き、ボタンを押せばコマが外れて音と光を発しながら回転するというもの。私Naokitが幼少の頃にもどこかで似たような商品を見たことがある気がします。ちょっと懐かしい。

内容物はこれだけ。

コマ部分。コマ内部の基盤上のバネはおそらくコマが回転した遠心力を利用して伸縮し回路のスイッチの役割を果たすものと思われます。LEDも3つあります。

基盤の下にはボタン電池が3つ。

電池の更に下部にはスピーカがありました。

基盤の裏。おそらくICチップが埋め込まれているのでしょう。

しかし、それにしても電池まで含めて、100円でよくこれだけの部品の商品提供できますねぇ。感心します。

では、いよいよ回転させて遊んでみましょう!!


・・・・うっ、うるせぇーーーーっっっ!!

この動画、真夜中に撮影したのですが、かなりの音量で鳴り響きます!! 目が一気に覚めましたw

何にせよ、かなり賑やかです。自分はもうオッサンなので数回試して、そっと箱に戻しましたが、子供ならおそらく電池が切れるまで喜んで永遠に遊び続けるでしょうお子様に与える時は注意しましょうw

先日の休日、いつもの様にハードオフ巡りをしていた所、ソニーの携帯ゲーム機”PS VITA”をジャンクコーナーで発見したので確保。

外観は写真を見てもらえば分かりますが、かなりの美品。目立つ傷等は無し。

液晶のドット欠け等はなく、タッチパネルも問題ありません。型番は後期モデルタイプのPCH-2000。(ファームウェアは現時点で最新の”Ver 3.68″にアップデートされていました。)

初期型とは違い画面は有機ELではなく普通の液晶ですが、初期型に比べ薄型設計のため軽量なのと電源部がMicroUSBに変更されており使い勝手が良くなっています。

残念ながらソニーからも既に見捨てられ、ややオワコン化したハードですが、値段は税込4320円とジャンク品にしてはやや高め。普段の私Naokitならばジャンク品にここまでの出費はしないのですが、今までPS VITAは所有したことが無かったのでこれも何かの縁だと思って買ってしまいました。とりあえず、今後のために歴代のゲームハードは所有しておきたい性分なので。

肝心のジャンク理由はコントローラーの”右スティックが動きっぱなし”との事。

右スティックを使うゲーム自体はそれほど多くないのですが、気になるので修理を試みてみました。

→この記事の続きを読む

VR用撮影レンズ IFD-361  1000円前後で購入

先日、近所のディスカウントストアで ちょっと面白そうなものを発見しました。

スマホ用の3D撮影レンズです。

具体的にはスマホのレンズ部分に付属のクリップでこの特殊レンズを取り付けて簡易的な3D撮影(サイド・バイ・サイド方式)が可能という商品です。

→この記事の続きを読む

ダイソー万華鏡キット 100円(税別)

近所の良く行くダイソーで万華鏡作成キットを発見。懐かしさも相まって購入してみました。

パッケージはこんな感じ。対象年齢は6歳以上。

→この記事の続きを読む

ダイソーサイエンス 望遠鏡をつくってみよう! 100円(税別)

近所のダイソーで気になるものを発見。ダイソーサイエンスと呼ばれる子供向けの科学キットシリーズです。

いろいろな種類があったのですが今回はこれをチョイスして買ってみました。

→この記事の続きを読む

でんじろう先生のサイエンスキット ソーラーカー (ハードオフで540円で購入)


今回は一か月以上前にハードオフで購入していて部屋に忘れて放置していた商品の紹介です。
540円と手頃なお値段で面白そうだったのでついで買いで購入していました。
ミニ四駆世代の自分としては、ちょっと心惹かれる商品です。

→この記事の続きを読む

1 / 212

カレンダー

2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930